物販

「売れないネットショップ」を「売れるネットショップ」に変える方法!

ネット社会と言われるようになって久しい現在では、膨大な数のネットショップが存在しています。

しかし、成功しているのは、ほんの一握りのお店だけです。漫然とお店を開いているだけでは、厳しい競争を勝ち抜くのは難しいのです。

そこで、この記事では「売れないネットショップ」を「売れるネットショップ」に変える方法についてご紹介しようと思います。

ネットショップの立ち上げをお考えの方や、ネットショップの売上にお悩みの方は是非ご一読ください。

なぜ売れないのかを分析する

売れないネットショップから脱却して売れるネットショップに変えるためには、まずは売れない理由を知る必要があります。

集客ができていない

多くのショップに共通する売れない理由が、集客の失敗です。

リアル店舗と同じで、ネットショップの場合も人を集めなければ商品が売れることはありません。

ショップの訪問者が商品を買っていない

ショップに訪問していただいても商品を買ってもらえなければ意味がありません。

ショップを閲覧するところまで来ていながら、買わずに退出しているのには何らかの理由があるはずです。

その理由を知るためには、ショップを訪問したお客様の行動パターンの分析が欠かせません

リピーター対策をしていない

もちろん、ネットショップにとっても新規顧客の獲得は重要なテーマです。

しかし、新規顧客だけではお店の売上はなかなか伸びません。

また、新規顧客を獲得するための対策を練るよりもリピーター対策に時間をかけたほうが費用面で有利です

以上のような事情があるにもかかわらずリピーター対策を疎かにしているお店は、当然売上が低迷します。

売れるネットショップに変えるための4つのポイント

売れない理由がある程度分かったところで、売れるショップにするための方法を見ていきましょう。

ここでは4つのポイントをご紹介します。自分にできるものから実践してみてください。

ターゲット層をはっきりさせる

数多くあるネットショップの中に埋没してしまわないようにするには、ターゲットとなる顧客層をはっきりさせることが必要です。

万人受けするショップを目指してしまうと何の特徴も魅力もないショップになってしまい、結果的に上手くいかないことが多くなります。

性別や年齢だけでなく、職種・趣味・生活スタイルに至るまで具体的にイメージした上でターゲット層を絞っていきましょう

その際は、過去に商品を購入していただいたお客様の購入履歴の分析も併せて行うとより効果的です。

集客方法を再検討する

ネットショップの場合、ショップの存在を知ってもらうための集客活動が欠かせません。

リアル店舗のように散歩中にぶらりとお店に立ち寄ってもらえるなんてことはないので、積極的にお客様を呼び込む必要があります。

集客の中心になるのは、オンライン広告とSEO対策です。SEOというのは、検索エンジン最適化のことです。

端的に言えば、Googleなどの検索結果の上位に表示されるように対策することです。

若者よりもネットに馴染みが薄いシニア層にアピールしたい場合は、新聞広告をはじめとするオフライン広告を打つという方法もあります。

ただ、オフライン広告は費用が高い場合が多いので、費用対効果をよく考えた上で利用する必要があります。

買いやすいショップになっているか確認する

お客様が知りたい商品情報が十分に記載されているか、お客様の目線に立って確認しましょう

その際は、見やすく魅力的な商品写真が掲載できているかも確認してください。

写真は、商品全体が写ったものやアップにしたもの、素材感が分かるものなど、伝えたい情報に合わせて複数用意すると良いでしょう。

また、お客様が商品を買いやすい「動線」を意識することも重要です

動線というのは、本来は人が動く経路のことで、建設業界などで用いられる言葉です。

最近では、Web上での人の動きについてもこの言葉が使われます。お客様を導くという意味で「導線」という字をあてることもあります。

商品の検索から品定め、決済に至るまで、スムーズにサイト内を移動することができるか、お客様目線でチェックしてください

動線に対する配慮の足りないサイトは使いにくいため、商品を購入する前にお客様がショップから離れていってしまいます。

おしゃれなサイトにしようと見た目のデザインにばかり注力してしまうと動線のことが疎かになりがちなので、特に注意が必要です。

リピートしたくなる仕組みを考える

売れるネットショップは、新規顧客を獲得しているだけでなく、一度商品を購入してくれたお客様がリピート購入してくれる傾向にあります。

ここから、お店の売上を伸ばしたいのであればリピーター対策がとても重要だということがわかります。

具体的な対策としては、購入回数が増えるごとにランクが上がる「会員ランク制」を導入すると効果的です。

他には、商品を発送する際にお礼の手紙を同封しておく、購入後にお客様にお礼のメールを送る、といったものもあります。

一言お礼を伝えておけば、お客様に親近感を持ってもらえ、結果としてショップのファンになってもらえる可能性が高まるからです。

また、消耗品を販売しているのであれば、商品を使い切るタイミングで次の商品の購入を促すメールをお送りするのも効果的です。

リピートしてくれた場合は割引価格で購入できるといった特典を付けるのも良いでしょう。

方法はいろいろとありますが、とにかく「また、このショップで買い物をしたい」と思ってもらえるような工夫が大事です

商品が売れない時期を知る

ネットショップには店主の努力とは関係なく売れ行きが伸びない時期があります。

そのような時期があることを事前に把握しておけば、結果を求めて必要以上に焦ることはなくなります。

ということで、ネットショップにありがちな売れ行きが伸びない時期について確認しておきましょう。

検索エンジンの検索結果に表示されない時期

検索エンジンが店舗の存在を認識するには時間が必要なので、ショップを立ち上げた当初から検索結果上位に表示されることはまず期待できません

また、SEO対策にしても、これを適切に行なったとしても検索結果に反映されるまでには時間がかかります。

以上より、ショップを立ち上げて間もないうちは、ショップへのアクセスは伸びません。当然、売上も上がりにくくなります。

商品点数が少ない時期

ショップの開設直後が典型的ですが、何らかの理由で商品点数が少ない間は売上も伸びにくくなります。

商品点数が多ければ多いほど良いというわけではありませんが、ある程度の商品数がないと、品揃えの悪いショップだと判断されてお客様が集まりません

もちろん、売上も伸びにくくなります。

口コミ、商品レビューが少ない時期

自分で直接手に取って商品を確かめることができないネットショップの場合は、口コミの評価や商品レビューが購入の決め手になることが珍しくありません

しかし、ショップを開設したばかりの時期や、新商品を発売して間がないうちは、口コミの評価や商品レビューがほとんどありません。

お客様にとっては、口コミやレビューによって商品の善し悪しが確認できないことになります。

当然、このような時期は売れ行きが伸びにくくなります。

そこで、口コミやレビューを早く集めるためにも、商品を買っていただいたお客様に口コミや商品レビューの投稿をお願いするようにしましょう。

売れるネットショップの特徴10個

ここでは売れるネットショップの特徴を10個挙げてみます。自分のショップに当てはまるか、チェックしてみてください。

ショップのコンセプトがはっきりしている

コンセプトは、基本的な考え方といった意味の言葉です。

ショップの場合であれば、「どんな人に対して、どんな商品を届けたいのか」という問いに対する回答がコンセプトとなります。

コンセプトが明確なお店は、ショップのデザインと品揃えに統一感が出るため、購入者にポジティブな印象を与えることができます。

印象的で魅力的なデザイン

売れるネットショップは、印象的で魅力的な見た目のデザインが施してある場合が多いです

特にアパレルショップの場合は、ショップのデザインによって売れ行きが左右されることもあります。

もちろんデザイナーに依頼することもできますが、事前に用意されているテンプレートやテーマを利用すればそれなりに見た目を整えることはできます。

例えば、初期費用無料でネットショップが開設できるBASEなら、無料で選べるテーマがありますし、デザイナーが作成した有料のテーマを購入することもできるので、デザイン初心者でもおしゃれなお店にすることができます。

お客様の目線に立った商品説明

ネットショップでは商品に直接触れることができないこともあって商品説明が極めて重要です。

その点、売れるネットショップは、商品説明が充実しています。

ただし、単に情報量が多いだけでは不十分です。

商品説明は、お客様の利益・メリットを意識して書きましょう

お客様目線で、その商品を買う利益・メリットがわかる商品説明を書くことが大切です。

分かりやすい商品写真

商品説明と並んで、商品写真も重要です。

基本的な考え方は先ほどと同じで、お客様がその商品を購入した際の利益・メリットを意識すると、お客様にアピールできる写真になります

例えば、従来品よりもコンパクトになったことをアピールするためにサイズ感が分かる写真を載せるといった感じです。

レビューの評価が高い

売れるネットショップには、高評価のレビューが数多く集まっています。

ただし、高評価を得られるかどうかはお客様の感想次第という面があるので、まずはレビューの数を増やすことを意識しましょう

レビューが少ないなと感じたときは、レビューを書き込んでくれたお客様にはクーポンを進呈する旨を告知するなどしてレビューを投稿したくなる環境を整えましょう。

商品の買い方が分かりやすい

買い方が分かりやすいというのも、売れるネットショップに共通する特徴です。

決済の段階だけでなく、商品を探す段階からして分かりやすいネットショップを目指しましょう。

理想は、普段からネットショッピングを楽しんでいる人だけでなく、ネットショッピングが初めての人でも混乱しないサイトです

「初めてのお客様へ」といった、商品の選び方や買い方を解説するページを作るのも良い方法です。

多様な決済手段に対応している

ネットでのお買い物はクレジットカードを使うというお客様は多いですが、事情があってクレジットカードが使えないお客様もいます。

そのため、銀行振込、代金引換、コンビニ支払い、電子マネーなど、多くの決済手段に対応したショップのほうが商品も売れやすくなります

ただし、決済手段を増やすにはコストがかかる場合もありますので、この点はよく確認してから導入を決めてください。

安心して利用することができる

売れるネットショップは、安心して買い物ができるショップでもあります。

そのため、自前でショップを立ち上げた場合は、セキュリティ対策にも気を配る必要があります

なお、BASEのようなショップ開業サービスを利用すればセキュリティも組み込まれているので、この点の心配はいりません。

配送方法と配送予定日がはっきりしている

ネットショップで商品を購入するお客様にとっては、配送方法と到着時期も重要な関心事です。

売れるネットショップでは、この手の情報がお客様に明示されています。

新しい情報が随時掲載されている

更新頻度が低く、古い情報がいつまでも掲載されているようなネットショップでは、きちんと管理されているのか不安になってしまいます。

売れるネットショップは、定期的に新しい情報に更新されているものです。

そこで、ホームページに新着情報の欄を設けて情報が常時更新されていることをアピールしましょう

メルマガなどを定期的に発行するのもおすすめです。

売れるネットショップにするためには集客がポイント

最後に、ネットショップの集客について解説します。

ネットショップもリアル店舗と同じで、まずはお客様に来ていただかなくては商品は売れません。

そして、リアル店舗と違って、検索結果に表示されたり、広告で見かけたりしない限り、ショップの存在にさえ気づいてもらえないのがネットショップです。

リアル店舗の場合は、立地さえ良ければ店舗の存在には気付いてもらえますが、ネットショップにはそのような機会すらないのです。

この点は、ネットショップならではの厳しさです。このような事情があるため、集客の重要性はネットショップの方がリアル店舗よりも高いのです。

効果的な集客ができなければ、ネットショップで売り上げを伸ばすことは不可能と言って良いでしょう

そこで以下では、ネットショップでの集客に効果的な手段について解説します。

自分のショップではどんな手段を取るべきか検討しながら読んでみてください。

SEO対策

SEO対策とは、前述のとおり、検索結果の上位に表示されるように対策を打つことです。

最もよく利用されているGoogle検索を意識して対策を練ることが多いですが、Googleがどのようなアルゴリズムに基づいて検索結果を表示しているのかは明らかにされていないので、完全な対策は難しいのが実情です。

ただ、「検索されやすいワードが使ってある」「ユーザー第一のサイトになっている」「頻繁に更新されている」といった特徴のあるサイトの検索順位が上がりやすい傾向にあることは確かです。

そこで、SEO対策としては、まずは以上の事項を意識してページを作ってみてください。

リスティング広告

リスティング広告というのは、ユーザーが検索した検索ワードに連動して表示される広告のことです。

Google検索の結果画面の上部に「広告」として表示されているものがリスティング広告です。

リスティング広告は、自身のショップと関連するキーワードで検索した利用者に直接お店をアピールすることができるので、ポップアップ広告などに比べて効果が高いと言われています。

なお、リスティング広告は、画面に表示させるだけであれば広告費はかかりません。

広告がクリックされてユーザーがショップページに移動した場合にだけ、広告費が発生します。

アフィリエイト

アフィリエイトという広告手段もあります。

アフィリエイトとは成果報酬型広告の一種で、ブログなどに掲載した広告がクリックされたり、貼ったリンクを経由して商品が購入されたりした場合に広告料を支払う仕組みになっています。

アフリエイトを利用するには、アフィリエイトプロバイダー(ASP)という企業に広告の出稿を申し込むことになります。

そうすると、ASPがブログ運営者との橋渡しをしてくれます。

また、ブログやサイトの運営者と直接アフィリエイト契約を結ぶこともできます。

アドネットワーク

比較的新しい広告配信手法としては、アドネットワークというものもあります。

多数のWebサイトやソーシャルメディア、ブログなどが集まった広告配信ネットワークに広告を配信するという手法です。

広告を依頼する側としては、アドネットワーク事業者に依頼するだけで様々なメディアに幅広く広告を掲載することができるので便利です。

もっとも、実際に広告が掲載されるメディアを選ぶことができないので、広告掲載を望まないメディアにも広告が載ってしまうのはマイナスです。

ソーシャルメディアマーケティング

ソーシャルメディアマーケティングとは、SNSなどを利用したマーケティング手法です。

SNSマーケティングとも呼ばれますが、YouTubeなどのソーシャルメディアを利用することもあるので、厳密にはソーシャルメディアマーケティングと呼ぶほうが正確です。

ただし、実際にソーシャルメディアマーケティングを行う場合は、TwitterやFacebookといったSNSを使って情報発信するケースが多くなるので、SNSマーケティングという言葉も的外れとは言えません。

ソーシャルメディアマーケティングは、商品などを直接宣伝するというよりも、お客様とのコミュニケーションを通じてショップに親しみを持ってもらうために利用されるケースが多くなっています。

売れないネットショップから脱却しよう!

「売れないネットショップ」から、「売れるネットショップ」にするための様々な方法について解説してきました。

売れるネットショップにするのは簡単なことではありませんが、この記事を参考にできることから実践してみてください。

正しい方法で努力し続けていれば、徐々にではあっても売り上げは上がっていくことでしょう。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

インターネットを活用してビジネスを始めること自体は簡単です。そのためインターネット上にはあらゆるレベルの教材やサービスが存在しています。最新の情報にアップデートされているものから、途中で放置されているものまで本当にいろいろです。

そして、どんな教材やサービスを選ぶかによって、成功の度合いも大きく異なってきます。

評判も良いものから悪いものまでさまざまです。このように評価が安定しないのは、各々の教材のサービスの質が一定していないことが原因です。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • ・まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • ・取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ・ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!

【無料レポート】けいすけ式、eBay輸出大百科

4130分以上の有料級動画コンテンツを無料プレゼントします!

この大百科を見てeBay輸出を実践していただければ、全くの初心者でも完全在宅で月収30万円を達成できる内容になっています。

その方法に興味がございましたら、ぜひ無料で394本のこの動画を受け取ってください。