メルカリにおける転売ヤーの見分け方を紹介!現在の措置や注意点も解説!

メルカリは、出品だけでなく仕入れにも使えるため、出品ビジネスをしている人でもたくさん商品を購入しています。良質な商品を購入したいなら良い売り手を見つける必要がありますが、このとき最も注意すべきは、転売ヤーの存在です。

転売ヤーの出品している商品はどれも非常に割高で、購入しても利益を出せません。しかも、購入すれば転売ヤーを長く居座らせる原因にもなるため、仕入れ先としては最も不適切です。

そこで今回は、転売ヤーを見分けるための方法について紹介します。また、現在メルカリが転売ヤーに対しておこなっている措置や、間違って転売ヤーから購入しないための注意点なども紹介するので、ぜひ目を通してください。

目次

転売ヤーが非難される背景

転売ヤーはあらゆる物流に対して存在しますが、例外なく非難の対象とされています。法に触れる行為をしていないにもかかわらず、ここまで非難が集中するのは、相応の理由があるからです。

まずは、そもそも転売ヤーがなぜここまで非難されているのかを解説します。転売ヤーから商品を買わない意志を固めるのはもちろん、利益が出るからと自分が転売ヤーの道に進んでしまわないように、必ず頭に入れておきましょう。

一般の購入者が適正価格で買えなくなる

転売ヤーが主に狙うのは、在庫が限られている高額商品です。ただでさえ購入数が限られているものを転売ヤーは買い占めていくため、一般の購入者が買おうと思っても買えません。

購入するためには、転売ヤーが出品している適正価格にかなり上乗せされた価格の商品を購入するしか方法はありません。そのため、一般の購入者は欲しかったものが買えないうえに、欲しければ本来支払う必要のなかったコストまでかけなければいけなくなります。

企業側にも損失を与える

企業側にとっても、転売ヤーは積極的に商品を購入してくれる上客とはなりません。なぜなら、転売ヤーが購入することで、本来商品を必要としている相手に商品が届かなくなるからです。

商品が買えなければユーザー側の不満が増していくばかりですし、買えないからと諦めて離れていったユーザーは、購入できるようになったとしても戻ってきません。転売ヤーのすることは、長期的に顧客を減らす要因となるため、企業側としてもなにかしらの対策をたてる必要があります。

メルカリの対応例

現在メルカリでは、悪質な転売ヤーに対して様々な措置をおこなっています。転売そのものを禁止しているわけではありませんが、悪質だと判断されれば相応のペナルティは避けられません。

ここでは、メルカリがおこなっている悪質転売ヤーに対する措置について紹介します。転売ヤーから商品を購入しないために役立つものもあるため、ぜひ覚えておきましょう。

アラート機能

アラート機能とは、いわゆる注意喚起です。転売ヤーが販売している可能性が高い商品を検索すると、相場より価格が高騰していることを告知してくれます。

購入前に相場より高いことを把握できるので、冷静に判断する際には非常に効果的です。もちろん、警告のあった商品がすべての転売品というわけではありません。

告知を確認したら、公式サイトなどで一度価格を確認し、転売価格でないかチェックしてみましょう。ただし、転売品であっても警告がでないケースもあるため、注意が必要です。

違反行為として利用原則に記載

メルカリの基本原則は、「安全」、「信頼」、「人道的」な取引であり、悪質な転売はこれに則っていません。そのため、運営が悪質だと判断すれば、段階的なペナルティを受ける可能性が高いです。

転売の定義は非常に広いため、転売そのものを禁止にすることはできません。しかし、まっとうな転売と悪質な転売を線引きすることで、転売ヤーに対して利用を牽制する意味合いがあります。

ペナルティ第一段階:一時的な利用制限

運営に悪質な転売だと判断された場合、最初は一定期限内の利用制限が課せられます。初回であればよほど悪質でない限り、24時間または1週間程度の期限になる可能性が高いです。

利用制限がかかっている際は、メルカリでの作業がまったくできないため、販売はもちろんコメント返信などもできません。いきなり重い処分を下されるわけではありませんが、1回ペナルティを受けた時点で、販売方法を見直す必要があります。

ペナルティ第二段階:無期限の利用制限

軽微なペナルティを何度も受けていると、利用を無期限に停止されます。いずれは制限が解除されますが、いつ解除されるかは分かりません。そのまま解除されないケースも多いので、実質メルカリの利用停止処分を受けることと同義です。

万が一このペナルティを受けてしまうと、今後はメルカリを通じた出品ができなくなるため、ビジネスに大きな影響を及ぼします。まっとうな利用をしていれば基本的に縁のない話ですが、ペナルティを何度か受けている人は要注意です。

ペナルティ最終段階:強制退会

メルカリにおける最大のペナルティは、強制退会です。文字通り強制的に退会させられ、再登録もできなくなります。

出品はもちろん、商品の購入すらおこなえません。メルカリを全く使えなくなることと同義なので、ビジネス以外にも大きな損失をうけることは間違いありません。

転売ヤーであっても、ここまでの処分を受ける例は少数です。取り返しがつかないペナルティなので、思い当たる節がある人は利用方法の改善をおすすめします。

転売ヤーを見分ける方法

悪質な転売ヤーを見分ける最も簡単な方法は、相場を確認することです。しかし、自分が詳しくないジャンルの商品の相場を確認するのは大変なので、価格だけでは転売ヤーだと気づかないケースも少なくありません。

そこでここでは、価格以外に転売ヤーを見分ける方法について紹介します。どれも一般の出品者にはない特徴なので、見分ける際の参考にしてください。

同一商品が大量販売されている

出品リストを確認した際に、同じ商品が大量に出品されていた場合、ほぼ確実に転売ヤーといえます。フリマアプリであるメルカリでは、基本的に同じ商品が出品されることはあまりありません。

転売ヤーが同一商品を大量に出品するのは、一度にたくさん仕入れて多くの利益を得ようとするからです。明らかに同じ商品ばかり何度も出品している相手からは、購入しないことをおすすめします。

写真の質が高すぎる

メルカリでは、写真の質によって売れるかが左右されます。とはいえ、素人がどんなに努力しても、プロのようなきれいな写真を撮るのは難しいです。

一方転売ヤーは、高い利益が得られる分広告にもコストを使えるため、プロに依頼して高品質な写真を載せているケースが多いです。写真から生活感がまったくうかがえなかったり、あまりにもきれいな環境で撮られていたりする場合には、転売ヤーを疑ってください。

どの商品にも似たような説明文を使っている

転売ヤーはなるべく少ない労力で利益を得ようとするため、商品ごとに個別の説明や注意書きはほとんどしません。一見細かく記載されているように見える説明文だったとしても、ほかの商品の説明文がほとんど同じというケースも多いです。

一般の利用者であっても使いまわせる部分は使いまわすことが多いですが、その割合があまりにも多い場合は、転売ヤーである可能性が高いです。説明文が丁寧だからと安心せず、ほかの商品と比べて不必要なくらい同じ文章が使われていないか確認してください。

どの商品もキャッチコピーが変わらない

キャッチコピーは商品の魅力を端的に伝える効果があるため、商品に応じて使い分けている場合がほとんどです。一方転売ヤーが販売している商品は、当たり障りのないキャッチコピーをすべての商品に用いている傾向がみられます。

美品、在庫僅か、限定特価などはどんな商品にも使えるため、ほとんどの商品で同じキャッチコピーを使いまわしています。商品の性質にかかわらず無難な内容のキャッチコピーしか使われていない場合には、転売ヤーを疑ってください。

取引評価数が非常に多い

転売ヤーは取引数がほかの利用者に比べて圧倒的に多いため、評価数も比例して多くなります。数百~数千件を超える評価数がある場合、転売ヤーが出品主である可能性が高いです。

もちろん、取引数が多い人すべてが転売ヤーというわけではありません。普通の利用者と見分ける際は、評価の内容も参考にしてください。転売ヤーの場合、評価やコメントで判明するケースも多いです。

おすすめの仕入れ相手は素人出品者

転売ヤーと取引してしまうと、相場以上の価格で購入することになってしまい、利益を出すことはできません。メルカリで商品を仕入れたいなら、素人である一般の利用者を狙いましょう。

ここでは、素人利用者がおすすめの理由について解説します。また、素人に扮した転売ヤーの見分け方も併せて解説するので、メルカリでの仕入れを検討している人は参考にしてください。

素人がねらい目の理由

素人出品者の多くは、自宅にある不用品の売却を目的としています。比較的安価で出品していることが多く、相場より安く購入しやすいです。

また、最優先の目的が売却であるケースが多いことから、値下げ交渉なども比較的容易におこなえます。質の良い商品を安価で仕入れるという意味では、素人以上にねらい目の相手はいません。

素人を装った転売ヤーの見分け方

素人をねらう上で注意すべき点は、素人を装った転売ヤーも存在することです。この手の転売ヤーやジャンク品を返品不可で投げ売りをしているケースが多く、うっかり購入してしまうと大損をしてしまいます。

見分け方のポイントは、評価の割合を確認することです。良い評価に対して悪い評価が多すぎる場合は、不良品を売っている転売ヤーである確率が高くなります。

ある程度取引実績があって1割以上悪い評価がある場合、転売ヤーである可能性大です。転売ヤーでなくても、悪い評価がたくさんある相手では質の良い商品が仕入れられないため、取引相手としては不適切といえます。

転売が禁止されているケース

せどりビジネスや購入したものを売却する行為も、広義的には転売といえる以上、転売そのものを禁止することはできません。とはいえ、どんな商品でも自由に転売できるわけではなく、中には法律によって転売行為が禁止されているケースもあります。

ここでは、転売が禁止されているケースについて紹介します。対象商品を取り扱った時点で処罰の対象になるため、十分な注意が必要です。

買占めを防ぐ緊急措置法

緊急措置法が施行されると、一般的な小売店以外対象商品を販売できなくなります。主に、生活必需品が需要と供給のバランスを崩した際に、施行されます。

過去にはオイルショックの際に紙製品や石油製品などが、近年ではマスクや消毒液などが対象となっています。対象商品は状況に応じて規制が解除されることもありますが、すぐまた規制される可能性も少なくありません。

対象商品の転売をおこない、実際に逮捕された例も存在することから、非常に拘束力の高い法律といえます。そもそも生活必需品の買占めは道徳に反している行為ともいえるので、転売対象にはおすすめできません。

チケット類を対象としたチケット不正転売禁止法

コンサートやライブのチケットを対象としたチケット不正転売禁止法では、チケットそのものの転売を禁止しています。

メルカリだけでなく、多くのフリマサイトや通販サイトでチケットは販売禁止になっているため、取り扱っただけでガイドライン違反になる可能性が高いです。

サイトの強制退会だけでなく罰金刑も受けることから、儲けるどころかお金を失ってしまいます。チケット類は非常に需要の高い商品ではありますが、転売対象としてはまったく適しません。

まとめ

メルカリで仕入れをする際は、商品を買い占めて高額で販売する転売ヤーに注意してください。定価以上の値段で購入してしまっては、いくら販売しても利益を出せません。

転売ヤーは同じ商品を大量に扱っていたり、商品説明がどれも同じだったりといった特徴があります。出品一覧を見れば普通の出品者との違いがよくわかるので、しっかり確認して転売ヤーから購入しないことが大切です。

転売自体を禁止することはできませんが、転売ヤーとみなされるとペナルティを受けたり、ときには法律違反により罰せられたりするケースがあります。転売ヤーへの一番の対策は商品を買わないことなので、仕入れの際には商品や出品者の見極めを徹底してください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次