メルカリのシステムはどうなっている?取引の仕組みやメリット・デメリットについて解説

不用品を売る手段として、最近よく利用されているフリマアプリ。その中でも、一番利用しているユーザーが多いのが「メルカリ」です。

この記事では、そんなメルカリのメリット・デメリットや取引の仕組みを解説していきます。今までメルカリを使ったことがない方でも、メルカリのシステムを理解すれば安心して利用できるようになるかと思いますので、ぜひ最後までお読みください。

目次

メルカリを使うメリット

まずは、メルカリを使うメリットを3つご紹介します。

手軽に始められる

メルカリは、スマホやタブレットでアプリをダウンロードして登録するだけで、年齢も関係なく(未成年者は親の同意があれば利用可能)、無料で手軽に始められます。その結果、毎月1ヶ月で約2,000万人もの利用者がいると言われるほどのフリマアプリとなりました。

商品が定価より安い

メルカリでは主に中古品が出品されており、定価より安く買うことが可能です。出品者が早く売るために値下げしたり、コメント欄で交渉して希望の値段まで値下げしてもらえたりして、かなりお得に買えるケースも多くあります。

さらに、商品の多くは送料が出品者負担になっているので、送料込みで商品が安く買えて家まで届くということも利点です。

出品した商品が売れる可能性が高い

メルカリでは取引が盛んに行われているため、出品して数分で買い手が見つかることも珍しくありません。出品するからにはできる限り早く商品を売りたいという気持ちかと思いますが、ユーザーが多いメルカリで出品すれば売れる可能性が高くなります。

メルカリを使うデメリット

続いて、メルカリのデメリットを3つご紹介します。

購入品の保証がない

メルカリで商品を購入する際は、商品の写真と商品説明だけを見て購入を判断しなければなりません。そのため、手元に届いたときにキズや汚れがあったり故障していたりすることもあります。リサイクルショップでは購入後の保証が付いているものもありますが、メルカリではそういった保証は一切ありません。

商品を購入する際は、写真や商品説明をしっかり読み、購入前にコメント欄などでキズや汚れ、故障がないかしっかりと確認してから購入しましょう。

販売手数料が高い

メルカリは販売手数料が販売価格の10%と、「ラクマ」や「PayPayフリマ」のような他のフリマアプリと比べると高く設定されています。具体的には、2,000円の商品が売れた場合なら、200円が販売手数料として売上から引かれるといった仕組みです。

送料が出品者負担になっていると、さらに送料も引かれるので、利益が他のフリマアプリより少なくなるケースもあります。

値下げしないと売れない

メルカリでは商品が豊富に出品されているため、同じ商品でも安いものから売れていきます。利益を出すために販売価格を高くしてもなかなか売れず、結局早く売るために値下げせざるを得なかったり、購入希望者から値下げに応じたりすることも多々あるのです。

購入者にとって安く買えることは良いことですが、出品者にとってはあまり高く売ることができないのが難点です。

メルカリにおける取引の仕組み

この項目では、取引の仕組みを出品者・購入者目線でそれぞれ解説します。メルカリの仕組みをしっかりと頭に入れることで、賢くメルカリを利用しましょう。

【出品者】売りたい商品を出品する

早速、売りたい商品を出品してみましょう。アプリを開き、下のメニューバーにある「出品」から出品できます。出品するのに必要な情報は以下の9点です。

写真

写真は1枚以上掲載が必要です。商品全体の写真やキズ・汚れなどがある場合はその箇所も撮影しておくと購入者も安心して購入できます。

カテゴリー

レディース、メンズなど商品のカテゴリーを選択してください。

商品の状態

新品・未使用など6パターンから選びましょう。商品状態を偽ることなく、素直に商品の状態を書いてください。商品によっては、キズ・汚れありでも売れることがあります。

商品名

商品名の他に、品番やブランドも記載しておきましょう。ユーザーが検索しそうなワードを入れておくと、検索したときに表示される可能性が上がります。

商品の説明

商品の状態や保管状態など詳しく書いておきましょう。ユーザーは写真と説明を読んで購入するか判断します。また、この商品はどういう場面で使える・役立つのかなど丁寧に記載しておくと購入者も安心です。

配送料の負担

送料は出品者負担なのか、購入者負担なのか選びましょう。送料込みでの販売だと商品は売れやすくなります。

配送の方法

相手に住所や名前を知られたくないというユーザーが多いため、匿名配送が人気です。

発送元の地域

登録している住所から自動的に登録されます。

販売価格

300円から自由に設定できます。メルカリで出品する商品の相場を見て決めましょう。 上記の項目を入力すれば、5分~10分ほどで簡単に出品ができます。

【購入者】商品を探す・買う

アプリのホーム画面には、おすすめ商品の一覧などが表示されます。

欲しい商品が決まっている場合は、画面上部の検索窓で商品名などを入力すると出品されている商品が閲覧できます。 購入したい商品が決まったら、商品ページの下にある「購入手続きへ」をタップし、必要事項を入力して購入するだけです。

支払い方法は、クレジットカード払いなど11個の支払い方法から選べます。dポイントやメルペイ(売上金)残高がある場合は、それらを使って支払いが可能です。お金は先払いですが、すぐに出品者に支払われるわけではなく、取引が完了するまではメルカリがお金を管理しています。

配送先の住所などが間違っていないか必ず確認してから、最後に「購入する」を押すと購入手続き完了です。

購入前の注意点

商品を購入する前に、必ず商品の写真や説明はしっかりと読みましょう。中古品のためキズや汚れ、故障がないか、いつ購入したものでどのように保管されていたかなど確認しておく必要があります。

写真や商品説明からでは説明が不十分だと思った場合は、コメントで出品者に質問可能です。商品が届いてからキズがついていたなどで返品する場合は、送料が追加でかかってしまったりトラブルになったりする可能性があるので、必ず購入前に確認しましょう。

【出品者・購入者】取引メッセージでやりとり

商品が購入されると、出品者と購入者で取引メッセージというチャット機能が使えるようになります。

出品者は、購入のお礼を伝えた上でいつ頃の発送になるかを購入者へ伝えると、購入者も安心して取引ができます。購入者は返信程度でいいですが、購入後なかなか商品が届かないようなことがあれば、状況確認のメッセージを送るとよいでしょう。

ごくまれにこの取引メッセージ機能を使って、相手の取引に関係のない情報を聞き出そうとする悪質なユーザーがいます。不審に思った場合は、取引を中止するか事務局に通報するなど対処しましょう。

【出品者】商品を発送する

出品している商品が売れたら、商品を梱包して商品を発送しましょう。発送は郵便局やコンビニなどからもできるので便利です。

メルカリには、「匿名配送」と「通常配送」があります。「匿名配送」とは、購入者も出品者もお互いの氏名や住所を知ることなく、商品の発送・受け取りができる配送方法です。最近では個人情報を知られたくないと思うユーザーも多いため、匿名配送を希望する人が増えています。

一方で「通常配送」の場合は、取引メッセージで購入者の住所などの聞き取りが必要です。聞き取った個人情報は、商品の発送以外には使わないでください。悪用すると犯罪になります。 どの方法で発送すればいいのか迷った場合は、以下の早わかり表を参考にしてください。

商品のサイズが大きくなると、それなりの送料がかかります。送料が出品者負担だと、場合によっては収益がマイナスになることがあるので、注意が必要です。

商品の発送後、取引画面に表示されている「発送通知する」をタップすれば、購入者に自動で商品が発送された旨の通知が届きます。あとは、購入者が商品を受け取るまで待ちましょう。

参考:配送方法 早わかり表 – メルカリ(PDF)

【購入者】受取評価をする

購入した商品が届いたら、中身を確認して受取評価をしましょう。評価は「良かった」「残念だった」のいずれかから選び、コメントを残します。特に不備がなければ、「良かった」で評価しましょう。

非常にまれですが、商品説明と異なっていたり、梱包が雑にされていたりした場合は、以下3つの対応を検討してください。

・受取評価はするが、「残念だった」と評価する

・受取評価をせずに出品者へ連絡し、返品の相談をする

・出品者から連絡がなかったり対応が不誠実だったりする場合は、事務局に相談する

返品は、双方の合意がなければできません。返品の場合、相手の名前や住所等を聞く必要がある上、送料はどちらが負担するかなどを決める手間がかかり、トラブルに発展しがちです。

また、事務局もよっぽど悪質なユーザーでない限り対応はしてくれないため、購入する前に出品者が信頼できるかどうかを見極める必要があります。

【出品者】購入者の評価をする

購入者の受取評価が終わると、出品者が購入者の評価を入力します。こちらも「良かった」「残念だった」のいずれかとコメントをつけて評価するようになっており、特にトラブルがなければ「良かった」で評価したうえで、「ご購入いただきありがとうございました」などと一言コメントを付けて評価しておくと印象が良いでしょう。

こちらもまれですが、商品にイチャモンをつけられたり、メッセージでのやり取りが不誠実だったりした場合は、「残念だった」の評価をつけることもあります。他のユーザーが困らないように、評価は適切に付けましょう。

ただし、取引評価は一度登録すると消えないので注意してください。1つでも「残念だった」の評価があると、今後の取引に大きく影響する可能性があるので、適当に評価することだけはやめましょう。お互いを評価し終え、取引が完了したら、出品者に売上金が入ります。

メルカリをお得に使いこなす3つの方法

この項目では、メルカリをお得に使いこなす3つの方法を紹介します。

キャンペーンを活用する

メルカリでは、購入したときにポイント還元されたり、期間中に出品して売れたらポイントをもらえたりするなどのキャンペーンが定期的に行われており、時期によってキャンペーンの内容が変わります。

それらの情報はアプリを開いたときに表示され、下部にある「お知らせ」からも確認できるので、メルカリで購入したいときや出品する前には一度チェックするとよいでしょう。

相場を調べて販売価格を設定する

出品する際は、少しでも高く売りたいと思う方がほとんどでしょう。しかし、あまりにも相場からかけ離れた高値をつけると、なかなか売れません。

出品する前に、その商品がどれくらい出品されていて、いくらで売れているのか直近の状況を確認しましょう。それを見て商品の売れ行きや相場がわかれば、より高値で売れる可能性があります。

ただ、衣服のような季節性があるものは出品する時期によって値段が変動するため、出品する時期も考慮しましょう。

値下げ交渉をしてみる

商品を購入するときは、少しでも安く購入したいと思うのが消費者の心理です。メルカリでは、商品を購入する前にコメント欄で出品者とやり取りできます。本来は、商品の状態などを質問する場ですが、ここで値下げ交渉も可能です。値下げ交渉に応じるかは出品者の判断ですが、長期間売れていない商品は値下げに応じてくれる可能性が高くなります。

ただ、値下げ交渉で大幅な値引きをするのは失礼にあたるため、同じ商品の相場を確認した上で値下げ交渉しましょう。値下げしてもらえればラッキーぐらいの軽い気持ちでやってみてください。

まとめ

今回の記事では、メルカリのメリット・デメリット、取引の仕組みについて解説してきました。

メルカリでは、ユーザーが安心して取引できるように匿名配送サービスやお互いを評価する制度を導入しています。そのおかげで、個人情報を相手に知られることなく商品の取引ができ、取引評価を見るだけで悪質なユーザーを見極められるようになっているのです。

メルカリが人気の理由は、ユーザーが安心・安全に取引できる環境が整っているという点です。これからメルカリを始めようと思っている方にも安心して始めていただけるサービスとなっているため、この機会にぜひメルカリの利用をスタートしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次