物販

メルカリ必勝法!出品から取引までを分かりやすく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今フリマアプリが増えてきている中、多くの人が利用しているフリマアプリといえば「メルカリ」です。テレビなどでもよく取り扱われており、若い世代を中心に毎日大量の商品が出品されています。

ネットで商品を売ったことがない方でも、すぐに出品から発送まで迷うことなくスムーズに行えます。また、メルカリならではの取引方法で、出品者も購入者も安心して使えるような仕組みになっています。

それではメルカリの利用方法や注意点をご紹介していきます。

メルカリに出品する方法

メルカリの出品方法は以下の手順で行います。

1. メルカリアプリを起動→「出品」ボタンをタップ

2. スマートフォンで出品したい商品を撮影します。

3. 商品情報(説明、サイズ、商品状態、価格等)を入力

4. 商品が売れると通知が届きます。

5. 出品者側から挨拶コメントを送りましょう。(挨拶を送らない方もいますが、送ることで取引がスムーズになります。)もしくは、先に購入者から挨拶メッセージが届いていることもあるので返信しましょう。

6. 売れた商品を確認→梱包と発送

7. 発送完了後、購入者へ発送通知を送る。

8. 購入者から受け取り評価をされたら、出品者側も相手の評価をつけます。

9. お互いの評価まで完了すれば、売上が反映します。「設定」ページから反映しているか確認しましょう。

出品から発送まで、面倒な作業はほとんどありません。代金もメルカリ側が管理しているので金銭トラブルを防いでくれます。

もし、商品が売れない場合も価格を下げて再出品することも可能です。メルカリで商品を出品する細かい説明とコツも見ていきましょう。

メルカリの「出品」ボタンをタッチ

こちらの画面右下に表示されている赤い「出品」ボタンをタップします。

商品写真はスマホでOK。写真を撮ってアップする

お次は出品する商品の画像をアップします。

「写真を撮る」か「アルバムから選択する」のどちらかを選択してください。既にご自身のスマートフォンに画像を用意してる場合はアルバムを選びましょう。

もし「写真を撮る」を選択したときは、下の画像のように画面がカメラに切り替わります。

出品したい商品を撮影して、カメラロールから画像を選択します。

画像を追加する際は、商品の状態が分かりやすいものを選びましょう。中古や訳ありの商品は、傷や汚れ部分の画像をアップすることで、より商品の状態を伝えることができます。

※画像枚数について

以前まで、商品画像は4枚までという制限がありましたが、2018年12月12日よりiOS版アプリとWebサイトをご利用の方のみ、最大10枚まで画像登録が可能になりました。12日からアップロードを順次公開しています。ただし、公開発表の時点ではAndroid版アプリには対応しておらず、今後対応予定になるとのことです。

出品商品の情報入力

商品画像の選択の次は、商品の情報を入力していきます。

入力項目は「商品名と説明」「カテゴリー」「商品の状態」「配送料の負担」「配送の方法」「発送元の地域」「発送までの日数」「販売価格」です。

スマホで撮影する時に注意すること

メルカリが初めての方でも、一つ一つきちんと操作を行えば、間違うことなくスピーディーに出品ができます。

そこで、出品する際の写真撮影について注意点を挙げていきます。購入する側の視点にならなければ、売れる商品も売れないこともあります。

撮影時にちょっとしたコツをつかむだけで、商品の印象が変わってきます。焦らずゆっくりと操作していきましょう。

なるべくはっきりと明るい写真を撮る

売れそうな商品なのに売れない…なんてことよくあります。その原因はアップした画像に問題があるのかもしれません。

写真が暗かったり背景と同化してしまうと、商品の良さが伝わりにくいことが原因でしょう。例えば暗めの色の服を出品しようとして、暗い場所で撮っても肝心の商品が見えにくいです。

最近のスマートフォンは高画質で高性能です。機能を生かして明るさ調整するとよいでしょう。ただ、光を飛ばしすぎないようにしてください。

また背景がごちゃごちゃしすぎていても、何となく清潔感を感じられないこともあります。購入者側になって考えてみると、清潔感がある写真の方が購入意欲を掻き立てます。

良い写真を撮るには「明るさ」「背景」「清潔感」のこの3つに気を付けるようにしましょう。

過剰な加工は避ける

スマートフォンで写真をアップする時に、メルカリ内で画像加工することができます。フィルター・エフェクトを加えることでおしゃれな画像ができ上がりますが、出品するには向いていません。

実物と変わらない程度に明るさ調整などは大丈夫ですが、いざ購入したら「実物の色と違う」というトラブルを避けるためにも控えめにしましょう。

なるべく実物と変わらないくらいの加工にしましょう。

商品のブランド、ロゴなどの画像も載せよう

商品にブランド品などのロゴが入っている場合は、その部分も撮りましょう。

購入してもらうには、その商品の良いところを強調しなければいけません。例えば欲しい有名ブランド品のバッグを出品しても、肝心のブランドのロゴが見えなければ意味がありません。

売りたい物がどういう物なのか、ということを明確にはっきりと写真でも伝えることで説得力が出てきます。

電化製品でも、その製品のロゴが見えやすいように撮影しましょう。電化製品は似たような物が次々と発売されているので、一目では見分けがつきにくいものです。

製品の型番、プラグの規格、製造年を写真に撮るとよいでしょう。

↑のように撮影することで、どのような製品なのか分かりやすいです。他にも購入時の箱や説明書、または付属品もあればそちらもアップしましょう。

便利なバーコード出品

メルカリで「バーコード出品」の機能があります。

商品のバーコードをカメラから読み込むだけで情報を全て自動で打ち込んでくれて、非常に便利で手間を省いてくれる機能になっています。

是非利用したい機能ではありますが、バーコード出品ができる商品には限りがあります。どのような仕組みなのか、メリットやデメリットなどを見ていきましょう。

参考価格が表示される

バーコードを読み込むとカメラの下部に「参考価格:\〇〇〇」と表示されます。

これはメルカリ側が出した平均値です。メルカリで実際にその商品が売れた時の金額の相場となります。いくらで販売すればいいか分からない時に、迷わずに価格設定ができます。

しかし参考価格のまま出品したとしても必ず売れるとは限りません。あくまでも参考価格なので、ご自身が決めた金額に変更が可能です。

バーコード出品できる商品

現在(2018年12月)の時点で「バーコード出品」が対応している商品はこちらになります。

・本 

・CD

・DVD/ブルーレイ

・ゲームソフト

対応していない商品を読み取っても「エラー 商品が見つかりませんでした」と表示されます。また、カテゴリーに該当する商品であっても、古い物だと対応していないケースもあります。その場合は、通常通りの出品方法で行いましょう。

バーコード出品のメリットとデメリット

とても便利で出品を簡略化してくれる機能ではありますが、全体的に見ると少し損してしまうケースもあります。

そんなバーコード出品のメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット

・バーコードを読み取るだけで出品ができ、細かい商品情報も自動で入力してくれます。

・参考価格がすぐに分かるので、出品側からすれば調べる手間が省けます。

・出品時間を短縮してくれるので、大量の商品を出品したいときに向いてます。

デメリット

・対応商品が限られているので、対応商品以外の物を出品する方にとっては関係のない機能となってしまいます。

・相場辺りの価格販売が多数です。安い価格で購入したい方にとっては、相場価格が高く感じることがあります。

・古い商品だとバーコードが読み取れないことがあります。

比較的新しい商品には対応していますが、逆に発売されたばかりの商品だとバーコードが登録されていない、なんてこともあります。このような時は少し時間が経ってから試すことをおすすめします。

デメリットもありますが、メルカリならではの便利な機能の1つと捉えて利用をしていきましょう。

お得で便利な「らくらくメルカリ便」とは

初めてメルカリを利用するときに心配になってしまうのが発送についてでしょう。出品して売れたのはいいけど、商品はどうやって発送するのか・・・とお思いの方もいるでしょう。

方法を間違ってしまい購入者の方に商品が届かない、なんてことは絶対に避けたいものです。

メルカリはそんな方でも安心して発送できる「らくらくメルカリ便」というサービスがあります。「らくらくメルカリ便」は普通の宅急便と一体何が違うのでしょうか。

とにかく楽に発送ができる

らくらくメルカリ便の最大の特徴は匿名配送ができることです。

通常の発送方法は、まず宛名がないと送ることができません。

しかし、らくらくメルカリ便は宛名書きが不要で、メルカリの取引画面から配送用コードを生成するだけで発送できます。もし自宅から発送したい方は、ヤマト運輸の集荷も対応しているので、ドライバーに送り状番号を伝えましょう。

匿名配送のため個人情報のやり取りがなく、宛名や住所を書く必要もないので安全に発送できる方法です。

送料が一律

発送先によって高くついてしまうのが送料ですが、らくらくメルカリ便は送料は全国一律でとてもお得です。

・ネコポス 全国一律195円(税込)

サイズ 31.2×22.8×厚さ2.5cm以内

・宅急便コンパクト 全国一律380円(税込) ※専用資材別途購入 65円(税込)

・宅急便

60サイズ(~2㎏) 600円

80サイズ(~5㎏) 700円

100サイズ(~10㎏) 900円

120サイズ(~15㎏) 1000円

140サイズ(~20㎏) 1200円

160サイズ(~25㎏) 1500円

サイズによって送料が異なりますが、どの地域でも全国一律です。

メルカリは出品する際に送料込みで販売価格を設定した方がよく売れます。らくらくメルカリ便だと安く済むので、商品価格にプラスしてもそんなに高くなりません。

遠方に住んでいる人へ送る場合にも優しいサービスになっています。

らくらくメルカリ便は手厚いサービス

A4~160サイズまで対応しています。よほど大きい物でない限りほとんどの商品はらくらくメルカリ便で発送ができます。サイズさえ計れば送料が変動することがないので、商品販売価格の設定が楽にできます。

そして、すべての操作をメルカリの取引画面から行えます。また、発送した商品の発送状況も確認ができるので、出品者も購入者も商品到着まで安心です。

上記でも触れましたが、匿名配送なので名前や住所といった個人情報を渡さずに商品を送ることができます。便利な上にプライバシー面も保護されています。

初めての方にぜひおすすめしたい発送方法です。

出品者側の取引メッセージの例文

フリマをする際に出品者と購入者のやり取りは必須です。もちろんメルカリでも取引メッセージにて行うことができます。

一応メルカリ側からの規則はなく、メッセージのやり取りは任意となっています。

しかし、メッセージを送ることで相手にも安心感を与え、スムーズに最後まで気持ちよく取引ができます。金銭を扱うことなので、礼儀とマナーをわきまえることで最終的に自分の評価にも繋がります。

そこで出品者側のメッセージの一例を挙げていきますので参考にしてみてください。

値下げ交渉の返信

メルカリを利用していると値下げ交渉のコメントが来ることがありますが、対応しているかは人それぞれです。そんな時のコメントの返信も考えておきましょう。

・値下げ交渉に対応している場合

「はじめまして。コメントありがとうございます。〇〇円まででしたら値下げ可能です。ご検討の程、よろしくお願いいたします。」

・値下げ交渉に対応していない場合

「はじめまして。コメントありがとうございます。こちら値下げ対応はしておりません。ご期待に沿えず申し訳ございません。」

商品が売れた後に、購入者へ送るメッセージ(支払い済の場合)

商品が売れて支払いが済んだ時に、出品者側が送るメッセージです。

「この度は数多くある商品からお選びいただきまして、誠にありがとうございます。商品は〇〇日に発送予定ですので、今しばらくお待ちください。お取引終了まで、どうぞよろしくお願いいたします。」

商品が売れた後に、購入者へ送るメッセージ(未払いの場合)

商品が売れたけど、まだ支払いが完了していない時に送るメッセージです。

「この度は数多くある商品からお選びいただきまして、誠にありがとうございます。ご入金確認後、発送準備をさせていただきます。お取引終了まで、どうぞよろしくお願いいたします。」

このように挨拶とお礼を必ず伝えて、誠意のある取引メッセージを送りましょう。

高評価に繋がる取引をしよう

メルカリには取引の最後に、相手に評価をつけるシステムがあります。

評価は「良い」「普通」「悪い」の三段階になっています。もちろん「悪い」評価だけは避けたいものです。

それでは「良い」評価をもらうためにはどうすればよいのでしょうか?

商品説明は詳細に

商品説明はなるべく詳しく書きましょう。商品の細部をチェックして、明確に商品の状態を説明します。

小さな汚れや傷を記載しておくことで、購入した後のトラブルの回避になります。また質問が来た時にも迅速に返信ができるようにしておくとよいでしょう。

コメントには早く対応する

質問などのコメントが来た時は早めかつ丁寧な返信を心掛けましょう。また、コメントは他のユーザーからも見られるので、言葉使いや対応の仕方で出品者の印象も変わってきますので気を付けたいポイントです。

重要点!梱包は丁寧にしよう

梱包が雑なのは絶対にNGです。雨の中配送する場合も考えて、水が商品に浸透しないようにしましょう。もし衣類を発送する場合、透明のビニール袋などに綺麗に入れた上から二重梱包しましょう。

他にも割れ物やプラスチックはプチプチに包んで箱に入れるなどの工夫をして、破損しないようにしましょう。

そして購入者の方にちょっとしたお礼として「この度はご購入ありがとうございました。またご縁がありましたら、よろしくお願いいたします。」といったメッセージカードを添えるとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

メルカリが支持されている理由は、簡単なのに安心して出品ができるという点にあるということがわかりました。あまりメルカリのことを知らない初心者の方でもすぐに利用ができます。

もし商品がなかなか売れない場合は、写真の撮り方と説明を変えるだけでも効果があります。購入者になったつもりで、色々な工夫をしながら出品していきましょう。

"

Amazon、ヤフオク、eBayなどを網羅した
売れる商品が簡単に見つかるリサーチツール「オークファンプロPlus」



物販ビジネスで稼ぐためには「安く仕入れて高く売る」が大前提です。そのため、仕入先と販売先で価格差のとれる商品をリサーチするのが何よりも重要です。

リサーチの方法は様々ありますが、最も基本かつシンプルな方法は、売れている実績がある商品を見つけること。売れている人の真似をすることが、稼げるようになるための一番の近道なんです。

ただ、リサーチは大変地道な作業のため、売れる商品を見つけられず諦めてしまう人が多いのも事実です。しかし、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピング、ヤフオク、eBayの市場情報を網羅した「オークファンプロPlus」を使えば、価格差が1万円を超えるような商品も簡単に見つけることが出来てしまいます。

  • Amazonで定価で仕入れても利益が出る高利益商品の検索
  • 安く仕入れ、そして高く売れるタイミングがわかる価格変動データ
  • ヤフオクで稼いでいる出品者を丸裸にするトップセラー分析
  • eBayで平均より高く売れている売れ筋商品がわかる落札履歴検索
  • 国内ショッピングサイトの売れ行きを把握する戦略ツール
  • eBayやAmazonなど世界中の最安値商品を横断検索

Amazonで仕入れてヤフオクで売る、ヤフオクで仕入れてAmazonで売るなど国内転売はもちろん、輸出入ビジネスでも活用することができます。

これから物販ビジネスを始める場合はもちろん、利益が伸び悩んでいるという場合にも使える、初心者から上級者まで対応したオークファンプロPlusでデータを攻略して、プラス10万円を最短で実現して下さい。




",

おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


最高級のステータス持つアメックスの極秘情報を無料公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法