副業はメルカリ転売がおすすめ!始め方や儲けるコツをご紹介!

副業で稼ぎたいけど、「何をやればよいのかわからない……」という方はいませんか?

そんなときは手軽に始めやすい「メルカリ転売」がおすすめです。

とは言っても、メルカリについて全くわからないという方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、メルカリ転売のメリット・デメリットや始め方、儲けるためのコツなどを詳しくご紹介します。

目次

メルカリ転売のメリット・デメリットとは?

まずは、副業でメルカリ転売を行うメリットとデメリットについて解説します。

メルカリ転売のメリット1「どんな商品でも売れやすい」

メルカリ転売の大きなメリットは、どんな商品でも売れやすいことです。 月間の利用者数が2,000万人以上(2022年1月現在)と圧倒的に多いため、どんな商品にも一定の需要が見込めるのです。

家に眠っている不用品はもちろん、「一体誰が買うの!?」と思ってしまうガラクタのようなものまで売れてしまいます。

たとえば、 これらの一見価値がないように見えるものでも実際に購入されているのです。

  • セミの抜けがら
  • 玉ねぎの皮
  • 卵の殻
  • 河原の石
  • 海岸の流木
  • どんぐり・松ぼっくり
  • 苔(こけ)
  • 壊れた家電やおもちゃ
  • 使いかけの化粧品

このように、どんな商品でも売れる可能性が高いのがメルカリの最大の魅力なのです。

メルカリ転売のメリット2「誰でも取り組みやすい」

メルカリ転売の第2のメリットは、誰でも取り組みやすいことです。

メルカリには特に複雑なシステムはなく、操作もシンプルなので、誰でもすぐに出品できます。

また、アプリをインストールするのも出品するのも無料ですし、10%の販売手数料はかかるものの、取引が成立したときにのみに発生するため、資金の余裕のない初心者の方でも始めやすくなっています。

さらに、わからないことがあっても、公式サイトの「メルカリガイド」を検索すれば出品や販売に関する「よくある質問」が多数掲載されているので、すぐに解決できます。

メルカリガイドで解決できない場合でも、メルカリ事務局によるサポート体制が充実しているので安心です。

参考:メルカリガイド

メルカリ転売のデメリット1「送料を負担しないと売れにくい」

メルカリでは一般的に、送料を負担して出品しないと商品が売れにくい傾向にあります。

よって、送料は出品者負担とせざるをえませんが、価格を設定する際は送料を考慮に入れておかないと思ったよりも利益が少なくなってしまうおそれがあります。

メルカリ転売のデメリット2「ライバルが多いため売れ筋商品を仕入れにくい」

メルカリは相場より商品価格が安いため、転売の仕入れ先としても非常に人気があります。

そのため、人気商品や売れ筋商品などはすぐに売り切れてしまうので、このような商品の仕入れが難しい傾向にあります。

狙った商品をゲットするには、常に商品一覧をチェックするだけでなく、落札スピードをアップさせるなどの工夫が必要です。

メリカリ転売の基本的な流れ

この項目では、メルカリ転売の基本的な流れをご紹介していきます。

不用品を売って資金作り

まずは、メルカリで不用品を販売して仕入れ用の資金を工面することから始めましょう。

もう着ない洋服や遊ばないゲーム、読まない本など、自宅にある不要なものをどんどん出品してください。

どんな商品でも買い手がつきやすいメルカリでは、不用品でもあっという間に売れていきます。あなたにとっては「こんなもの誰が買うんだろう?」という品物でも遠慮なく販売してみましょう。

不用品販売で貯まった資金で商品を仕入れる

不用品を出品してある程度の資金が貯まったら、次は転売用の商品をメルカリで仕入れていきましょう

人気商品や売れ筋商品などを中心に仕入れていきます。

なお、メルカリの出品数が最も増える時間帯は夜7時~11時なので、その時間に合わせて商品をチェックしましょう。

また、夜11時を過ぎた深夜帯でもまだまだお宝商品が残っているので要チェックです。さらに出品者の方も遅い時間になるほど早く売ってしまいという心理が働くので、値下げ交渉にも応じてもらいやすくなるでしょう。

仕入れた商品を販売して資金を増やす

こうして安く仕入れた商品を仕入れ価格以上でメルカリに出品し、さらに資金を増やしていきます。

そして増えた資金を新たな商品の仕入れに充てていくのです。

このように、メルカリ転売は「資金作り」→「仕入れ」→「出品」という流れをすべてメルカリ内で完結できるメリットがあります。

回転率や利益率の高い商品を狙うのがポイント

メルカリで商品を仕入れる際は、回転率や利益率の高い商品を狙うのがポイントです。

回転率とは、一定期間に商品が売れる頻度のことであり、回転率が高ければより多く売れて利益につながります。

また、利益率が高い商品は少ない労力と手間で稼げるのがメリットです。

回転率や利益率の高い商品を狙って資金を増やせば、新しい商品をどんどん仕入れることができます。また、より効率的に利益を出せるようになると、商品のリサーチや営業活動にお金を回す余裕も出てくるでしょう。これにより、より安定した経営を行いやすくなるのです。

メルカリで売れやすい商品ジャンル3選

この項目では、メルカリの中でも特に売れやすい商品ジャンルを3つご紹介します。ぜひ仕入れの際の参考にしてください。

家電

家電は生活に密着した商品であるため、メルカリ転売で特に売れやすいジャンルです。

また、在庫を抱える心配が少ないだけでなく、新品だけでなく中古品でも利益を出しやすいため、初心者の方でも取り組みやすいと言えます。

さらに、シャープやパナソニックなどの有名メーカーのものであればより高値で売れやすくなります。

何から仕入れたらいいのか迷ってしまう方は、まずは有名メーカーの家電から始めてみるのがおすすめです。

ゲーム

ゲームも常に需要が高く、回転率も良いジャンルなので、初心者の方におすすめです。

Nintendo SwitchWiiU、PS3、PS4、Xboxなどのゲーム機本体をはじめ、ゲームソフトやコントローラーなどもよく売れるので狙い目ですよ。

古着

古着もメルカリ転売におすすめのジャンルです。

特に高級ブランドの古着は、中古品になった途端に価格が大幅に下がる傾向にあるため、安く仕入れやすくなります。

そのうえ、新品同様の価格で出品してもあっという間に購入されるので、非常に利益率が高い商品です。

中には、古着販売で月100万円以上稼ぐ方もいます。ファッション好きの方はぜひ挑戦してみてはいかがでしょう。

メルカリ転売で高収入を目指すには?

メルカリ転売では、利益を出すこと自体は初心者の方であってもさほど難しくありません。

しかし、メルカリ転売で高収入を目指すとなると、ただ漫然と売買を繰り返しているだけでは達成できません。やはり、ある程度のコツが必要になるのです。

そこで、この項目ではメルカリ転売で高収入をあげるためのコツを3つご紹介します。

具体的な売り上げの目標金額を決める

まずは、売り上げの具体的な目標金額を設定しましょう。

一定の利益を上げるには、今ある資金を把握し、しっかりとした経営戦略を確立する必要があります。

そのためには、「月収○万円を目指す」「今年中に売り上げ○万円を達成する」などの具体的な数字目標を持つことが重要です。

たとえば、利益率20%で月収50万円を目指す場合は、月の売上高を250万円に設定しなくてはなりません。

このように、具体的な目標金額を決めることで、今何をするべきかがはっきりと見えてきます。そうすると、利益を出すための対策も立てやすくなります。

商品タイトルには購入意欲が高まるキーワードを入れる

メルカリに限らず、通販サイトのユーザーは、魅力的な商品タイトルを目にするとその商品に興味を持つ傾向にあります。つまり、商品タイトルはユーザーの購買意欲に影響しているということです。

そのため、商品タイトルには「期間限定」や「数量限定」といったユーザーの購買意欲を掻き立てられるキーワードを入れるようにしましょう。

高単価で利益率の高い商品を選ぶ

単価が低い商品は、資金が少なくても仕入れられるのがメリットですが、数多く販売しなければ利益につながらないというデメリットがあります。

このような薄利多売の商品は、出品や梱包、発送などの手間を考えると非常に効率が悪く、高収入を目指す方にはあまり向いていません。

それよりも、高単価で利益率が高い商品を出品する方がはるかに効率的です。

中でもブランド物ゲーム、家電、おもちゃなどは、利益率が30%以上になることも多いため、特に狙い目です。

出品のタイミングを見極める

メルカリでは、新着商品はトップ画面に表示され、多くの方に閲覧されますが、時間の経過とともに下位へと移動するので、閲覧される確率が下がっていきます。

そのため、出品するタイミングをしっかり見極めることが重要です。

メルカリの中でも閲覧数が多く売れやすいタイミングは以下のとおりです。

  • 週末(金・土・日曜日):月~木の平日よりもログインする人が多い
  • 毎月25日~月末:給料日後のユーザーが利用する機会が多い

これらの売れやすいタイミングに出品して閲覧数を増やし、効果的に売り上げにつなげていきましょう。

本業と両立可能!副業でメルカリ転売を行うコツとは?

メルカリ転売はスキマ時間に作業ができるため、サラリーマンの方の副業に適しています。

そこで、この項目ではメルカリ転売と本業をうまく両立させるためのコツをご紹介します。

実店舗での仕入れは就業後や休日に行う

実店舗で仕入れを行う方は、就業後の帰宅途中に店舗に寄って商品を購入するのがおすすめです。

残業でどうしても帰りが遅くなる方は、24時間経営の店舗やリサイクルショップなどを利用すると良いでしょう。

また、休日にまとめて複数の店舗を回って仕入れるのも良い方法です。

電脳仕入れなら24時間可能

インターネット上で仕入れを行う電脳仕入れならば、いつでも好きな時間に商品を購入できます。

また、電脳仕入れなら通勤途上の電車やバスに乗っている時間、昼休みなどの休憩時間などでもできるので、本業に支障をきたすこともありません。

出品は写真をあらかじめ撮影しておく

商品を出品するには、以下のような行程が必要で、一度に行おうとすると時間がかかりがちです。

  • 写真撮影
  • 商品タイトルの作成
  • 商品説明の作成
  • 商品内容の投稿

しかし、最も時間と手間がかかる写真撮影さえあらかじめ完了しておけば、その他の作業は通勤時間や休憩時間でも十分行えます。

そのため、写真撮影だけあらかじめ済ませるようにしましょう。そうすれば、より効率的に出品できるようになります。

梱包材の購入はメルカリストアで

梱包資材は、就業後の時間や休日などを利用してまとめて購入するのがおすすめですが、忙しくてなかなか買いに行けないこともあるでしょう。

そんなときは「メルカリストア」がおすすめです。

メルカリストアでは、メルカリで使えるオリジナル梱包材を24時間いつでも購入できるようになっています。

宅配用のビニール袋をはじめ、ネコポスやゆうパック用のクッション封筒なども販売されています。様々なタイプの梱包材が一式揃った「メルカリ資材キット」(2,400円)などもあり、大変便利です。

また、2,000円以上購入すれば送料が無料になるのでとてもお得です。梱包資材を買いに行く暇がないという方はぜひ利用してみてください。

梱包はまとまった時間があるときに

商品の梱包は丁寧さが求められるため、「スキマ時間にパパッと」というわけにはいきません。会社から帰宅した後など、まとまった時間が取れる時に行うようにしましょう。

なお、商品を事前に梱包しておくという方もいますが、商品内容に関する質問を受けてしまうと梱包を解いて調べ直す必要が生じるため、あまりおすすめできません。

そのため、商品の梱包は、注文を受けた翌日のスキマ時間に行うのがおすすめです。

発送は「メルカリ便」を利用すればいつでも対応可能

商品の発送は、「らくらくメルカリ便」や「ゆうゆうメルカリ便」を利用すれば24時間対応できます。

  • 「らくらくメルカリ便」:ヤマト運輸と提携したサービス。ファミリーマートから発送可能
  • 「ゆうゆうメルカリ便」:日本郵便と提携したサービス。郵便ポストやローソンから発送可能

メルカリ便は、出勤途中や会社の休憩時間、帰宅後の空いた時間など、好きな時間に発送できるので便利です。

メルカリ転売で確定申告が必要なケースとは?

副業でメルカリ転売を行っていると、確定申告が必要になることがあります。この項目では、そのケースをご紹介します。

副業の所得が年間20万円を超える場合

サラリーマンの方が副業でメルカリ転売を行う場合は、転売で得た所得が年間20万円を超えた場合に確定申告が必要になります。

確定申告をしなかった場合は「無申告加算税」が課せられることがあるので注意してください。

生活用動産を売った場合は非課税

使わなくなった家具や着なくなった服、読まなくなった本、安価な貴金属類など、生活に必要とされる「生活用動産」を一次的に販売した場合の収入は非課税となるため、確定申告は必要ありません。

ただし、骨董品や高価な貴金属類など30万円以上の高級品を販売して収入を得た場合は課税対象になるので確定申告が必要です。

メルカリ転売は、コツさえ押さえれば初心者の方でも高額収入が可能

今回は、副業としてメルカリ転売を実践する際のコツなどをご紹介しました。

メルカリ転売は、仕組みがシンプルで操作も簡単なので、すき間時間などを利用して取り組むことができます。そのため、忙しいサラリーマンの方でも副業として行いやすくなっています。

そして、仕入れや出品のコツさえ押さえておけば、初心者の方でも高額収入を得ることができます。

今回ご紹介した情報を参考にして、ぜひメルカリ転売に挑戦してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次