物販

自作のネイルチップ販売で稼ぐ方法とは?「売れるコツ」を徹底解説!

指先のおしゃれアイテムとして大人気のネイルチップ。自分で作って販売してみたいけど、やり方がわからないという人のために、今回は自作ネイルチップ販売に役立つ知識や「売れるコツ」をたっぷりご紹介します!

自作のネイルチップを販売するにはどうすればいいの?

簡単におしゃれな爪を演出できる「ネイルチップ(つけ爪)」

デザインが豊富で、好きなタイミングで付け替えができるので、仕事の都合上ネイルができない人でも手軽に楽しむことができます。さらにネイルサロンの施術に比べて価格もとってもリーズナブルなので、その需要はどんどん高まっています。

そのため、最近ではネイルチップを自作して販売する人も増えています。ネイルチップ販売は、空いている時間を利用して製作できるので効率よく稼げますし、うまくすれば月に数万円~10万円ほどの収入を得ることも可能です。

まずはネイルチップ販売の知識を増やそう!

自作のネイルチップを販売して稼ぐためには、まずは「ネイルチップ販売についての知識」を増やすことが重要です。最初に押さえておくべき内容は、以下の5つです。

「種類と販売価格」
「必要経費」
「販売ルート」
「メリット・デメリット」
「将来性」

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

ネイルチップの種類と販売価格

ネイルチップには、「既製品」「オーダーメイド」「ハンドメイド」の3種類があります。それぞれの種類によって販売価格が異なります。

【既製品の販売価格】
既製品のネイルチップの価格帯は、100円~5,000円台と幅広いのが特徴です。
100円ショップには、シンプルなものからデザイン性のあるものまで豊富に揃っており、手軽に購入することができます。

その他にも、化粧品専門店やドラッグストア、バラエティショップなどでも販売されており、価格は500円〜2,000円ほどになります。100円ショップとは違った立体感やデザインを楽しめます。

さらにファッションブランドや有名人とコラボしたネイルチップなどもあります。価格は2,000円~5,000円ほどの商品が多いようです。

【オーダーメイドの販売価格】
より個性的でおしゃれなネイルにこだわりたい人におすすめなのが、オーダーメイドのネイルチップです。ネイルサロン店やネイリストに自分の理想のデザインを直接オーダーします。

オーダーメイドは既製品よりも時間や手間がかかるため、どうしても高額になりがちです。価格の相場は5,000円〜10,000円程度と言われています。

【ハンドメイドの価格】
既製品のネイルチップには自分の理想のデザインがない、でもオーダーメイドはちょっと高い…と言う人におすすめなのが、ハンドメイドのネイルチップです。

100円ショップでクリアタイプのネイルチップやマニキュア、ネイルシールといった基本的なものを揃えれば、300円台から手作りすることもできます。

いずれにしろ、工夫次第で理想のネイルチップを安く作れるところがハンドメイドの魅力なんです。

ネイルチップ販売に必要な経費

ネイルチップ販売に必要な経費はどれくらいなのでしょうか?

ネイルチップ販売に必要な経費は、主に以下の3つになります。

「材料費」
「送料」
「販売手数料」

【材料費】
まずは「ベースチップ、ネイルシール、チップ収納ケース」など、基本的な道具を揃えなくてはなりません。これらは100円ショップでも手に入りますから、安く揃えられるでしょう。その他にも、デザイン用の筆や絵の具、ジェル、マニキュア、ストーンなども必要です。さらにポリッシュ、やすり、両面テープ、ネイルチップを固定するネイルスタンド、LEDライトなどがあれば作業がしやすいでしょう。

このような材料や道具が一式揃った「スターターキット」などもAmazonや楽天などで販売されています。安いものであれば2,000円台で販売されている商品もありますので、利用してみるのもいいですね。

【送料】
商品の大きさや重量にもよりますが、定形郵便なら送料84円から利用できます。さらにおすすめなのは「クリックポスト」という日本郵便が行っているサービスです。全国一律198円、クレジット決済OKで追跡番号も発行されるので、フリマアプリでの発送にとても便利です。

参考:郵便局/定形郵便物・定形外郵便物の料金

しかし、発送の際には破損を防ぐための梱包材を入れたり、商品を可愛らしくラッピングすることも必要です。さらに取り扱い説明書や、入浴剤などのちょっとしたプレゼントを付けるといったサービスもリピーター獲得のためには外せません。これらの費用も送料の一部として考えましょう。

【販売手数料】
ハンドメイドサイトやフリマアプリは登録料が無料なので、気軽に利用する人が多いですね。しかし、商品が売れた際には売り上げから「販売手数料」が引かれます。サイトによって手数料は違いますが、メルカリやヤフオクなど10%に設定しているところが多いようです(ヤフオクは会員になると8%)。

それでは、スワロフスキーのラインストーンを10個付けたカラージェル1色塗りでのネイルチップを1,500円で販売した場合、経費はどのくらいになるか計算してみましょう。

    1. 手数料(10%の場合)…

150円

    1. 送料(最安の定形郵便)…

84円

    1. ケース(100円ショップで購入)…

110円

    1. 装着シール(10枚分)…

約60円

    1. ネイル材料費(ジェル、ストーン代)…

約300円

合計704円となり、これを販売価格から引くと796円の利益になります(道具代や梱包材、ラッピングなどの諸費用は計算に入れていません)。

ネイルチップ販売のルート

ネイルチップを販売するルートは主に3つあります。

「ネイルサロンなどから仕事を請け負う」
「自分で通販サイトを立ち上げる」
「ハンドメイドサイトやフリマアプリに出品する」

ひとつずつご紹介しましょう。

【ネイルサロンなどから仕事を請け負うルート】
店側からの注文に応じて製作します。店側から材料を提供してもらえる代わりに、単価の相場は1箱(10個)で500円程度と低く、稼ぐためにはかなりの数をこなさなければなりません。また、常に仕事の発注があるとは限りません。

【自分で通販サイトを立ち上げるルート】
デザインや価格設定は自分で決められるので、自分のデザインを高値に設定できるところが魅力です。しかし製作だけでなく、集客もすべて自分で行わなければならないので、リスクも大きいと言えるでしょう。

【ハンドメイドサイトやフリマアプリに出品するルート】
売上の数パーセントを手数料として支払わなくてはなりませんが、集客をサイトにまかせられるので、製作に集中できます。さらに価格設定も自由なので、1箱2,000~3,000円ほどで出品しているネイリストも多くいます。しかし競合相手も多いので、ライバルとの差別化が課題になります。

その中でも、ネイルチップ販売で特におすすめのサイトは、minne(ミンネ)」「creema(クリーマ)」です。

minne(ミンネ)は、大手インターネット会社GMOが運営している国内最大級のハンドメイド通販サイトです。圧倒的な集客力でビジネスをしっかりサポートしてくれます。お金のやり取りもミンネが代行してくれますので、初めての方でも安心です。登録料は無料で、販売手数料10%です。

一方、800万点以上の商品数を誇るcreema(クリーマ)は、ナチュラルな雰囲気のおしゃれな作品が多いハンドメイドサイトです。登録は無料で、販売手数料は8%~12%です。

ネイルチップ販売のメリット

ネイルチップ販売のメリットは、何と言っても空いた時間に自分のペースで製作できるところでしょう。仕事が終わった後や休日などを使って副業として取り組むことができますし、子育て中などで外に働きに行けない人でも、自宅でゆっくり作業することができます。

そして何と言っても、自分の作品を多くの人に披露し、購入してもらえる喜びがあります。

ネイルチップ販売のデメリット

一方、ネイルチップ販売のデメリットは「利益率の低さ」です。最初にそろえるべき材料や道具がかなりありますし、製作にも時間や手間がかかります。しかも軌道に乗るまでは価格もそれほど高く設定できないので、どうしても利益率が低くなってしまうのです。まずは最初の道具代が回収できるほどの収益を目指しましょう。

またハンドメイドサイトなどで販売する場合、商品の説明はすべて画像や説明文だけになります。そのため、サイズやデザインがイメージと違うとなどのクレームが発生するケースもあり、その際のお客様対応をストレスに感じてしまうこともあります。

ネイルチップ販売には将来性がある!

ネイルチップ販売は利益率が低く、競合相手も多いため、初めのうちは全く収益がないという時期もあるかもしれません。しかし、すぐに売り上げを出そうとせず、技術を磨きながら長く続けていれば、いつかリピーターがついて売り上げも安定してきます。そうすれば月数万円~10万円程度の売り上げも夢ではありません。

さらにネイルチップ販売で豊富な経験を積み、安定した収入を得られるようになると、次は「人に教える事」もできるようになります。

Youtube等の動画サイトでネイルチップの製作方法をアップすることもできますし、スクールや教室を開業して生徒に教えることで収益をあげることもできます。

このように、自作のネイルチップ販売はとても将来性のあるビジネスなのです。

ネイルチップ販売で稼ぐコツとは?

それでは、ネイルチップを販売する際のコツをご紹介します。ポイントは以下の通りです。

「ネイルチップ販売には資格を持っている方がお得!」
「マニキュアよりも断然ジェル!」
「コツコツ作り続けて作品数を増やす」

ひとつずつ詳しくご紹介します。

ネイルチップ販売には資格は必要なし!でも、持っている方がお得!

ミンネやクリーマ、メルカリの出品者のプロフィールに「ジェルネイル資格あり」などと書いてあるのを見たことはありませんか?それを見て、「やっぱりネイルチップ販売には資格がないとダメなんだ・・」と思った人もいると思います。

でも大丈夫!自作ネイルチップ販売には、資格は一切必要ありません!

ネイルチップ販売は、自分でチップを作って販売するだけ。お客さんの爪に直接施術するわけではないので、資格は必要なく、誰でもすぐに始めることができるのです。

では、どうして出品者がネイルの資格を記載するかと言えば、その方が商品の価値がグンとアップするからです。競合者が多いネイルチップ販売では、少しでも差別化を図れるものがあると有利なんです。だから販売を始めた後、徐々に資格を取得していくのもいいですね。

ネイル系の資格にはさまざまなものがありますので、興味のある方は調べてみて下さいね。

参考:JNEC 公益財団法人 日本ネイリスト検定試験センター

参考:JNAジェルネイル技能検定試験

マニキュアよりも断然「ジェル」!

ネイルチップは、マニキュアではなく「ジェルネイル」の方が圧倒的に売れます。

なぜならジェルネイルは、マニキュアよりも長持ちするからです。しかも自分でやろうとすると手間がかかるし、ネイルサロンでやってもらえば高くつきます。だからこそ、安くて簡単に楽しめるジェルのネイルチップが大人気なんです。

そのため、「ネイルチップ販売で稼ぎたい!」と思っている人は、ジェルネイルのネイルチップを販売することをおすすめします。

コツコツ作り続けて出品数を増やす

そして、これはとても基本的な事ですが、やはりコツコツ作り続けて作品数を確保することが重要です。やはり販売する商品がなければビジネスは成り立ちませんからね。

ネイルチップ販売を始めたいけれど、自信がない…という人は、まずは作品を作り始めてみましょう。Youtubeやブログ、ウェブサイトなどを見ればやり方はいくらでも学習できますし、作り続けることで技術やセンスが磨かれていきます。そしていざ販売を始める時にも、すぐにいろんな作品を出品することができます。

ネイルチップ販売は資格も必要なく誰でもできるのですから、悩むよりもまずはひとつでも多く作品を作り、ストックを貯めておきましょう。

フリマアプリでネイルチップを売るコツとは?

自作ネイルチップをフリマアプリで売るには「コツ」があります。それは「商品のプロフィールに徹底的にこだわること」「固定客を掴む努力を惜しまないこと」です。

まず、商品のプロフィールですが、何の工夫もせずに商品の写真や説明をアップしても、誰の目にも止まらない可能性があります。こうなると、どんなに素晴らしい作品を作っても、全く収益を上げられないでしょう。人気ネイルチップ作家ほど、自分の作品のプロフィールにこだわり、消費者の目をくぎ付けにしているのです。まずは作品を「見てもらう」ことを意識しましょう。

次に固定客の獲得ですが、競合者が多いネイルチップ販売において、固定客を掴むことは必要不可欠です。自分のファンを獲得することこそ、ビジネスを軌道に乗せるチャンスなのです。

作品の紹介文はくわしく丁寧に!

もしあなたがこのネイルチップを出品するとしたら、どんな紹介文を書きますか?

「赤い花のネイルを作りました」

そんなわかりきった紹介文では、誰もあなたの作品を見てくれません!

紹介文で大事なのは、「消費者が知りたいこと」を具体的に説明することです。

消費者が気にしているのは以下のような内容です。

(1)値下げの可否
やはり、値下げは消費者にとって非常に気になる点です。値下げ交渉が可能とわかれば、商品を見てみようという気になる人も多いでしょう。

(2)商品の説明
「赤い花」のような見たままの説明ではなく、どんな素材を使用し、どんなシーンにふさわしいかなど、実際につけた時の姿を想像できるような情報を与えることが大事です。

(3)サイズ
自分の爪のサイズを確認できるように、ネイルチップの種類とサイズのサンプルを提示しましょう。

(4)注意点
ヨレやガタがある、サイズ変更対応可、といった注意点はしっかり説明しましょう。

では以上の点に注意して、実際に説明文を書いてみましょう。

「値下げ交渉できます!現在、200円から値下げ中です。

ホワイトのフレンチネイルにゴールドラインをモチーフにしました。どんな洋服にもあう色とデザインです。ウェディングなどの大切な日にぜひどうぞ!

ネイルチップ一覧表を参考に、ご希望の種類と各爪の幅をご記入ください。
(例) ショートラウンドオーバル 親指1.5㎜ 人差し指1.2㎜ 中指1.2㎜ 薬指1.2㎜ 小指0.9 ㎜

サイズは大きめに作っていますので、調節可能です!
素人なのでヨレ、ガタつきなどの可能性があります。ご注意ください。」

このように詳しく丁寧に紹介文を書くことで、商品と売り手に対して信頼が生まれるのです。

作品の写真は綺麗に、わかりやすく

写真もネイルチップ販売において非常に需要な要素です。どんなに素晴らしい作品でも、画像が不鮮明であればまず見てもらえません。

そのような事態を避けるためにも、ネイルの細部を鮮明に伝える美しい写真を撮ることが重要です。お客様に「つけてみたいな」と思わせる写真を撮ることを心がけましょう。

それでは、そのような美しい写真を撮るコツをご紹介します。

【明るいレンズのカメラを使う】
明るいレンズとは、「大口径で光を多く取り込めるレンズ」のことです。ネイルチップの撮影は屋内で行われることが多いので、どうしても光が少なく不鮮明な写真になりがちです。明るいレンズを使用すると光を大量に取り込むことができるので、高画質でブレの少ない写真を撮影できるのです。

明るいレンズのカメラが購入できない場合は、自然光が差し込む明るい場所で取るか、LEDライトなどを使って光を取り込みましょう。

【マクロレンズを使う】
スマホに取り付けられるマクロレンズを使ってネイルの模様を詳細に写すのもいいですね。マクロレンズは100円ショップにも売っていますので、ぜひ活用しましょう。

【ツールを使って鮮明に加工】
画像加工ならPhotoshop(フォトショップ)が有名ですが、有料な上に初心者には少しハードルが高いですよね。そこでおすすめなのが「fotor(フォーター)」です。

フォーターは簡単に画像加工や編集を行えるツールで、色や明るさの調整、コラージュ、文字挿入など、さまざまな編集が簡単&無料で行えますよ。

ただし、過度に加工してしまうとトラブルになる可能性がありますので気を付けましょう。

最適価格を設定する

自作のネイルチップを売れる作品にするためには、常に最適価格を模索する必要があります。

まず、「自分の理想の価格」を設定して販売します。もしその価格ではなかなか売れない場合は、お客様からのコメントなどを参考にして適正価格に下げていきましょう。

人気のネイルチップ作家さんの価格と比較するなど、常にフリマアプリ内をチェックして参考にしましょう。

あなたのファンを増やす努力を惜しまない

フリマアプリで稼ぐためには、「固定客を増やす努力を惜しまないこと」が重要です。

つまり、あなたのファンを増やす努力を続けることです。作品を心待ちにしてくれるファンを獲得できれば、ビジネスの成功は約束されたようなものです。

そのためには、技術やセンスを磨き続けることはもちろんですが、「接客力」をつけることも重要です。お客様とのコミュニケーションを通して趣味や好みを理解し、積極的にデザインに生かしていけばきっと「次のチャンス」に繋がるでしょう。

さらにフリマアプリ販売で大切なのは、「閲覧されること」です。そのためにはコツコツと製作して出品数を増やしたり、SNSに作品をアップして情報発信するなど、できるだけ多くのお客様に自分のネイルチップを見てもらう努力をしましょう。

お客様の声は「宝の山」

自作のネイルチップ販売を通してお客様とやりとりをしていると、「もう少し違う色がないの?」「もっとサイズをカスタマイズできない?」など、いろんな質問や希望を受けることがあります。

そのお客様の声は、「もっとこうだったら買うのになあ」という気持ちの現れであり、その多くは作家自身が見逃している点なのです。この声を丁寧に拾ってデザインに反映させれば、収益アップに必ずつながります。

つまり、お客様の声は売り上げに直結する「宝の山」なのです。これを見逃す手はありませんよ!

意外に多い「シンプルがいい」という声

自作のネイルチップを出品するとなると、やはりこだわった作品を作りたくなりますよね。つい意気込んでトレンドアートや小難しい技術を使ってしまったり…。

ところが、お客様の中で意外に多いのが、「シンプルなものが欲しい」という声です。

ネイルチップを購入しようとするお客様の中には、初心者の方や、普段はネイルをしない方も多くいます。その場合、デザインは一番ベーシックなものや、無難なものを好まれる傾向にあります。

「キラキラしたストーンを取って欲しい」「カラーは1色のみで」など、シンプルさを求められることが意外に多いのです。

お客様の目線とプロの目線は全く違うことを理解し、お客様の要望をしっかり受け止めるようにしましょう。

1人のお客様の声は、全体のお客様の声

ある一人のお客様の要望に応えたネイルチップを出品したら、すぐに他のお客様から注文が入った、ということがあります。

つまり、一人のお客様の声が全体のお客様の声を代表している場合があるのです。さらなる需要アップにつなげるには、まずは一人のお客様の要望を大事にしましょう。

また、同じデザインに複数の注文が入るようになればまとめて製作できるので、作業効率もアップし、まさに一石二鳥です。

「ご要望はすべて受けます!」には注意が必要

売上に直結する大切なお客様の声。しかし、お客様の要望を何でもかんでも受けるようなスタンスでは、ビジネスに支障が生じかねません。

完全オーダーメイドのようにお客様の要望をすべて受けていると、色やデザイン設定が非常に細くなり、その都度、確認作業が必要になります。作品が出来上がっても、お客様のイメージと合わなければ修正が必要になりますし、どんどん要望がエスカレートしていく可能性もあります。そうなると作業効率は悪化し、たとえ高い料金設定をしたとしても利益率も下がってしまいます。

「もうちょっと」「あと少しだけ」のような曖昧な要望をすべて受けることはやめましょう。そのためには、可能なカスタマイズの範囲を明確に設定しておくことが重要です。

売れるコツを習得して「稼げる」ネイルチップ作家になろう!

自作のネイルチップ販売で稼ぐ方法やコツについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

ネイルチップ販売は資格も不要ですし、自分の好きなタイミングで取り組めることから多くの人が副業として取り組むようになってきました。

そのためライバルも多く、ネット販売をしてもすぐには収益を上げることは難しいかもしれません。

しかし、今回ご紹介した売れるコツをしっかり習得して地道に技術を磨けば、きっとあなたの作品が欲しい!というお客様が現れるはずです。

そしてお客様の声にしっかり耳を傾けながら、コツコツと作品を作り続けていきましょう。そうすれば、きっとあなたの作品のファンが増えて「稼げる」ネイルチップ作家になれるはずですよ。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。