物販

Amazon出品許可申請の方法をどこよりも詳しく解説!

Amazonでは自分が売りたいものがすべて出品できるわけではありません。出品にあたってAmazon当局に事前承認を得ないと販売できない商品やそもそも絶対に売ってはいけない商品も相当数にのぼります。多くの初心者の方は、その多さに驚きと戸惑いを感じるかもしれません。

しかし、出品許可申請をして出品制限が解除されれば、堂々と出品することが可能です。そこで今回の記事では、Amazonの出品制限や制限されている具体的な品目やブランド、さらに出品制限の解除方法について詳しく解説します。Amazonでせどりを行うにあたって絶対に知っておくべきポイントばかりのため、ぜひチェックしておきましょう。

出品制限の意味と理由

Amazonでは、マーケットプレイスに商品登録する際に出品許可を得なければならないケースがあります。それが出品制限ですが、これは「購入するユーザーにとって有害な商品や安全をおびやかすアイテムの販売を絶対に許さない」というAmazonの経営理念に則って設けられているシステムです。

もし武器や非合法的な医薬品などがサイトから簡単に買えてしまったら、大問題です。新型コロナが流行してからはマスクにも厳しい基準が設けられるようになりました。セラーにとっては厳しいシステムですが、それ故に安全が保障され、結果としてユーザーが増加するという好循環を生みだしているのです。

出品制限を解除するには、出品許可申請が必要です。規定のルールに従って申請し、承認されれば出品できます。ただし、Amazonはサイト内で「承認プロセスには、書類の提出、パフォーマンスのチェック、その他の資格が含まれる場合があります」と明記しており、同じ商品について制限解除を求めても、アカウントなどの諸条件によって許可される場合と許可されない場合があることをほのめかしています。なお、その基準は一切非公開です。

出品許可が必要な商品は?

Amazonで出品許可が必要な商品は、主に4つのカテゴリーに分かれています。具体的には、「書類審査が必要な商品」「制限対象商品」「出品許可が必要な商品」「出品許可が必要なカテゴリーに含まれる商品」です。後ほど具体的にご紹介していきます。

ちなみにAmazonでは、今まで問題なく出品できた商品がいきなり禁止されたり、逆に今までダメだったものが急に許可されたりと、出品制限がかかる商品やカテゴリーが突然変わることが良くあります。その基準ははっきりしませんが、今や国内だけでもAmazonユーザーは5,200万人を超えています。おびただしい取引の中でさまざまな問題が生じることは想像に難くありません。新型コロナ流行による、マスク基準の厳格化など時代を反映した事情も考えられます。

Amazonでセラーをする以上、常にAmazonの方針に敏感に従っていく姿勢は必須です。ルールに反すると、予告なしのアカウント停止、預けたFBA商品の強制廃棄など厳しい処置がくだされることも珍しくありません。セラーを始める前に、この点を強く認識しておきましょう。

出品許可が必要な商品を把握しよう

Amazonで出品制限されている上記の4項目について具体的に見ていきましょう。

書類審査が必要な商品

書類審査が必要な商品とは、リコール対象商品などユーザーの安全を大きく損ねるてしまう可能性のあるアイテムを指します。

具体的には、

「化学製品(MSDS)」
「乳幼児・子供用品&玩具」
「無線・Wi-Fi・Bluetoothなど電波を発する製品(GITEKI)」

などがあります。

例えば、「無線/Wifi/Bluetoothなど電波を発する製品(GITEKI)」の中のトランシーバーを出品したい場合は、担当窓口のjp-giteki-safety@amazon.co.jp宛に許可申請をする必要があります。
詳細については、以下のURLをご参照ください。

参考:リコール対象商品と商品の安全性

制限対象商品

続いて、制限対象商品としては例えば以下の商品が規定されています。

「酒類」
「自動車用品」
「医薬品」
「栄養補助食品」
「不快感を与える商品」
「リコール対象商品」

これらはあくまでも一例ですが、その数は相当数にのぼります。「不快感を与える商品」といっても、曖昧とした表現で人によってとらえ方が大きく異なる可能性があります。詳細は下記のURLをご参照ください。また、それぞれの商品項目についても「出品可能商品例」と「出品禁止商品例」が記載されています。

参考:制限対象商品

出品許可が必要な商品

出品許可が必要な商品として定められているのは、以下の4商品になります。

「個人の安全にかかわる製品及び家庭用品」
「イタリア製品」
「Amazon限定商品の出品」
「ストリーミングメディアプレーヤー」

出品許可が必要なカテゴリーに含まれる商品

出品許可が必要なカテゴリーに含まれる商品は、「食品・飲料・お酒」です。

ちなみに、Amazonのサイトでは「特定のカテゴリーに新たに参入する出品者の数を制限しています」と明記されています。飲食関係のアイテムは直接命にもかかわるので、そう易々と出品を認めるわけにいかないという考えからかもしれません。その後にも、このカテゴリーへの出品要件として「商品品質・ブランド・安全性に対する」ユーザーの懸念を考慮して規定されているとの旨の記述もあります。よって食品・飲料・お酒については、信頼を確実に得られるアイテムを慎重にチョイスする必要があるでしょう。

【2021年版】出品制限されているブランド・メーカーとは?

Amazonでは、「どこのメーカー」の「何という商品」が出品制限対象かについては詳細を明らかにしているわけではありません。そのため、厳密には具体的な商品について一つずつ確認するしかないのです。

そこで、2021年の時点で特定のブランドやメーカーのうち必ず制限対象になるものについて分かっている範囲でご紹介していきます。ちなみに、新品であることが前提です。中古品については一部の超人気ブランドやシリーズを除いては制限がかからないことが多いようです。

家電

有名メーカーがズラリと並んでいます。対象になっている国内メーカーもずい分あるので注意しましょう。

  • Apple
  • Beats
  • ベンキュージャパン
  • ブラザー
  • キヤノン
  • カシオ
  • ELECOM
  • エプソン
  • Philips
  • フジフィルム
  • GoPro
  • Microsoft
  • ニコン
  • オリンパス
  • パナソニック
  • PENTAX
  • リコー
  • サーモス
  • SIGMA
  • ソニー
  • ショップジャパン
  • タムロン
  • ヤマハ
  • タニタ
  • 象印

おもちゃ・ホビー

国内メーカーが多く、時代を超えた人気シリーズも含まれています。

  • バンダイ
  • Ergobaby
  • GOOD SMILE COMPANY
  • Hoppetta
  • LEGO
  • People
  • セガトイズ
  • スタジオジブリ
  • タカラトミー
  • アンパンマンシリーズ
  • ガンダムフィギュアシリーズ
  • たまごっちシリーズ
  • トーマスシリーズ
  • ディズニーシリーズ
  • プラレールシリーズ
  • ぽぽちゃんシリーズ
  • りかちゃんシリーズ

アパレル

そうそうたる世界中のブランドが揃っています。洋服だけではなく、ジュエリーやサングラス、シューズなどの有名ブランドもあります。名の通ったブランドほど偽造品も多く出回っているので、警戒も強いといえるでしょう。

  • adidas
  • BOTTEGA VENETA
  • BURBERRY
  • Chloe
  • Christian Louboutin
  • COACH
  • Dior
  • dunhill
  • FENDI
  • GUCCI
  • LOUIS VUITTON
  • milaschon
  • New Balance
  • NIKE
  • PANERAI
  • Ralph Lauren
  • Ray-Ban
  • Ferragamo
  • Tiffany
  • Tory Burch
  • バンズ

ベビー&マタニティー

ベビー&マタニティーグッズで大勝になっているのはハワイと北欧の人気ブランドです。

  • Ergobaby
  • Hoppetta

アウトドア

アメリカの人気ブランドです。アウトドアは国内でも人気が高まっているので、今後も出品制限対象ブランドは増加するかもしれません。

  • Coleman

ヘルス&ビューティー

ヘルス&ビューティー関係は、例えば以下のものが対象です。

  • Celvoke
  • Essie
  • Lab Series
  • MDNA SKIN
  • NYX

メディア

メディア関係は以下のものが対象です。

  • ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • コロムビアミュージックエンターテイメント
  • J STORM
  • 東宝

出品許可申請のやり方


最後に出品制限を解除する方法を解説します。最初は面倒に感じるかもしれませんが、慣れるとそうでもありません。決まりきったやり方なので、すぐに覚えられるでしょう。

1-1.出品制限にかかっているかを確認しよう(パソコン版)

仕入れる前に、まずその商品が出品制限にかかっているかどうかを必ず確認しましょう。制限されている商品を仕入れても販売することはできないので注意してください。

始めにパソコン画面でAmazonセラーセントラルの画面を開き「在庫」をクリックします。

そのままプルダウンして「商品登録」を選択します。

出てきた画面の検索窓に、商品名かASINを入力します。

検索結果が出たら、右側にある「バリエーションを表示する」をクリックします。

「出品制限が適用されます」と表示されたら、出品制限がかかっているということです。このままでは出品できないため、出品許可申請を行うことになります。

「出品する」が表示されたら制限はかかっていません。この場合、すぐにでも出品できます。

1-2.出品制限にかかっているかを確認しよう(スマホ版)

スマホの場合はAmazon Sellerアプリを開き、右上のカメラマークをタップして商品バーコードを読み取りましょう。

出品制限がかかっていると「出品許可が必要な商品」と表示されます。

「出品条件」をタップすると、どの商品コンディションで出品禁止かが表示されるのでよく確認してください。

出品制限がない商品なら「この商品を新品のコンディションで出品できます」と表示されます。

通常、新品がOKなら中古品も大丈夫ですが、必要であれば中古品についても「商品条件」から調べられます。

2.出品許可申請をしよう

出品許可申請は、商品画面の右側に表示される「出品制限が適用されます」をクリックします。

次の画面で「出品許可を申請する」が表示されるのでクリックしましょう。

3.解除要件をチェックしよう

上記の「出品許可を申請する」をクリックすると、「ブランド名の出品申請」という画面になり、「必要書類を提出してください」「連絡先を入力してください」という表記が出るので、該当箇所をチェック、入力します。最後に「送信」を選択します。ただし、以下に詳しく記載しますが、この画面から先は進める場合と進めない場合とにはっきりとわかれます。

ここで注意!

上記画面に「商品の購入に対してメーカーまたは卸業者が発行した請求書1通以上」「商品の販売を許可するブランドから書類1通」とあります。

つまり、これらはメーカーから正式に商品販売を許可されるか、卸業者から仕入れ可能ということを意味します。これは一個人セラーではまず不可能といってよいでしょう。いくらトライしたところで名の通ったメーカーや卸業者がまともに取り合ってくれるとは考えにくいです。残念ですが、これらの文言が表示された時点で出品制限許可は取りやめるしかありません。

出品可能な場合もある!

ただし、諦めるのはまだ早いです。なかには「出品許可を申請する」をクリックすると、そのまま制限が解除されることもあります。その基準は明確ではありませんが、そのアカウントでの販売実績や評価の数(=パフォーマンス)が影響していると考えられます。初心者の方にとっては、なかなかハードルが高いかもしれません。

しかし、同じ商品でも、時間をおいてある程度実績を積んでから再度申請するとパスすることも考えられます。どうしても出品したい商品があれば、お金はかからないのでダメもとでどんどん申請してみましょう。

まとめ

Amazonの出品許可申請についてお伝えしました。最初のうちは、「この商品は大丈夫だろうか?」と神経を遣うこともあるかもしれません。とくに初心者の場合は、他のベテランセラーが出品を許されているのに、自分は許可されないということもあるでしょう。

それでも諦めずにできるところから始めてコツコツと頑張れば、やがてユーザー評価が付き始めて販売できる商品も増えてくるはずです。しかも制限基準は流動的であり、突然変わることもあります。定期的にAmazonの公式サイトをチェックしながら、柔軟に対応していきましょう。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【期間限定公開】物販の教科書

初心者から上級者まで成功事例を完全網羅!物販を仕組み化で安定して稼ぐ方法を実例を交えて解説します。

  • 物販の各ジャンル別の実践マニュアル
  • 売上伸び悩みを解消する高収益型ビジネス
  • 物販を自動化して自由な時間を得る秘訣
  • 安定資産で複数の収益源を生み出し構築する方法

その他、タメになる情報が盛りだくさん!

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!