物販

ネットを使ったせどりビジネスについて【始め方から成功のコツまで】

せどりや転売ビジネスはネットで簡単に仕入れや販売が出来るようになったことから、副業・起業で人気のあるビジネスモデルです。

そこで今回はせどりビジネスについて詳しくご紹介します。

せどりビジネスとは?

せどりの意味をご存じでしょうか。せどりビジネスを詳しくご説明するにあたって、せどりのそもそもの意味や、どんな人がこのビジネスに向いているのか、そしてせどりビジネスのメリット・デメリットについてなど、初めてせどりを知る方に向けて詳しく解説してきます。

せどりは古本の転売のこと

せどりの本来の意味は、古本屋を営む同業者のお店から本を買い取り、転売することです。その際に本の「背」表紙を見て棚から抜き「取り」をしたので、せどりと言い表すようになりました。

そこから派生して、商品を転売目的で購入すること、商品を問わず転売をすることについて広くせどりと言うようになったのです。

せどりのメリットとデメリットについて

せどりビジネスにおけるメリットは、ビジネスモデルがとてもシンプルという点です。やることは「買って」「売る」この2つだけですので、特殊なスキルや機器、専門知識が必要とされるわけではありません。

また、準備に時間が掛かったり、利益が出るまでに期間が必要なわけでもないので、すぐに利益になる点も魅力です。

デメリットとしては商品を買うための元手が必要となる点で、先述した通り「買って」「売る」ビジネスですので、売れるまでは仕入れに掛かった金額分はマイナスとなります。

加えてとてもシンプルなビジネスのため、副業でも起業でも新規参入しやすい分野となっており、ライバルの多さもデメリットのひとつです。

せどりビジネスの向き不向きについて

せどりはシンプルなビジネスと解説しましたが、その分向き不向きの差も大きいです。

例えば単純作業が好きな人はせどりビジネスに向いている傾向にあります。商品の買い付けや出品作業はコツコツと地道に行っていく必要がありますので、単純作業にも集中力が必要です。

またはせどりで取り扱う商品に強い興味を持っているか、お金を稼ぐことに対するモチベーションが高い人にもおすすめです。せどりビジネスに対して何かしらの強い関心があれば、商品のリサーチや仕入に対しても根気強く取り組むことが出来るでしょう。

向かない人としては、上記の反対で単純作業が苦手なタイプや黙々と一人で作業をするのが嫌いな人が挙げられます。こういった作業が苦手な方は、最初は目新しさで面白く取り組めると思いますが、継続的にせどりを行うのは辛く感じられる可能性が高いです。

せどりビジネスはどうやって始めたらよい?

販売先となるサイトへの登録

ネットを使ってせどりを始めるには、Amazon楽天市場といったECサイトやネットオークションサイトなどへ登録することから始まります。

普段からネットショッピングをしている人はそれぞれのサービスについて詳しく知っているかと思いますが、購入側と販売側では大きく違いもありますので、それぞれ出店料が必要なのか、手数料はどれくらいかかるのか、どういった仕組みになっているのかなどを調べて、自分に合ったサービスを選んでください。

仕入れ先のサイトのリサーチ

商品を仕入れるにあたって、上記でも紹介したような大手のサイトもあれば、海外から買い付けが出来るようなもの、卸業者から格安で仕入れられるものなど、非常に種類が多いです。

そのため、自分がどんな商品を仕入れたいのか、どんな人に売りたいのかといった点を考えながらいくつかのサイトに登録しておくことをおすすめします。

商品の仕入れ

せどりの基本的な考え方は「出来るだけ安く仕入れて高く売る」ことなので、サイトで利益が見込める商品を探して仕入れます。しかし最初はどんな商品で利益が出るのか分からないでしょう。

そこでせどりビギナーは大手ショッピングサイトで出している売れ筋ランキングを見たり、せどりのベテランが出している「売れる商品リスト●選」といった情報を参考にしてみるのがおすすめです。

出品と発送

商品を仕入れたら、登録した販売サイトで出品を行います。紹介文の作成や写真の掲載、購入者とのやり取りも大事な仕事なので、手を抜かずに対応しましょう。

無事商品が売れたら商品を梱包して発送手続きを行います。

せどりを始めるのに準備するもの

ネットでせどりビジネスをするには下記についての準備が必要となります。

パソコンとスマホ

インターネット上で商品の売買を行うので、オンライン環境が必要なことは言うまでもありません。そして、売買をするのにスマホだけでなくパソコンがあった方がより効率的に作業を進めることが出来ます

また購入者とのやり取りや仕入れた商品の発送状況の確認などは、外出先でも出来るようにスマホでもメールアカウントの追加や必要サイトの登録などをしておくと作業が捗ります。

クレジットカードやせどり用の銀行口座

せどりでビジネスを行う場合は、売上管理が出来るように専用の口座を作っておくと便利です。確定申告の際にも便利ですので、新たに口座開設をしておくことをおすすめします。

またクレジットカードは、Amazonマーケットプレイスを利用する際に必要です。商品の仕入れをする際もクレジットカードがあると便利ですし、やはりせどりビジネスに使った金額や経費の計算がとても楽になります。

ちなみにAmazonの注文処理・配送・返品を代行してくれるFBAサービスを利用する際はプリンターも必要になるので、そちらも準備しておくとよいでしょう。

梱包のための資材

商品を発送するのに、段ボールガムテープ、緩衝材といった梱包材が必要になります。扱う商品によっては厳重に梱包する必要があったり、海外とやり取りをする場合には荷物が乱暴に扱われても大丈夫なようにしっかりと包んでおく必要もありますので、商品や配送先に合わせて準備しましょう。

検索ツール

せどりビジネスで使っていない人はいないと言っていいほど重要なツールです。市場の人気商品や相場となる金額など、手動で行うと大変なリサーチを代わりに行ってくれるサービスが「検索ツール」となっています。

無料のものから多機能で有料のものまで種類が豊富にありますので、自分に合ったツールを選びましょう。

古物商許可について

せどりや転売について調べたことがある方なら、古物商許可の申請について目にしたことがあるでしょう。古物とはアンティーク品のイメージをされるかもしれませんが、古物の定義とは「使用されたもの」か「使用することを目的に購入されたもの」、そしてそれらに「手入れをしたもの」です。ただ、上記に該当するものでも、消費したら無くなる化粧品や食料品、そしてリメイク品や原材料は古物には当たりません。

これらを自分の使用目的ではなく、利益を出すことを目的に購入すること、販売すること、交換やレンタルすることを「古物営業」といって、これらには古物商許可が必要となります。

そのため小売店などから新品の商品を仕入れて販売するには古物商許可は必要ないのですが、上記のように中古品を売買したり、新品でも他のせどり・転売業者から買い付けて販売する場合には古物商許可が必要です。

分かりにくい部分ですが、新品の商品を売買することは「新品」の商品を購入して、「古物」となった商品を売ることになります。そのため「古物を買って古物を売る」古物営業には当たらないということです。

ただせどりビジネスでは古物の売買に該当するケースも考えられますので、古物商許可を取っておいて損はありません。古物営業所を管轄している警察署に、必要な書類を揃えて申請をしましょう。

ネットを使ったせどりの進め方とは?

ここまでせどりビジネスについての概要を解説してきましたが、この項目では具体的にどのようにせどりを進めればよいのかをご紹介します。

商品のリサーチをしよう

どの商品を仕入れるかはせどりにおいて非常に重要な点です。先述したように、ランキングやおすすめ商品リストなどの情報を参考にしながら、今売れている商品や今後人気が高まる商品をチェックしていきましょう。また同じ商品でも、サイトごとに相場が違うこともありますので、価格差も調べておきます。

商品リサーチのコツとしては、市場の動きや世の中の人気の移り変わりについてチェックしながら、売れそうな商品を予測することが挙げられます。先ほど紹介した検索ツールと合わせて、SNSなども活用しながら情報収集をしていきましょう。

商品の仕入れをしよう

リサーチした内容をもとに仕入れをしていきます。そして、相場の価格と仕入れ値の差が大きいほど利益が出せますので、出来る限り安く仕入れることが重要です。

こちらもどのサイトなら最安値で仕入れることが出来るのか調べられるツールやサービスがありますので、これらを活用して効率的に仕入れを行いましょう。

価格を設定しよう

Amazonや楽天市場などの販売サイトで出品する際は販売価格を自分で設定するのですが、これには相場の価格が重要になっていきます。

仕入れ値と変わらない金額で売れば消費者は安く買えるので、その分売れ行きは良くなりますが利益は出ません。そして価格を高く設定すれば売れた時の利益は高くなりますが、他の出品者よりも高い商品を購入するメリットは基本的にありませんので、売れなくなってしまいます。

商品の傷や汚れといった状態と合わせて、適正な価格で出品できるようツールを使うなどして調整しましょう。

商品を販売しよう

価格設定をしたら実際に商品を販売していきます。基本的には出品から発送まで自分で行う必要がありますが、この作業がなかなか手間が掛かる点でもありますので、外部のサービスなどを上手に使って効率的に売買のサイクルを回せるようにしましょう。

こうしたサービスを使うと時間に余裕も生まれますので、商品のリサーチや市場の予測など、より重要な仕事に時間を割くことも出来るようになります。

Amazonやメルカリといった大手のサービスサイトではサポートも充実していますので、サポート内容も合わせて販売サイトを選ぶのがおすすめです。特にAmazonのFBAでは、在庫の管理から発送まで全て対応してくれるので非常に便利です。手数料はもちろん掛かりますので、ご自身の取り扱う商品や売買の規模をふまえて利用するサービスを選定してください。

仕入れにおすすめのオンラインショップは?

実際に仕入れをするのにおすすめのネットショップをご紹介していきます。オンラインサイトは数えきれないほどありますので、初心者の方は紹介するサイトを利用しつつ仕入れ先の開拓をしていきましょう。

家電量販店の仕入れにおすすめのサイト

参考:nojima online

参考:ケーズデンキ オンラインショップ

参考:NTT-X Store

参考:ヤマダウェブコム

参考:Sofmap.com

参考:ビックカメラ.com

参考:EDION ネットショップ

ゲームやCD、DVDの仕入れにおすすめのサイト

参考:トイザらス オンラインストア

参考:TSUTAYA オンラインショッピング

参考:BOOK・OFF Online

参考:Net・MALL(ハードオフ公式サイト)

参考:駿河屋.jp

参考:TOWER RECORDS ONLINE

参考:DMM通販

おもちゃの仕入れにおすすめのサイト

参考:プレミアムバンダイ

参考:トイザらス オンラインストア

参考:おもちゃ屋さんの倉庫 公式オンラインショップ

参考:イーカプコン

参考:タカラトミーモール

参考:Happinet Online

ベビー用品の仕入れにおすすめのサイト

参考:西松屋

参考:アカチャンホンポ ネット通販

参考:nihon ikuji 公式オンラインショップ

おすすめリサイクルショップ

参考:NET・OFF

参考:Net・MALL(ハードオフ公式サイト)

参考:BOOK・OFF Online

参考:トレファクONLINE

参考:2nd STREET

せどりビジネスで利益を出すために抑えるべきコツとは?

ここまでせどりビジネスについて説明してきましたが、本当に利益が出せるのか、損をしてしまわないかという心配や疑問があることでしょう。実際にせどりをしていても稼げていない人ももちろんいます。

しかし会社員として働いているときよりも大きく稼いでいる人も事実です。そこで実際のせどりビジネスの体験談をご紹介します。

実際にせどりで利益を出している人の収入

せどりで利益を出している人は少なくありません。しかし稼げている金額には大きな差があり、副業で本業の合間にやっている人なのか、開業届を出して本格的にやっている人なのかによっても違いはあります。

具体的な数字でいえば、月数千円~数百万円以上までと幅が広いです。実際周りには月数十万稼いでいる人もいましたので、せどりビジネスで稼ぐことは出来ます。

せどりで利益が出せない人の理由とは?

先述した通り、だれでも利益が出せるというわけではありません。特に、せどりは元手が掛かるビジネスなので、赤字になることもあり得ます。

そしてせどりで利益が出せない人の共通点のひとつに価格設定が高いことが挙げられます。価格設定の大切さは先述した通りで、消費者は買いたい商品を見つけても他のサイトや出品者と見比べますので、相場の価格から離れていると非常に不利です。

また、中古品の場合には、商品の状態の良し悪しも価格設定をする際に考慮する必要があります。そのため、この商品の状態ならいくらで売れそうかを考えて価格設定をしましょう

せどりにおける地域差について

これまでネットショップをつかったせどりについて解説してきましたが、もちろん実店舗でも商品の買い付けをすることが出来ます。そして、実店舗の買い付けについては、地域によって差が出ることが多いです。

例えば直営店とフランチャイズ店の違いで、それぞれ価格設定のルールが違うことがあります。多くは直営店の方が価格設定のルールが厳しいので、どの店舗でも価格差は見られませんが、フランチャイズ店は店長や店員の裁量に任せられていることも多いので、直営店より安く仕入れられるケースがあります。

また特定の地域にあるショップで格安で販売をしているところがあれば、そのショップの近隣に住んでいる人は有利です。

まとめ

今回は、せどりビジネスの初心者向けに詳しく紹介させていただきました。せどりは昔から人気のあるビジネスのひとつで、副業や起業に興味がある方は挑戦してみる価値があるビジネスモデルなので、せひチャレンジしてみてください。

また、せどりで稼げるようになるには実戦経験を積んでコツを掴んでいくのが一番確実です。そのため今回の情報を参考にしながら、自分ならではのビジネススタイルや感覚を養ってください。