メルカリで出品者検索をするには?その他便利な検索方法も併せて解説!

ネットショッピングで良質な品を探す手段の一つとして、「出品者から品物を検索する」という方法があります。信頼のあるユーザーが売りに出している品物の中から選ぶことにより、安心して買い物を楽しむことができるのです。

この記事では、メルカリで特定の出品者を探す方法を解説していきます。フリマアプリをよく利用する方は、ぜひ参考にしてください。

目次

出品者検索をする目的とは?

出品ユーザーから品物を検索するメリットとは、一体どのようなものでしょうか?

ここからは、「なぜ出品者検索をする必要があるのか」という点について解説していきます。

サービスを快適に利用するため

気に入った品物を記録しておくため、「いいね!」という機能を用いるケースがあります。ただし、この場合、「いいね!」商品ページに紐づけられているため、ページが消されてしまうと情報を追うことができなくなってしまいます。気に入った品物の情報を確実に追うためには、出品ユーザーから検索するのが確実なのです。

また、過去に問題があったユーザーをブロックしたい場合にも、出品者検索をすることがあります。過去に嫌な思いをした相手と、再び取引をしたいと思うユーザーは少ないでしょう。ブロック機能を使えば、特定のユーザーからの「いいね!」やコメント、フォローなどが制限されます。これにより、安心してサービスを使い続けることができるのです。

メルカリで出品ユーザーを検索したい場合は?

では、メルカリで特定の出品ユーザーを探したい場合には、どのような手段を取ればよいのでしょうか?

ここからは、メルカリでユーザー検索をする方法を紹介していきます。

出品者のアカウントは検索できない

メルカリには、ユーザーそのものを探す機能はありません。したがって、特定のユーザーを探すためには、その他の要素から絞り込んでいく必要があります。出品者を見つけるための方法としては、以下のような手段が挙げられます。

「特定のアカウントを見つける方法」

閲覧履歴を確認する

ユーザー名を検索にかける

購入履歴を確認する

品物から探す

これらのテクニックを駆使して、お気に入りのユーザーを探し出しましょう。

閲覧履歴から探す方法

まずは、閲覧履歴から特定のユーザーを探す方法を詳しく解説していきます。「アプリ上から検索する方法」と「WEB上から検索する方法」の2種類を紹介するので、自分に合った方法をチョイスしましょう。

アプリから確認する場合

アプリから閲覧履歴を確認するには、まず、「マイページ」へアクセスします。

次に、「いいね!・閲覧履歴」→「閲覧履歴」と進みます。

商品一覧の中から、目当てのユーザーが出品した品をタップしましょう。

商品ページの中から「出品者情報」をタップし、ユーザーページへ移動します。

「フォロー」を選択すれば、今後もこのユーザーの動向を追うことができます。

WEBから確認する場合

WEBページから閲覧履歴を確認するには、「アカウント」→「マイページ」と進みます。

画面左側のメニューの中から「閲覧履歴」をクリックし、商品の一覧を表示させます。

該当の品のページから「出品者情報」を確認し、フォローしましょう。

ユーザー名から検索する方法

出品者の名前が分かっている場合は、ユーザー名から検索をかけることも可能です。ここからは、ユーザー名を用いてアカウントを探し出す、2種類の方法を解説していきます。

各種検索エンジンから検索してみる

メルカリのユーザー名は、WEB検索時のキーワードとしてヒットする可能性があります。GoogleやYahoo!などの検索エンジンに「メルカリ ○○(ユーザーの名前)」と入力すると、目当ての人物を見つけやすくなります。

ただし、多くのユーザーが使用している名前の場合、この方法で目当ての人物にたどり着くのはかなり難しくなります。珍しい名前のユーザーや、自身の名前を含んだハッシュタグを使用している人物を探す際に活用しましょう。

他ユーザーの「専用出品」から割り出す方法

多くのユーザーは販売目的だけでなく、商品を買うためにもメルカリを使用します。探したいユーザーが過去に「専用出品」で品物を購入していたとすれば、キーワード検索によりユーザー名がヒットする可能性もあるでしょう。

専用出品とは、出品者がある特定のユーザーに購入してもらうことを目的に、「◯◯様専用」などとして品物を売りに出すことです。この際、品物のタイトルには購入予定のユーザー名が記載されています。これを利用して、メルカリの検索欄に「◯◯(ユーザーの名前) 専用」と入力すれば、目当ての人物向けに売りに出された品物を探し出すことができるのです。

該当の商品を見つけたら、その出品者の評価一覧をチェックしましょう。その中を探していけば、目当てのユーザーにたどり着けるはずです。ただしこの方法では、膨大な数のユーザーの中から手作業で該当の人物を探し出さなければなりません。それなりの時間と労力がかかることを覚悟しておきましょう。

また、PCで閲覧しているのであれば、「Ctrl +F」で使用できるページ内検索機能が利用可能です。

これにより、ページ内から特定のキーワードを瞬時に見つけ出すことができます。効率よくユーザー検索がしたい時におすすめです。

その他の検索方法

特定のユーザーを見つける方法は、これまでに紹介した手段以外にもあります。ここからは出品ユーザーを見つけるための方法を3種類紹介していきます。

購入履歴を確認する

過去にそのユーザーと取引をした経験がある場合は、購入履歴を確認してみましょう。履歴を確認するにはまず、マイページを開き、「購入した商品」→「過去の取引」と進んでください。

履歴の中から該当の品を見つけたら、その商品ページから出品者のユーザー情報にアクセスできます。

絞り込み検索機能を使う

検索したい出品者が売りに出していた商品が分かっている場合は、絞り込み検索機能を利用して、商品のページにアクセスしましょう。当てはまるカテゴリーやブランドを選択し、商品一覧の中から該当の品を探してください。

ただし、人気が高いものの場合は出品される数が多く、特定のユーザーを探し出すのは難しくなります。したがって、あまり出品数が多くない品を探す場合に利用するのがおすすめです。

キーワード検索機能を使う

品物の名前や設定されていたタイトルを覚えている場合は、それらの言葉をキーワード検索にかけてみましょう。この時のコツとしては、「言葉を細かく区切って入力する」ということです。

例えば、「ハイカットスニーカー」を探したい場合、一つの言葉にまとめて入力するのではなく、「ハイカット」「スニーカー」と、2つの言葉に分けて検索するのです。これにより検索の幅が広がり、目当ての品がヒットしやすくなります。

出品者検索をせずに良質な品物を見つけるには?

出品ユーザーから商品を探す方法以外にも、目当ての品を見つける方法はたくさんあります。メルカリの検索機能を最大限に活用して、効率よく品物を探しましょう。ここからは、おすすめの検索方法を3つほど紹介していきます。

写真から探す

商品名がわからない場合も、アプリから写真をもとに検索することができます。ただし、この機能は売り切れの商品ページからしか利用できないので注意してください。

以前は自身の端末から直接写真を撮って検索することができましたが、この機能は2021年の4月に終了しました。現在では、「SOLD OUT」商品のページに表示される、「写真から似た商品を探す」機能のみ利用可能です。品物の写真が表示されている欄にある「写真から似た商品を探す」という項目をタップすると、一覧ページへと移動することが可能です。

絞り込み機能を活用する

欲しい品物が具体的に決まっているのであれば、絞り込み検索が便利です。カテゴリーやブランドごとに条件を絞り込むことができ、目当ての品物を簡単に見つけることができます。この機能を利用するには、「カテゴリーから探す」もしくは「ブランドから探す」を選択しましょう。

ハッシュタグを利用する

メルカリでは、ハッシュタグの利用が可能です。キーワードの前に「#」を打ち込むことにより、タグが機能します。購入者は、目当ての品物につけられたハッシュタグを通じて、類似の品を検索することが可能です。

ただし、出品者としてハッシュタグを利用する場合は、誤って関連度の低いタグを設定してしまわないように気を付けてください。場合によっては規制の対象となります。

出品者が見つからない理由

これまでに紹介した方法を用いても、目当てのユーザーが見つからないことがあります。この場合、一体どのような理由が考えられるのでしょうか?

ここからは、特定の人物のアカウントが見つけられない時に考えられる、2つの原因を解説していきます。

ユーザー名やIDが変わっている

考えられる理由の一つとして、名前やIDが変更されているケースが挙げられます。メルカリのような個人間でやり取りを行うサービスでは、取引がトラブルに発展してしまうことも少なくありません。問題の度合いによっては、ユーザー名やIDを変更せざるを得ない場合もあるのです。

この場合、扱う品物自体に変化は見られないため、商品検索から同じ人物を見つけ出すことが可能でしょう。

アカウントが消えている

アカウントそのものが消されているというケースも考えられます。原因はユーザーによってさまざまですが、いずれにしてもコンタクトを取ることは難しいでしょう。

気に入った出品者を見つけやすくするコツ

アカウント検索機能のないメルカリでは、気に入った出品者をあとから探すのは困難です。では、気になる出品者を見つけ、覚えておきたい場合にはどうしたらよいのでしょうか?

ここからは、フォローする以外で特定の人物を追いやすくする方法を紹介していきます。

「SOLD OUT」の品物に「いいね!」をしておく

メルカリの「いいね!」は、ブックマークのように使用することができます。この機能を使えば、「いいね!」した品物のページから、簡単に特定のユーザーを探し出せるでしょう。ただし、品物のページが消されてしまうと、「いいね!」も消えてしまうことを頭に入れておきましょう。

ユーザーを追うために「いいね!」を使う場合には、消されにくい商品のページを選ぶのがポイントです。販売中の商品のページは比較的削除されやすいので、売り切れページの方がおすすめです。

取引後の商品ページから連絡が取れるケースもある

過去に取引があったユーザーと連絡が取りたいという場合には、取引完了から2週間以内であれば、メッセージのやり取りが可能です。コンタクトを取るには該当の商品ページへアクセスし、取引メッセージを確認しましょう。

一方、取引が終わってから2週間以上が経過している場合には、どうしたらよいのでしょうか?

本人に直接メッセージを送りたいのであれば、他の品物のページからコメントをするしかありません。ただし、この方法はあまりマナーのよい対応とは言えず、相手に不快感を与える可能性もあります。トラブルに発展することもあるので、十分注意しましょう。直接のやり取りにこだわらないのであれば、メルカリ事務局に問い合わせるのが無難です。

いずれにしても、取引完了から2週間以上経ってしまった場合、返品などの対応をしてもらえるかどうかは不確かです。無用なトラブルを避けるためにも、品物が手元に届いたら迅速に確認・対応をしましょう。

検索機能を使いこなして出品者を見つけましょう

メルカリにはアカウント検索機能はないものの、その他の方法を活用することで十分、希望の商品を見つけることができます。どうしても特定の出品ユーザーを探したいという場合にも、さまざまな方法を用いて検索することが可能です。時には外部の検索エンジンなども活用しつつ、気に入った出品者を見つけ出しましょう。

重要なのは、各検索機能の特性を理解し、使いこなすことです。アプリから利用する場合とWEBからアクセスする場合とで使える機能にも違いがあるので、目的に合わせて使い分けるのがおすすめです。ぜひともこの記事で紹介したテクニックを活用し、効率よく出品者や商品を探してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次