メルカリでキャンセルを出品者都合でおこなう際の理由づけや例文を紹介!ペナルティも解説!

メルカリでは、購入されてしまった商品に対してもキャンセル申請ができます。間違って出品してしまったものや、価格などの設定ミスがあった商品などが売れてしまった場合でも、意図しない販売を防げます。

とはいえ、既に売買契約が成立しているものをこちらから反故にする行為は、対応を間違えると出品者としての評価が大きく下がる可能性が高いです。購入者にも納得してもらえるように、適切な対応が重要になってきます。

今回は、メルカリをキャンセルする際の手順や例文などについて紹介します。ペナルティや手続き途中での細かい疑問などにも回答していくので、手続きの方法や具体的なケースを知りたい人はぜひ目を通してください。

目次

キャンセルの可否及びリスクについて

メルカリでは、取引成立後であっても自由に取引を中止できます。せっかく成立した取引を取り消す理由はさまざまですが、たとえば購入者との折り合いがつかなくなったり支払いをしてくれなかったりといったケースでも、こちらから取引を中止できるのは大きなメリットです。

一方、購入者視点からから考えると、せっかく成立した売買契約が一方的に打ち切られるわけなので、理不尽に感じるケースも多々あります。キャンセルができることとキャンセルを多用していいかは別の話なので、なるべくキャンセルに頼らない誠意を持った対応が重要です。

キャンセルした際のデメリット

やむを得ぬ事情で取引を中止する場合であれば、メルカリ側からは特にペナルティなどはありません。ただし、キャンセルを多用したり、あまりにも自己都合な理由でキャンセルをおこなったりすると、利用時間の制限やアカウント凍結などのペナルティを受ける可能性があります。

また、取引自体が中止されることから、購入者による取引後の評価はできません。対応に腹を立てた購入者に低評価をつけられる心配はありませんが、貴重な購入者を減らしかねない行為であることは事実です。

キャンセルする際に送る謝罪文の例

手続きとしては、出品者か購入者かを問わず相手に理由と謝罪の文章を送り、了承を得てから処理にはいることになります。いきなり無断でのキャンセルはトラブルの原因になるため、絶対に避けてください。

ここでは、出品者と購入者それぞれの立場から、キャンセルする際の理由付けや謝罪文の例を紹介します。ビジネスには日夜様々な要因が重なるため、どんなに警戒してもキャンセルなしで商売を進めることはできません。いずれ自分も経験することだと考えて、そのときにどんな対応をしたらよいのかの参考にしてください。

出品者視点での例文

主な原因としては、発送前に商品に問題が見つかった場合や、発送ミスが発覚した場合が挙げられます。また、購入者と折り合いがつかず、取引を停止したい場合も、まれにあるケースです。

メッセージのポイントとしては、最初にキャンセルする旨を伝えることと、理由を詳細に説明すること、最後に返事を促すことの3点です。相手と折り合いがつかない末の結論だとしても、余計なトラブルを回避するために丁寧な姿勢と文章を意識することが大切です。以下の例文を参考にしてください。

●●様
お世話になっております。大変恐縮ですが、今回のお取引をキャンセルさせていただきたく、ご連絡差し上げました。

今回ご購入いただいた商品を再度確認したところ、背面に大きな傷があり商品の動作に不備がでていることが判明いたしました。こちらの確認ミスで不良品を出品してしまったこと、大変申し訳ありませんでした。

つきましては、お忙しいところ申し訳ありませんが、ご連絡いただけると幸いです。
まことに勝手ながら、よろしくお願いいたします。」

理由については、その時々に応じた理由を伝えてください。最初のキャンセルと最後の返信を促す文章については、使いまわしても問題ありません。

キャンセル申請の手順

相手に連絡を取り了承を得たら、キャンセル申請をおこない取引を停止します。申請は出品者サイドからしか実行できないため、購入者は申請を依頼して対応を待ちましょう。

ここでは、キャンセル申請の手順について解説します。複雑な操作は必要ないので、方法がわからない人はぜひ参考にしてください。

「この取引をキャンセルする」をタップ

取引画面下部にある「この取引をキャンセルする」をタップします。

キャンセル理由を入力

キャンセル画面では、理由を選択肢から選びます。選択肢の下には詳細な理由を入力する箇所があるので、こちらも忘れずに入力してください。

最後に「上記の内容を確認しました」にチェックを入れます。

購入者の同意を待つ

申請をおこなうと、購入者サイドで返答ができるようになります。「同意する」をタップすることで、キャンセル手続きは完了です。返答がない場合でも、申請から24時間以上が経つと、自動的に取引停止の措置がとられるので安心してください。

キャンセル後の対応について

手続きがすべて完了すると、これまでのメッセージがすべて削除され、相手と連絡をとることができなくなります。やり残したことのないように事前の連絡を密にしてください。特に、返品が伴う場合は、相手の返品が完了したことを確認してから処理をすることが大切です。

また、評価はお互いにつけられません。取引の停止を理由に低い評価をつけられる心配はないので、安心してください。ただし、相手を覚えていた場合、今後同じ相手から取引させてもらえないケースは念頭に置く必要があります。

再度同じ商品を出品したい場合は、改めて新規出品をしてください。

キャンセル時のペナルティについて

やむを得ない事情に基づいた場合であれば、ペナルティを受けることはありません。ただし、意図的だったり回数が多かったりする場合には、なにかしらのペナルティを受けることが多いです。

最初は一定時間の利用制限をされるケースが多く、悪質な場合は無期限の利用停止ペナルティを受けることになります。最悪の場合、強制退会させられることもあるため、出品者、購入者を問わず不用意なキャンセルは避けてください。

キャンセル手数料はかからない

メルカリでは、取引がなくなっても手数料は発生しません。どちら側がキャンセルしたかを問わず、どちらも手数料を徴収されることはないです。

ただし、返品を伴う場合は、送料の負担しなければいけないケースがあります。負担の有無や割合は双方の話し合いによって決まりますが、基本的にはキャンセルした側が送料分も負担すると考えてよいです。

もちろん、ほかに負担金がかかっていた場合も、上乗せされて支払うことになります。特に、遠方に発送した場合は、送料もばかにならないため十分に注意してください。

返金手順

既に入金が完了していた場合には、手続き後に返金をしなければいけません。返金処理はメルカリが自動でおこなってくれるので、とくになにもしなくて大丈夫です。

返金方法は、購入者が入金した方法と同じです。反映には時間がかかるケースもあるため、少し時間をおいてから返金状況を確認してください。

よくある質問集

ここでは、キャンセル時の対応や手続きに関連した、よくある質問と回答をまとめました。多くの人が疑問に思っていることなので、自分の悩みも解決できる可能性があります。

一度目を通しておくと、不測の事態に迅速な対応がとれます。

キャンセル申請ができないときの対処法は?

いつでも好きなタイミングでキャンセルできる出品者と違い、購入者は出品者が申請を完了するのを待たないと、手続きができません。

また、出品者の対応が遅い場合は、商品画面の「発送までの日数」以上の日数が経過すると、申請できるようになるため、待っていればいずれこちらからでも対応できます。申請ができるようになるまで時間がかかるため、焦らずに少し時間をおいてから対応する必要があります。

申請の取り消しはできる?

キャンセル申請は、一度おこなうと双方ともに取り消しはできません。取り消す場合は、申請を受けた側が「同意しない」を選択してください。

その後、メルカリ事務局が取引内容を確認したうえで連絡をくれるので、それを待ちましょう。

申請を拒否されたときの対応は?

申請された側が拒否する場合、取引が停止されません。双方の合意がないと、取引のキャンセルはできないからです。

この場合は、メルカリ事務局に仲裁を頼むことになります。申請が拒否された段階で、事務局が現状を確認して対応してくれるので、連絡を待って指示に従ってください。

円満に取引するための注意点

取引停止の申請自体は、だれでも簡単におこなえます。しかし、大前提として売買契約が完了したにもかかわらずそれを反故にする行為自体が、相手に迷惑をかける行為であり、やむを得ない場合を除いて利用すべきではないことも事実です。

そのため、お互いに極力キャンセルが必要ないような取引を心がけることが大切です。取引を円満におこなう際の注意点を出品者、購入者それぞれの視点から解説するので、必ず頭に入れておきましょう。

購入者はよく情報をチェックしてから購入する

購入者がキャンセルする理由のほとんどは、商品の確認ミスが原因です。もちろん出品者側に非があるケースもありますが、割合としては非常に低いといえます。そのため、購入前にしっかり確認することで、買い間違いや思っていた商品と違っていたなどのミスを抑えられます。

購入する商品に間違いがないかや、支払い残高が足りているかどうかなどを、確実に確認してください。説明文の注釈や、サイズなどは特に見逃しが多いため、商品ページを隅々までチェックしたうえで購入することが大切です。

出品者は発送が完了するまで油断しない

商品の管理ミスはキャンセルにつながる重大ミスです。違う商品を発送してしまったり、商品の不備を見逃していたりすることが該当します。商品の検品から梱包、発送手段までしっかり確認しておき、取引が完了するまで目を離さないことが大切です。

また、購入から発送までの対応が遅い場合も、こちらの不手際とみなされて取引の中止を依頼される可能性があります。購入してもらった商品については、発送まで迅速に対応することを心がけてください。

まとめ

メルカリでは、購入されたあとでもキャンセルができます。直接的なペナルティはありませんが、手口が悪質だったり何度も取引の停止が続いたりする場合、運営から利用停止処分を受ける可能性があるので注意してください。

キャンセル申請は出品者側からしかおこなえないので、購入者側は申請をしてもらうように頼む必要があります。ただし、発送予定日を過ぎても出品者側がアクションをおこさなかった場合は、購入者側からでも対応可能です。

キャンセルは正当な権利ですが、相手に迷惑をかけていることには変わりないため、不用意におこなうべきではありません。お互いに出品前、購入前に十分商品や説明文の確認をして、キャンセルが必要ない取引になるよう心がけてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次