【2023年版】メルカリが最近売れないと感じたときはどうしたらいい?原因と対策を紹介!

不用品の売却やビジネス目的でメルカリを始めたはいいものの、商品が思うように売れず困っている人はいませんか。商品自体に魅力があったとしても、出品の方法によってはなかなか売れないことも珍しくありません。

今回は、メルカリで商品が売れない原因と、売れるようにするための対策について紹介します。メルカリに出品した商品をもっと売れるようにしたい人は、ぜひ目を通してください。

目次

出品した商品が売れない理由

メルカリは購入者が多くいることから、大抵の商品は売れていきます。しかし、それでもなかなか売れない商品が一部存在することは事実です。

商品が売れない理由は、必ずしも商品が悪いとは限りません。売り方が悪ければ、どんなに優れた商品でも売れない可能性が高いです。

ここでは、メルカリに出品した商品が売れない理由について紹介します。1つでも当てはまっているものがあれば、すぐに直すようにしてください。

商品説明が足りていない

商品の説明文は、なるべく詳しく書かなければいけません。直接商品を手に取って確認できないメルカリでは、商品を知るためには商品説明を確認しなければいけないからです。

説明文が不足している商品は、安心して購入できないことから購入をためらわれてしまいます。購入者の不安を無くすためにも、商品説明の重要性は理解しておくべきです。

相場から大きく外れた価格設定をしている

商品には相場価格が存在しており、そこから大きく外れてしまうと、購入してもらえません。高い場合は当然として、安い場合でも不信感を与えてしまうため、購入をしぶられがちです。

相場と異なる価格設定をするなら、商品説明で価格について触れておく必要があります。相場と違う価格設定になっている理由が分かれば、理解して購入してくれる購入者も現れます。

商品自体のニーズがない

そもそも商品自体に魅力がなければ、だれも購入してくれません。多くの人が価値を感じないものは、なかなか購入したいと思う人がいないため、売れ残ってしまいます。

また、昔流行っていたものでも今現在ニーズがなければ、売れる確率は低いです。メルカリは利用者が多いため、多少マイナーな商品でも売れますが、なるべくニーズがある商品を出品したほうが売れやすいです。

写真の質が悪い

商品の写真は、商品説明と同等かそれ以上に重要です。購入者にとって最も分かりやすい商品情報が写真から得るものなので、多くの人は写真から購入するかを判断します。

写真が悪いと、購入どころか商品ページをクリックすらしてもらえません。購入者からの第一印象を良くする意味でも、写真の質は非常に重要な要素です。

写真の数が少ない

写真は質だけでなく、量にもこだわってください。どんなに優れた写真でも、1枚で伝えられることには限界があるからです。

正面からの写真だけでは、側面や裏面の状態は分かりません。商品の細部まで分かるように写真を増やさないと、購入をためらってしまう購入者も多いので注意が必要です。

タイトルに商品のキーワードがない

商品タイトルは、適当に考えず必ずキーワードを盛り込んでください。たとえば衣類であれば、衣類の正式名称メーカー色などは最低限記載が必要です。

キーワードがないタイトルは購入者にとって分かりにくいだけでなく、そもそも検索結果にも表示されなくなってしまいます。確実に購入者の目に留まるためには、検索されやすいようなキーワードをタイトルに盛り込むことが大切です。

独自ルールを作らない

独自ルールを設定している場合は、すぐにやめてください。たいした内容でなかったとしても、購入者の反感をかってしまいやすいからです。

プロフ確認ノークレームノーリターンなどの独自ルールは、購入のハードルを上げる効果しかありません。購入者に気持ちよく商品を購入してもらうためにも、余計なルールは無いほうがいいです。

値引き交渉に一切応じていない

メルカリで値引き交渉されるのは、日常茶飯事です。値引きに全く応じてくれないと、購入者も購入する意欲を失ってしまいます。

もちろん無理な値引きに応じる必要はありませんが、購入者の心理としては少しでも安くなればうれしいものです。仮に10円100円程度の値引きだとしても、購入される確率は大きく上がります。

シーズン外の商品を出品している

衣類をはじめとしたシーズン性のある商品は、適した時期でなければなかなか売れません。たとえば、真夏にコートを購入する人はまれです。

シーズンオフの商品を売るためには、価格を相場より下げなければいけません。商品の価格を維持したまま売りたいのであれば、季節に合った出品タイミングを意識してください。

レスポンスが遅い

メルカリでは、購入者から質問がくるケースも多いです。このとき返信が遅かったり、返信しなかったりすると、商品を買ってもらえる確率は大きく下がってしまいます。

質問しても返信してくれない出品者からは、商品を買いたいと思いません。逆に、すぐ返信をくれる出品者には好印象を抱くため、返信のレスポンスはできる限り早くすることが大切です。

出品から時間が経ちすぎている

出品から時間が経ちすぎた商品は、ほぼ売れません。メルカリは出品直後が最も購入者の目に留まりやすく、時間が経つにつれて検索結果に上位表示されにくくなるからです。

基本的に、出品から一週間程度経った商品が売れるケースはあまりありません。そのまま出品を続けるくらいなら、再出品したほうがすぐに売れる可能性が高いです。

送料が相手負担になっている

メルカリは個人間取引なので、送料の負担は嫌がられます。トータルでの価格が同じだったとしても、送料が購入者負担になっている商品が選ばれることはほとんどありません。

送料が相手負担になっていると、購入者はいちいち送料を確認して支払わないといけないので、手間がかかってしまいます。購入者の手を煩わせないためにも、送料は出品者負担に設定してください。

メルカリで商品を売れるようにするための対処方法

出品した商品が売れない場合、そのままにしていても売れる可能性は低いです。出品方法を改善して、売れる商品にしていく必要があります。

商品にニーズさえあれば、あとは売り方を工夫することで大抵の商品は売れます。商品ごとに適した売り方を把握しておきましょう。

ここでは、メルカリで商品が売れない場合におこなうべき対象方法についてまとめました。どれも大切なことばかりなので、1つでもおこなっていないことがあればすぐ実践してください。

出品者のプロフィールはしっかり埋める

メルカリで商品を売りたいなら、まず出品者のプロフィールを充実させてください。購入者は商品だけでなく、出品者の情報も確認するからです。

プロフィールの項目が少ないと、出品している商品にまで疑いの目を向けられてしまいます。少しでも購入者に安心して購入してもらうためにも、なるべくプロフィールの項目を埋めていきましょう。

実績を積み重ねる

出品者としての評価が上がれば、商品を購入してもらえる可能性も上がります。評価を上げるためには、地道に実績を積み重ねるしかありません。

すべての取引で誠実な対応をしていれば、良い評価が増えてどんどん実績が積み重なっていきます。また、出品だけでなく購入での評価も参照されるため、実績がないうちは出品と購入を並行しながら評価を稼ぐのがおすすめです。

最初のうちは出品内容を選ばない

出品する内容を選ぶのは、ある程度実績を積んでからで大丈夫です。最初のうちは経験を得るために、なんでも出品してみましょう。

変な商品だったとしても、出品しただけで低評価をつけられることはありません。いろいろ出品する中で意外な商品の需要が判明したり、リピーターの獲得に繋がったりする可能性もあるため、最初はとにかく出品してみてください。

集客力のあるタイトルを考える

集客力のあるタイトルは購入者の目に留まりやすくなるだけでなく、検索結果にも表示されやすくなる点が大きなメリットです。たとえば数量限定現品限りなどの文言を加えれば、購入者の意欲をあおる効果が期待できます。

ほかにも新品未使用品限定品など、商品ごとに使えるセールスポイントは必ずあります。出品している商品に気づいてもらうためにも、なるべく集客を意識したタイトルを考えてください。

キーワードを意識する

検索結果に表示されやすくなるためには、キーワードの意識が重要です。たとえばジャケットを欲しい人がいた場合、追加の条件としてブランドサイズなどのワードで検索する可能性があります。

また、よく使われる略語俗称などで検索する人も多いため、それらのワードが検索結果に引っかかりやすいです。タイトルや商品説明には、商品自体のキーワードだけでなく類似するキーワードも意識的に盛り込んでください。

写真はできる限り最大数登録する

メルカリの写真は、多いに越したことはありません。様々な角度から商品を確認できるため、商品自体の信頼度アップにもつながるからです。

もちろん同じ構図の写真ではなく、向きや背景を変えるなどして多角度から撮った写真を使ってください。また、自分の商品ページでじっくりと写真を見てもらうほど、ほかの出品者の商品ページに目移りしてしまう可能性も減らせます。

使用例の写真も用意する

商品のイメージを伝えるために、実際に使用している写真を用意すべきです。アクセサリーや衣類であれば着用している様子を、機械類であれば作動させている状態などの写真を用意しましょう。

未使用品なので直接着用できない場合は、マネキンを使うのも効果的です。使っている場面を見せたほうが購入しやすくなるため、できる限り用意してください。

商品にお得感を出す

通常よりお得だと感じた商品は、購入してもらいやすいです。たとえばフォロー割を試したり、期間限定セールなどを告知してみたりといった具合です。

元の価格や相場を問わず、人は割引されている商品にお得さを感じて、購入する傾向があります。普段よりお得に購入できると思わせられれば、購入者の購買意欲を高められます。

どうしても売れない場合の対処方法

ここまで紹介した対処方法を網羅したとしても、一向に売れないという商品もあります。今回紹介したポイントはいずれも売れる確率を高めてくれますが、どんなタイミングや商品でも売れるわけではありません。

そこでここでは、どうしても売れない商品におこなうべき対処方法について紹介します。

売れるまで一切構わない

どうやっても売れないなら、いっそ売れるまで放置しておくのもありです。出品しっぱなしにしておく分にはデメリットがないため、売れるまで手を加えなければ、売れない商品にかける手間を大幅に減らせます。

出品から時間が経つほど検索結果には表示されにくくなりますが、ピンポイントで検索されれば誰かの目に留まる可能性は残っています。売れない商品を売るために四苦八苦して時間と労力を失うくらいなら、売れたら儲けものくらいの気持ちで放置しておくのも一つの選択肢です。

一度削除して再出品する

売れない商品は、再出品することで売れる可能性があります。メルカリは出品直後が最も検索結果に表示されやすく、売れやすいからです。

いくら待っても売れなかった商品が、再出品したとたん売れたというケースも珍しくありません。再出品の際には、今回紹介した売るためのポイントを加味したうえで商品説明や写真を改善すると、より売れやすいです。

まとめ

メルカリで商品が売れない理由は、出品した商品以外に理由があるケースも多いです。売れない商品が持つ特徴を把握して、それに合致する特徴がないか確認してください。

商品を売るためには、商品説明や写真の充実はもちろん、出品者自身のプロフィールも細かく記載する必要があります。また、最初のうちはとにかく出品し、実績を積み重ねていくことも、売れる出品者になるための道のりには必要です。

売れない商品に関しては、いっそ時間をかけず売れるまで放置するのもありです。どうしても売りたいなら、今回紹介した内容を改善したうえで、再出品をしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次