物販

初心者に役立つ!ネット販売で成功する為のポイント!

ネットショッピングサイトを開設して運営する事は、誰でも簡単に始められる事業として人気があります。年々ネット販売は市場が拡大していて、これからも成長すると見込まれています。

新たにネット販売ビジネスを始めたいと言う方に向けて、今回は成功する為の重要なポイントと知っておくべき事をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ネットショップと実店舗は何が違う?

まずは実店舗で新しく店を運営する事と、ネットショップを運営することでは何が違うのかを開設します。それぞれのメリットとデメリットがありますので、これから店を持ちたいと言う方は覚えておきましょう。

実店舗とネットショップの運営の流れについて

実店舗とネットショップの運営において共通している点は、「消費者に商品を販売する」という点です。物やサービスを売ってお金をもらうと言う結果は同じですが、そこに至るまでの内容に大きな違いがあります。まず、実店舗を開業しようとすると土地を探して店舗を建てます。その後、商品を陳列して消費者に商品を購入してもらって、レジで会計をすると言う流れです。

基本的には実際に人と人が対面して、商品を手に取り販売すると言うスタイルになります。ネット販売の場合はネット上で様々な設定をしてからネットショップを開設して、商品の写真と説明の準備を行います。ネット上でショップの告知を行って顧客を増やして消費者がショッピングカートシステムを使用して、欲しい商品を購入する為に必要事項を入力して決済します。

決済の通知の後に、商品の梱包と配送をすると言う流れです。人と人が対面する地民具がないので、ネット上で商品の魅力を伝える事が重要です。

ネットショップを開業する詳しい流れについて

ネットショップを管理、運営をするにはまずネット環境を整える必要があります。自宅で管理する場合は今つないでいるネット通信でも、基本的には問題ありません。ネット環境が整えばネットショップを開業する為のレンタルサーバーを用意します。レンタルサーバーには専用サーバーと共用サーバーがありますが、個人事業として運営するのであれば共用サーバーでも十分運営ができます。

専用サーバーは料金が高いですがその分自由度があります。自分でメンテナンス管理が必要なので専門的な知識が必要ですが共用サーバーの場合は契約すればメンテナンスは基本的に必要ありません。また、サーバーをレンタルするのと同時に独自ドメインの取得も忘れずに行いましょう。

ドメインはアドレスの最後にあたる「com」や「ne.jp」などのことで、サーバーとは別に取得する必要があります。サーバーとドメインの準備ができればサイトの準備をしていきます。ショップのサイト制作を進めてショップのデザインを決めていきます。

また、商品を販売して決済してもらう為のシステムも必要に成るので、ショッピングカートシステムの導入も併せて行います。クレジットカードやその他の支払い方法を導入する時も、それぞれシステムを準備しておく必要があります。

商品が売れた後の流れについて

サイトの準備ができて公開してから商品の購入があった場合は、配送の準備が必要です。決済完了の通知を確認して、梱包作業へと移ります。

また、梱包作業に入り商品の発送予定日を購入者へ伝えるのも忘れずに行いましょう。実店舗と違って商品が届くまで購入者は一切商品を見ることはありません。

その為、今商品がどの段階なのかを知っておくと、ショップに対して安心感を持つ事があります。決済完了や梱包、発送などを購入者へ連絡することも忘れずに行いましょう。また、ショップの注文や発送を一括管理する為の管理システムを導入しておくと、スムーズに処理を進めていく事ができます。

受注管理システムについて

先程ご紹介した受注管理システムはショップの運営での管理をデーター化して、作業効率を飛躍的に上げる為のシステムです。受注管理システムでは受注と入金、商品出荷の管理を行いそれぞれの詳細な情報を管理する事ができます。

また、納品書や請求書を作成することや帳票の発行をする機能が備わっているサービスもあります。受注管理システムには「ネクストエンジン」や「テンポスター」などいろいろな種類がありますが、慣れていない方は出来るだけシンプルなシステムの方が使いやすいです。

実店舗とネットショップの短所と長所について

ネットショップのメリットは、購入者の対象が全国で開業と運営の費用が安いと言う点です。実店舗のメリットは商品を手に取ってみられるので安心感がある事と、スタッフの販売力次第で売り上げを伸ばせると言う点です。逆にネットショップのデメリットは商品情報が文章と写真のみなので、商品到着後のギャップが生まれる可能性がある事と、価格競争が激しい点です。

実店舗のデメリットは開業と運営の費用が高額になることと、購入対象者の範囲が限定される事です。それぞれに長所と短所がありますが、未経験でいきなり実店舗を始めるのはリスクがあるので、初めてお店を持ちたいと言う方はネットショップがオススメです。

ネットショップの開業サービスは何が違う?

ネットショップを始める場合、独自でサイトを構築して集客を行い販売することもできます。もう一つの方法は、モールに出店して商品を販売する方法です。

モール型の出店は、集客や運営管理をモールが行ってくれるので、販売することに集中できると言うメリットがあります。モール型のサイトをいくつか紹介して、その比較をしていきます。

ネットショップ開業サービスの違いについて

モール型は、Amazonと楽天が国内では大きなシェアを持っています。それぞれ個人事業として商品を出品する事も簡単にできて、Amazonの場合1品100円の手数料で出品する「小口出品」と月額4900円で出品できる「大口出品」の2パターンがあります。楽天にもいくつかの出店プランがありますが、1番安いプランで月額約13,200円で出店が可能です。

また、それぞれ条件に応じて初期費用や販売手数料が発生するので、自分にあったサイトでの出品をしましょう。また、出店手数料が無料で出店ができる「Base」や「minne」などは販売した際に数%の手数料が発生しますが、初期費用がとても安いと言う特徴があります。それぞれメリットとデメリットがありますが、本格的に運営したい方は楽天やAmazonなどの大型モールを利用してとりあえず始めたいと言う方は、Baseやminneなどの手軽に始められるサイトを利用しましょう。

フリマアプリでのネット販売について

メルカリやラクマはフリマアプリとして、ネットショップを出店するのではなく個人が物を売ると言うアプリです。服や靴などの不用品を売っている人もいれば、手作りしたアクセサリーなどを売っている人もいるので気軽に始めたい方にオススメです。たくさんの商品を売りたい方やショップとして運営したい場合には適さないので、その場合は先程のサイトを利用してショップを運営しましょう。

開業の流れはどのような流れになる?

ネットショプを開業してから運営するまでの流れを詳しく解説します。開業の過程の中での注意点や必要なことをご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

許可や手続きが必要なものについて

ネットショップで取り扱う商品によっては、事前に申請が必要なものがあります。食品は「食品衛生責任者免許と「食品衛生法に基づく営業許可」が必要で、この2つを準備して保健所への申請が必要です。酒類を販売する時は「一般酒類小売業」と「通信販売酒類小売業免許」を取得した上で、税務署への申請が必要です。

また、中古品を販売する方は多いですが「古物商許可証」を警察署へ申請して許可証を取得する必要があります。また、運営するにあたって広告や著作権など法的なルールはたくさんあるので、開業する前に一通り確認しておきましょう。

ネットショップのブランディングをする

ブランディングとはショップのコンセプトや客層を決めて、ブランドとしての方向性を定める事です。

まずはターゲットになる客層をイメージします。性別や年齢層、職業など詳しくイメージする事でサイトデザインや商品のアピール方法の方向性が決めやすくなります。ターゲットが決まればそのターゲットに対して、どのような独自価値を提供できるかを考えましょう。

自分のネットショップで販売している商品やサービスを通して、他のショップではない独自で提供できるものはどんなものなのかを明確にする事でブランド力が上がります。例えば他のショップと同じ商品を販売しているとしても、おしゃれなサイトデザインや丁寧な説明、丁寧なアフターサービスなど差別化を図ることはできます。ブランディングはショップを運営する上で非常に重要な事なので、時間をかけて決めましょう。

機材の準備について

ネットショップを運営する時に必要な機材は、「パソコン」「カメラ」「プリンター」「電話・FAX」などが挙げられます。実店舗に比べると非常に手軽に始められますが、カメラ系の機材とパソコンの環境はきちんと整えておきましょう。ネットショップでは商品の写真は非常に重要な要素で、他のネットショップとの差別化を図って顧客を増やせる手軽な方法でもあります。

カメラに関してはできれば一眼レフやミラーレスカメラを利用して、商品の魅力が伝わる写真を取れるように準備しましょう。また、パソコンには写真の編集ソフトや管理ツールなどを準備して、効率よくショップを運営できるように工夫しておきましょう。

開業する場所について

先程ご紹介したように、ネットショップを開業する時には、モールに出店する方法や独自で運営する方法などがあります。自分がどの方法でネットショプを運営していくのかを決めて、準備を進めて行きます。また、Baseやminneなどのような小規模モールで進める場合でも、ブランディングなどはしっかりと決めておきましょう。

モールで出店する場合は集客に力を入れる必要がなかったり、サポート体制が重視ていたりとメリットがたくさんあります。オリジナル性をとことん追求したいと言う方は、モールではなく独自出店がオススメですが、例えばBaseでは低料金で自分の好きなようにショップページのアレンジが可能です。

決済方法を決めて準備しておく

ネットショップでは決済方法を決めて、決済システムの導入をする必要があります。クレジットカードとコンビニ支払い、代金引き換えの3つは最低でも導入しましょう。

他に銀行振り込みやキャリア決済などは余裕があれば導入して、運営が安定してからでも問題ありません。事前に決めたターゲットの決済方法をイメージして、若い世代が多ければキャリア決済を導入するなど、ターゲットに合わせて決済方法を導入する事も重要です。

サイトを作成する

ネットショップの顔となるサイトを作成していきます。自分で決めたコンセプトとターゲットをイメージして、ページを開いた時にターゲットの客層が楽しくなってコンセプトが伝わるデザインである事が重要です。

ネットショップのサイトは第一印象が非常に重要なので、何を誰にどのように伝えたいのかは明確に表現しましょう。また、サイトに情報が多く見にくくなっていないかも確認して、見やすいサイトを意識してページを作成しましょう。

集客の手段について

ネットショップでは集客が非常に重要で、モールに出店している場合でも自ら集客をすると顧客獲得につながります。

SNSを利用する方法やネット上に広告を表示させる方法があります。検索連動広告は中でもオススメであらかじめ設定しておいたキーワードが検索されると、自分のページが広告として表示されるというものです。

ネットショップで成功する為には何をするべき?

売れているショップに共通している事は、「安心感を消費者に与える事」「離脱させない工夫」「SEO対策をして集客をしている」という3つです。それぞれを詳しく開設しますので自分のショップを運営するときの参考にしてください。

消費者に安心感を与えることについて

ネットショップを運営する際には、消費者が安心できる情報を掲載する事が重要です。例えば、サイトのページを開いた時に電話番号が書いているサイトと書いていないサイトでれば、購入率が高くなると言うデータがあります。また、ネットショップでは人とのつながりが希薄になるので、安心感を与える為にスタッフの写真があると安心感を与える事ができます。

どのような写真を掲載するか難しいですが、清潔感があり誠実そうな人の写真が写っていれば安心感を与えます。この2つは安心感を与える方法としては特に有効で、ほかには後払い決済の導入や決済方法を表示している事も購入者への安心感の提供につながります。

サイト回遊時の離脱をさせない工夫について

サイトを回遊して商品は見るけど、最終的に離脱する割合が高ければ売り上げにはつながりません。その為サイトの離脱率を下げる事は売上アップの為に非常に重要です。離脱させない工夫をしているサイトはそれだけで売り上げが良くなる可能性が高くなります。

例えば、買い物かごのボタンをわかりやすくするだけでも、購入する際に一種の迷いもなく購入できるので離脱を防げます。ほかには決済ページでどのように決済を進めていけば良いかを記載したり、決済ページのフォントサイズを変更したりして決済ページを見やすくすると購入率が上がります。逆に、決済ページが見づらければそれだけで離脱率が高くなるので注意しましょう。

SEO対策をして集客を行うことについて

SEOとはWeb検索最適化という意味で、関連のキーワードを検索した際に検索結果の上位に表示されるための対策です。SEO対策をしっかりと行っていると検索した際ページが上位に表示されるので、アクセス数が多くなり集客につながります。そのキーワードをサイトタイトルやサイト内に上手に盛り込み、グーグルの評価を良くする事が大切です。

また、SEOサイトマップは必ず設定して検索順位に反映されるまでの時間を短縮しましょう。設定方法はとても簡単なのでサイトマップの作成は必ず行っておきましょう。

また、集客を行う為には商品の数をできるだけ多く準備しておきましょう。事業の規模にもよりますが商品数は多ければ多いほど、商品数に対しての販売比率は高くなる傾向があります。

最低でも100商品以上を目安に取り扱いの商品数を増やす事が重要です。商品数を増やす位ページ数が増えて検索ヒット数が増加し、サイト訪問者のニーズに合う可能性も高くなります。

ネットショップでありがちな失敗例は?

ネットショップを開業、運営する際に発生しやすい失敗例をご紹介します。自分にも起こりうるリスクをあらかじめ把握して、同じ失敗をしないようにしましょう。3つの失敗例をご紹介します。

とりあえず始めてコンセプトがない

気軽に無料で開業する事ができるのが、ネットショップの魅力でもありますがハードルが低い分コンセプトを決めずにとりあえずで始める方は多いです。どれだけ簡単に作れるネットショップでもコンセプトを決めずに開業をすると、どのような方向性で運営すれば良いのかが明確になりません。

コンセプトを決めずに運営をスタートすると商品カテゴリにまとまりがなく、メッセージ性のないサイトが出来上がります。その為顧客が増えずにすぐに諦めてしまうというパターンはひじょうに多いです。簡単であっても、ネットショップを運営する前にはしっかりとコンセプトを明確に決めてから運営して行きましょう。

集客に力を入れずに運営する

集客はネットショップで売上を伸ばす為には非常に重要な要素になります。モールではモールがある程度集客をしてくれるので、ショップの集客はそれほど重要ではないという情報がありますが集客の工夫をしないショップは顧客獲得ができません。

集客にそこまでお金をかける事ができない場合はショッピングカートシステムを有料のものにして、集客機能を活用する事も有効です。また、SNSは基本的に無料なのでSNSでの告知をする事も有効です。いずれにせよモールに出店する場合も集客をして、自分のショップをアピールしないと顧客を増やしていくのに時間がかかるので集客の工夫も必ず行いましょう。

リピーター対策を行わない

顧客を増やしていくという事は新規客を獲得する以上に、リピーターを増やしていくという点が重要です。新規客を増やす為のアプローチとリピーターを増やす為のアプローチは、具体的な動きに違いがあります。

一度買ってくれた方は自分のサイトの商品を気に入って購入してくれている人なので、新たな顧客を増やすよりもリピーターに育てる方がハードルは下がります。リピーターを増やす為には、メールやSNSなどでの購入後のアプローチがポイントです。

まとめ

ネットショップの、開業と運営についてご紹介しました。ショップを作る為の環境を整えて、自分に合ったネットショップ開業サービスを利用して、成功例から学んでネットショップの運営をして行きましょう。

ネットショップを始める事は簡単ですが、そこから売上を伸ばし続けるということは容易ではありません。今回の内容を参考に、ネットショップの運営をしてネット販売ビジネスを成功させましょう。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。