物販

日本発祥のハイブランドを紹介!高品質・高機能が魅力

日本製の商品は「メイドインジャパン」と呼ばれ、その品質と機能の高さから世界中で親しまれています。日本には、アパレル、革製品、デニム、腕時計などのファッション分野でデザイン性と機能性を兼ね揃えた製品を生み出すハイブランドが数多く存在します。

今回は、日本発祥のハイブランドを紹介します。

日本のハイブランド

日本製のファッションブランドは、その質の高さに定評があります。日本ブランドの特徴を見ていきましょう。

メイドインジャパンが魅力

近年、外国人観光客が多く日本へ訪れていますが、彼らが日本土産として選ぶ商品の多くは「Made in Japan」(日本製)です。日本のブランドはこだわりの詰まった高品質な商品となっているため、世界中の人に愛されているのです。

和のテイストが美しい

日本のファッションブランドの多くが、日本ならではの「和」のテイストを取り入れています。品が良いだけでなく、伝統的な素材が使われた美しい外観も魅力的です。

日本のデザイナーズブランド

日本のデザイナーズブランドは、海外においても人気があります。例えば、コムデギャルソン・ヨウジヤマモト・ISSEY MIYAKEなどの日本を代表するファッションブランドは世界的にも有名です。

パリコレに参加した日本のハイブランド

パリコレにも参加したことのある日本のハイブランドを紹介します。

◆KENZO・・・高田賢三氏が創立したファッションブランド

参考:KENZO オフィシャルオンラインストア

◆ハナエモリ・・・森英恵によるレディースブランド

参考:ハナエモリ公式サイト

◆イッセイミヤケ・・・「一枚の布」をコンセプトとした服作りが魅力

参考:イッセイミヤケ公式サイト

◆カンサイヤマモト・・・伝統的なコレクションや刺激的なグラフィックが定評

参考:カンサイヤマモト公式サイト

◆ユキトリイ・インターナショナル・・・上質でエレガントなファッションブランド

参考:ユキトリイ公式サイト

◆タカオイケダ・・・高品質なネクタイが魅力

◆ジュンアシダ・・・ハイセンスなウェディングドレスも好評

参考:ジュンアシダ公式サイト

◆ジュンココシノ・・・サンパウロのサンバチームの衣装もデザイン

参考:ジュンココシノ公式サイト

◆コムデギャルソン・・・独創的なレディースウェアが定評

参考:コムデギャルソン公式サイト

◆ヨウジヤマモト・・・パリコレにおいて“黒”を前面に押し出したショーが話題に

参考:ヨウジヤマモト公式サイト

◆ジュンコシマダ・・・1981年からパリコレに参加

参考:ジュンコシマダオンラインショップ

◆プリシラ・・・個性的なヘアウィッグが魅力的

参考:プリシラ公式通販サイト

◆ユキコキミジマ・・・フォーマルウェアがシンプルで高品質

◆ヒロココシノ・・・日本を代表するレディースファッションブランド

参考:ヒロココシノ公式ブランドサイト

◆JIN ABE・・・パリコレでも高評価でスーパーモデルも出演

◆アツロウタヤマ・・・1991年のパリコレに初参加

参考:アツロウタヤマオフィシャルウェブサイト

◆RYNSHU・・・1992年からパリメンズコレにも参加

参考:RYNSHU公式サイト

◆ZUCCa・・・1989年、パリコレ・東コレに同時レビュー

参考:ZUCCaオフィシャルウェブサイト

◆シンイチロウアラカワ・・・日本を拠点に活躍している荒川眞一郎のブランド

参考:シンイチロウアラカワ公式サイト

◆イリエ・・・入江末男のブランドで白を基調としたファッションが魅力

参考:イリエ公式サイト

◆beauty・beast(ビューティビースト)・・・1991年に設立した山下隆生のブランド

参考:beauty・beast公式サイト

◆ミキ・ミアリー・・・フランス在住の日本人女性のブランド

参考:ミキミアリー公式通販サイト

◆ヒロミチナカノ・・・中野裕通のブランドで東京のみのショーも開催

参考:ヒロミチナカノ公式サイト

◆コズミックワンダー・・・前田征紀のブランドで2000年前後にパリコレ参加

参考:コズミックワンダー公式サイト

◆ケイタマルヤマ・・・丸山敬太が設立したレディースブランド

参考:ケイタマルヤマオフィシャルウェブサイト

◆20471120・・・1997年に初めてパリコレへ参加した日本ブランド

◆5351プール・オム・・・クールなファッションが魅力

参考:5351プール・オムオンラインストア

◆ato・・・メンズウェアから誕生したブランドで現在はレディースウェアも好評

参考:ato公式サイト

◆アンダーカバー・・・パリでも高評価の日本ブランド

参考:アンダーカバー公式サイト

◆ナンバーナイン・・・2009年2月に解散したが世界的に高評価のブランド

参考:ナンバーナイン公式サイト

◆ミハラヤスヒロ・・・ハイセンスなシューズが高い評価を受けているブランド

参考:ミハラヤスヒロ公式サイト

◆ツモリチサト・・・きれいな色合いのレディースウェアが豊富

参考:ツモリチサト公式サイト

◆ユミカツラ・・・華やかなデザインのウェディングドレスは日本国内でも好評

参考:ユミカツラ公式サイト

◆TOGA・・・イノセントとアンダーグラウンドの融合が特徴

参考:TOGA公式サイト

◆KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT・・・熊谷和幸が設立したメンズブランドで人気が高い

参考:KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT公式サイト

◆ESオーケストル・・・2003~2007年にパリコレ参加した星野貞治設立のブランド

◆コムーン・・・2005年に堀海斗と古舘郁が設立したパリを拠点としたブランド

◆ミナ・ペルホネン・・・皆川明のブランドで2000年代にパリコレへ参加

参考:ミナ・ペルホネン公式サイト

◆キミノリモリシタ・・・森下公則のブランドで、2009年に設立した「08サーカス」も姉妹ブランド

参考:キミノリモリシタ公式サイト

◆ノット・ギャルリーヴィー・・・日本では「ノット(KNOTT)」というブランド名で人気

参考:GALERIE VIE公式サイト

◆ユリウス・・・ブラックメインのクールなメンズファッションが魅力

参考:ユリウス公式ストア

◆IWAYA FOR DRESS33・・・2003年東コレにも参加。現在は活動休止中

◆LIMI feu・・・華美ではなく個性を活かすファッションが定評

参考:LIMI feu Official Site

◆sacai・・・コンセプトは「日常の上に成り立つデザイン」のクラシックなアイテムが豊富

参考:sacai公式サイト

◆ジョンローレンスサリバン・・・テーラードを軸としたメンズファッションを展開

参考:JOHN LAWRENCE SULLIVAN公式サイト

◆kolor・・・洋服の素材やパターンなどバランスにこだわったデザインが好評

参考:kolor公式サイト

◆メゾン・キツネ・・・フランス発のブランド。デザイナーの1人は日本人とフランス人のハーフ。

参考:メゾン・キツネ公式サイト

◆ISAMU KATAYAMA BACKLASH・・・高品質な革にこだわるブランド

参考:ISAMU KATAYAMA BACKLASH公式サイト

◆araisara・・・2013年パリコレに参加したブランド

◆クリスチャン・ダダ・・・個人のアイデンティティを大切にするコンセプトが特徴。現在はブランド休止中。

日本のファッションブランド

日本発祥のハイブランドは海外でも人気があります。では、日本人デザイナーが活躍しているハイブランドを紹介します。

sacai(サカイ)

sacai(サカイ)は阿部千登勢が1999年に設立したファッションブランドです。メンズとレディース両方のアイテムが揃えられており、日常で使えるデザインでありながらも、エレガントさも加えたデザインが魅力です。

また、素材の組み合わせも絶妙で、世界的にも人気のある日本のハイブランドです。

参考:サカイ公式サイト

beautiful-people(ビューティフルピープル)

2000年に誕生したbeautiful-people(ビューティフルピープル)は、洋服の他にバッグや靴も展開している日本のハイブランドです。新たな価値観を生み出せるような少し刺激を加えたデザインが好評を博しています。

参考:ビューティフルピープル公式サイト

HYKE(ハイク)

HYKE(ハイク)は2013年に設立された日本のハイブランドです。従来のデザインや古着から着想を得た斬新なスタイルが世界中で人気です。デザイナーは吉原秀明で、ウィメンズウェアを中心に展開されています。

参考:ハイク公式サイト

TOGA(トーガ)

日本のハイブランドでウィメンズファッションを中心に展開しているTOGA(トーガ)。創設者は日本人の古田泰子で、国内でも大阪・原宿・金沢に3店舗を構えています。斬新なデザインに加えて機能性も兼ね備えていることから、単におしゃれなだけでは物足りないという人でも満足できるブランドです。

参考:トーガ公式サイト

UNDERCOVER(アンダーカバー)

メンズファッションが好評のUNDERCOVER(アンダーカバー)は、日本のハイブランドです。2015年には「アンダーカバイズム」というブランドも統合されました。かつてはプレミアがつくほど希少性のある商品が特徴でしたが、現在ではファッションにこだわりを持つ多くの人に愛用されるブランドとなっています。

参考:アンダーカバー公式サイト

日本の革製品ブランド

革製品を取り扱う日本のハイブランドを紹介します。日本の革製品は長く使い続けられるので世界中の人に愛されています。

三陽山長(さんようやまちょう)

三陽山長(さんようやまちょう)は国産の革靴を取り扱うブランドです。価格は他のメーカーと比べて高めですが、高品質な「メイドインジャパン」のイメージ通り、細部までこだわりを持って作られています。

靴の修理も職人自身が行ってくれるので、一度購入すると長く履き続けられます。

参考:三陽山長公式サイト

ソメスサドル

革製品を取り扱う日本のハイブランド「ソメスサドル」は、馬具メーカーとして有名です。馬具作りから始まり、現在では財布やバッグなど、多くの革製品を扱っています。細部まで丁寧に作られたソメスサドルの製品は、贈り物としても喜ばれることでしょう。

参考:ソメスサドル公式サイト

ココマイスター

ココマイスターは創業当時から紳士用の長財布を作り続けています。上質な革を素材に一つ一つ丁寧に作られたココマイスターの革製品は、世界中で人気があります。シンプルなデザインが特徴で、贈り物としてだけでなく自身で使うのにもおすすめです。

参考:ココマイスター公式サイト

FIVE WOODS(ファイブウッズ)

1980年に設立されたFIVE WOODS(ファイブウッズ)は、主にビジネスマン向けの上質な革製品を製造しています。ビジネスマンにとって、仕事で使う重要な書類を持ち運ぶ鞄は大切なツールです。ファイブウッズの上質な鞄は、日本のビジネスマンを中心に大変評価の高い製品となっています。

参考:ファイブウッズ公式通販

タケオキクチ

菊池武夫が設立したブランドで、日本では20~30代の男性に人気があります。シンプルかつ遊び心に溢れたデザイン、素材のレザーが良質、価格も手ごろ、ときては人気が出ないわけがありませんね。

参考:キクチタケオ公式サイト

日本のデニムブランド

デニムに関しても、日本のハイブランド商品は高品質であると評判です。ここからは、日本発祥のデニムブランドを紹介します。

リザルト

日本のデニム業界でデザイナーを務めた林 芳亨が設立したブランドです。メイドインジャパンにこだわりを持つこのブランドのデニムは、布を染める段階から熟練の職人の手で作り上げられています。上質のデニム生地で作られたジーンズはハイセンスな男女に好評です。

参考:リザルト公式サイト

JOHNBULL(ジョンブル)

JOHNBULL(ジョンブル)は、1952年に岡山県で創業したデニムブランドです。このブランドのコンセプトは「現代(いま)を生きる」です。そのため、自分のスタイルを表現しながら今を魅力的に生きるためのファッションが多数提案されています。

デニム関連商品のラインナップも豊富で、デニム好きに大人気のハイブランドです。

参考:ジョンブル公式サイト

日本の時計ブランド

時計ブランドにも日本発祥のハイブランドが存在します。世界的にも人気のある日本の時計ブランドを紹介します。

セイコー

セイコーは1881年に設立されたブランドです。大正時代から腕時計の研究開発を行い続け、高精度の腕時計を開発しました。2012年には世界で初めてGPSソーラーウォッチを販売しました。

世界で最も有名な日本の時計メーカーの一つで、若年層から高齢の人まで愛用者の多い腕時計ブランドです。高級時計は贈り物としても喜ばれます。

参考:セイコーウォッチ公式サイト

カシオ

カシオは1957年に設立されました。特に「G-SHOCK」は日本でも爆発的人気を博した製品で、時計好きで知らない人はいないほどです。「G-SHOCK」は男性向けの腕時計ですが、1994年には女性向けの「Baby-G」も発売されました。

また、カシオは、時計だけでなく電卓やデジタルカメラも有名で、世界中の幅広い世代の人に親しまれている日本のハイブランドです。

参考:カシオ公式サイト

世界中で好評な日本のハイブランド

今回は、日本発祥のハイブランドを紹介しました。日本のアパレル、革製品、デニム、腕時計はいずれも高品質だと世界中で有名です。お気に入りの製品が一生の宝物になることは間違いないでしょう。

是非、日本のハイブランド商品に触れ、その高いクオリティを実感してみてください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

インターネットを活用してビジネスを始めること自体は簡単です。そのためインターネット上にはあらゆるレベルの教材やサービスが存在しています。最新の情報にアップデートされているものから、途中で放置されているものまで本当にいろいろです。

そして、どんな教材やサービスを選ぶかによって、成功の度合いも大きく異なってきます。

評判も良いものから悪いものまでさまざまです。このように評価が安定しないのは、各々の教材のサービスの質が一定していないことが原因です。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【無料レポート】けいすけ式、eBay輸出大百科

4130分以上の有料級動画コンテンツを無料プレゼントします!

この大百科を見てeBay輸出を実践していただければ、全くの初心者でも完全在宅で月収30万円を達成できる内容になっています。

その方法に興味がございましたら、ぜひ無料で394本のこの動画を受け取ってください。

一括出品、在庫管理、リサーチなどの作業を極限まで効率化
30日間無料で使用できるeBay輸出ツール「Nijuyon」




eBay輸出の出品、在庫管理、リサーチ、どれも売上が伸びてくるとそれぞれが膨大な作業量になり、すべてを手動で行っていては必ずどこかで稼ぎが頭打ちになります。

稼げるようになっても作業に追われて自由な時間がゼロでは本末転倒ですし、利益を拡大するためには効率化は避けて通れません。 eBay輸出の作業を効率化するツール「Nijuyon」を使えば

  • eBay上での手動出品と比べて約6倍のスピードで出品可能
  • 見やすい商品ページのテンプレートが自動適用
  • eBayの過去落札履歴から売れている商品を簡単リサーチ
  • Amazon.co.jp、楽天、Yahoo!ショッピング、ヤフオクの在庫有無を簡単管理
  • ツール内からのメッセージ送信が可能なため外注化も安心
  • 世界最大のネットショップ構築サイト「Shopify」への出品も可能
  • リミットアップに必要な出品枠いっぱいの出品も容易
など、これ1つで仕入れ、出品、販売までを一括管理できてしまいます。初回30日間は無料で利用可能なので、まずは気軽に試してみてください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • ・まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • ・取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ・ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?