物販

中国サイトで服を購入する前に!サイズ表記について知っておきたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

中国輸入転売で服は人気のジャンルです。
特に服やおしゃれが好きな方は、自分の好き・得意なもので稼げたらと考え参入する人も多いです。
また、軽量でかさばらない為選ぶという人もいるのではないでしょうか。

しかし、中国輸入で服を仕入れるなら気を付けなければいけない点がいくつもあります。
サイズや品質等、どの確認を怠ってもクレーム・返品・低評価となってしまいやすいのです。

せっかく仕入れて販売するならば、注意点をしっかりと把握して対策を知ってから挑みましょう。

中国の服のサイズ表記を動画で確認する

中国輸入転売で服を扱うメリットとは

中国輸入転売で服を扱うメリットから説明していきます。

3つの大きなメリットしては

・中国にはアパレル生産工場が多い
独創性を持たせ差別化を図ることが可能
利益率が高くなりやすい

ことが挙げられます。

中国にはアパレル生産工場が多い

服は大きなカテゴリに分けても、アウター・トップス・ボトムス・インナー等たくさんあり、その中でも無数の種類に分かれていきます。
また、人によって好みがあったり季節で着用する服は変わるため、中国でも一年中多くの工場で生産され続けているのです。特に広州市や南通市はアパレル生産が非常に強い都市です。
生産工場がたくさんあるということは、転売ビジネスにとってのメリットだけでなく、今後OEMをしていきたいと考えている人にとってもメリットになります。数ある工場の中から、自分の条件に合う工場を探せるため、選択肢が狭まりにくいのです。
また、中国の服というと、品質が心配だという声も多いですが、中国の工場でも良質な服を生産しているところはたくさんあります。あとは、そういったポリシーを持つところから仕入れられるよう、質を見極めていかなければなりません。

独創性を持たせ差別化を図ることが可能

最近は似通った服が多くなっていますが、少し手を加えるだけでも独創性を持たせることが出来る為、他社と差別化を図りやすくなります。元は同じ服でも、ボタン・ポケット・ロゴの有無やつける位置、配色を変えるだけで印象は違うものです。

ちょっとした変更なら簡単にできるので、OEMにしなくても自分のデザインした服を作ることが出来ます。
もちろん工場によって対応出来る範囲は異なりますが、相談してみると意外にも請け負ってくれるということもあるのです。

利益率が高くなりやすい

アパレル品全てが当てはまるわけではないのですが、基本的に原価が安い物が多いため利益率が高くなりやすいというメリットがあります。
仕入れ先によっては、ロット数が大きくなると値引きに応じてくれるところもあったり、掛け率が低いいところを選ぶ等すると仕入れ値を抑えることも可能です。

更に、商品原価は安くてもブランディングの方法や成果によっては、何倍もの価値になります。
服は機械類等の商品に比べると、機能やデザインを大きく変える等工夫出来るところがたくさんあるのです。デザインや機能、どこに価値を見出すかはそれぞれな為、ターゲットの候補だってたくさんいます。
これは服ならではのメリットであるため、大いに活用していきましょう。

中国輸入転売で服を扱うデメリットとは

メリットがある一方で、中国輸入の服ならではのデメリットも存在します。

粗悪品の多さが目立つ
クレームになりやすい
品質表示タグの問題

これらについて説明していきます。

粗悪品の多さが目立つ

「中国製の服は質が悪い」という話を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。
実際、安かろう悪かろうというように、安価な物は粗悪品が多い傾向です。

粗悪品のレベルも様々で、サイズが表記と実物で異なったり、縫製が雑過ぎるものから刺激臭を放ったり皮膚がかゆくなってしまう等の健康被害を及ぼすものまであります。

取引を重ね信頼できる仕入先があると安心出来るのですが、そういった仕入先が見つかるまでは安価な物には手を出さないようにし、テスト仕入れから検品までを強化していきましょう。

クレームになりやすい

届いた粗悪品をそのまま販売すれば、もちろんクレームに繋がりますがそれ以外にもクレームになりやすい原因があります。

中国製の服は、品質自体に問題はなくても、商品画像と実物が違うという声も多いのです。タオバオアリババの画像をそのまま利用すると、こういったクレームが起こりやすくなります。
画像を引用しただけでは、ゆとりのある素材に見えた、光沢があるように見えたのに実際は違った等、イメージの差が出やすいのです。
これを防ぐには、タオバオやアリババの画像をそのまま使わず、届いた商品を使って何枚か撮り、購入する人のイメージが湧きやすいようにしましょう。

Amazon出品には画像に関する規定もありますので、下記の記事を参考にしてください。

参考:Amazonで出品する前に知っておこう!写真や画像背景に関するルール

品質表示タグの問題

服を販売する際には、【家庭用品品質表示法】により、品質表示が義務付けられており、その表示方法としてタグが用いられています。

しかし、中国輸入で仕入れた服には、品質や洗濯表示のタグが付いていないことも多々あります。また、付いていても明らかに別の素材を明記したものあるため、付いていても安心はできません。品質と洗濯、どちらか一方でもついていない物を販売するのは、法律違反でもありますが、購入者からの信用問題にも関わります。

可能なことならば、中国の工場で全てつけてもらうのが一番ですが、それが難しい場合もあります。その場合は自分で品質表示タグをつけてから販売するようにしましょう。

中国の服、サイズ表記はどう違う?

中国の服のサイズは、日本と同じ表記のように見えても実際は違うことがあります。一緒だという思い込みで販売すると、後からクレームが起きたり返品対応に追われるということになりかねません。
輸入する前に、中国での服のサイズ表示についてしっかり学んでおきましょう。

中国で服のサイズはどのように表示される?

日本にJIS規格があるように、中国でも標準となる規格があります。それをGB規格というのですが、中国での服のサイズはこのGB規格と、MやL等のサイズで表示されています。どちらか一方もしくは両方表示されている場合もあるので、これらを解説していきます。

まず、GB規格ですが、『170(身長)/90(胸囲)』で表されます。そしてMやL等のサイズは、日本でMやLとされるものよりも1サイズ程大きくなっているので注意しなければなりません。

サイズ・GB規格・日本での近いサイズ

[レディース]
M・165/85・S-M
L・170/90・M
XL・175/95・L  
XXL・180/100・L-2L
XXXL・185/105・2L  

[メンズ]
M・165/90・S
L・170/95・M
XL・175/105・L
XXL・180/110・2L
 
というように分かれているのです。また、GB規格の場合、160-165(身長)/84-86(胸囲)と表示されることもあります。

 

日本のサイズ表示はこのようになっている

日本のサイズは、JIS規格では〇号またはSやM、Lという風に表示されます。細かいことをいうと、その中でも身長が高い人、標準、低い人や、標準よりヒップが大きい人、小さい人等分けられているのですが、今回は標準体型(154~162㎝)のサイズを使って説明していきます。

[サイズ・バスト・ウエスト・ヒップ]

S・72-80・58-64・82-90
M・79-87・64-70・87-95
L・86-94・69-77・92-100
LL・93-101・77-85・97-105 

[号数・バスト・ウエスト・ヒップ]

5号・77・58・87
7号・80・61・89
9号・83・64・91
11号・86・67・93
13号・89・70・95  
15号・92・73・97

号数で表されている場合、5~7号がSサイズ、9~11号がMサイズ、13号がLサイズ、15号が2Lサイズに相当します。
中国の服のサイズと比べると、ちょうど適合するというものはないため、物によってちょうどよいと感じたり、合わなかったりが分かれるのです。

中国サイズと比較すると…

物によっては合うものもあるのでしょうが、基本的には中国でMやLとされているものは、日本では1サイズ小さいと考えた方が良いでしょう。
その為、販売する際には少し小さめの作りであることを明記し、該当の身長や胸囲等のサイズをわかりやすく書いておくと購入者も想像しやすくなります。

明記しなかったり、勝手にサイズを日本で該当するものに変えるのは、購入者とのトラブルを生んでしまうため止めましょう。

中国製でMサイズ(胸囲85㎝)となっていますが、日本でのサイズはS~Mに相当します等サイズに関する情報は出来るだけ詳しく、商品ページの目立つとこに書いておくことをお勧めします。

Amazonでの商品説明文の書き方については、下記の記事を参考にしてください。

参考:Amazonの出品説明文の書き方を解説!

各国の服や靴のサイズについて

中国は服の生産がさかんなこともあり、世界各国に向けて生産・販売もしています。その為、中国製の服の中には、世界各国のサイズで作られている物もあるのです。
もしも仕入れた服のサイズが、MやL、またはGB規格でもなく数字だった場合は、他国のサイズ表記になっている可能性があります。

レディースインナーの場合

日本ではアンダーバストを基にサイズが表示されていますが、国によっては違う数字で表示されています。
日本のサイズに相当する各国のサイズを見ていきましょう。

日本…65/70/75/80/85/90
中国・ヨーロッパ…日本と同じ
アメリカ・イギリス…30/32/34/36/38/40
フランス…80/85/90/95/100/105

ちなみにイタリアは一桁の数字で表示されています。

サイズ…トップバスト(㎝)
0…78~81
1…82~85
2…86~89
3…90~93
4…94~97
5…98~101

アウターの場合

日本のサイズに該当する中国以外の各国のサイズ表示もみていきましょう。

[レディース]
日本…S・M・L・2L
アメリカ…32・34・36・38
カナダ…2・4-6・8-10・12-14
イギリス…8・10・12・14
フランス・スイス・ドイツ…36・38・40・42
スペイン…30・32・34・36
イタリア…40・42・44・46
オーストラリア…12・14・16・18

[メンズ]
日本…S・M・L・2L
イタリア・ヨーロッパ…36・38・40・42
イギリス・アメリカ…14・15・15 1/2・16 1/2

同じ国でも、レディースとメンズでは表記が全く異なっているところもある為、取り扱う際には注意が必要です。

靴のサイズ

靴のサイズ表示も日本とは違います。日本で㎝表記されているサイズに該当する、各国の表示を見ていきましょう。

[レディース]
日本…22・22.5・23・23.5・24・24.5・25
中国・フランス…34・35・36・37・38・39・40
アメリカ…4 1/2・5・ 5 1/2・6・6 1/2・7・7 1/2
イギリス…3 1/2・4・4 1/2・5・5 1/2・6・6 1/2

[メンズ]
日本…25.5・26・26.5・27・27.5
中国・フランス…41・42・43・44・45
アメリカ…8・8 1/2・9・9 1/2・10
イギリス…7・7 1/2・8・8 1/2・9

中国製の子供服、仕入れる前にサイズに関する注意点を知ろう

中国製の子供服を仕入れる際にも、サイズに関して知っておかないと、商品ページで正しい表記が出来ずクレームになってしまう可能性があります。
仕入れ・販売する前にこれから紹介する注意点を頭に入れておきましょう。

サイズ展開について

子供の服は、すぐにサイズアウトすることも多く、通常、半年~1年ごとに変わっていきます。そして、子供服のサイズ展開は50~70の新生児用と70、80、90、95、100の乳幼児用、100~160の幼児・児童用とバリエーションが豊富です。
資金の余裕がかなりある場合は全てのサイズを揃えるのも良いのですが、売れるサイズは限られることもあるため、最初の内はある程度ターゲットを絞って仕入れることをお勧めします。
一方で、サイズの幅が広く、安価で良質な物があるお店は、購入者も選びやすくリピーターになる可能性があります。子供服はすぐに汚れたりサイズアウトするので、普段着で使うには安い物を選ぶ人も多いのです。資金に余裕が出てきたらサイズ展開を増やしてみると良いでしょう。

子供服のサイズ表記、どこで確認する?

タオバオ等の中国サイトで子供服を仕入れる場合でも、商品ページに書いてあるサイズは必ず確認しましょう。
タオバオで子供服を見てみると、商品ページのところに「参考身高」と書かれているところがあります。

更にページをスクロールすると、服の写真とサイズ表が掲載されています。

商品やお店によって、表記されているサイズより-5㎝の身長の子が着用することを想定していたり、上のように~15㎝の身長の子と想定されている等バラバラです。商品ごとに詳細を確認した方が、間違いは少ないでしょう。

子供靴のサイズ表記について

子供も大人も靴の場合は、日本のサイズが22、22.5、23と0.5㎝上がるごとに、中国のサイズでは34、35、36と1ずつ上がります。

また、靴の内長とされているのは、実際の足のサイズ+0.5㎝となっていることが多いです。
スクロールしてみるとサイズチャートが掲載されています。

中国製の服のサイズ、気を付けるべきこととは

中国製の服を仕入れる為のサイズに関してとにかく気を付けるべき点と、服が日本のサイズより小さく作られている理由について説明していきます。

注意点①サイズ表記が正しくない

商品ページに記載されているサイズと、実際のサイズが違ったということは多々あります。特に、腕周り等の細かいサイズは全然あっていなかったり、場合によっては10枚注文しても10枚とも同じサイズではないというケースもあります。
また、タオバオやアリババには、同じように見える商品がいろいろなお店から出品されていて値段もバラバラというものも多くあります。これは一つの商品を複数のお店・工場が真似て販売している可能性があり、それらもサイズにばらつきがあることがあるのです。

そのため、仕入れて商品を販売する前に、全て自分で計測してみることをお勧めします。
何もせずそのまま出品して、表記と違えばクレームや返品対応に追われてしまうのはあなたです。

注意点②他国のサイズ表記になっている場合がある

先ほども説明しましたが、他国に向けて生産している服の場合、その国基準のサイズで表示されている可能性があります。
中国や日本のサイズ表記とは違うので、見慣れない数字が乗っている場合はどの国のものか確認しましょう。
商品ページに書いていない場合、代行業者を通じる等して販売者にサイズの問い合わせをして明確にしてから仕入れるようにしてください。

中国製の服のサイズが小さい理由とは

例えば、日本人と中国人、大きな体系の差はありません。
多少日本人の方が小柄ではあるかもしれませんが、中国人が小さすぎるわけではないのです。むしろ足の長い女性も多く、大きく作った方が良いのでは…と思うのですが、小さく作られている理由はちゃんとあるのです。

簡単に言うと、コスト削減のため。
日本でも、サイズごとに金額が異なることはありますよね。自分に合ったサイズを購入しようとすると必然的に高い方を買うことになるため、その分儲けることが出来るのです。
また、小さく作ることで、一つの生地から生産できる枚数も変わってきます。

どちらも一枚で見ると微々たるものですが、たくさん生産している中国の工場にとっては合わせるとかなり大きな金額になるのでしょう。

中国製の服、実際に売れたものとは?

中国製の服と聞くと、品質を気にする人も少なくありませんが、その中でも日本で実際に売れたものを紹介していきます。

レディースのワンピースシャツ

体系カバーが出来るワンピース風のシャツは、中国製でも人気が高いです。

モノレートでランキング推移を見ても、1000位台によく入っています。ちなみに、総合で10000位以内の物は売れ行きが良いと考えて良いでしょう。

また、ワンピース系だと、マタニティ用の物も人気があります。ただしサイズ表記に気を付けないと、売れ行きがよくても評価が低いということにもなりかねません。

レディースロングTシャツ

ワンピ-スまでは行かなくても、お尻のあたりまで隠せるようなシャツも人気があります。

モノレートのランキング推移

春先から梅雨前の気温が安定しない時期はこういったシャツが売れやすくなります。
同じような形でも、スウェット素材等厚手の物は秋冬に売れますが、形は一年を通して需要があるでしょう。

メンズTシャツ

シンプルなのにおしゃれなシャツは、メンズでも人気の高い商品です。

モノレートのランキング推移

モノレートを見ても、かなり上位にランクインしているのが分かると思います。

仕入れ前のリサーチの際には、モノレートで商品を検索してみると良いでしょう。
「ノーブランド」と入れて、調べたい服の種類を入力したあと、人気順で並び替えると売れ行きの良い商品を見つけやすくなります。

まとめ

せっかく中国服を安く仕入れても、サイズの表記一つでクレームになったり返品対応となってしまうのは勿体ないです。
中国製の服を販売している商品ページのレビューを見ると、「サイズが小さすぎる」というものをよく見かけます。1サイズどころかマタニティ用として売られていたはずなのに小学生の子供サイズだったというものもありました。

中国サイトのサイズ表記をそのまま信じるのではなく、自分の手元に届いた時点で計測するようにして、自分の目で見たものを商品ページの詳細に載せるようにしましょう。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法