メルカリで儲ける方法は?ポイントやおすすめ商品を紹介!

毎月安定した収入を得る手段として、メルカリは非常に有用です。稼ぐためのポイントさえ知っておけば、ある程度まではだれでも稼げる可能性があるからです。

今回は、メルカリで儲けるための方法と、おすすめの販売商品について紹介します。これからメルカリを利用したいと思っている人はもちろん、今現在メルカリでうまく稼げていない人も、ぜひ目を通してください。

目次

メルカリについての基礎知識

稼ぎ方の前に、メルカリの基本情報について軽く解説しておきます。

メルカリは、ものを売買できるフリマアプリで、だれでも自由に利用できます。取り扱える商品には規約こそありますが、家の不用品から他サイトで仕入れたアイテムまで、非常に様々な商品を売買可能です。

,

ダウンロード数は国内だけでも8,000万を超えており、日本で最も利用者の多いフリマアプリといえます。

メルカリで稼げる理由

メルカリは利用者が多いため、ほかのフリマサイトやアプリよりも商品を買ってもらえる可能性が高いです。出品してから実際に入金されるまでの期間も短いことから、即金性があり継続しやすい点も大きな特徴といえます。

また、メルカリの売買手続きは非常に簡単なので、インターネット初心者やフリマアプリを使ったことのない人でも、比較的すんなり始められます。参入難易度の低さと、市場の大きさこそが、メルカリがいつまでも稼げる市場であるといわれる理由です。

メルカリを利用するメリット・デメリット

ほかのフリマサイトやアプリと比較した、メルカリのメリット及びデメリットは以下の通りです。

・メリット

利用者が多く販売しやすい

手続きが簡単で、初心者でもできる

パソコンがなくても、スマホで作業できる

・デメリット

販売手数料が若干高い

利用者が多い分、悪質なユーザーもいる

メルカリで稼ぐための具体的な方法

メルカリで稼ぐための具体的な方法としては、主に「不用品を売却する」と「せどりの販売先として利用する」の2種類が考えられます。ここでは、それぞれの方法についてより詳しく解説していきます。

不用品を売却する

メルカリを始めたての人におすすめの方法が、不用品の売却です。商品の仕入れ先や、販売するものが決まっていないうちは、家にあるいらないものを出品して売るだけでも、ある程度はお金を稼げます。

また、不用品を売却する過程で、出品方法や写真の撮り方、ユーザーとのやり取りに商品の出荷など、メルカリで必要なスキルを一通り学べます。継続してメルカリを利用するのであれば、まずは不用品の売却を通じて実績を積むことが大切です。

せどりの販売先として利用する

仕入れた商品を仕入れ値以上で販売し、利益を得る方法をせどりといいます。そして、メルカリは家にある不用品だけでなく、せどりの販売先としても優れています。

市場の人数が多いため、出品した商品を買ってもらえる確率が高いです。安定した仕入れ先や商品を気に入ってくれるリピーターを作ることができれば、毎月安定した収入を得ることも不可能ではありません。

メルカリで儲けるためのポイント

メルカリで一時的に利益をだすことはだれにでもできますが、継続的な利益を生み出すのは容易ではありません。儲けをだすためのポイントを熟知していないと、得られる利益が少なかったり、損をしてしまったりする可能性が高いです。

ここでは、メルカリで儲けを生みだすためのポイントについて紹介します。どれも非常に重要度が高いため、すべてもれなく頭に入れておきましょう。

仕入れ

商品販売において、仕入れは非常に重要な要素です。安定した仕入れ先があるかどうかで、成否が変わると言っても過言ではありません。そして、メルカリが優れている点は、販売先としてだけでなく仕入れ先としても利用できることです。

メルカリは様々な人が売買をおこなっており、中には不用品処分の名目で出品され、市場価格以下で販売されている商品がたくさんあります。安価で仕入れて適切な価格で販売することができれば、メルカリ内で仕入れと販売を完結させることも可能です。

仕入れの際は、安価だと感じた商品を即購入することが重要です。フリマの性質上、同じ商品が同じ価格で販売されることはほぼありません。1度仕入れの機会を逃すと、次のチャンスがいつになるかわからないため、確実に儲けられると思った商品はすぐに購入してください。

出品タイミング

意外と軽視されやすいですが、出品のタイミングも重要です。メルカリは出品時に最も注目され、時間の経過とともに掲載順が下になっていく性質から、出品時に目に留まらないと一気に売れる確率が下がってしまいます。

つまり、より多くの人がメルカリを利用しているタイミングで出品することが重要です。具体的なタイミングとしては、多くの人が仕事を終えた夕方~寝るまでの夜間が主なねらい目と言えます。

時間だけでなく、日にちも意識してください。平日ど真ん中よりは、休日や休日前である金曜日、多くの人にとって給料日である25日以降など、メルカリを利用している人がより多いタイミングを狙いましょう。

商品の写真

メルカリに出品する際は、商品の写真を自分で用意します。ほかの利用者から購入した商品であっても、同じ写真の使いまわしは厳禁です。

メルカリはネットショッピングなので、直接商品を手に取って確認ができません。そのため、いかに写真で商品の詳細を伝えられるかで、売れ行きが大きく変わってきます。

ポイントとしては、1枚目で全体像を写し、2枚目以降では細部がわかるような写真を用意してください。掲載されている写真を見ただけで、商品の内容をイメージできるようにしておくことが大切です。

商品タイトルと説明分

商品を購入するうえで、タイトルと商品説明は非常に重要です。説明がわかりにくかったり不十分だったりすると、せっかく商品を見てもらえても買ってもらえません。

タイトルは、検索に引っかかるように正式名称を入力してください。メーカーやブランド名も併せて記載すると、より検索にでやすくなります。また、未使用品や美品などプラス要素があるなら、タイトルのトップにもってきたほうがユーザーの興味を引けます。

商品説明では、詳細を余すことなく記載してください。良い部分だけでなく、悪い点ももれなく説明しておくことで、購入後のトラブルを防げます。

価格

安定した利益を生み出すためには、価格設定にこだわる必要があります。高すぎれば売れませんし、安すぎれば利益が出ないからです。

一般的なコツとしては、相場より若干安めに設定すると売れやすくなります。価格を落としたくないのであれば、セット販売などなにかしらの付加価値を加えることで、価格を維持する方法も有効です。

また、価格相場は、そのときのニーズや需要と供給のバランスなどによって、常に変化し続けます。1度価格を決めたあとも、ほかの人や市場の販売価格を適宜確認し、販売に適した価格設定をおこなうことが大切です。

コメント機能

メルカリでは、購入を迷っている人や値下げ交渉をしたい人が、出品者にコメントできる機能が備わっています。コメントに対して誠実な対応をすることで、購入意欲が高まり購入してもらえる可能性が高まります。

コメント返信が遅れたり無視したりしてしまうと、ユーザー側は不安になるため購入してもらえません。コメントを確認したら、なるべく早急に丁寧な対応を心がけてください。

発送方法

メルカリでの売買は、仕入れだけでなく発送にもコストがかかります。発送コストをどれだけ抑えられるかで、得られる利益が大きく変わってくる点は覚えておきましょう。

基本的に、商品が小さいほど発送コストは安く済みます。商品に対して適切なサイズの段ボールを用意することで、余計なコストを抑えられます。ちょうどいいサイズがなければ、段ボール自体を加工して適切なサイズにすることも効果的です。

また、発送方法や距離に応じて、送料は大きく異なります。事前に利用できる発送方法や送料を確認しておき、サイズや量によって最適な発送方法を選択することが大切です。

メルカリで儲けやすい商品

メルカリでは様々な商品を販売できますが、出品すればどんな商品でも売れるわけではありません。商品ごとに需要や供給が異なるため、儲けをだしたいなら売れやすい商品を取り扱う必要があります。

ここでは、メルカリで儲けやすい商品について紹介します。すべてを網羅する必要はないので、扱いやすい商品があれば参考にしてください。

ゲーム・ホビー用品

ゲームやホビー用品は、昔に販売されたものでも需要が生まれやすく、生産が終了したものも多いいことから中古販売が活発な市場です。不用品処分の名目で過去のヒット作が出品されていることもあり、メルカリで仕入れやすい点もメリットといえます。

むしろ、今では手に入らないからこそプレミア価値がつくケースも多いため、安価で出品されているものがあれば大きく利益を出すチャンスです。事前にある程度市場の勉強は必要ですが、だれでも手を出しやすくニーズの生まれやすいジャンルといえます。

書籍・DVD

メルカリでは、書籍やDVDなども活発に取引されています。こちらも生産が終了したものは新品で入手できないため、中古品でも一定の価値が生まれます。

書籍やDVDはかさばらないため、部屋にスペースがなくても保管できるうえ、発送の際は送料が安く済む点がメリットです。

また、リサイクルショップをはじめとした仕入れ先には困らず、仕入れ単価もそこまで高くありません。比較的始めるためのハードルが低いことからも、初心者にはおすすめのジャンルです。

家電製品

生活必需品である家電は、新品だと高額なので中古でのニーズも多いです。特に、新生活が始まる3~4月にかけては、家電製品で大きく儲けるチャンスといえます。

ただし、家電製品は単価が高く場所をとるため、仕入れ過ぎには注意が必要です。また、家電の状態は見た目からでは判断しづらいため、出品の際は型番や年数、状態などを詳細に記載してください。

化粧品

化粧品は、人によって合う合わないがあるため、合わなかった化粧品がメルカリで売買されているケースが多いです。新品よりも安く、お試しで使うのにちょうどいいことから、化粧品も中古市場が活発な商品でもあります。

自分で使っていない化粧品があれば、それを出品して儲けをだすのも有効です。ただし、中には出品できない化粧品もあるため、事前にガイドラインを確認してください。

衣類

衣類や小物は、中古品が多く出回っています。たとえば、買ったけど着なくなったり、子供が成長して着られなくなったりした衣類は、よくメルカリで売られています。

着る機会が限定されており、短期間しか着ないような衣類は、新品を買うよりメルカリで安く済ませたいと思う人も多いです。常に一定の需要があることから、安定した儲けにつなげやすい商品群といえます。

メルカリに出品する際の注意点

メルカリでは、商品の出品や売買に関してガイドラインが設定されています。違反してしまうと、アカウントを凍結させられ取引ができなくなるため、必ず目を通してください。

ここでは、メルカリを利用するうえでの主な注意点をまとめました。すべて重要な要素なので、扱う商品に少しでも関係しそうなら必ず頭に入れておきましょう。

参考:メルカリガイド

出品禁止品について

メルカリでは、出品できない商品群が存在します。知らずに出品してしまうと、アカウントの凍結どころか、最悪の場合犯罪として法的な罰則を受ける可能性もあるため、十分に注意してください。

また、世界情勢や世間のニーズによって、特定の商品が一時的に取引ができなくなるケースもあります。ガイドラインは定期的に確認してください。

参考:禁止されている出品物

せどりには古物商許可証が必要

メルカリをせどり目的で利用する場合は、中古品の売買のために必要な資格である古物商許可証の取得が必要です。家の不用品を出品する場合には、取得の必要はありません。

古物商許可証は、条件を満たしていれば最寄りの警察署で簡単に申請できます。万が一申請せずに中古品の販売をおこなうと、法的罰を受ける可能性があるため、必ず取得してからせどりをしてください。

悪質な転売は禁止

人気商品を買い占めて高額で販売する、いわゆる転売ヤーのような行為は禁止されています。ユーザーに発見されると、運営に通報されアカウントが凍結される可能性があります。

また、過剰に価格を釣り上げての販売もルール違反です。送料や仕入れの手数料を加味して多少価格を上げる程度は問題ないですが、自分の利益最優先の価格設定は長い目で見て損をする可能性が高いため、十分に注意してください。

無在庫販売は禁止

注文があってから商品を仕入れて販売する無在庫販売は、メルカリでは禁止です。無在庫販売は在庫を抱えなくていいメリットがある一方で、商品を仕入れられず販売できないケースがあるため、トラブルの原因になります。

無在庫販売が発覚した時点で、アカウント凍結などの処分を受ける可能性が高いです。出品する商品は、必ず手元にあってすぐ発送できる商品だけにしてください。

商品画像は必須

出品の際に掲載する商品画像は、必ず必要です。外装や箱だけの画像も不可で、必ず商品そのものが写っている画像を使う必要があります。

そもそも、画像のない商品はよほどのことがなければ売れません。自分の利益のためにも、必ず商品情報がはっきりわかる画像を掲載してください。

出品者の落ち度が原因の返品には必ず応じる

商品説明に不足があったり、配送途中で破損があったりした場合は、返品に応じなければいけません。商品に不備があれば、その際の送料などの負担もすべて受け持つ必要があります。

もちろん、出品者側に落ち度がなければ、返品に応じなくても大丈夫です。余計なトラブルを減らすためにも、商品画像や詳細の紹介、発送前の説明を徹底し、出品者側の落ち度をなくすことが大切です。

まとめ

メルカリは、利用者が多く初心者でも扱いやすいことから、だれでも稼げる可能性がある市場です。扱える商品は多岐にわたるため、自分が持っている商品や知識のある商品を出品するだけでも、ある程度は儲けをだせます。

多くの人が出品していることから、仕入れ先としてもメルカリは優れています。仕入れから出品、発送までをメルカリだけで完結できるため、市場や価格の調査が容易な点もメリットです。

今回紹介した内容を参考に、メルカリのガイドラインにある注意事項に気をつけながら、商品の出品をしてみてください。いきなり商品を仕入れると、売れなかったときに損失が発生するリスクがあるため、まずは家の不用品を出品し、メルカリに慣れていくことから始めてみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次