ロゴ作成が無料でできる登録不要のツール12選

ビジネスでも使えるロゴを、簡単に作成できる便利なツールがロゴ作成ツールです。

ツールを利用すると、デザイナーが作成したかのようなクオリティの高いロゴを無料で作成することができます。

今回は、商用利用可能かつ無料でロゴを作成できる登録不要のツールをご紹介します。

ツールを選ぶ際のポイントのほか、ツールを使用するメリットや注意点も併せてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

目次

ロゴ作成ツールを選ぶときのポイント

ロゴ作成ツールのサイトは、今やウェブ上にあふれかえっています。

そのため、いったいどのサイトを選べば良いのか迷ってしまいますよね。そこで、まずはロゴ作成ツールを選ぶときのポイントを4つご紹介していきます。

これからロゴ作成ツールを探す方や、どういった観点で選べば良いのか知りたい方はぜひ参考にしてください。

(1)テンプレートは充実しているか

一般的にロゴは業種ごとにデザインの方針が異なっているため、業種ごとにカテゴリー分けされた中からテンプレートを選択できるツールがおすすめです。

中でもテンプレートの種類が充実しているサイトを選ぶと、作成できるロゴの幅をさらに広げられるため、自分のイメージにより近いロゴを作成できます。

また、比較的に更新頻度の高いツールでは最新のロゴやデザインが反映されます。

トレンドを取り入れたロゴやなるべくデザイン性の高いロゴを作成したい場合は、頻繁に更新されるツールサイトがおすすめです。

(2)無料でどこまで使用可能か

無料のロゴ作成ツールといっても、ツールによっては無料の範囲内では画質が荒かったり、不要な文字が入ってしまったり、商用利用できなかったりといったケースがあります。結局は有料で作るはめになってしまいかねません。

まずは、無料でどのレベルのロゴが作成できるのかを確認しておくことが重要です。

また有料版を無料で試すことのできるツールサイトの場合は、有料版を購入する前に無料トライアル版を利用してみることをおすすめします。

(3)操作は簡単か

初心者の方がロゴ作成をする場合、操作が簡単で使い勝手の良いツールサイトであることも重要なポイントです。操作が複雑で難しいサイトは、作業効率性の観点からもおすすめできません。

ツールによってはテキストを入力するだけで、複数のロゴデザインを自動で提案してくれる便利なサイトもあります。

こちらも可能であればサイトのお試し版などを一度使ってみて、使い心地や操作性がご自身に合っているかどうか確かめてみることがおすすめです。

(4)日本語対応しているか

ロゴ作成ツールは海外のサイトである場合も多いため、日本語に対応していないケースがあります。

操作する際にツールが日本語に対応していない場合は、ある程度英語を理解できる必要があります。

また、そもそもフォントが日本語対応していない場合は、日本語フォントのロゴが作成できないので気をつけましょう。こちらも事前にあらかじめチェックしておくことがおすすめです。

商用利用ができるロゴが作れるか

自分で作成して使用する分には、商用利用ができるサイトがほとんどです。素材やテンプレートを編集して作成したものは使用できないというところもあります。

例外として図形だけは使用できるというサイトもあり、素材を使用しても良いが使用用途が限られているものなど様々なパターンがありますので、使用する前にそのサイトで使用の可否などを詳しく調べて作成するようにしましょう。

使用する上でのメリットと注意点

ロゴ作成ツールを使用する場合、いくつかのメリットと注意点があります。ツールを使用する前に、事前に確認しておきましょう。

誰でも簡単にロゴを作成できる

ロゴ作成ツールを利用するメリットは、誰でも簡単にビジネス用のロゴを作成できるという点が挙げられます。

プロのように専門的な知識がなくても、用意されているテンプレートやイラスト、フォントなどを選択して組み合わせるだけで、クオリティの高いロゴを作成することができます。

また急にロゴが必要になった場合や、予算は少ないけど簡単なロゴがほしい、といった場合にも無料でロゴ作成できるツールはおすすめです。

デザイナーに具体的なイメージを伝えることができる

デザイナーにロゴを発注する場合にも、無料のロゴ作成ツールは役に立ちます。

例えば、デザイナーに「こんなロゴを作ってほしい」と言葉で伝えても、なかなか具体的にイメージが伝わらない場合があります。

そんな時には、あらかじめ無料の作成ツールで作成した簡単なイメージを共有することで、よりスムーズに意見を伝えることができます。

しかし、デザイナーの自由なアイデアを引き出したい場合などに、この手段を使うと逆効果になってしまうこともあるので気をつけましょう。

著作権に注意する

著作権とは、著作物に対する権利のことです。ロゴ作成の際も著作権については十分に注意する必要があります。

無料のロゴ作成ツールでは簡単にロゴを作成できます。しかし、プライベートではなくビジネス目的でロゴを作成したい場合はあらかじめサイトの規約を確認し、商用利用可能かどうかをチェックしておきましょう。

アイコンなどの素材やフォントによっては、著作権の扱いが異なる場合があるので注意が必要です。

また、無料作成ツールを利用して作成したロゴはどうしても他社のロゴと類似してしまう可能性もあります。不安な場合は特許事務所に相談するか、もしくは最初からプロのデザイナーに作成を任せることも検討しましょう。

ダウンロード可能なデータを確認しよう

ロゴ作成ツールを使用する前に、ダウンロード可能なデータを確認しておく必要があります。

以下にチェックしておくべきポイントを2点ご紹介します。

解像度とファイルデータ

・解像度
解像度とは、1インチの中にどれだけのドット数が密集しているかを表す密度のことを指します。

作成したロゴのデザインによっては、一般よりも高解像度のデータが必要になる場合があります。またツールによって、無料版では高解像度のデータに対応していないサイトも数多くあります。

そのため、あらかじめダウンロード可能な解像度をチェックしておきましょう。

・ファイルデータ
作成したロゴのフィルデータにはJPGやPNGなど、ツールによってさまざまなファイルのデータ形式があります。ダウンロードしたいデータファイルに対応しているかどうかを確認してから、ツールを選ぶことが必要です。

無料で商用利用可能なおすすめロゴ作成ツール

それではここから、無料で使える商用利用可能なロゴ作成ツールをご紹介していきます。それぞれのツールの特徴や使い方を説明していきますので、ぜひ参考にしてください。

また、商標登録が可能かどうかに関しては、ご利用前に必ずご自身でも規約を確認しておいてください。

ツールの内容や価格は、当記事の執筆時点と異なる可能性があるためご注意ください。

Cool Text

<特徴>
無料で使えてアカウント登録の必要もない、手軽なロゴ作成ツールCool Textです。

ポップで派手目なデザインのテキストが多く、フォントやスタイル、サイズを組み合わせるだけでサクッとお気に入りのロゴを作成することができます。

ロゴスタイルは128種類、フォントは1,900種類以上の中から選ぶことができます。

操作はとても簡単でわかりやすく、初心者やお急ぎの方でもすぐにロゴを作成できることが特徴です。

<使い方>
1.トップページのロゴページから、好みのデザインのロゴを選択してクリックする
2.「ロゴテキスト」にロゴにいれたい文字を入力する
3.「フォント」をクリックし、好みのフォントを選択する
4.「テキストサイズ」でロゴのサイズを変更する
5.「Shadow」タブの隣にある「Image」タブでダウンロードしたいデータファイル形式を選択
6.「Create Logo」をクリック
以上の手順で誰でも簡単にロゴを作成することができます。

DesignEvo

<特徴>
DesignEvoの特徴は、そのテンプレートの豊富さにあります。

無料にもかかわらず、およそ10,000以上のテンプレートが備わっており、誰でも簡単に操作することができます。無料プランの場合は、低解像度のロゴのみダウンロード可能です。

<使い方>
1.トップページの「Make a Logo」をクリック
2.テンプレート画面から好みのロゴを選択し、「customize」をクリック(カテゴリーからも検索可能)
3.ロゴに入れたい文字を入力
4.画面左のツールから色やアイコン、サイズ、フォントなど細かいデザインを変更する
5.出来上がったら右上のダウンロードをクリック
6.プランを選んでロゴをダウンロードする(無料プランの場合は低解像度のロゴのみ)

Online Logo Maker

<特徴>
Online Logo Makerは、日本語サイトもあり操作がしやすい無料のロゴ作成ツールです。

無料で簡単に操作できることが特徴ですが、元々海外のサイトのため、若干日本語訳が崩れている部分もあります。

また操作自体はシンプルですが、テンプレートから自動でロゴを作成できる他のツールに比べると、初心者にとってはやや難易度が高くなります。

<使い方>
1.トップページから「開始ロゴメーカー」をクリック
2.左上の「テキストを追加」をクリックし、文字を入力
3.文字のフォントや色、サイズを調節
4.好みの記号(アイコン)や形(図形)を追加する
5.作成完了後、右上の「ダウンロード」をクリックし、メールアドレスを入力しダウンロード

Logo Maker

<特徴>
オンラインストアサービスのstore.jpが提供する無料ロゴ作成ツールが、Logo Makerです。

会員登録不要で動作が軽いことが特徴で、使い勝手よくロゴを作成することができます。

可愛らしいデザインのタグも多いため、ビジネスだけでなく誕生日や結婚式のロゴの作成もご自身で行えます。

しかし、こちらも上のOnline Logo Maker同様、全てのロゴを自動で生成してくれるツールではないため注意が必要です。

<使い方>
1.トップページからロゴに入れたい文字を入力
2.編集ページから、テキスト欄に「ショップ名」と「キャッチコピー」を入力、文字のフォントや太さ、カラーを変更
3.アイコンの種類と色を選択
4.テキストとアイコンの位置を調整
5.画面右下の「完成させる」をクリックし、ロゴを保存する

Canva

<特徴>
CanvaにはiOS・Androidのスマートフォンで使用できるアプリもあるため、パソコンだけでなくスマホからも手軽にロゴを作成できます。

オーストラリアの企業が提供する無料ロゴ作成ツールで、有料プランのお試しも30日間無料で使用することができます。

画面は見やすく操作もシンプルです。テンプレートやアイコンの種類が豊富で、見ているだけでも楽しめるサイトです。

<使い方>
1.トップページの検索ボックスから、「ロゴ」を検索
2.テンプレートから好みのロゴを選択
3.素材やテキスト、図形などを選択
4.作成完了後、右上の「ダウンロード」からファイルを選択してダウンロード

YouiDraw

<特徴>
YouiDrawは、立体的なデザインを使用したロゴを作成することができるツールサイトです。数百種類ものテンプレートや型の中から好みのデザインを選択することができます。

しかし、商用利用の場合は無料プランではなく、有料プランに登録する必要があるので注意しましょう。

<使い方>
1.トップページから「Start YouiDraw for free」をクリック
2.Logo Creatorをクリック
3.好みのデザインを選択
4.ログイン画面を選択し、ログイン
5.左側のメニューからアイコンやテキスト、フォントなどを選択し編集
6.画面右上の「export」をクリックして保存

hatchful

〈特徴〉
hatchfulは、手軽にロゴを作成したい方向けのサービスです。

自分が作りたいロゴのイメージの雰囲気やジャンルを直感的に選択していくことで簡単にお洒落なロゴを作成することができます。

〈使い方〉
1.トップページから、使ってみるをクリック
2.どの業界で使用するかを選択
3.デザインのスタイルを選択
4.ロゴに表示する会社名等を入力する
5.どの媒体で使用するかを選択
6.自動でロゴが複数作成されるので、好きなものを選んで微調整する
7.ダウンロードをクリックし、メールアドレスを入力し会員登録してダウンロードを行う

LOGO FACTORY

〈特徴〉
LOGO FACTORYは、設定する項目が少なく短時間で簡単にロゴを作成することができます。

シンプルで簡単なロゴを作成したい場合はおすすめできるサイトです。

〈使い方〉
1.トップページに編集画面があるのでまず記号を選択
2.テキストに社名等を入力しフォントや色を編集する
3.下のダウンロードをクリックすると、メールアドレスの入力を求められるので入力し、ダウンロード

Logo Garden

〈特徴〉
Logo Gardenは、サイズや色の変更が自在に出来るテキスト・多数のアイコンが用意されており、イメージ通りのロゴが作成できます。ロゴの作成だけなら無料ですが、追加で料金を支払うことで名刺やTシャツなどの作成も可能です。

業種ごとにジャンル分けされたシンボルが検索できるので、スピーディに作成できます。

注意する点としては日本語に対応していないので、日本語を入力することができません。基本英語表記なので、自信がない方は翻訳して利用しましょう。

また、ダウンロードする際に会員登録を求められるので登録しましょう。

〈使い方〉
1.Get Staretedをクリック
2.左のシンボルから好きなマークを選択
3.上のフォントの横にあるテキストのアイコンをクリックし、テキストを入力
4.サイズやフォント、テキストの角度などを選択
5.編集が完了したら、右上のSAVE&DOWNLOADをクリック
6.メールアドレスを入力し、ダウンロード

フリーフォントでかんたんロゴ作成

〈特徴〉
フリーフォントで簡単ロゴ作成は、テキストベースのロゴを作成したい時に最適なサービスです。

フォントがこまめに追加されており、豊富な種類から自分の好きな複数のフォントを組み合わせて、自分だけのオリジナルテキストロゴを作成することができます。

〈使い方〉
1.表示するテキストのボックスにテキストを入力
2.サイズやフォントを選択し、その他色や背景色なども選択
3.編集が完了したら、ダウンロードをクリック

flamingtext

〈特徴〉
flamingtextは、テキストを入力して出力されたテキストベースのロゴの中から、自分の好きなロゴを選択して使用することができます。

短時間ですぐにシンプルなロゴを使用したい場合におすすめです。商用利用の場合は、ロゴを購入する必要があります。

〈使い方〉
1.好きなロゴを選択
2.編集するかそのままダウンロードするかを選び、クリック
3.テキストやフォントを選択し、編集が完了したダウンロードする

Button Marker

〈特徴〉
Button Markerは、小型のボタンやバナーを作成できるサイトで、テキストベースのロゴを作成することに適しています。

ロゴのサイズに対応しているのである程度のものは作成することができるでしょう。

テキストの位置や、色などを詳細に設定することができるので、自分の納得のいくまで編集を行えます。

〈使い方〉
1.米印がついているところは必須項目なのでサイズや背景色、フォントを編集する
2.編集が完了したら右上のCreateをクリック
3.入力したデータで作成されるので完成だったら右クリックで保存する

まとめ

企業やブランドのイメージを形作るためにとても大切なロゴですが、実はウェブ上でも無料で作成できる便利なツールがそろっています

これらの無料ロゴ作成ツールは、お急ぎでロゴを作成したい場合や、低予算でロゴを作成したい方にとてもおすすめです。シンプルな操作で専門知識もいらないため、初心者でも簡単にロゴを作ることができます。

これらのツールはデザインテンプレートが豊富な場合も多いため、ビジネスに限らずプライベートで活用しても十分楽しめます。

一方、商用利用する場合には著作権や商標権などに関するサイトの規約もしっかりと確認してから使用することが重要です。今回の記事を参考に、無料で利用できる便利なロゴ作成ツールをぜひ一度試してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次