メルカリでは転売が禁止されてる?違法性や利用規約について解説!

多くのユーザーが利用するフリマアプリである「メルカリ」では、品物の販売について一定のルールが定められています。では、転売商品を売りに出すことについては、どのような基準でルールが設けられているのでしょうか?

この記事では、出品物にまつわるサービスの規約などについてまとめています。規則を守って安全な取引を行いましょう。

目次

転売の違法性について

転売」という言葉を聞くと、悪いイメージを連想する方も少なくないでしょう。もちろん、中には「買い占め」などの行為を伴う、悪質な転売を行っているユーザーもいます。しかし、転売行為そのものに悪質性はなく、法律に違反するわけでもありません。「せどり」とも呼ばれるこの手法は、立派なビジネスとして確立されている分野なのです。

では、メルカリの規則では、転売行為についてどのような基準を設けているのでしょうか?ここからは、サービスにおけるせどり行為の是非について解説していきます。

法律違反ではないが利用規約に反する可能性

メルカリは、あくまでも個人間での不要品の売買を想定したサービスです。逆に言えば、ビジネス目的で品物を仕入れ、販売する行為は推奨されていません。場合によっては処罰の対象となる可能性があるので、メルカリを利用したせどりは行わない方がよいでしょう。

特に、チケット類に関しては、規約によって明確に転売が禁止されています。

最悪の場合、アカウント停止などのリスクがあるので、ルールを破らないように気をつけてください。

参考:メルカリ 販売禁止物についてのページ

覚えておきたいルール

転売行為の他にも、メルカリの規則によって禁止されている事柄はたくさんあります。ここからは、その中でも特に気をつけたいことを、4つほど紹介していきます。

手元にない品物を売ってはいけない

品物が手元にないのにもかかわらず売りに出す行為は、多くのトラブルの元となります。そのため、メルカリでは無在庫の品の販売が禁止されています。複数のECサイトを使って同じ商品を販売する場合、気付かぬうちに無在庫になるケースも考えられます。在庫の管理慎重に行いましょう。

また、品物の保管・発送を他のサービスに委託する場合も、規約違反とみなされる可能性があります。AmazonのFBAサービスなどを使って、業務を外部に委託している方は、十分気をつけてください。

実態のない品物のやり取りについて

金銭のやり取りを主な目的とした、架空の品物の取引も規約によって禁じられています。場合によっては資金洗浄を疑われる可能性もあるので、注意が必要です。

他にも、電子データなどの実態のないものも、販売が禁止されています。受け取りに至るまでの手順が複雑なものは、トラブルが起きやすいためです。これらに該当するものを取引したい場合には、メルカリではなく、それぞれに適したサービスを選ぶ必要があるでしょう。

品物を交換する行為は禁止

メルカリでは、出品ユーザー同士で品物を交換することも禁止されています。必ず「売り手のユーザーが不要品を販売し、買い手のユーザーがそれを金銭で購入する」という形式に則ってやり取りを行いましょう。推奨されている方法以外での取引は、無用なトラブルを巻き起こす可能性が高くなります。問題が起きても、サポートの対象外となる場合が多いので十分気をつけましょう。

また、お互いに値下げをした品物を購入し合うことも、交換行為とみなされます。システム上問題なく取引が行えるからといって、規約違反にならないわけではないので注意してください。

受取評価は品物を確認した後にする

品物が手元に届いたら、購入ユーザーは受取評価を行わなければなりません。そして、評価を行うと、取引が完全に終了します。もしもその後に品物の不備などを発見しても、対応してもらえない可能性があるので注意しましょう。荷物が届いたら、評価を送る前に、まずは品物の状態をチェックするようにしてください。

また、売り手として購入者とやり取りを行う際にも、対応に気をつけなければなりません。品物の確認をする前に受取評価を促すことは、トラブルの元となります。相手からの信用を失いかねないのです。この際、品物に何か問題があった場合は、「評価コメント」からでなく、「取引メッセージ」の方から問い合わせるよう、相手に伝えておくとスマートです。他に、あらかじめ丁寧な説明を行うことで、買い手のユーザーによい印象を与えることができるでしょう。

品物を売りに出す際に気をつけるべきこと

メルカリで規約違反とみなされないようにするためには、どのようなことに気をつければよいのでしょうか?

ここからは、売り手としてサービスを利用する際に意識したいことを、いくつか紹介していきます。

一度に大量の出品を行わない

短い期間で同じ品物を大量に売りに出すと、ビジネス目的の転売を疑われることもあります。メルカリは、あくまでも個人が不要品を処分するために利用するフリマサービスです。営利目的の利用は規約違反とみなされる可能性があるので、注意してください。

品物を販売する際には、常識の範囲内の個数や値段で売りに出すようにしましょう。

販売できないものもある

メルカリでは、医療品アダルト関連グッズなど、利用規約により販売が禁止されているものがいくつかあります。

禁止されているものを売ると、最悪の場合、アカウント停止などの処分が下されることもあります。品物を売りに出す際には、出品が許可されているものかどうか確認をするようにしてください。

参考:メルカリ 販売が禁止されている品についてのページ

ブランド品の扱いは慎重に

世の中に流通しているブランド品の中には、偽物が混ざっている可能性も考えられます。時には、偽物と知らずに購入した場合もあるでしょう。メルカリでは、規約により偽物の販売が固く禁止されており、これに違反すると処罰の対象となります。

ブランド品を売りに出す時には、公式ショップから手に入れたものかどうかを確認してから出品しましょう。購入した際のレシートなど、証拠となる写真を添えると、信用してもらいやすくなります。自分が所持しているものが本物かどうか分からない場合は、査定に出してプロに鑑定してもらうのも一案です。

決められた方法以外で金銭のやり取りをしない

お互いが安心して取引を行うためには、決められたフォーマットに則ってやり取りをすることが大切です。特に、金銭のやり取りに関しては、メルカリでも厳重な規則が設けられています。決められた方法以外でお金の受け渡しを行うと、規約違反となるので注意しましょう。

これには、相手の同意の有無は関係ありません。仮に相手が納得したとしても、罰則の対象となります。もしも決められた決済方法に納得がいかない場合は、メルカリではない、他のサービスの利用を検討すべきでしょう。

連絡はこまめに行う

配送方法の変更や発送日の遅延などが発生した際、相手への連絡を怠るとトラブルに発展する可能性があります。メルカリには評価システムがあるため、取引相手からのイメージが重要です。何か問題が起きた場合は、必ず報告をするようにしましょう。

特に発送日が遅れる場合は、連絡をせずにいると相手が不安になることもあります。場合によっては無在庫販売を疑われる可能性もあるので、気をつけてください。

適した梱包を行う

品物を買い手の元へ安全に届けるためには、緩衝材が必要なケースもあります。もしも梱包が不十分だった場合、配送の過程で品物に汚れや傷がつく可能性があるので、注意しましょう。また、品物自体に問題がなかったとしても、梱包が雑だとクレームの原因になりかねません。相手に安心してもらうためにも、品物に合った方法で丁寧に梱包したいものです。

対応は丁寧に

メルカリには、ユーザー同士がお互いを評価するシステムがあります。これにより、これから取引をする相手がどのような人物なのか、ある程度予想をすることが可能です。

よい評価が多ければ優良なユーザー、悪い評価が多ければ悪質なユーザーである可能性が高いと言えるでしょう。このような傾向から、多くのユーザーは、なるべく評価の高い人と取引をしたいと考えています。したがって、同じような条件で売りに出されている品物であれば、評価の高いユーザーが出品したものの方が売れやすい傾向にあるのです。このように、よい評価を得ることは、メルカリを利用する上で非常に重要な要素となっています。

では、相手によいイメージを与えるためには、どのようなことに気をつけるべきなのでしょうか?相手に好印象を与えるには、丁寧な対応を心がけることが何よりも大切です。最低限のマナーを守り、丁寧な言葉遣いを意識するようにしましょう。時には詳細な説明を行い、双方が納得して取引を進められているかどうか、その都度確認をしながら進めていきます。くれぐれも自分の意見を一方的に押し付けるようなことがないよう、慎重にやり取りを行いましょう。

自分が販売した品物が転売されてしまったら?

悪質な転売を行うユーザーの中には、メルカリで手に入れた品物を高額で売りに出す人もいます。もしも自分が売った商品が高額で転売されていた場合、どのように対処すべきでしょうか?

ここからは、自分が転売被害にあった時にすべきことを解説していきます。

事務局に通報する

転売されている品物を発見したら「…」アイコンをタップし、「この商品を報告する」を選びましょう。

理由を選ぶ際に「その他」を選択すると、詳しい説明を入力することができます。

自身が出品した品物が高額で転売されたことがわかるよう、それぞれの商品ページのURLなどを添えて詳しく説明してください。通報した内容が認められれば、転売された品物は削除してもらえます。

規約に違反するとどうなるの?

では、メルカリの規則に違反してしまった場合、どのような処罰が下されるのでしょうか?

ここからは、規約違反を犯した場合に受ける処分について解説していきます。

取引の中断や利用制限がかかる場合も

軽い違反程度であれば、取引のキャンセルやサービスの利用を制限されるだけで済む場合が多いものです。この場合、制限がいつ解除されるのかは、ユーザー自身には分からない仕組みとなっています。定期的に様子を確認し、解除を待つしかありません。

場合によってはアカウント停止の可能性あり

もしも重大な違反を犯した場合は、アカウントの無期限停止処分を受ける可能性もあります。メルカリでは、1人につき1つのユーザーIDしか所持することができません。アカウントが停止されると、サービスを利用することができなくなるので注意しましょう。

ただし、中には知らずに違反をした場合や、反省が認められた場合など、処分を取り消してもらえるケースもあります。諦めがつかない場合は、悪意が無かったことや今後気を付ける旨を伝えるメールを、事務局に送ってみましょう。

アカウント停止処分になった場合の注意点

もしもアカウントが停止されても、新たにユーザー登録をすればよいと考える方もいるでしょう。しかしそういった行為もアカウントの複数所持とみなされ、規約違反となります。

以前と登録情報を変えても、一致する項目があれば同一人物だと気づかれるでしょう。悪質性があるとみなされた場合、強制退会処分の可能性もあるので十分気をつけてください。

メルカリでの転売行為はおすすめしない

メルカリでは、あくまでも「フリーマーケットアプリ」です。個人が不要品を処分するのにはおすすめですが、事業者がビジネス目的で利用するには向きません。とくに悪質な転売行為が発覚すれば、ペナルティが与えられるでしょう。品物を売りに出す際には、必ず利用規約を確認するようにしてください。

また、自分が転売の被害にあった場合には、事務局に通報することもできます。悪質性が認められれば、該当の出品を削除してもらえる可能性もあるので、手順に従い通報を行いましょう。

サービスを利用するにあたり、定められた規則は必ず守らなけれなばりません。気付かぬうちに違反してしまうことが無いよう、くれぐれも注意してください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次