物販

facebook広告の始め方は?特徴や審査基準も紹介!

この記事を監修した吉田です。
2021年9月現在で成功者続出の秘密のノウハウを限定公開します。
今すぐ確認してください。

クリックして"1300万円稼いだ方法"を読んでみる。
吉田
吉田

facebook広告は、細かいターゲット設定や広告掲載対象の指定などの自由度が高く、非常に効果的な広告として注目されています。現在では多くの人がインターネットに接続し、SNSを活用している時代です。SNSを通じて多くの人に働きかけることのできるfacebook広告は、販売効果を高めるためには必須であると言えます。

今回は、facebook広告の特徴や既存のネット広告との違いを紹介するとともに、開設方法も併せて解説していきます。これからfacebook広告の利用を検討している人や、効果的な広告サービスを探しているという人は、ぜひ目を通してください。

facebook広告の概要と特徴

まずは、facebook広告がどういったものなのかについて解説していきます。基本的な知識を抑えておけば、facebook広告による効果やメリットについてもより深く理解することができます。ザックリでいいので覚えておきましょう。

facebook広告とは何か?

facebook広告とは、以下の4か所に掲載される広告のことです。

1.facebook
2.facebookメッセンジャー(facebookユーザー同士がリアルタイムでメッセージのやり取りができるアプリ)
3.Instagram(Facebook,Inc.が所有する写真・動画共有SNS)
4.オーディエンスネットワーク(facebookの審査を通過したサイトやアプリ)

オーディエンスネットワークには、食べログなどの普段から何気なく利用しているサイトやアプリも含まれます。そのため、facebook広告を利用することで、facebookのみならず、非常に多くの媒体に広告を掲載することができるようになるのです。

特徴1:分析精度が高い

facebook広告は、顧客分析を高い精度でこなせることで有名です。その理由は、大本であるfacebookの登録方法にあります。

facebookではユーザーは実名で登録し、年齢や性別、住所なども、架空ではなく現実の情報を登録することになります。そのため、ユーザー側の行動に関するより正確なデータがとりやすく、匿名SNSにありがちな荒らしや冷やかしなど、分析をする上でノイズとなる行動をとることも少ないです。

さらに、facebookを通じてユーザーが興味のあるコンテンツやアクセス先なども分析することができるため、ユーザーの正確かつ深い情報を利用することができます。facebook広告ではこれらの情報を利用することで高い分析精度を発揮するため、高いマーケティング効果を見込めるという訳です。

特徴2:トラッキング範囲が広い

現在では複数のデバイスを利用するユーザーも多いです。そのため単体のデバイスによるトラッキングだけでは、データ分析をするための情報が足りないと言えます。

facebookでは、facebookから他のサイトやアプリにログインすることができるため、その時の情報を元にデータの蓄積が可能です。そしてそれはfacebook広告にも活かすことができるので、従来では不可能だったデバイスを超えたトラッキングができるようになりました。

トラッキング範囲の広さは、情報の深さと分析の正確さに直結します。facebook広告はこれらを高いレベルで両立していると言えるでしょう。

特徴3:目的に合わせた広告戦略が可能

広告の目的は1つではありません。単純に認知度を上げること以外にも、製品の比較であったり、広告を見た人が直接購入してくれるのを狙ったりといった広告もあります。facebook広告を利用すれば、これらの広告をカスタマイズすることで、目的に応じた広告を表示することができるのです。

例えば直接購入してくれることを促したければ、商品の魅力が一目で伝わる広告を考えます。ユーザーの認知度を上げたければ、動画やアニメーションを使って目立つ広告にするといった方法があります。

これらの広告カスタマイズも、facebook広告であれば可能です。広告主が考える目的に合わせた広告戦略が展開できるので、非常に使いやすい広告と言えます。

facebook広告が一般のネット広告に勝る点

続いては、facebook広告が他のネット広告に勝っている点について紹介します。まずは、以下の画像をご覧ください。

こちらはfacebook広告のトップページです。見ての通り広告のプラットフォームが分かりやすいため、広告初心者であっても簡単に広告を作成することができます。

専門知識を必要とせず、専門性の高い広告を作成することができることは、facebook広告の強みの1つです。これ以外にも、facebook広告には一般のネット広告にない強みが存在しています。

潜在顧客へのアプローチ

潜在顧客とは、現時点ではそのサービスの存在やニーズを知らないユーザーのことです。こういったユーザーは、何らかのきっかけで情報を得ることができれば、顧客になり得る可能性があります。

facebook広告では、現時点でニーズが顕在化したユーザーだけでなく、潜在的に顧客になり得るユーザーに対しても広告によるアプローチが可能です。リスティング広告機能などを使い、幅広いユーザーに広告を告知することで、潜在顧客をあぶりだすことができます。

一般的にはニーズを自覚している人よりも自覚のない人の方が多いです。潜在顧客へアプローチできれば、効率的な販売促進効果が得られるでしょう。

facebookビジネスマネージャアカウントの設定方法

facebook広告を利用する際は、「facebookビジネスマネージャ」を活用して管理することで、広告の一括管理や他の人物への権限の譲渡などが行えます。facebook広告が非常に使いやすくなるので、ぜひfacebookビジネスマネージャも合わせて登録を行いましょう。

続いては、facebookビジネスマネージャの設定方法について紹介します。順序立てて解説していくので、初めての人でも安心して読み進めてくださいね。

facebookビジネスマネージャのアカウントを開設する

まずは、facebookビジネスマネージャのアカウント開設を行います。以下のURLから公式サイトに飛び、右上の「アカウントを作成」をクリックしてください。

参考:facebookビジネスマネージャ

クリックすると、以下の画面が表示されます。

画面に沿って、アカウント名、名前、メールアドレスを入力し、「送信」をクリックします。この時点でビジネスの詳細項目も入力できるので、可能な範囲で入力しましょう。

送信をクリックすると、以下の画面が表示され、アカウントの開設が完了します。

facebookページを追加する

ビジネスマネージャの開設が完了したら、続いては自身のfacebookページを紐づけしましょう。

まず、ホーム画面左にある「ビジネス設定」をクリックします。

続いて、左側のアカウントから[ページ]を選択し、「追加」をクリックします。

すると以下のような「facebookページを追加」という画面が出るので、URLを入力して「ページを追加」をクリックすれば完了です。

広告アカウントを作成する

続いて、広告アカウントの作成を行います。同じく「ビジネス設定」をクリックすると、左側に「広告アカウント」の項目があるのでそちらをクリックします。

広告アカウントをクリックすると以下の画面が表示されるので、「新しい広告アカウントを作成」をクリックしてください。他の項目は今回は無視して構いません。

以下の画像を参考に、アカウント名や通貨、支払い方法を選択して「次へ」をクリックします。これで広告アカウントの作成は完了です。

ここまでが、facebook広告を利用するための最低限の準備です。続いては、実際に広告を利用する方法を紹介していきます。

キャンペーンを作成する

facebook広告は、「キャンペーン」「広告セット」「広告」という3つの階層から成り立っています。このうち、キャンペーンが最も大きな区分で、広告が最も小さな区分となります。ここから、それぞれの作業について順番に解説します。

まずは、キャンペーンを作成していきます。「ビジネス設定」→「広告マネージャ」をクリックしましょう。すると表示されるのが以下の画面です。

キャンペーンのタブがあるので、「作成」をクリックし、キャンペーンを作成していきます。ここではキャンペーンの目的や名前を決めていきましょう。キャンペーンの目的は、以下の中から選択します。

よく使われる項目について簡単に解説すると、次のようになります。また、それぞれの項目をクリックするとキャンペーンの名前を入力できるので、好きな名前を入力してください。

・ブランドの知名度アップ:広告によって商品の認知度をあげる場合
・リーチ:とにかくたくさんのユーザーに広告を表示させることを優先する場合
・トラフィック:広告のリンク先にユーザーを呼び込みたい場合
・コンバージョン;ユーザーに何かしらのアクションを求める場合
・動画の再生数アップ:動画の再生を目的とした場合

利用目的を選択したら、キャンペーン名を入力して「次へ」をクリックします。

広告を作成する

続いては、実際の広告作成を行います。その前にもう1度、facebook広告の構造を復習しておきましょう。

上の画像を見て分かる通り、1つのキャンペーンを作っておけば、その中に複数の広告や広告セットを設定することが可能になるのです。細かく条件を付ければターゲットに応じた広告の作成ができます。大きな区分のキャンペーンの中に、さまざまな広告セットと広告を組み合わせて1つの広告を作っていくという感じで覚えておきましょう。

オーディエンスの設定をする

続いては、広告セットの設定を行います。広告セットが担うのは、オーディエンス(=ターゲティング)、広告の配置、予算や掲載期間などです。

まずは、オーディエンスから設定していきましょう。オーディエンスには大きく分けて以下のように、3つの種類があります。

・コアオーディエンス:生年月日や学歴、利用するアプリなどの基本的なfacebookでのユーザー情報に記録されたデータを元にターゲティングを行う手法です。

・カスタムオーディエンス:自分が独自で所有している顧客リストをfacebookユーザーと照らし合わせ、該当者にマーケティングを行う手法です。

・類似オーディエンス:既存のカスタムオーディエンスの共通項目から、facebook上で類似行動をとるユーザーを分析し、絞り込みを行う手法です。

広告の掲載場所を決定する

広告は前述したように、facebook、facebookメッセンジャー、Instagram、オーディエンスネットワークの4つの掲載場所から好きに選ぶことができます。

自分で好きな配置を選択してもいいですが、初心者であれば「自動配置」という機能を活用してみましょう。これはfacebook広告側で適切な配置を自動で決めてくれるという優れものです。初めはこれを利用し、広告設置後のユーザーの反応をみながら個々にカスタマイズしていくのがおすすめです。

広告の予算と掲載期間を決める

広告を掲載する上で、予算と掲載期間も重要な要素です。facebook広告では簡単に設定できるので、設置前に決めておきましょう。

画像のように、「1日の予算」と「通算予算」を共に設定できます。一度予算を設定してしまえば、あとはfacebook広告側で効率的な予算の使い方がされるように広告が最適化されるので、金額以外は悩まなくても大丈夫です。

通算予算の場合は、以下のような画面になります。開始日と終了日の設定もここでできるので、期間限定の広告であれば設定しておきましょう。

支払い方法を設定する

最後に、支払い方法を設定します。ビジネスマネージャのホーム画面から、「ビジネス設定」→「支払い」→「支払い方法を追加」をクリックしていきます。

支払い方法は基本的にクレジットカードになります。ここでクレジットカード情報を入力していきます。使用できるのは、VISA、MasterCard、アメリカンエキスプレス、JCBの4種類です。

入力後、「次へ」をクリックして設定は完了です。万が一クレジットカードから支払いができなかった場合は広告が停止しますので、それだけは頭に入れておきましょう。

facebookによる広告審査について

広告は、作成してすぐに掲載できるわけではありません。実は、設定を終えた後にfacebookによって広告の審査が行われ、承認されなければその広告は掲載できないのです。

続いては、facebook広告が審査に落ちてしまう場合の理由について解説します。とはいえ、実際に審査に落ちた場合でもその理由を教えてくれるので、それを参考にしながら広告の訂正を行いましょう。

規制のかかったコンテンツを含んでいる

facebookの広告ポリシーで設定されている禁止・制限コンテンツが含まれる場合、広告が承認されない可能性が高いです。例えば、差別表現や薬物、武器、アダルトなどが挙げられます。

実際の広告だけでなく、広告が掲載されるページまでしっかりチェックされるため、これらの要素を含んだ広告やページでは広告掲載ができないと思った方がいいでしょう。詳しくはfacebook広告ポリシーのサイトをチェックしてみてください。

テキスト量が多すぎる

広告画像にテキストが多すぎる場合、非承認になる可能性があります。広告内のテキストは、広告全体の20%未満に抑えたほうが広告の効果が上がると言われており、文字だらけの広告はかえって逆効果と言えるのです。

文字だらけの広告は、仮に承認されても広告効果が見込めない場合も多いので、文字に頼り過ぎない広告を目指しましょう。詳しくは、以下のページで確認してください。

参考:広告画像のテキストについて

facebookやInstagramについて規定通りに言及していない

広告の中でfacebookやInstagramについて言及する際には、ガイドラインに沿った運用が求められます。非常に細かく規定が決められており、この規定からそれていると広告が掲載できません。

ガイドラインに関しては、以下のページから確認してください。こういった広告には正式なもの以外は利用できないのが常です。細かい内容ですが、しっかり覚えて広告の作成を行いましょう。

参考:Facebook Brand Resource Center

まとめ

facebook広告は、広告初心者であっても簡単に広告が作成でき、なおかつ自動で効果的に掲載させることもできるので、非常に使い勝手がいいです。費用も自由に決められるので、効果に関わらず高い固定費を支払う必要もありません。

途中でもカスタマイズが自由にできるため、慣れてきたら自分なりの広告にアレンジできることもメリットです。初心者から上級者まで、人を選ばず利用できる広告サービスと言えるでしょう。

今やSNSは多くの人が利用する時代です。ここで広告を掲載して一気に認知度を高めることができれば、高い販売効果が見込めます。今回紹介した内容を参考に、ぜひfacebook広告を活用してみてください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【限定公開】成功者続出の秘密のノウハウ

日本未上陸のノウハウで先行者利益が得られる大チャンス到来!

  • ○○○で仕入れた商品を1週間で1300万円販売したノウハウ
  • 2021年、海外で成功者続出中の最新事例
  • セレクトショップの商品を7割引で見つけるヒミツの方法
  • 無在庫でも販売できる最新の方法
  • Amazonの5倍成長しているマル秘プラットフォームとは
  • 114円で仕入れて10倍の値段で販売した実例

など、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!