物販

ネットで効果的な宣伝方法は?集客の仕組みを徹底解説

この記事では、集客の基本姿勢と具体的な宣伝方法についてお伝えしていきます。自社製品の宣伝にはどんな方法が向いているのか、集客をする前の下準備として必要なことは何なのかを確認しながら読んでみてください。

宣伝をおこなう上で最も大切なこと

ここでは、宣伝は誰のためにおこなうのか、どのような考え方で取り組むべきことなのかについてお伝えします。

マーケティングを難しく考える必要はない

マーケティングとは、市場調査・製造の段階から宣伝・販売まで、商品を効率的に売るためにおこなう行為全てのことを指します。そして、マーケティングをおこなうと聞くと難しく捉えがちですが、根本はとても単純なものです。商品を効率的に売るには、お客様に喜んでもらえることをしましょう

他社製品の足りないところを発見したら、それを超える商品を開発すればいいのです。日常生活で、もっとこうだったらいいなと思う不便な点に気づき、新しいサービスを作ればいいのです。困っている人相手に商品やサービスの宣伝をすれば間違いなく売れるでしょう。お客様のためにする開発・宣伝であれば、おこなう人も苦になりません。

集客はお客様のためにする行為

そもそも、集客を自分のため・会社の製品を売るためにする行為だと考えている人が多いのが事実です。これでは、企業の独りよがりな集客になってしまいます。集客とは、お客様のためにおこなう行為です。

本当に必要としているお客様のもとまで情報が届くように・効果が一番出る使い方や商品、サービスの魅力が正しく伝わるように、集客をおこなうんだという意識を持ちましょう。集客に使うツールも・言葉選びも、すべてはお客様ファースト、お客様が喜ぶように作らなくてはいけません

ターゲットを明確にすることの大切さ

宣伝をおこなう上で、ターゲットを明確にすることは非常に重要です。年代や性別、好みの系統によって、選ぶべき言葉も集客ツールも、選ぶべきものが大きく変化するからです。つまり、「宣伝をおこなう目的は新規顧客獲得です、終わり」というような中身のない目標ではいけません。最低でも、年齢・性別・住んでいる地域くらいまではターゲットユーザーを絞り込みましょう。

さらに、普段見ているテレビ番組、雑誌、最近の悩み、家族構成などの詳細まで絞り込めればなお良いです。ターゲットユーザーは狭くするほど、きちんと届く内容に仕上げられます。誰か一人を具体的に挙げて、その人に刺さる伝え方を考えてみましょう。

ターゲットの生活まで想像してみると効果的

テレビCMにしろ、TwitterなどのSNSにしろ、集客をおこなうのであればターゲットの生活リズムをよく調査しておくことです。たとえば、30代専業主婦と40代サラリーマンだったら、携帯を見る時間・テレビを見る時間は全く異なってきます。

ターゲットの目に留まる時間にCMを流さなければ、全く意味がありません。調査には、実際の声を集められるとなお良いです。想像で「このくらいの時間ならテレビを見ているだろう」と予測するとはずれる可能性もありますし、コアな情報を集めるためには生の声ほど良いものはないからです。

一口に専業主婦と言っても、地域差や子どもの年齢による忙しさの差、夫の年収による差などさまざまな要因が絡み合って生活リズムが形成されています。宣伝したい商品やサービスのターゲット層をぐっと絞って、具体的な生活リズムを調査しましょう。これは、なぜそのような宣伝方法をおこなうのかを他の社員に説明するときの根拠にもなります。

また、テレビCMを流すのであれば、いきなり全国ネットにするのではなく地域を絞って放送するのがオススメです。予算が抑えられるので大きな失敗を防げる他、全国ネットに切り替えるまでに最も効果的なパターンを探るという実験的な意味合いでも使えます。

宣伝方法のプル型とプッシュ型とは

宣伝には、プル型とプッシュ型という2つの戦略があります。それぞれにはどのような特徴があるのでしょうか。ここでは、プル型戦略とプッシュ型戦略の違いについて解説していきます。

プル型戦略

プル型戦略は、消費者が自発的に商品に興味を持ち、行動を起こすようになるための営業です。「商品の認知から購入の決定まですべてが、顧客の行動によっておこなわれる」ことを指しているため、企業側が一方的に発信するテレビCMや店頭でのプロモーションはプル型とは呼べません。SEOを意識したWebサイト作りをして検索経由でホームページに来てもらう・SNSを利用して企業を認知してもらうなど、ネットでの集客がプル型戦略の主体です。

プッシュ型戦略

プッシュ型戦略は、プル型の逆で、企業側が積極的に商品をアピールして購入を迷っている顧客の背中を押すスタイルです。テレビCM、雑誌の広告、チラシ配り、訪問販売、電話営業、店頭でのセールスプロモーションなど、企業側が能動的・購入者側が受動的になる営業戦略はプッシュ型と覚えておきましょう。

ホームページから集客するために考えるべきこと

ネット販売が主でなくても、ホームページは用意しておいたほうが良いツールです。問い合わせや予約を24時間受付できるようにもなりますし、顧客に自発的に商品を知ってもらうプル型戦略をおこなう上でも非常に重要な役割を担うからです。

近年はプログラミングの知識がなくても簡単にホームページを作る事ができるサービスも生まれ、ハードルは下がっています。苦手意識があって今まで取り組んでいなかった企業も、この機会に導入してみるのがオススメです。ここでは、ホームページから集客をおこなうときに知っておいたほうが良い知識を解説します。

SEO対策の結果が出るには時間がかかるので広告と並行するのがおすすめ

集客にはSEO対策の対策が必要だと聞いたことがある人も多いでしょう。実際、検索順位で上位を取ることは効果的です。

しかし、SEO対策はおこなったからと言って数日で効果が出るようなものではなく、長期的な戦略が必要です。今では、Googleマイビジネスに登録すれば屋号や地域名では上位が取れますので、広告費をかけられる余裕があるのならはじめは広告を出して集客していきましょう。

購入者の層が絞れてきて検索キーワードの想定ができるようになったら、徐々にネット上のコンテンツを増やしてSEO対策にも手を付けていくのがオススメです。SEO効果が出るのは半年ほど時間がかかることを覚悟して、広告と並行しながら知名度を上げていきます。

上位表示のためにはブログ運営は必須

お店の概要や問い合わせフォームが用意されただけの「ホームページ」では、集客には限度があります。より多くのキーワードで上位表示されるよう、顧客が知りたいと思っている内容・調べるであろう内容を書いたブログを運営し、ホームページへの流入経路を確保しましょう

ただキーワードを貼り巡らせただけの質の低い記事はGoogleに評価されなくなっているので、読んだユーザーの役に立つ記事・ある程度の文字数がある記事を多数用意する必要があります。ライティングスキルも必要になってきますが、うまく使えば永続的な広告になりえますので、気合を入れておこないましょう。

具体的な宣伝方法7つ

ここでは、具体的にどのような宣伝方法があるのか、7つの例を挙げて解説します。ターゲットによっても合う集客・合わない集客は出てきますので、無理にすべてをおこなう必要はありません。できそうなもの、効果が高いと予想されるものから手を付けて、余裕があれば手段を増やしていくと良いでしょう。

SNS広告

スマホが流通したことによって、集客スタイルや顧客の情報収集スタイルは大きく変化しました。ネットショッピングをパソコンではなくスマホで済ませる人が増えたこともその一つです。

しかし、スマホを触っている時間すべてがインターネット検索かというとそうではありません。スキマ時間にSNSを見たり、アプリゲームをしたりして過ごします。SNSでも十分に欲しい情報は取得できますし、むしろもともと興味のある企業だけをフォローしておくことで自動的に興味のある情報だけが流れ込んでくる仕組みを作ることができるため、顧客からしても効率的な情報収集スタイルになっていると言えるでしょう。

最近では、ネット検索やテレビでニュースを見るよりもSNSでチェックしたほうが情報が早いという事態もあります。企業は、次々と流れていく情報の中でどれだけ印象に残る投稿ができるか、文字数制限や動画の秒数制限がある中でどれだけ的確に必要な情報を伝えられるかを考えることが大切です。

また、SNSと言ってもTwitterを使うか、Instagramを使うかなど、媒体によって得意な魅せ方も使うユーザーの層も異なります。特性を理解しつつ、上手に運用していきましょう。

オウンドメディア

広告よりも自由な構成にできることが魅力のオウンドメディアは、時間がかかる分効果も抜群です。SEOを対策としても有効な他、企業ホームページでは説明しきれない自社製品の魅力や使い方を記事にすることで、購入見込み客の不安を取り除き購入を後押しできます。ショップのブランドイメージも確立しやすいため、製品自体ではなく会社単位でのファンを獲得することも難しくはありません。

外注する場合は数百万円がかかりますが、プログラミングの知識がなくてもできるオウンドメディア構築サービスもありますし、自社だけでまかなうことも可能です。製品の魅力を伝えるのは、外部のライターに頼むよりも社員がおこなうほうがポイントを心得ていることもありますので、「安くあげるため」や「他の企業がそうしているから」ではなく、「どうすれば一番効果的な伝え方ができるか」を念頭に置いて考えましょう。

マーケティングオートメーション

マーケティングオートメーションとは、見込み客の傾向を分析してデータ化するソフトウェアのことです。見込み客を、すぐにほしいと思っている・必要なものの今すぐにほしいとは思っていないなどのニーズの強さに分けて分類・分析する「リードジェネレーション」、見込み客の購入欲求を高める「リードナーチャリング」、購入意欲の高い客を選定する「リードクオリフィケーション」によって成っています。ツールの導入は高額ですが、営業の効率が大幅に向上するため、結果的に人件費が下がる・成約率が上がるといったプラスの面が大きい方法です。

《有名なマーケティングオートメーションツール》
・Hubspot
・SATORI
・KAIROS3
・Marketo

リスティング広告

リスティング広告とは、ユーザーの検索キーワードに連動して配信される広告です。検索したときに、一番上~上位3番目くらいまでに表示される、「広告」マークの付いたサイトです。

SEO対策を講じて上位表示させるまでには時間がかかりますが、リスティング広告であれば広告費を払うだけで上位表示させられるため、効果が早いという魅力があります。キーワードによって広告費が変動するため、ビックワードでの表示を狙うと費用がかさむのがデメリットです。自分でリスティング広告を出すことも可能ですが、広告の設定方法などがわからない場合には素直に業者に頼んでしまったほうが効果が高くて手間もかからないのでオススメです。

メール配信

キャンペーン情報や会員限定セール、誕生日特典などはメール配信でお知らせすると反応率が上がります。あまり宣伝感を押し出さずに、オトクな情報であることをアピールすることが大切です。

メルマガ配信

メール配信に近いですが、どちらかというと「読み物」としての役割が強いのがメルマガです。日常生活でちょっと役に立つような豆知識、自社製品のちょっと変わった使い方など、読者が「おっ」と思うような内容を書きましょう。導入部分をメルマガに書いて、オウンドメディアでアップした記事につなげるのも効果的です。

動画配信サービス

動きがついたほうが伝わりやすい内容なら、思い切って動画でのアピールを考えましょう。テレビCMと違って高額な手法でもないですし、SNSでバズれば大きな効果が見込めます。

YouTubeやTikTokのほか、Zoomをつかった視聴者とのリアルタイム交流などさまざまな方法が考えられます。ターゲットの年齢や性別によって適切なものを選びましょう。

複数の集客方法を組み合わせることで効果を高める

テレビの取材を受けたら放送日をSNSで宣伝する、動画を切り取ってオウンドメディアに貼り付けるなど、複数の集客方法を組み合わせて運用することで効果は何倍にも跳ね上がります。最初はできるところからで構いませんが、ターゲットに合わせて複数の集客方法を運用できるように戦略を練っていくのがオススメです。

まとめ

効果的な集客とは、顧客が必要としている情報を、必要なタイミングで、必要な人にターゲットを絞って与えることです。そのためにはまず、顧客の傾向を知り、悩みや嗜好を理解することが大切です。

自社サービスをアピールすることばかりに目を向けがちですが、顧客第一の姿勢を忘れないようにしましょう。また、集客方法は多岐にわたりますので、ユーザー層や新規客向け・リピーター客向けなどの特性を理解して、自社製品の宣伝に適しているものを複数運用していくようにするのが効果的です。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。