メルカリのフォロー割とは?フォロワー数を伸ばすコツも併せて紹介!

メルカリを利用する出品ユーザーの中には、自身をフォローしているユーザー限定で割引を行う人もいます。この行為は「フォロー割」と呼ばれ、フォロワーの数を稼ぐための戦略として、多くのユーザーが取り入れているようです。

この記事では、フォロワー数を増やすことのメリットや、その手段について解説していきます。興味のある方はぜひ参考にしてください。

目次

フォロー割のメリット・デメリット

自分のフォロワー限定で割引を行うことには、一体どのような利点があるのでしょうか?

ここからは、フォロー割のメリットやデメリットとなる点を解説していきます。フォロー割りによって自分の目的が達成できるのか、よく確認しましょう。

売り上げが向上する可能性がある

安い値段で出品することにより、通常の価格で売った時に比べて品物を買ってもらいやすくなります。買い手ユーザーの購入頻度が上がるため、総合的な売り上げが伸びる傾向にあるようです。

また、割引を目当てにフォローをしてもらえる確率が高く、フォロワーの数を増やしたい時にも有効です。フォロー割を行う際にはあらかじめ対象商品と割引率を決め、その旨が分かるような説明を添えておきましょう。内容があやふやなままセールを始めると、トラブルに発展することもあるので注意してください。

さらに、購入を希望するユーザーが本当にフォロワーであるかどうかも、必ず確かめるようにしましょう。中には、嘘をついて割引をしてもらおうとする人物もいます。事実確認を怠ると損をする可能性もあるので、くれぐれも気を付けてください。

フォローが外されやすい

フォロー割と行うと、値引きを目当てにフォローをしてくれるユーザーが多くなります。しかし、そうして獲得したフォロワーは、長期的なお付き合いができる顧客にならない可能性が高いでしょう。なぜなら、取引が終わった時点でユーザーの目的が達成され、その後すぐにフォローを解除されてしまうことが多いためです。

また、ものを安く買おうとするユーザーは、こだわりが強くクレームが多い傾向にあります。対して、トラブルを起こしにくいユーザーは、多少値段が高くても納得して購入してくれることが多いのです。以上のことから、値引きによってフォロワーを増やす戦略では、質の高いユーザーを確保しにくいことが分かります。

単純にフォロワー数を増やすことよりも、各ユーザとの関係を重視したい場合、割引によるフォロワー稼ぎは不向きと言えるでしょう。

なぜフォロワー数を伸ばす必要があるのか?

フォロワーの数が多いと、買い手ユーザーから信用してもらいやすくなります。複数のユーザーが同じ品物を売っている場合、フォロワーの数で購入先を決める人が少なくないのです。そのため、売り手としてサービスを利用しているユーザーにとって、「フォロワー数をどうやって稼ぐのか」という点は、売り上げを伸ばすための重要な課題となっています。

また、品物を売りに出した際にフォロワーに通知される機能もあり、リピート利用に繋がる可能性が高くなります。出品に気づいてもらえやすくなり、取引までスピーディーに進めることができるでしょう。

フォロワー稼ぎが不要なケース

これまではフォロワーの数を伸ばすことの重要性について説明してきました。しかし、必ずしもフォロワー数が多くなければならない、というわけではありません。ここからは、フォロワーの数にこだわる必要がないケースについて、詳しく説明していきます。

出品数があまり多くない場合

特に頻繁に商品を売るわけではない場合は、フォロワーが集まりにくい傾向にあります。買い手ユーザーにとって、販売頻度の低いユーザーをフォローするのはメリットが薄いためです。この場合、いくらフォロワーの数を稼ごうと努力したとしても、思うような結果を出すことは難しくなるでしょう。

売り上げを伸ばすことが目的なのであれば、フォロワー稼ぎのみにこだわる必要はありません。場合によっては、他のアプローチを行った方が効率がよいケースもあるのです。特に出品する頻度が低い場合は、フォロワー数を伸ばすよりも、商品のページを充実させる方が効果的と言えるでしょう。

商品の傾向がバラバラな場合

売りに出す品物のカテゴリーが統一されていない場合、リピート利用される可能性が低くなります。フォロワーからよりも、初見ユーザーから購入される見込みの方が高いでしょう。したがって、割引などをしてまでフォロワーを増やす利点は、あまり無いと言えます。

フォロワーを増やすためには?

フォロワーの数を増やしたい場合には、どのような工夫が必要となるのでしょうか?ここからは、フォロワーを増やすためのコツを7つほど紹介していきます。

品物に統一性を持たせる

同じカテゴリーの商品が多いと、リピートされやすい傾向にあります。自分が欲しい品物を多く売りに出している出品者がいれば、フォローをして定期的に情報をチェックしたいという心理が働くためです。

さらに、同カテゴリー内でも細かく傾向を絞り込むことによって、よりコアな需要にマッチすることができます。例えば、同じブランドのみにターゲットを絞ったり、靴やジュエリーなどといった特定のアイテムに限定したりなど、人気が集まりやすい分野に限定して様子を見てみましょう。

丁寧な対応を心がける

フォローを獲得するためには、相手に与えるイメージが非常に重要となります。もしも悪い印象を与えてしまえば、継続的な関係を続けていきたいと感じてもらえません。反対に、よい印象を与えることさえできれば、「次もこの人から買いたい」と思ってもらえる可能性が高くなるのです。

この点からも、取引相手とのコミュニケーションは、くれぐれも慎重に行いましょう。

プロフィール欄にこだわる

買い手のユーザーの中には、プロフィール欄から相手の信用度を測る人もいます。プロフィールに掲載されている情報が極端に少ないと、相手を不安にさせる可能性があるので気をつけてください。

また、いくら内容が充実しているとはいえ、独自のルールに関する記載が多い場合も警戒されやすくなります。こだわりの強いユーザはトラブルに発展しやすいイメージがあり、なるべく避けたいという人が多いためです。取引をスムーズに進めるために独自のルールを用いるのは構いませんが、度が過ぎると顧客を逃すきっかけになりかねないので注意しましょう。

品数を増やす

そもそも出品している品物が少ないと、思うように顧客が集まりません。ユーザーは、選択肢の多い方に集まる傾向があるためです。同じ出品ユーザーのページから品物を比較・検討することができれば、買い手も品物を購入しやすくなります。リピート率の向上も狙えるので、似たような品物をたくさん出品してみましょう。

独自性を持たせる

他にも同じようなものを売っているユーザーがたくさんいる場合、わざわざ特定のユーザーをフォローするメリットはありません。フォロワーを獲得するためには、唯一無二の個性サービスが求められるのです。例えば、センスの良い品選びを売りにする、手作りの作品を出品するなど、ユーザーの心をつかむ工夫を凝らしてみてください。

セールを企画する

値引きイベントなどを定期的に行うことによって、ユーザーからの注目を集めることができます。それがきっかけとなって、フォローをしてもらえることが多くなります。

メリットを持たせる

買い手のユーザーは、自分にとって得がない相手をフォローすることはありません。「感じが良かった」や「好きな品物を多く扱っている」など、理由は様々ですが、誰しもが何らかのメリットを感じて出品者をフォローしています。

つまりは、ユーザーにメリットを感じさせることができれば、フォローに繋がるということでもあります。そのための手段の一つとして「フォロー割」があるのです。

「フォロー割」以外で売り上げを伸ばすための工夫

これまでは、フォロー割などのテクニックを駆使してフォロワーの数を増やし、売り上げを伸ばす方法について解説してきました。ここからは、フォロー割と合わせて活用したいテクニックを紹介していきます。

SNSを活用する

売り上げを伸ばすためには、SNSなどを使い、他のユーザーと積極的に交流をしましょう。自分が扱っている品物に興味を持つユーザーは、他にも同じ趣味を持つ人物とつながりを持っている可能性があります。一人のユーザーから、芋づる式に複数の見込み客をゲットすることもできるでしょう。

また、リピートユーザーを増やしたい場合には、メルマガやLINEなどのサービスもおすすめです。すでに見込みのある顧客に対して情報が発信できるので、商品購入にスムーズに繋がりやすいという特徴があります。

外部サイトで使用しているものと同じ名前にする

メルカリでは、サービスを介して他のサイトへユーザーを誘導する行為が禁止されています。そのため、SNSを使った集客などを行う際、メルカリ内にURLなどを記載し、自身のSNSページへ訪れてもらうということができません。

外部サービスで使用している名前と、メルカリ内で使用している名前が異なる場合、同一人物であるかどうかが分かりにくくなってしまいます。せっかく興味を持って検索してもらえたとしても、ユーザーページを見つけられなければ意味がありません。外部サイトを用いてメルカリの集客を行う際には、同じ名前を使うようにしましょう。

ハッシュタグで検索性を上げる

メルカリには、他サイトと同じように、ハッシュタグで品物を検索することができる機能があります。これを利用することにより、自身が売りに出している品をさらに探しやすくすることも可能です。

例えば、「自身のユーザー名+扱っている品のカテゴリ」のようなタグを作ることで、自分が販売しているものの中から特定の商品のみをピックアップすることができます。このように、自分の出品物の中から品物が選べるような仕組みを構築することで、競合ユーザーに顧客を奪われる確率を減らせるでしょう。

「メルカリShops」を利用する

もしもビジネスとして品物の販売がしたいという場合には、メルカリShopsに出店することをおすすめします。なぜなら、メルカリはあくまでも個人間での不要品のやり取りが推奨されているサービスであり、事業者として利用するのには不向きであるからです。

一方、メルカリShopsは、事業者向けの出店サービスとなっています。クーポンやメッセージ配信機能など、便利な機能がたくさんあっておすすめです。

出店の申し込みを行うには、メルカリアプリの「ショップ」タブを開き、「ショップを開設する」を選択します。

次に、いくつかある選択肢の中から事業の種別を選び、「次へ」をタップしてください。

扱う品物のカテゴリーを選択し、販売に際して許認可が必要な場合は「はい」を選択しましょう。

各規約を確認したら、「同意」にチェックをしてください。

次に、事業者の情報を入力します。

ショップの名前を決め、説明欄に情報を入力しましょう。

続いて、売上金の振込先を登録してください。

これまでに登録した内容に誤りがないかを確認したら、「同意してお申し込み完了」をタップします。これで申請が終了しました。

申請を行った後はメルカリによって審査が行われ、結果がメールで届きます。くれぐれも見逃すことがないよう、気を付けましょう。

さまざまなテクニックを使ってフォロワー数を伸ばしましょう

メルカリの出品ユーザーにとって、フォロワーの数は非常に重要な要素となります。フォロワーの人数が多ければ多いほど他のユーザーからの信頼が得やすく、取引に至りやすくなるでしょう。そして、フォロワーの数を増やすためには、「フォロー割」などのイベントを行うのが効果的です。

しかし、求めるユーザーの質によっては、かえって安売りをしない方がよい場合もあります。安いものを好むユーザーの中には、トラブルを起こしやすい人が多くなるためです。なるべくストレスのない取引を行いたいという方は、ある程度買い手を選ぶ必要があるでしょう。

丁寧な対応や品物選び、SNSを利用した集客など、フォロワーを増やすためにできる工夫はたくさんあります。自分が理想とする顧客を得るためにはどのような方法が適しているのか、よく考えて実践してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次