動画の撮影におすすめのカメラは?人気YouTuberの愛用品も併せて紹介!

今日では、スマホのカメラでも気軽に映像を撮ることが可能になりました。しかし、より美しいムービーを作りたいと考えている方にとっては、スマホの機能だけではやや物足りなさを感じることも多いでしょう。

この記事では、有名YouTuberが使用している品や、映像撮影におすすめのカメラを紹介します。ぜひ、参考に自分に合ったカメラを選んでみてください。

目次

一眼レフはムービー撮影に適している?

ムービーの撮影と聞いて真っ先に思い浮かべるのは、ビデオカメラでしょう。しかし、主に写真撮影で使用される一眼レフでも、ムービーを撮ることができます。ここからは、一眼レフで映像を撮影する際のメリットとデメリットを紹介していきます。

ビジュアルイメージを重視する場合におすすめ

一眼レフが持つ大きな特徴として、背景のぼかし機能が挙げられます。この機能を用いて無駄な情報を減らすことにより、被写体がぐっと引き立つ映像作りが可能になります。

その他にも、一眼レフなら接写用のマクロレンズや、広い範囲を映すことのできる広角レンズなどを用いた多彩な表現が可能です。映像を全体的におしゃれな印象にしたいという場合に、一眼レフはぴったりの道具と言えます。

利便性はあまり良くない

一眼レフカメラの大きなデメリットと言えるのが、ビデオカメラに比べて機材がコンパクトではない点です。片手持ちで楽に操作できるビデオカメラに比べ、一眼レフは本体とレンズを両手でしっかりと支えなければなりません。両手がふさがるため、不便さを感じることもあるでしょう。

また、一眼レフにはビデオカメラほど高度な手ブレ補正機能が付いていないものが多いのが特徴です。手持ちで安定した映像を撮るのは、かなり難しくなります。カメラを固定する三脚や、ブレを抑えるジンバルなどの機材も併用しなければなりません。結果的に大荷物となり、移動の多い撮影現場では扱いづらいというのが現状です。

カメラ選びにおいて重視すべきポイント

映像を撮影する目的でカメラを購入する際、どのような点に重きを置いて品物を選べばよいのでしょうか?

ここからは、カメラ選びの際に注目すべきポイントを6つほど紹介していきます。

センサーサイズ

画質の良し悪しには、解像度や画素数以外に「イメージセンサー」の大きさも関係してきます。「センサーサイズ」とはこのイメージセンサーの大きさを指し、数値が大きくなるほど処理できる明暗の幅が広くなります。

つまり、センサーサイズが大きいと、白飛びや黒つぶれする部分が減ります。その結果、色をはっきり表現することができ、より美しい映像に仕上がります。

fpsと解像度

映像の見やすさに大きく関わってくるのは、「フレームレート」と「解像度」です。フレームレートは「fps」とも呼ばれ、1秒間に撮る画像の枚数を表しています。映像は複数枚の画像を連続で撮影し、それらをつなぎ合わせることにより動きを表現します。fpsの値が小さいと映像がカクついた印象になります。逆に、fpsの値が大きくなるにつれて、映像が滑らかになっていくのです。

一方、解像度は映像の細かさを表す言葉で、「dpi」や「ppi」などの単位が用いられます。この数値が高くなるほど、きめ細やかな表現が可能となり、鮮明な印象が与えられるでしょう。

このように、フレームレートと解像度が高いほど見やすい映像に仕上がります。ただし、その分データ量も大きくなってしまうので注意してください。高画質の映像をたくさん撮影したい場合には、それ相応の容量を備えた機材が必要となります。

手ブレ補正機能の有無

カメラを手に持って撮影するシーンが多い場合、気を付けなければならないのが手ブレです。持ち方によってはある程度軽減させることはできるものの、手持ちによる撮影はどうしてもブレが生じてしまいます。これを防ぐためには、「手ブレ補正機能」の付いたカメラを使うのがおすすめです。特に、人物や動物などの動きの多い被写体を主に撮影する場合には、必須の機能と言えるでしょう。

市販のビデオカメラの多くには標準搭載されている手ブレ補正ですが、選ぶ品物によっては機能が使用できないこともあります。その場合には、別途ジンバルなどを購入することで手ブレを抑えることが可能です。ただし、その分荷物も増えるので注意しましょう。

ズームの種類

ズームは、大きく分けて「光学ズーム」と「デジタルズーム」の2種類に分けることができます。前者はレンズを使ってズームするのに対し、後者は電子的に拡大処理を行うと言うものです。これらの違いは、ズーム機能を使った際の画質に影響します。

デジタルズームは無理やり映像を引き伸ばすため、ズーム後の画質が粗くなってしまいます。対して、光学ズームは画質の劣化が起こらず、映像をきれいにキープしたまま拡大することができます。その分、価格も上がりますが、値段相応の価値は十分あると言えるでしょう。求める動画のクオリティーにより、適するものを選びましょう。

AF機能のクオリティー

カメラには、オートフォーカス機能が付いていることがほとんどです。「AF」とも略されるこの機能は、自動でモデルを認識して焦点を合わせるというものです。動くモデルを追うことの多い現場では、非常に重宝する機能の一つです。

ただし、AF機能の精度は、カメラによって大きく差が出ます。この機能にどれほどのクオリティーを求めるかで、購入すべき品物が決まってきます。例えば、ペットや子どもなど、よく動く対象を撮る予定なら、「追尾(ついび)フォーカス機能」がついたものを選ぶとよいでしょう。追尾フォーカスとは、モデルが動いても焦点を合わせ続けるという便利な機能です。

連続で撮影可能な時間

カメラの機能や空き容量により、撮影可能な時間の長さが変わってきます。中には30分以上の撮影が不可なカメラなど、長い時間の映像を撮れない機種もあります。映像の美しさももちろん大切ですが、連続して撮影できる時間が、使用目的に合っているかどうかにも注目しましょう。

YouTuber愛用のカメラを紹介

カメラを購入する際、どのようなものを選んだらよいか分からないということも多いでしょう。この際、有名なYouTuberが愛用している品を参考にするのもひとつの手です。今回は、その中でもおすすめのものを4つほどピックアップして解説していきます。

DJI OSMO Action

振動に強くブレにくい品物を探している方には、DJIのアクションカメラがおすすめです。

防水仕様となっており、水深11mまでの水中撮影も難なくこなすことができます。手ブレ補正機能も搭載されているため、屋外での使用、中でもスポーツなどの動きの多いシーンの撮影に最適と言えるでしょう。このカメラを使用している有名YouTuberは「瀬戸弘司 」さんです。

参考:DJI OSMO Action

GoPro HERO8 Black

アクションカメラの王道といえばGoProで、「カズチャンネル」さんをはじめとした多くのYouTuberが使う人気機種です。
優れた手ブレ補正機能と防水性を兼ね備えており、あらゆるシーンで活躍するでしょう。

参考:GoPro HERO8 Black商品ページ

Panasonic LUMIX GH5S

ミラーレス一眼カメラの「LUMIX GH5S」は、幅広い色彩表現に定評があり、暗い場所でもノイズが出にくいのが大きな特徴です。

ただし、手ブレ補正機能は付いているものの、大きなブレを補正するほどの精度はありません。したがって、動きの少ない映像を撮るときに適していると言えるでしょう。このカメラを使用している代表的なYouTuberは「はじめしゃちょー」さんです。

参考:Panasonic LUMIX GH5S

SONY NEX-VG30H

とにかく高画質の映像を撮影したいという方には、SONYのビデオカメラ、「NEX-VG30H」がおすすめです。

基本的には映像の撮影に利用されるカメラですが、一眼レフのような写真を撮ることもできます。レンズの交換をすることもでき、多彩な表現が可能です。このカメラを愛用している有名YouTuberは「HIKAKIN」さんです。

参考:SONY NEX-VG30H

一眼レフの利用がおすすめのケース

映像の撮影をするのに一般的に利用されるのはビデオカメラですが、一眼レフを使用することも可能です。ムービーに特化したビデオカメラではなく、わざわざ一眼レフを選ぶ利点とはどのようなものでしょうか?

ここからは、その主な理由を2つ解説していきます。

背景をぼかしたい時

一眼レフの大きな特徴の一つとして、背景をぼかす機能があります。これにより被写体が強調され、奥行きのある表現が可能となります。おしゃれな印象にしたい場合には、背景がぼけていた方が動画の質が上がって見えるので、一眼レフがおすすめです。

ただ、記録的な意味合いの強いムービーを撮る際には、この機能がむしろ邪魔になってしまうこともあるので注意が必要です。

多彩な表現がしたい時

ビデオカメラはたいてい、レンズと本体が一体となっています。対して、一眼レフカメラは、レンズの取り外しが可能であることがほとんどです。撮りたい対象によって、接写が得意なレンズや拡大が得意なレンズなど、レンズを切り替えて使用することができます。撮影するシーンや被写体により、レンズを使い分けることによって表現の幅が広がるでしょう。

ムービーの撮影にイチ押しのカメラ10選

ここからは、動画撮影にイチ押しのカメラを提案していきます。ビデオカメラだけでなく、アクションカメラやドローンまで幅広い種類があるので、その中から自分に合ったものを探してみてください。

Canon PowerShot G7 X MarkII

小型でマルチに使えるカメラを探している方には、Canonのコンパクトデジタルカメラがおすすめです。例えば、「G7 X MarkⅡ」は暗い場所でもノイズが出にくいレンズを採用しているため、夜間にも活躍します。

ただし、4Kなどの高画質の映像を撮ることはできないので、美しさをより追求したいという方には少し物足りない仕上がりになります。

参考:G7 X MarkⅡ

オリンパス OM-D E-M10 Mark III

4Kの映像を撮影できるコンパクトデジタルカメラが希望なら、オリンパスの「OM-D E-M10 Mark III」がおすすめです。レンズの付け替えが可能で、目的に応じて使い分けられます。

参考:OM-D E-M10 Mark III

Insta360 ONE X2

360度撮影ができるアクションカメラの「Insta360 ONE X2」は、自分一人だけでも迫力のある映像を撮ることができる機種です。専用の自撮り棒は編集で消すことができ、まるでドローンを使ったかのような仕上がりになるのが大きな利点です。

参考:Insta360 ONE X2

DJI POCKET 2

人物の撮影に特化したアクションカメラが欲しい方には、DJIの「POCKET 2」がおすすめです。モデルを自動で追跡する機能や肌補正フィルター、手ブレ補正なども搭載されているのが魅力です。歩きながらの自撮りでも、美しい映像が撮影可能です。

参考:POCKET 2

Surfola SF430 アクションカメラ

初めてアクションカメラを購入するという方におすすめなのは、Surfolaの「SF430」 です。類似の品と比べると比較的安価なのに、品質は申し分ありません。価格の高いものと比べると多少は劣りますが、初心者が導入として使うのに十分な機能が備わっています。

参考:SF430アクションカメラ商品ページ

Yifuar 2.7Kビデオカメラ

持ち運びのしやすさが評価されているYifuarの「2.7Kビデオカメラ」は、女性でも容易に扱えるのが特徴です。操作が簡単なので、とくに初心者の方におすすめです。

参考:2.7Kビデオカメラ商品ページ

Yifuar 4Kビデオカメラ

画質の高いムービーが撮れるビデオカメラを探している方には、Yifuarの「4Kビデオカメラ」がおすすめです。必要なアクセサリーがセットになっているので、すぐにでも使い始めることができます。

参考:4Kビデオカメラ商品ページ

Blackmagic Design Pocket Cinema Camera

映画のようにドラマチックな映像が撮影したい場合には、Blackmagic Designのシネマカメラがおすすめです。シネマカメラは一眼レフよりもさらにレベルの高い色彩補正機能が搭載されているのが特徴で、多彩な表現が可能となります。シーンに合わせて色味の微調整ができ、イメージを分かりやすく伝えられます。

参考:Pocket Cinema Camera

SONY ZV-1

Vlog用として使えるカメラを探している方には、SONYの「ZV-1」をおすすめします。自撮りの際にも映りがチェックしやすい液晶画面をはじめ、肌補正機能なども付いており、セルフ撮影でも思い通りの仕上がりが実現可能です。

参考:ZV-1

DJI Mini 2

ドローンを使った映像の撮影に挑戦したいと考えている方には、DJIの「Mini 2」がおすすめです。コンパクトな機体で風に流されやすいという難点もありますが、初心者でも比較的安定した飛行ができます。

なお、場所によってはドローンの飛行が許可されていない場合もあるので、必ず事前に確かめてから使用しましょう。

参考:Mini 2

目的に適したカメラを選びましょう

動画のコンセプトや撮る対象などにより、適するカメラは異なります。この際、視聴ユーザーに対してどのような印象を与えたいのか、事前に明確にしておくとカメラ選びがしやすくなるでしょう。それでも迷った場合は、YouTuberなどが実際に使っているものなどを参考にするのも一つの手です。

今回紹介した内容を参考にして、自分にピッタリなカメラを見つけてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次