メルカリの売上金を現金に変換する方法を紹介!注意点も解説!

メルカリで得た売上金は、そのままでは使えません。現金をはじめとした、支払いに使えるものに交換する必要があります。

売上金は180日を過ぎると消えてしまうため、期限ぎりぎりになってから交換方法がわからないとなってしまえば致命的です。大切な売上金を失効しないように、いつのタイミングでどのくらいなにに交換するのかを、ある程度決めておくことが大切です。

今回は、売上金の交換方法について紹介します。現金化するうえでの注意点も併せて解説するので、売上金を現金化する前にぜひ目を通してください。

目次

売上金の交換先

売上金の使い道は、現金化することだけではありません。いくつか活用方法があるため、使い道の自由度が高いです。

メルカリを利用している人であれば、現金化以外の利用頻度もそれなりにあるため、ほかの交換先も利用する機会は少なくありません。選択肢として知っておけば、役に立つ場合も多いです。

ここでは、売上金の交換先について紹介します。それぞれ利用するタイミングや頻度は人によって異なるため、すべての選択肢を頭に入れておきましょう。

メルペイ残高として利用する

メルカリと同じ会社が運営するキャッシュレス決済サービスが、メルペイです。メルペイは銀行からだけでなく、売上金もチャージして残高を増やせます。

現在ではキャッシュレス決済を利用できる場所が増えてきているため、使い道に困るケースも減ってきました。都市部や繁華街でなくても問題なく利用できます。

交換するために必要なのは、本人確認と銀行口座登録だけです。キャッシュレス決済は支払いがスムーズに進み、現金を持ち運ばなくて済むメリットもあるため、キャッシュレス決済を利用する人には役立つ選択肢といえます。

ポイントとして使う

メルカリで商品を購入する場合、売上金をポイントとしても利用できるため、実質購入費に充てられるともいえます。

ポイント利用する場合、ほかの手続きは不要なので、最も気軽に活用できる交換先といえます。メルカリで商品の仕入れをする人は、仕入れ代金として利用することもできるので、思いのほか利用頻度が高いです。

また、メルペイ残高とポイントに交換して利用する方法では、手数料が発生しないことも特徴です。得た売上金を100%自分のために使えるため、パフォーマンスに優れた選択肢といえます。

現金化する

売上金を現金化する場合は、申請をして銀行口座に振込をします。Webページやアプリから振込申請ができ、振込金額は自由に指定できます。

ほかの交換方法は得たお金の利用方法がある程度限定されますが、現金化してしまえば使い道は自由です。ほかの方法で利用しない人は、実質的に現金化一択といえます。

ただし、現金化にはほかの交換先にはない注意点もあるため、ほかの選択肢も選べる人は慎重に検討してください。注意点については、後述します。

交換先別のメリット・デメリット

売上金は交換先に応じて、メリットとデメリットが異なります。自分の利用頻度や使い方などによって、適切な交換先を選ぶと効率的です。

せっかく得た売上金なので現金化したいと考える人も多いですが、場合によってはほかの交換先にしたほうがお得になるケースも少なくありません。

ここでは、各交換先のメリットとデメリットをそれぞれ紹介します。少しでも損失を抑えて効率よく売上金を使いたい人は、売上金を交換する際の参考にしてください。

メルペイ残高

・メリット

売上金が発生した時点で即決済に使えるため、即金性に優れています。面倒な手続きも不要なので、とにかく楽に素早く売上金をお金として使いたい人向けの選択肢です。現金化する場合に比べて、手数料がかからない点も優れています。

・デメリット

事前に本人確認と銀行口座の登録が必要なので、事前準備に手間がかかる点がデメリットです。また、メルペイに対応していない店舗ではそもそも利用不可になってしまうため、事前に対応店舗を調べておく必要もあります。

ポイント交換

・メリット

交換に付随する手続きが一切不要なので、口座を持っていない学生などでも利用できます。また、ポイントそのものをほかユーザーに送ったり受け取ったりできるため、使い道の幅が広い点もメリットです。また、こちらも交換時に手数料は必要ありません。

・デメリット

メルカリ内でのみ使えるポイントのため、ほかの決済には一切使用できません。利用範囲の圧倒的狭さは悩みどころです。また、ポイントは取得して365日経過すると失効してしまうため、利用期限がある点も無視できないデメリットといえます。

現金化

・メリット

ほかの交換先に比べ、使い道の自由度が圧倒的に高いです。ほかの交換先と違い、100%誰でも利用する交換先といえます。また、ポイントやキャッシュレス残高と違い口座の残高が増えるため、お金が増えた実感が得やすい点が、モチベーションに大きなプラスの影響を与えます。

・デメリット

申請から現金化までは数日かかるため、即金性がない点がデメリットです。また、振込には手数料も発生するため、3つの交換先で唯一売上金の全額使用が不可能な点も、マイナス材料といえます。

現金化する2種類の方法

大きく分けて2種類の方法がありますが、実はメルカリのアプリ上で本人確認しているかどうかで、利用できる手段が異なります。常にどちらの方法も利用できるわけではないので、注意してください。

ここでは、現金化するための2種類の方法について紹介します。どちらの方法も基本的な手順は同じなので、自分が今どちらで現金化できるのかを把握しておくことが大切です。

アプリ経由での現金化

メルカリのアプリで本人確認が済んでいる場合、こちらの方法を参照してください。手順は以下の通りです。

1.「マイページ」→「振込申請」→「振込申請して現金を受け取る」の順にタップする

2.登録済の口座情報を確認し、「はい」をタップする

3.振込手数料を含めた振込金額を入力する

4.「確認する」→「振込申請をする」の順にタップして完了

アプリで本人確認がまだの場合、アプリからは振込申請ができません。その場合は、次に紹介するWebサイト経由で申請をしてください。

Webサイト経由での現金化

アプリで本人確認が済んでいない場合は、Webサイトからの方法を参照してください。手順は以下の通りです。基本的な流れはアプリと変わりません。

1.「マイページ」→「売上・振込申請」→「振込申請して現金を受け取る」をタップする

2.振込先の口座情報を入力して「次へ」をタップする

3.振込手数料を含めた振込金額を入力する

4.「確認する」→「振込申請をする」の順にタップして完了する

こちらの方法はアプリで本人確認が完了すると、以後は利用できません。今後の申請はすべてアプリからおこなってください。

現金化の注意点

売上金が入ったら、一刻も早く現金化したいと考える人は多いです。しかし、現金化にはいくつか注意点があるため、損をしてしまったり、そもそも現金化できなかったりするケースがあり得ます。

現金化にはメリットがたくさんある反面、デメリットも少なくないこともまた事実です。少しでも損をしないためには、注意点を漏れなく把握しておく必要があります。

ここでは、売上金を現金化する際の注意点について紹介します。知らなかったせいで損をしたりタイミングを逃したりしないように、必ず頭に入れてください。

振込手数料の存在

現金化する際は、振込手数料がかかります。金額は1回につき200円で、申請をするたびに手数料が発生する都合上、たくさん申請するほど損失は大きいです。

また、すぐに振込をする「お急ぎ振込」を選択すると、さらに追加で200円が加算されます。合計400円は、決して無視できない数字です。

手数料をなるべく抑えるためにも、振込回数は最小限に抑えることを心がけてください。幸い、一度に最大100万円まで申請できるので、売上金が増えすぎて申請しきれないといったケースはあまり考えなくてもよいです。

現金化までの時間

現金化の場合、申請して即振り込まれるわけではなく、実際の入金までには数日かかります。かかる日数については、申請した時間や利用している金融機関などによって異なります。

申請したのが午前8:59までなら翌営業日の振込、午前9:00以降の場合には翌々営業日の振込です。また、振込先がゆうちょ銀行の場合には、さらに追加で1営業日かかってしまいます。

ゆうちょ銀行の人が午前9:00時以降に申請をした場合、申請から3営業日先とかなり間が空くため、予定を狂わされるケースも多いです。現金化は即金性がないため、必要になる前に早めの申請を心がけてください。

売上金の申請期限

売上金には、現金化できる申請期限が存在します。発生してから180日を過ぎると、売上金は失効するため十分に注意してください。

万が一過ぎてしまった場合は、メルカリ事務局に連絡して対応してもらわなければいけません。その場合でも、100%失効が取り消されるとは限らないため、期限がくるまえに早めの申請をしておくことが大切です。

もし期限までに申請ができないようであれば、ほかの方法で交換しましょう。売上金のポイントは365日と売上金の約2倍の有効期限があり、メルペイ残高に至っては現状無制限に使用できます。

現金化には銀行口座が必須

現金化には、銀行口座の登録が必須になっています。

メルペイ残高への交換にも口座登録が必要なので、せっかくの売上金も実質ポイントとしてしか利用できなくなってしまいます。

現金化できないと売上金の使い道が大きく狭まってしまうので、必ず振込先となる銀行口座を開設しておくことが重要です。

本人確認の必要性

アプリから振込申請をおこなう場合は、本人確認が済んでいる必要があります。また、現在はWeb上からであれば本人確認なしで申請ができますが、セキュリティ面や不正防止の面から考えると、いつ本人確認が必須になってもおかしくはありません。

本人確認は、現金化以外にも必要になってくるケースがあります。まっとうな利用方法であれば、本人確認をされても全く問題はないため、先に済ませておくことをおすすめします。

口座の複数登録について

振込先として選べる銀行口座は、登録した本人と口座の名前が一致している必要があります。名義の違う口座を指定した場合はもちろん、結婚などで名前が変わったケースであっても、情報が違えば申請は不可能です。

だからといって、新たに複数の口座登録をするわけにもいかないので、口座を上書きすることで新たに登録をおこなってください。登録の手順について紹介するので、口座の名前が違う人や、口座を間違ってしまった人はぜひ参考にしてください。

振込口座の上書き方法

口座を新しく登録する手順は、以下の通りです。

1.「メルペイ」→「振込」をタップする

2.新しい口座情報を入力して、完了

たったこれだけです。特に制約などはなく、変更自体もすぐに完了するため、口座を上書きしたい場合はもちろん、一時的に別の口座に振込をしたい場合でも気軽に変更できます。

口座を持っていない場合

口座を持っていない場合は、現金化できなくなってしまいます。登録した名前と口座の名前が違うと振込できないことから、未成年が両親の口座を利用することも不可能です。

現金化できないとせっかくの売上金も十分に活かせないので、メルカリを利用するなら先に銀行口座を開設してください。

まとめ

メルカリの売上金は、現金化以外にもメルカリで使えるポイントや、メルペイ残高との交換もできます。とはいえ、現金化は自由度が圧倒的に高いため、メルペイやメルカリを利用する人でも現金化する機会は多いです。

現金化する際は、手数料がかかることや申請から振込まで時間がかかる点には注意してください。また、売上金は180日経過すると失効してしまうため、手数料を抑えるためにギリギリまで振込をしない場合でもリスクが発生します。

現金化は、ほかの交換方法に比べてメリットとデメリットがはっきりしています。3種類の交換方法をうまく使い分けて、効率的な活用方法を検討してください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次