ネットせどりの稼ぎ方とは?成功するコツと注意点をご紹介!

せどりは儲かる副業として人気がありますが、仕入れのために何度もお店に出向くとなると大変です。そんなせどりの欠点を克服した新しいタイプのせどりが、インターネットで仕入れを行うネットせどりです。

今回はネットせどりの方法や、おすすめの仕入先についてご紹介します。成功するためのコツや、ビジネスを始めるにあたっての注意点についても併せてご紹介していきますので、ネットせどりに興味がある人はぜひ目を通してください。

目次

ネットせどりの概要

まずはネットせどりの概要からご紹介していきます。

ビジネスを始める前に、そのビジネスに関する知識を身につけておくのは大切なことです。事前に知識を得ておくことで、そのビジネスが自分に向いているかが分かります。どんなに稼げるビジネスでも自分との相性が悪いとなかなかうまくいかないため、今回ご紹介する内容を通じてネットせどりに対するご自身の適性を確かめておきましょう。

ネットせどりとは?

ネットせどりも、一般的なせどりと同じで、他所から仕入れたものを販売して利益を得るビジネスである点では異なりません。

ネットせどりと一般的なせどりの最大の違いは、一般的なせどりが直接中古店やリサイクルショップに出向いて商品を探すのに対して、ネットせどりはインターネット上のECサイトや卸売サイトから商品を仕入れる点にあります。この方法は、電脳せどりとも言われます。

販売する際も、ネットをメインに利用することになります。Amazonのような既存のサイトを利用するパターンもあれば、自分で通販ページを作成して直接販売するという方法もあります。

メリットとデメリット

ネットせどり最大のメリットは、パソコン1つで作業が完結する点です。自宅にいながら作業ができるため、わざわざ外出して商品を仕入れる必要がありません。

また、取扱い可能な商品ジャンルが多いのも魅力です。自分の得意ジャンルや稼げるジャンルに絞って仕入れられるため、ビジネスが成功する確率が高くなっています。

さらに、隙間時間を利用してできるところも利点です。学生や主婦、サラリーマンであっても、空いた時間にビジネスに取り組むことができます。

これに対して、競合が多いのはネットせどりに固有のデメリットです。工夫して競合との差別化ができなければ、思うように利益を出せない可能性があります。

それと、どのような形態のせどりにも当てはまることですが、ビジネスを始めるためにある程度の資金が必要になりますし、商品が売れないと売れ残ったぶんが丸ごと損失となる点も欠点です。

ネットせどりをおすすめできる人

ネットせどりに向いている人とは、「得意ジャンルがある人」「商品を売るために工夫し続けられる人」「単純な作業をコツコツとできる人」です。こういった特徴がある人であれば、ネットせどりで成功できる可能性があります。

反対に、「頭を使わずに稼ぎたい」「浅い商品知識しか持っていない」「ルーチンワークが苦手」といった人はネットせどりに不向きです。

ただ、ビジネスは、やってみないと分からないというところもあります。悩んでいるのであれば、まずは始めてみるのがおすすめです。幸いネットせどりは仕入れの規模を抑えて始められるため、適性がなかったとしても、損失を小さくできます。

ネット上で仕入れる際の注意点

仕入れる商品はなんでもいいというわけにはいきません。得意ジャンルや利益の出る商品であっても、仕入れないほうが良い場合もあるのです。

続いては、ネット上で仕入れる際の注意点について解説します。

仕入れる量は自分の資金と保管スペース次第

商品を仕入れるには、資金だけでなく仕入れた商品を保管するためのスペースも必要になります。

取り扱う商品の量が多くなればなるほどリターンも大きくなりますが、売れ残ってしまうとどんどん保管スペースを圧迫していきます。

そのため、仕入れの量は、自分の資金と保管スペースを考慮して決めるようにしましょう。

無在庫販売はしない

せどりには、注文を受けてから商品を仕入れて発送する無在庫販売といった方法も存在します。この方法なら、在庫を抱える心配がありません。しかし、リスクが大きすぎるため、無在庫販売には手を出すべきではありません。

Amazonやメルカリ、eBayといった大手サイトでは無在庫販売を禁止しています。仕入れに失敗して商品が用意できないとなっては購入者に迷惑がかかるからです。無在庫販売を行っていることが露見すると、最悪の場合、アカウントが凍結されることになります。

無在庫販売は魅力的ですが、利用しない方が結果としてビジネスがうまくいくでしょう。

取扱不可能な商品について

どのサイトにも取り扱い不可とされている商品ジャンルがあります。具体的には、不動産生食品、生物などが挙げられます。他にも、危険物などは、取り扱いに特別な決まりが定められていたり、特定のセラーしか販売できないといったケースが多くなっています。

これらの商品を無許可で販売してしまうと、サイトの規約に違反するとしてペナルティを科されるだけでなく、法律違反として捕まってしまうこともあります。自分が取り扱いたい商品が取扱禁止商品に指定されていないか事前に確認しておきましょう。

ネットせどりには古物商許可証が必要

古物商許可証とは、中古品を販売するのに必要な資格です。特別な試験は必要なく、警察署に届け出るだけで取得できます。

法律上は、メーカーや卸売業者から直接購入した商品だけが新品として扱われます。したがって、新品として購入した商品であってもあなたの手を経由したものは、未開封だったとしても中古品です。そして、上述のとおり、中古品を取り扱うには古物商許可が必要なので、ネットせどりを行うのであれば必ず古物商許可を取得しておきましょう。

ネット仕入れの主な仕入先

ネットせどりでは仕入れ先の選択肢が多いため、仕入れ先には困りません。しかし逆に、選択肢が多すぎてどこから仕入れたらいいのかが分からなくなってしまうこともります。

続いては、ネットせどりに使えるおすすめの仕入れ先をご紹介していきます。中には仕入先としてだけでなく販売先としても使えるサイトもあるため、一通りチェックしておきましょう。

楽天市場

楽天市場は、商品を仕入れるごとに楽天ポイントが貰える点が優れています。

楽天のサービスを利用したり期間限定のセールを活用したりすることで、他のサイトとは比較にならないほどのポイントの獲得が可能です。獲得できるポイントを最大化させればそれなりの利益になるため、タイミングを見計らって利用してみましょう。

参考:楽天市場

Yahoo!ショッピング

Yahoo!ショッピングでも、ポイント絡みの利益を獲得できます。基本的な使い方は楽天市場と同じなので、使いやすい方を選んで構いません。

PayPayで支払いをすると、TポイントとPayPayポイントが得られます。該当ポイントを利用している人は積極的に活用してみましょう。

参考:Yahoo!ショッピング

ブックオフオンライン

書籍のせどりにおすすめの仕入先が、ブックオフオンラインです。実店舗では難しい全巻セットの仕入れに適しています。

毎月29日にお得なクーポンが貰えるので、これを活用して上手に仕入れてください。

参考:ブックオフオンライン

TSUTAYAオンライン

TSUTAYAオンラインは、TSUTAYAの公式通販サイトです。店舗と同様Tポイントが貯まるため、Tカードを持っている人には使い勝手が良いでしょう。

公式の通販サイトなだけあって、品切れの商品がほとんどない点がメリットです。他のサイトでは仕入れたい商品が見つからないという場合は、TSUTAYAオンラインを覗いてみてください。

参考:TSUTAYAオンライン

駿河屋

駿河屋は、ホビー用品や電化製品といった商品の中古品を仕入れるのにおすすめです。品揃えが豊富なので、欲しい商品が見つからないということはないでしょう。

また、駿河屋は買取にも力を入れているので、どうしても売れない商品がある場合は買い取ってもらうと良いでしょう。

参考:駿河屋

OFFモール(オフモール)

旧ハードオフネットモールが、リニューアルして名前が変わったのがオフモールです。このサイト1つでハードオフやガレージオフ、オフハウスといったハードオフグループ各店舗で取り扱われている商品の仕入れができます。

リアル店舗だと売り切れてしまって見つからないという商品でも、オフモールなら安定して仕入れることができるでしょう。

参考:OFFモール

ネットせどりのポイント

ネットせどりを始めたばかりだと、やることが多く難しいと感じるかもしれません。しかしポイントさえ押さえておけば、ネットせどりで成功することはそこまで難しいことではありません。

続いては、ネットせどりのポイントについてご紹介していきます。どのポイントにもネットせどりで成功するためのエッセンスが詰まっていますので、必ず目を通しておいてください。

取り扱う商品のジャンルを絞る

世の中には利益の出る商品はたくさんありますが、全てを仕入れようとすると効率が悪くなります。

したがって、最初のうちは自分がよく知っているジャンルや興味のあるジャンルに絞るのが得策です。そして、せどりに慣れてきて他の商品にも目を向ける余裕が出てきたら、少しずつ取り扱うジャンルを増やしていきましょう。

小さく始めれば、作業効率が上がるだけでなく、失敗した時のリスクを減らすこともできるでしょう。

AmazonでせどりをするならFBAを利用する

Amazonに出品するのであれば、ぜひ利用したいのがFBAです。このサービスを利用すれば、商品の保管や発送を全てAmazonが肩代わりしてくれます。

商品の梱包や発送といった手間のかかる作業をする必要がなくなるため、商品リサーチに集中できます。時間の節約や作業の効率化に非常に効果的です。

FBAを利用するには月額4,900円(税別)の料金がかかりますが、それを補って余りあるメリットが得られます。Amazonでせどりを行う最大のメリットがFBAにあるので、Amazonに出品するのであれば必ずFBAを利用するようにしましょう。

商品リサーチに時間をかける

ネットせどりでは、商品を見つけるためのリサーチに時間を使いましょう

リサーチの際は、商品単体の利益率に加えて、商品の回転率も意識してください。商品1点当たりの利益は少なくても、数を売れる商品であれば安定した利益獲得に役立ちます。

最初のうちは仕入れるべき商品の見極めが難しいかもしれませんが、続けていくうちに勘所が掴めてきます。リサーチなしに儲けを出すことはほぼ不可能ですので、面倒臭がらずリサーチしていきましょう。

まとめ

ネットせどりは、家にいながらすべての作業ができるビジネスとして人気があります。競合が多いため稼ぐには工夫が必要ですが、一度商品が売れだせば安定して利益を得られます

ネットせどりでは、仕入れ先となるお店が豊富にあるのが魅力です。ある仕入先にはなかった商品でも別のお店にはあったということがよくあります。

また、ネットせどりはリアル店舗を使ったせどりとは違って、商品を仕入れるためにお店まで足を運ぶ必要がないため、本業に忙しいサラリーマンや、家事に奔走している主婦の方でも取り組めます。

せどりは向き不向きがはっきり分かれるタイプのビジネスですが、自分に向いているかどうかはやってみなければ分かりません。最初は、少しだけ商品を仕入れ、それを販売して様子を見てみましょう。そして、こまごまとした作業に苦痛を感じないようであれば、少しずつ取り扱う商品の数を増やしてみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次