メルカリでの値下げ交渉への適切な返答とは?さまざまな場面に応じた返信例文をまとめてご紹介

メルカリのようなフリーマーケットアプリでは、ときどき値下げ交渉のコメントが入ることがあります。購入を希望するユーザーの視点に立ってみれば、なるべく安い値段で買いたいと思うのは当然のことでしょう。しかし、出品者の立場からすると、交渉に応じると利益が少なくなるのでちょっとした決断が必要です。場合によっては、値下げをすることで利益がマイナスになってしまうケースもあります。

そのような場合、相手からの値下げ交渉を断る必要があります。ただし、返答の仕方次第では、トラブルに発展する可能性も考えられます。お互いが嫌な気持ちにならないよう、配慮することが大切なのです。

この記事では、さまざまな値下げ交渉のシチュエーションを想定して、それらに対する返答の例文を紹介していきます。交渉相手とのコミュニケーションに不安を感じている方は、ぜひ参考にしてください。

目次

値下げ交渉のパターン

そもそも、メルカリにおける値下げ交渉とはどんなものなのでしょうか。

返信の例文を紹介する前に、まずは値下げ交渉についての基礎知識や、よくあるパターンについて解説していきます。

値下げ交渉とは何か

メルカリでは、出品ページのコメント欄で出品した人と購入希望者がやり取りをすることが可能です。そして出品者は、誰かが商品を買ってくれるまでの間なら、自由に商品の値段を変えられます。

そのため、商品を買おうか検討しているユーザーから、値下げを提案されることもしばしばあります。この提案が、メルカリユーザーの間で「値下げ交渉」と呼ばれています。ただし、すべての出品者が値下げ交渉に応じるとは限りません。

値下げに応じるのは義務ではなく、あくまでも個人の希望が優先されるということを覚えておきましょう。マナーを守らないとトラブルに発展する危険性もあるため、交渉は慎重に行わなければなりません。

具体的な金額を提示されるケース

まずは、値下げ交渉の基本的なパターンを紹介していきます。種類は大きく2つに分けられ、そのうちの一つが「金額を指定した値下げ交渉」です。そのケースに該当するのは次のような例です。

  • 「○○円で購入させていただけないでしょうか?」
  • 「○○円で購入したいのですが、お値引きは可能でしょうか?」
  • 「○○円までお値引き可能でしょうか?」

提示される値段はユーザによってさまざまで、なかには半額近くまでの値引きを提案されることもあります。

値下げの可否のみを確認されるケース

二つ目の交渉パターンは「値下げが可能かどうかのみの交渉」です。具体的には、以下のような交渉がこのケースにあたります。

  • 「こちらの商品ですが、お値引きしていただけないでしょうか?」
  • 「購入したいのですが、お値下げ可能ですか?」
  • 「お値引きは可能でしょうか?」

相手がいくらまで値下げをしてほしいと思っているのか、具体的な数字がわからないため、返信に困るのがこのパターンです。自分と相手の希望額にギャップがあるとうまくいかないケースが多く、一つ目の交渉パターンに比べると難易度が少し上がります。

値下げの判断のコツ

では、値下げに応じるかどうかは、何を基準に考えればよいのでしょう。

この項目では、交渉に応じるメリット・デメリットや、考え方のコツについて詳しく解説していきます。

値下げ交渉に応じるメリット・デメリット

交渉に応じる場合も断る場合も、どちらにもメリット・デメリットがあります。どちらの方が自分にとって得なのか、比較して見極めることが大切です。交渉に応じることのメリットは以下の通りです。

  • まとめて買ってもらえる可能性が出てくる
  • 比較的早く売れる

一方、デメリットも生じます。交渉に応じることで予想されるデメリットは、以下のようなものです。

  • 利益が減る
  • 連絡を取り合うため、時間がかかる

これらの要素を照らし合わせ、どちらを優先するのかを考えましょう。メリットよりもデメリットが上回る場合は、交渉を断るのが賢明です。

値下げ交渉を断るメリット・デメリット

もちろん、値下げの交渉を断ることにもメリットがあります。交渉に応じないことのメリットは以下の通りです。

  • トラブルの原因を作りにくい
  • 利益をキープできる
  • 交渉の手間がかからない

一方、値下げ交渉を断ることでも、当然デメリットが生じます。予想されるデメリットは、以下のようなものです。

  • 商品が売れにくい
  • まとめ買いをしてもらえない

なるべく多くの利益を出したい場合、値下げ交渉に応じることは大きなデメリットとなります。しかし、商品が売れなければ元も子もありません。長い間出品していても売れないようであれば、値引きの交渉に応じることを視野に入れるべきです。

利益率で判断する

値引きを行う際に、もっとも気をつけなければならないのが「利益率」です。いくら買ってくれる人に喜んでもらえるからといって、値下げをし過ぎることのないように注意が必要です。

品物を相手に届けるためには、手数料や送料などさまざまな経費がかかります。そのため、あまりに値段を下げてしまうと赤字になる可能性が出てくるのです。

それほど大きな利益を追求していなかったとしても、儲けが出ず、マイナスになってしまう事態は避けたいところです。ときには断る勇気を持つことが、メルカリで稼ぎを得るための最大のコツと言えるでしょう。

値下げ交渉に応じる場合の例文

この項目では、実際に値下げ交渉に応じる場合、どのような文章で返信をすればよいか、分かりやすい具体例を交えながら返信する方法について紹介していきます。

購入者からの提案を受ける場合

購入したい人が提案してきた価格で取引を行う場合、やりとりはシンプルです。気をつけるべき点としては、金額の復唱と手続きを促す文言を入れることです。相手が交渉したことを忘れているケースも考えられるため、くれぐれも確認は怠らないようにしましょう。

例文

「コメントありがとうございます。○○円でお取引可能です。お値段を変えましたので、ご確認をお願いします。」
「コメントありがとうございます。承知いたしました。お値段を○○円に変更しましたので、ご確認ください。」

自分から価格を提案する場合

相手が求める金額が低すぎる場合、自分から金額を提案することも可能です。相手がそれに納得するかどうかはわかりませんが、商品を売るチャンスを逃したくない場合は、積極的に提案していくのも手です。

例文

「コメントありがとうございます。○○円まででしたらお値下げ可能なのですが、いかがでしょうか?」
「コメントありがとうございます。ご希望の価格までの値下げは難しいのですが、○○円でしたら可能です。ご検討ください。」

値下げ交渉を断る場合の例文

交渉を断る場合も、いくつかのパターンに分けられます。基本的には丁寧な対応が求められるのですが、しつこい相手には強気に対応することも必要です。

ただし、やり取りに時間をかけすぎるのは、自分にとっても大きな負担になります。値下げが不可な場合は回りくどい言い方は避け、ハッキリと相手に伝えることが重要です。

値下げを完全に断る場合

品物の出品価格によっては、安くすることが難しい場合もあります。そのような場合は、値下げの提案を断らなければなりません。

値下げを不可とする理由はさまざまですが、ハッキリと説明できる場合には理由も併せて説明しましょう。理由を説明した方が、相手も納得しやすくなります。

例文

「コメントありがとうございます。申し訳ありませんが、こちらの商品はお値引きいたしかねます。ご容赦くださいませ。」
「コメントありがとうございます。恐れ入りますが、これ以上価格を下げると赤字になってしまうので、ご希望に沿うことができません。またの機会がございましたら、よろしくお願いいたします。」

気持ち程度の値引きを行う場合

相手が値段を指定して値下げ交渉をしてきた際、希望の価格までの値下げは難しいものの、多少の値引きなら行ってもよいというケースもあるでしょう。その場合は、ここまでなら大丈夫という価格を相手に提案してみましょう。では、具体的な例文を紹介していきます。

例文

「コメントありがとうございます。大変申し訳ありませんが、○○円まで値下げすると赤字になってしまうため、お値下げいたしかねます。○○円までならお値下げ可能なのですが、いかがでしょうか?」
「コメントありがとうございます。手数料などの諸経費を考えますと、○○円でのお取引はいたしかねます。○○円ではいかがでしょうか?ご検討ください。」

このように、値下げができない理由をわかりやすく説明すると、相手の理解を得やすくなります。可能であれば、なるべく詳細に説明するとよいでしょう。

しつこい値下げ交渉に対応する場合

相手が強引に値下げの交渉をしてくる場合には、毅然とした対応が求められます。このような場合、オブラートに包んだ優しい表現では、相手に意思が伝わらないこともあるので、自分の希望をハッキリ伝えることを意識しましょう。

例文

「コメントありがとうございます。大変恐れ入ります。こちらの商品の値下げは考えておりません。何卒ご理解のほど、よろしくお願いいたします。」
「コメントありがとうございます。誠に申し訳ありませんが、○○円までの値下げはいたしかねます。お値引き可能な価格は○○円までとなっておりますが、いかがでしょうか。」

交渉が中断されるケース

一度交渉が始まったからといって、必ずしも成立するとは限りません。さまざまな要因によって、交渉が中断されることも珍しくないのです。なかには第三者が現れたことによって、状況が変わるケースもあります。

この項目では、交渉を行っている途中で、他のユーザーが現れた場合の対処法について、詳しく紹介していきます。

値下げ前の値段で買いたいという人が現れた場合

値下げの交渉中に、元の値段で買いたいというユーザーが現れるケースがあります。この場合、出品者の対応としては大きく分けて「元々交渉していたユーザーに売る」「そのままの価格で購入してくれるユーザーに売る」の2パターンがあります。この場合、どちらが正しいということはありません。自分の希望を優先しましょう。

ただし、くれぐれも双方に失礼のないように、慎重な対応をしなければなりません。一方の提案を受けるということは、もう一方の提案を断るということです。断ることにした側へのフォローは忘れずに行いましょう。

値下げ交渉中のユーザーと引き続き取引する場合の例文

「Bさん、コメントありがとうございます。誠に恐縮ですが、すでにAさんからお声がけをいただいており、このままお取引を続けていきたいと思っております。また何かの折には、よろしくお願い申し上げます。」

元の出品価格での購入希望者と取引する場合の例文

「コメントありがとうございます。それでは、Bさんとお取引をさせていただきたく存じます。Aさん、恐れ入りますが、またの機会がありましたら、よろしくお願いいたします。」

値下げ後に購入されないケース

値下げ交渉中、まれに相手からの連絡が途絶えてしまうことがあります。その際、別のユーザーから購入希望の連絡が入ることもありますが、すぐに了承してしまうとトラブルの原因になりかねません。必ず進行中の交渉を終わらせてから、次の相手と交渉をしましょう。

相手からのレスポンスがない場合、期限を設けるのがおすすめです。指定した期限以内にコメントがなければ、別のユーザーとの取引に移るというようにすると、トラブルを回避することができます。

例文

「コメントありがとうございます。○月○日の18時までにAさんからのお返事を頂けなかった場合、Bさんとのお取引を希望しております。何卒よろしくお願いいたします。」

交渉中に他のユーザーが購入してしまった場合

値下げ交渉の最中に他のユーザーが予告なく、元の出品価格で商品を購入してしまう場合もあるでしょう。一度購入が確定されるとキャンセルをするのが難しくなるため、このまま取引を続けた方が無難です。

ただし、もともと交渉をしていた相手には、しっかりとしたフォローが必要です。交渉相手からしてみれば、品物を横取りされた形になるため、不快に思う人が多いからです。この場合は、以下のようにコメントしましょう。

例文

「恐れ入りますが、別の方に元の出品価格でご購入いただけたため、その方とお取引を進めることとなりました。ご容赦ください。またの機会がありましたら、よろしくお願いいたします。」

値下げ交渉を回避するためのテクニック

そもそも値下げの交渉をされたくない場合、あらかじめ何らかの工夫を凝らせば、回避できる可能性が高くなります。この項目では、値下げ交渉をされないためのコツをいくつか紹介していきます。

適正価格を保つ

相場よりも高い値段で出品している場合、安くなる可能性を見出すユーザーが多くなります。商品を売りに出す際にはしっかり相場を調べ、適した価格で出品するよう心がけましょう。

始めから値下げして売りに出す

できる限り安い値段で購入したいユーザーの場合、適正価格で売っていたとしても値下げ交渉をしてくる可能性があります。そういったユーザーからの交渉を回避するためには、あらかじめ値下げした価格で出品するとよいでしょう。

ただし、もちろんその分の利益は減ります。この際、なるべく利益を減らさないために緩衝材を減らす、梱包材をリサイクルするなども一案です。その場合は商品ページでしっかりとフォローしておきましょう。

商品ページに値下げの可否を明記する

交渉があった際、ひとりひとりに対応するのは手間がかかります。この場合、あらかじめ商品ページで値下げしない旨を説明をしておくと時間の節約になります。この際、なぜ値下げ交渉に応じることができないのか、その理由についても補足しておくとよいでしょう。

プロフィール欄を工夫する

いちいち商品ページに記載するのが面倒という場合は、プロフィール欄に記載しておくという方法もあります。

ただし、わざわざプロフィール欄まで確認するユーザーは少なく、商品ページに直接書くよりも効果は薄くなります。そのため、商品ページなどにプロフィールを読むよう誘導する文言を加える必要があります。

値下げ交渉では相手に合わせた対応が大切

値下げ交渉の場面では、基本的には丁寧な対応を意識しましょう。しかし、時にはそれだけではうまくいかないこともあります。強引な相手に対しては、多少強気な対応をすることも大切です。交渉する相手に合った臨機応変な対応を心がけてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次