メルカリで偽物を販売する悪質な出品者の特徴とは?

皆さんは、偽物の商品を見たことがあるでしょうか。メルカリのユーザーの中には、何度か見たことがある人もいると思います。メルカリ事務局も偽物が出回らないように対策をしていますが、偽物の商品は数多く取引されています。

今回は、偽物を扱う出品者を見分ける方法や、偽物の商品の特徴と見分け方、偽物を購入したときの対処方法などを解説します。偽物を見分けることができるように、また、偽物の返品ができなくなって泣き寝入りしなくてもいいように、対策方法を学んでいきましょう。

目次

偽物を扱う出品者を見分けるには

メルカリには、偽物を扱う悪質な業者がたくさん潜んでいます。そのため、購入者は商品の情報ばかりに注目していると、あっさりと偽物をつかまされてしまうこともあります。

では、偽物を見分けるにはどうすればよいのでしょうか。この項目では、その方法を紹介していきます。

「評価一覧」をチェックする

メルカリでは、過去に出品者と取引をした人からの評価を見られます。評価には「良かった」と「残念だった」があります。また、メッセージも送ることができるので、取引した人のダイレクトな感想を見ることもできます。

もし、評価に「残念だった」が多かったり、偽物だったといったメッセージがあるならば、その出品者は偽物を扱っている可能性があります。十分注意しましょう。

商品の写真や紹介文をチェックする

商品の写真や紹介文が信頼できるものであるかどうかも確認しましょう。偽物を売っている場合、自分で撮った写真ではなく、ネットに掲載されている写真を無断で使用していることがあります。できれば、ネットで検索して同じ画像が使われていないかをチェックしましょう。また、ブランドなどのロゴが写真に写っているかも確認すべきです。

また、紹介文が短くて、商品のブランドや特徴が具体的に説明されていないものは怪しいです。本物の商品を扱っているのであれば、商品の魅力を伝えるために、他の商品との違いや魅力を詳細に記述するのが普通のため、そうでない商品は避けた方が良いでしょう。

出品者が同じような商品をたくさん販売していないか

メルカリは、個人間の売買が基本です。したがって、出品の品目が特定のジャンルやブランドばかりになることは考えにくいです。

商品が偏っているときは、偽物の商品をたくさん仕入れていて、それらを売ろうとしていることが考えられます。もしくは、特定のジャンルやブランドを扱う業者が売買を行っていることもあります。

発送までの日数が長くないか

発送までの日数が長い場合、無在庫転売を行っている可能性があります。無在庫販売とは、自分で商品の在庫を持っていないにもかかわらず、メルカリに出品して、注文を受けてから仕入れをするという方法です。

無在庫転売は、手元に実際の商品がないため、商品の写真はネット上にあるものが使われていて、紹介文も具体性がない場合が多いです。特に、ブランド品の無在庫転売がよく行われているので注意しましょう。

ユーザーからのコメントや質問を受け取ってくれるか

悪質な出品者の中には、ユーザーからのコメントや質問を受け付けていない場合があります。高価な商品を購入する場合、ユーザーは購入に対して慎重になるべきです。そのため、出品者についての情報収集は欠かさないよう心がけましょう。

具体的には、商品の内容や状態などの様々な質問をすることを通して、信頼できるかどうかを判断できます。もし、コメントで写真の追加や入手ルートなどを質問しても返信がなかったり、あいまいな答えしか返ってこない場合は、偽物かどうかの判断がつかないので購入を控えましょう。

出品者が外国人でないか

出品者が外国人の場合、偽物を販売していることがあります。具体的には次の2つのような場合は偽物の可能性があります。

  • 翻訳ソフトにかけたような不自然な文章
  • 誤字や脱字が多く、文法が不自然な文章

外国では、様々な商品の偽物の製造や販売が盛んです。そのため、外国人の業者が日本人もターゲットにしています。もちろん、外国人だからといって全員が悪質な出品者というわけではありませんが、言葉が通じにくい分、警戒心を持つことが大切です。

外国人と思われるユーザーが出品している場合は、相手が信頼できる人物かをよく考えてから取引することをお勧めします。

偽物の商品の特徴とは

ここまでで、偽物を扱う悪質な出品者の特徴が分かったと思います。次は、本物の商品と偽物の商品の違いが分かるように、偽物の商品の特徴について見ていきましょう。

ブランドが製造しないような商品ではないか

偽物の場合、明らかにそのブランドが製造しないような物を出品していることがあります。例えば、過去に海外でお土産としてシャネルのゴム紐など流行したことがあります。正規のブランド店で売られていない商品は、偽物の可能性が高いです。

商品の値段が市場に比べて安すぎないか

新品や中古品の中には、同じ種類の商品と比べて、大幅な値下げがされていることがあります。これは偽物か、もしくは商品の状態がとても悪い可能性が高いです。

なぜなら、売値が安いということは、仕入れ値はもっと安いので、正規ルートでの入手が困難なためです。状態が良くて、値段が安すぎる商品は偽物だと思われるので注意しましょう。

偽物の商品を見分けるにはどうすれば良いか

ここまでご紹介してきた、偽物の特徴に当てはまる商品を見つけた場合は、この項目で解説する方法をぜひ実践してみてください。より明確に偽物を見分けられるようになるはずです。

ブランド品はどこで、いつ入手した物かを確認する

ブランド品を購入するときは、出品者がブランド品を手に入れた時期と場所を確認するようにしましょう。ブランド品は、一般人にとっては高価で贅沢なものなので、買った時期や買った場所は覚えている人が多いはずです。それにもかかわらず、買った時期や場所を尋ねても、返事がはっきりしないようならば、入手先を隠そうとしている可能性があります。

その点、ブランド買取専門店やリサイクルショップなどで購入したものならば本物の商品だと考えてよいでしょう。なぜなら、ブランド買取専門店やリサイクルショップでは買い取り時に、査定を行っているためです。

商品の写真をよく観察する

出品されている商品の写真がブランド品の公式サイトの写真を使い回している場合は、偽物の可能性が高いです。基本的には、商品を買ってもらうには、写真を複数枚のせて、商品の魅力を伝えようとするはずです。しかし、偽物を販売しようとしている場合、実物の写真を載せると、偽物であることが分かってしまう危険性があります。したがって、悪徳業者は、当たり障りのないように、公式サイトの写真を数枚使うのです。

もう一つ、注意すべきこととして本人が撮影してないものを商品の写真として使ってないかという点が挙げられます。悪徳業者の中には、他の出品者が撮影した写真を無許可で商品の写真として使う場合があります。そのため、他の出品者の写真と同じものが使われていないか確認してみましょう。

写真の枚数を確認する

メルカリで出品する際の商品画像は、商品を色んな角度から撮ることで、ユーザーに商品のことを詳しく知ってもらい、購入してもらうのが理想です。

商品の写真は10枚まで載せることができます。本物の商品だった場合、タグなどを載せることもできて、本物だと証明することは比較的簡単です。それにも関わらず、商品の写真が少ないのは、不自然です。

本物かどうかわからない場合は、シリアルナンバーなど、本物だとわかる証拠の写真を載せてもらえるように頼んでみましょう。

保証書やレシートを確認する

ブランド品を購入すると、大抵のものには保証書があります。また、商品を買ったら、レシートをもらえます。そのため、保証書やレシートの写真を見せてもらえるかどうかを出品者に依頼することは、偽物の商品を見分けるには有効です。偽物の商品の保証書まで載せて販売する人は少ないので、保証書が写真に載っているならば本物だと言えるでしょう。

他のサイトでも同じ商品を探してみる

メルカリで偽物かどうか判断できないものを買いたいときは、同じ商品を他のサイトでも検索してみましょう。他のサイトでの口コミやチャットを見ることで、偽物かどうか判断できる場合があります。

また、ブランドが経営しているショップ限定の新商品のはずなのに、フリマサイトで大量に出品されている場合は、偽物の可能性があります。このように、他のフリマサイトや商品の公式サイトをチェックすることで多くの判断材料を入手することが可能です。

服を買うときは、タグやサイズを確認する

シュプリームやグッチなどの洋服の偽物は大量に取引されています。洋服を買うときは次の5点を確認しましょう。

  • タグが付いているかどうか
  • ブランド名や輸入代理店の名前が不自然でないか
  • フリーサイズかどうか(偽物はフリーサイズの場合が多い)
  • ブランドの品番が記載されていて、ネットで調べると実際にでてくるか
  • 公式の情報と製造国の情報が合っているか

公式のショップがある商品の場合、公式ショップやホームページに商品の情報がたくさん記載されています。これらから得た情報と1つ1つ見比べることが大切です。

偽物のブランドを買ってしまった場合の対処法

もし、メルカリで偽物の商品を購入してしまった場合、落ち着いて行動することが大切です。対策方法を間違えると返品できなくなることがあります。冷静になって、この項目でご紹介する方法を実践していきましょう。

出品者を評価することは控える

メルカリでは、一度でも評価をすると返品対応ができません。したがって、安易に評価はしないようにしましょう。中には評価を書くように促してくる悪質な業者がいますが、毅然とした対応を心がけてください。

メッセージを送信する

偽物の商品だと分かった場合、返品可能かどうかを冷静にメッセージで確認しましょう。この際、後のトラブルを避けるため、感情的な文面にならないように気を付けてください。

また、出品者側が偽物の商品だと理解していない場合があるので、メッセージだけでは折り合いがつかないことがあります。そのような場合は、事務局へ連絡しましょう。

事務局へ連絡する

出品者とのやり取りの中で、返信がなかったり、返品を拒否された場合は事務局へ連絡しましょう。事務局が商品を偽物だと判断した場合は取引をキャンセルしてくれます。

ただし、メルカリではあくまでも取引相手同士のやり取りで解決することが優先されます。事務局が間に入って対応してくれない場合もあるので注意しましょう。

商品の鑑定をしてもらう

もし、商品が偽物かどうかを自分で判断できない場合は、専門の業者に商品の鑑定を依頼しましょう。鑑定士に依頼すれば、偽物の証拠を見つけることができるでしょう。専門業者での鑑定は基本的に無料なので、気軽に鑑定してもらいましょう。

まとめ

メルカリでは、多くの偽物の商品が出回っています。そして、多くの悪徳業者が利益を得ています。偽物がなくなることはほぼないので、大切なのは、騙されないよう心がけることです。

特に、メルカリでは、お互いに顔が分からない状態で、購入者側は実物の商品が見えない状態でやり取りをする必要があります。もしやり取りをしていて違和感を覚えたら、購入は控えた方が良いでしょう。購入する際は、出品者のメッセージや過去の評価や写真など、なるべく多くの情報を入手して、相手が信頼できる人物かどうかを見極めてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次