物販

ネットショップの効果的な広告の出し方をご紹介!

「ネットショップを開設したものの、思うように商品が売れない。」「もっとお客さんを呼び込みたい。」そんなときに頭をよぎるのが『広告』ではないでしょうか。

インターネット上に広告を出せば、それを見たユーザーがネットショップに訪れてくれる可能性が高まります。しかし、今まで広告を出したことがないと、「ネットショップの広告ってどうやって出せばいいの?」となることでしょう。

そこで、この記事では、ネットショップの広告の出し方についてご紹介しようと思います。

広告効果をアップさせるコツ

ネットショップ広告には、効果をアップさせる方法が3つあります。広告の出し方をご紹介する前に、まずは、広告効果をアップさせるコツについて確認しておきましょう。

広告の内容にこだわる

ネットショップの広告を出す際は、広告の内容が重要です。広告の内容は、広く浅い内容よりも狭く深い内容の方が効果があります。

例えば、女性向けの洋服を取扱うネットショップのオーナーが広告を出すなら、女性向けの洋服全般で広告を出すよりも、女性向けのワンピース、さらには女性向けの夏用ワンピースといった風に、具体的に絞り込んだ方が効果があります。というのも、「女性向けの新しい洋服が欲しい。」と思っている人よりも、「女性向けの夏用のワンピースが欲しい。」と思っている人の方が強く商品を求めており、このような人にアピールするほうが広告の効果が高いからです。

つまり、できるだけターゲットとなる対象を狭めた方がピンポイントで潜在顧客にアピールできるということです。さらに、ターゲットを絞り込むことで、ライバルを減らせるというメリットもあります。

広告のリンク先にこだわる

あなたがネット上の広告をクリックした時、やたらと縦に長い広告ページに飛ばされた経験はありませんか?健康食品やダイエット食品などに、よく1ページ分もある縦長広告が使われています。下まで読み進めてやっと商品ページへたどり着くという仕組みです。

この手の広告は、ある程度知名度のある高額商品には有効ですが、知名度のない商品だと、広告ページに飛ばされた途端にユーザーが離脱してしまう可能性があります。

そのため、このような広告を出すのではなく、広告のバナー等には商品ページへ直に飛ぶことができるリンクを貼り付けておくのがおすすめです。これなら、直接商品ページにたどり着けるので、ユーザーをうんざりさせることがありません。結果として、お客さんの離脱率も減少します。

広告を出すタイミングにこだわる

ネットショップの広告は、それを出すタイミングも重要です。自分のネットショップやお店を出しているモール全体がセールを開催しているタイミングはお客さんの購買意欲が高まっているため、商品を購入してくれる確率も上がります。

そんなセールのタイミングで広告を出せば、いつもよりも広告効果が高まります。セールの数日前から、もしくはセール中は積極的に広告を出してお客さんを呼び込みましょう。

ネットショップ広告の基礎知識

ネットショップの広告を出すにあたっては、知っておくべき知識があります。これからご紹介する基礎知識を身につけておけば、より効果的な広告を出せるようになるでしょう。

4つの客層がある

「お客さん」と一口に言っても、実はいろんな種類のお客さんに分けられます。あなたのネットショップで販売している商品を購入したいと思っている「顧客層」、商品に魅力を感じその商品が買えるお店を探している「顕在層」、「こんな便利なものがあったらなぁ。」と思っているけれど、そんな商品があることに気づいていない「潜在層」、そもそも商品やサービスに興味のない「低関心層」の4種類です。

これら4つの層のお客さんは、それぞれにアピールする方法が異なります。ターゲットとする客層に合わせて最適な広告を出せば、一層広告効果をアップさせられます。

客層ごとに最適な広告がある(低関心層向け)

多くの人は、最初は低関心層からスタートし、潜在層、顕在層、そして顧客層へとステップアップしていきます。商品に関心がないのに、いきなり商品を購入するなんてことはまずないでしょう。

広告を出す際は、まずはどの客層をターゲットにするかを考えましょう。例えば、低関心層のお客さんに向けて広告を出すなら、「こんな悩みはありませんか?その悩みなら、こんな商品で解決できますよ。」といった感じに、お客さんに興味を持ってもらうような広告が効果的です。また、ぼーっと動画を見ていても内容がわかるようなYouTubeの動画広告なども有効です。

客層ごとの広告の出し方(低関心層以外)

商品について意識している潜在層や顕在層のユーザーには、TwitterやInstagramの投稿の間に入る広告が有効です。さらに、商品を購入する気になっている顧客層には、商品に関するお得なキャンペーンをお知らせする広告が良いでしょう。

特に購入の可能性の高い顧客層に対しては、ライバル店に流れてしまわないように、自分のネットショップ独自の魅力をどんどんアピールしていきましょう。

ネットショップ集客のための広告

ここからは、ネットショップにお客さんを呼び込むのに使える広告の種類をご紹介します。

リスティング広告を利用しよう

ユーザーがGoogle検索した時に、検索結果の上位に表示されるのがリスティング広告です。例えば、「レディース ワンピース 夏」と検索するユーザーは、夏に着られる女性向けのワンピースを探しているはずなので、検索結果一覧画面に夏用ワンピースの広告を表示させれば、クリックしてもらえる可能性が高まることは想像に難くないでしょう。

ただし、リスティング広告は費用がかかります。ワンクリックいくらという料金形態なので、ユーザーがネットショップに来てくれるほど広告費用がかかることになります。そのため、お客さんを呼び込めても商品が売れなかったら赤字になってしまう点には注意が必要です。

Instagramに投稿しよう

Instagramは、広告を出すための媒体としても優秀です。特に、商品に関連するキーワードにハッシュタグをつけて投稿すれば、そのキーワードに興味のある人の目に留まるので、そこからネットショップへ来てくれる可能性が高まります。

また、インスタグラマーさんの力を借りるのも効果的です。Instagramには数万人規模のファンがいる投稿者が多くいますよね。そんなインスタグラマーさんに商品を提供し、おすすめしてもらえれば、商品に興味を持ったフォロワーさんたちがネットショップへ来てくれるようになります。

参考:Instagram

アフィリエイト広告を出そう

アフィリエイト広告を使って、いろんな人に商品を宣伝してもらうのも効果的です。アフィリエイト広告とは、誰かに商品を紹介してもらい、商品が売れたらその紹介してくれた人に報酬を支払うという仕組みのことです。

ブロガーやアフィリエイターさんが報酬獲得のために商品を多くの人に勧めてくれるので、売り上げを伸ばすのに効果的です。

Facebookを活用しよう

Facebookも利用者の多いSNSなので、投稿し続けることで多くのユーザーに見てもらえるようになります。Facebookでは、写真と文章を使った通常の投稿とは別に、Facebook広告も利用できます。ユーザーが思わずクリックしてしまうような有益な情報を広告に盛り込みましょう。

参考:Facebook

ブログを運営しよう

ブログもネットショップを広告する際に役立ちます。ブログなら、画像と文章をたっぷり使用して商品をアピールできますし、コンテンツを充実させていけばGoogleに評価され、ユーザーが特定のキーワードで検索した時に表示されやすくもなります。

少し遠回りな気もしますが、お客さんを呼び込むのにブログは非常に効果的です。さらに、ブログを更新し続けることでブログのファンとなってくれる人も増えますし、そうなればネットショップのリピーターさんの獲得にもつながります。

メールマガジンを発行しよう

メールマガジンは主にリピーターさん向けの広告として役立ちます。定期的に新製品やお得な情報を発信すれば、一度商品を購入してくれた人が再訪してくれる可能性が高まります。

たしかに、20代の若い世代はSNSをメインに利用している人が多く、メルマガをチェックする人は少ないと言われています。しかし、年代が高くなるほどメールをチェックする人が多くなるため、ターゲットの年齢層が高めのネットショップには最適の広告方法と言えます。

広告予算の決め方

ネットショップを成功させるには、経費をきちんと見積もっておく必要があります。経費には、サーバーのレンタル代や梱包資材費、広告費などが含まれます。

ここでは、広告にかける予算の決め方を解説しようと思います。

現状を把握する

広告にかける予算を決めるには、まずは現状を把握しておかなければなりません。毎月の売り上げがいくらか、どれくらいの人がネットショップにアクセスしてくれたのか、その中の何%の人が商品を購入してくれたか、などをチェックしましょう。

広告予算の計算方法

理想の広告予算は、以下の計算式で算出できます。

「広告予算」=「目標のお客さんの数」×「クリック単価」

例えば、1ヶ月に500人のお客さんに来てもらえるとして、広告のクリック単価が50円だった場合は、広告予算は25,000円になります。

ネットショップを成功させるための分析方法

ネットショップを成功させるには、単に広告を出してお客さんを集めるだけでは不十分で、時間と労力をかけてお客さんの行動パターンを分析する必要があります。

そこで、ここからは、ネットショップを成功させるために行うべき分析について解説します。

Googleアナリティクスを利用する

どのような広告を出すのが効果的かを分析するには、Googleアナリティクスが役立ちます。

参考:Googleアナリティクス

Googleアナリティクスを使用すれば、何人のお客さんがネットショップに来てくれて、どのページを見たかを把握できます。お客さんがどこからネットショップに来てくれたかもわかるので、どのような広告が効果的かが簡単に確認できます。ネットショップに限らず、Webサイトを運営するには必須のツールです。

Googleサーチコンソールを利用する

お客さんがどんなキーワードで検索してネットショップに訪れているかを確認するには、Googleサーチコンソールが便利です。

参考:Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソールを使えば、特定のキーワードで検索されたときに自分のネットショップが何位に表示されるかを確認できます。

ネットショップ独自の分析ツールを利用する

ネットショップ作成サービスに独自の分析ツールがある場合は、そちらも活用しましょう。例えば、『Shopify』では、分かりやすい分析ツールが利用できます。

参考:Shopifyストア分析

こちらはGoogleアナリティクスと連携したツールで、ネットショップに訪れてくれたお客さんの数、売り上げ、紹介数などを確認できます。結果は分かりやすくグラフ表示されるので、何月のいつ頃にどんな商品が売れたかもチェックしやすいです。

ネットショップ作成サービス独自の分析ツールは、Excelファイルなどにエクスポートして利用できるデータが用意されているケースが多いので、帳簿を付ける際も楽にデータを利用できます。

ネットショップ広告で売り上げを伸ばしていこう!

ネットショップの広告を出すには高い費用がかかるイメージがありますが、実はSNSやブログを利用すれば、お金をかけることなく簡単にネットショップをアピールできます。

一方、資金に余裕があるなら、リスティング広告やアフィリエイト広告を利用するのも良いでしょう。この手の広告なら、自分で手を動かさないでも広告がお客さんを集めてくれます。

ぜひ、広告を上手に利用して、ネットショップの売り上げを伸ばしていってください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。