物販

ネットショップ事業者が導入すべき決済方法ランキング。まずはクレジットカード決済から!

利用者の多いネットショップに共通している特徴といえば、利用者のニーズに合わせて複数の決済方法を導入している点です。決済方法は、ネットショップにとって品揃えやアフターサービスと並ぶ重要な課題です。

この記事では、ネットショップを運営する上で重要な決済方法と導入すべき決済方法について紹介します。

決済方法の不備で利用者は7割減る

ネットショップ向けの後払い決済サービスを展開している「Paidy」より驚きの調査結果が公開されています。その調査によれば、訪れたネットショップが希望する決済方法に対応していなかった場合、7割以上の利用者が「そのサイトを離脱する」と答えています。

決済方法の不備は大きく購入率を下げるということです。集客は成功しているのに、お客さんが望む決済方法を用意できていなかったために売り損ねるのでは悲しいですよね。

決済方法の充実化を図ろう

ネットショップの決済方法の充実化は、そのまま利用者にとっての利便性の高さにつながります。利便性が高まれば購入率が上がり、さらにはリピート率の上昇にもつながります。

決済方法の充実化こそが、売り上げを伸ばすのに不可欠な要素なのです。

導入すべき決済方法について

導入を検討すべき決済方法について優先度の高い順に紹介していきます。

決済方法1:クレジットカード

クレジットカードは、多くの利用者が使用する決済方法です。ATMを利用して決済する銀行振込と比べて便利なところが特徴です。ネットショップ側にとっても、注文から決済までがすぐに完了するため、安心して発送対応へ進むことができます。

しかし、いいことばかりではありません。クレジットカード決済を導入するには、カード会社による審査手続きを経る必要がありますし、カード会社はいくつもあるので、一つ一つ申請していくとなると大変な手間がかかります。しかも、決済ごとにカード会社に手数料を支払うことになります。

【クレジットカード決済のメリット】

利用者側:ポイント還元を受けられる。手持ちの現金がなくても商品の購入ができる。
ショップ側:注文を受けてから決済完了までが早い。クレジットカード決済を導入していることで信頼度が上がる。

【クレジットカード決済のデメリット】

利用者側:ショップに伝えたカード情報が流出するリスクがある。
ショップ側:導入するにはカード会社の審査を通る必要があるため、手間と時間がかかる。決済額に応じて3%程度の手数料が発生する。

決済方法2:代金引換

代金引換は、略して代引(だいびき)とも呼ばれる決済方法です。運送業者が購入者に商品を渡す際に配送料と商品代金を支払うシステムとなっています。クロネコヤマト、佐川急便、郵便局など国内の主要な運送会社が対応しています。

利用者にとってはクレジットカードがなくても利用できるうえに、商品が届いてから支払うことができるため安心です。

【代金引換のメリット】

利用者側:ATMのある店舗まで出かける必要がなく、しかも商品を確実に受け取れる。
ショップ側:注文を受けたらすぐ発送できる。運送会社に確実に商品代金を回収してもらえる。

【代金引換のデメリット】

利用者側:支払いが必要なので受け取り時に家にいなければならない。
ショップ側:受け取り拒否が起こると返送代金を負担しなければならない。

決済方法3:銀行振込

ネットショッピングで古くから利用されている決済方法が銀行振込です。

ただ、注文・銀行振込・入金確認の各ステップが必要なため、決済完了までに時間がかかるのがネックです。土日など銀行が営業していないときは入金確認ができないため、注文から受け取りまでに時間がかかってしまうのも難点です。

【銀行振込のメリット】

利用者側:振込先の銀行が同じ場合、手数料の負担がない。
ショップ側:売り上げに応じた手数料の発生がない。入金を確認した後に発送できるので安心。

【銀行振込のデメリット】

利用者側:振り込む時間帯や曜日によっては、受け取りまでに時間がかかる。
ショップ側:注文を受けてから入金が確認できるまで時間がかかる。

決済方法4:後払い

利用者が商品を受け取った後に決済するシステムが後払いです。

ネット通販のトラブルとして多いのが「届いた商品を見たらイメージと違っていた」というケースです。実際に商品を手にとって見ることができないため、こうしたケースは度々起きます。

その点、後払いなら商品を確認してから支払えばOKなので、利用者にとっては安心です。後払いに対応していると信頼度も高まります。

【後払いのメリット】

利用者側:商品を確認してから支払うことができる。
ショップ側:購入者に安心感を与えられる。

【後払いのデメリット】

利用者側:未決済のまま忘れてしまいやすい。
ショップ側:購入者からの支払いが遅れる場合がある。キャンセル処理が手間。

決済方法5:コンビニ払い

今、コンビニ払いが決済方法として人気が高まっており、ネットショップにおいてクレジットカード決済の次に導入率が高い決済方法となっています。

決済の流れとしては、決済画面で都合の良いコンビニを選択すると、払込番号や受付番号といった支払いに必要な番号が発行されます。利用者はその番号を控えるなどしてコンビニへ行き、レジで支払いをします。専用端末を利用するコンビニもあります。

【コンビニ払いのメリット】

利用者側:コンビニは基本的に24時間営業で店舗数も多いため、都合に合わせて支払いができる。
ショップ側:決済が完了してから商品の発送ができる。

【コンビニ払いのデメリット】

利用者側:生活圏内にコンビニがない場合は不便。
ショップ側:コンビニによって入金日が異なる。

決済方法6:キャリア決済

キャリア決済はクレジットカードを持っていない方や、毎回毎回支払うのが面倒という方に便利な決済方法です。キャリア決済なら、毎月支払う携帯電話の通信料金に購入代金をまとめられるため、1回の決済ですみます。

【キャリア決済のメリット】

利用者側:スマホを利用していつでも簡単に決済できる。
ショップ側:決済スピードが早いため、注文を受けてから商品をすぐに発送できる。

【キャリア決済のデメリット】

利用者側:お金の使いすぎに気付きにくい。
ショップ側:キャリアによって対応が異なる。

決済方法7:スマホ決済

軽減税率の影響で一気に導入する店舗が拡大したのがスマホ決済です。キャッシュレスという言葉もすでに世の中に浸透した感がありますが、PayPayやLINEpayなどがスマホ決済にあたります。

便利でしかも高還元率を売りにしているスマホ決済ですが、ネットショッピングではまだ導入している店舗の数が限られています。

【スマホ決済のメリット】

利用者側:簡単に利用できるうえに、ポイント還元を受けられる。
ショップ側:スマホ決済を好む利用者を取り込める。

【スマホ決済のデメリット】

利用者側:ネットショップでは導入が遅れている。
ショップ側:導入できるサービスと導入できないサービスがある。

決済方法8:デビットカード決済

デビットカード決済を利用すると、銀行口座の預金を使って直接ショップへの支払いができます。クレジットカードを利用したくない方に好まれている決済方法です。

【デビットカード決済のメリット】

利用者側:ATMへ出かける必要がない。
ショップ側:銀行振込と同じで手数料が発生しない。入金の確認が済んでから発送できる。

【デビットカード決済のデメリット】

利用者側:ネットショップの導入率がクレジットカード決済に比べて低い。
ショップ側:銀行の営業時間外では入金がされないため、発送までに時間がかかる場合がある。

決済方法9:ネットバンキング

スマホやパソコン上で銀行振込ができるのがネットバンキングです。都市銀行などでも導入しているシステムです。

【ネットバンキングのメリット】

利用者側:ATMへ行く手間がかからない。振込手数料を安く抑えられる。
ショップ側:銀行振込と同じで手数料が発生しない。入金の確認をしてから発送ができるので安心。

【ネットバンキングのデメリット】

利用者側:IDやパスワードの入力を常に求められるため、忘れてしまうと利用できない。
ショップ側:利用者に合わせて銀行口座を増やすと管理が大変になる。

決済方法10:PayPal

日本ではあまり認知されていないものの、世界で2億5千万人のユーザーを抱えているのがPayPal(ペイパル)です。海外から商品を仕入れたり海外に向けて輸出したりする方であれば、便利な決済方法としてご存じの方も多いでしょう。

利用者とショップ、どちらにとっても安全に利用できる決済方法となっています。

【PayPalのメリット】

利用者側:クレジットカード情報がショップ側に伝わらないため情報流出のリスクを抑えられる。
ショップ側:利用者のカード情報を管理する必要がない点に加え、トラブルが起きても商品代金が補償される「売り手保証制度」がある。

【PayPalのデメリット】

利用者側:国内ではまだまだPayPalの導入が遅れている。分割払いができない。
ショップ側:決済手数料が3%以上と高め。

最低限導入すべき決済方法

これまでに紹介した決済方法を全て導入するのは賢い方法ではありません。まずは最低限必要な決済方法を導入し、利用者のニーズに合わせて順次増やしていきましょう。

決済方法の利用率の違い

ネットショッピングの決済方法として最も選ばれているのはクレジットカード決済です。複数回答が可能なアンケートによれば、70%近い方がネットショッピングでクレジットカードを利用していると答えています。

クレジットカード決済の次に多いのが代金引換です。クレジットカード決済も利用する方を含めて全体の40%近い方が代金引換を利用していると答えています。

以上の決済方法に続くのが、銀行振込や後払い、コンビニ決済などです。全体の30%近い方が利用していると答えています。

以上のアンケート結果を参考にした場合、まずはクレジットカードと代金引換に対応できることが最低限必要であることが分かります。そして、余裕があれば、銀行振込や後払い、コンビニ決済などにも対応していくことが求められます。

クレジットカード決済と代金引換

前述したように、まず導入するべきはクレジットカード決済と代金引換です。どちらも申請して許可が下りないと利用できないので、早めに手続きを行うようにしましょう。

銀行振込や後払い、コンビニ決済などは、コスト面と利用者のニーズを参考にして、導入のメリットが多いと判断してから手続きをしても遅くはありません。

ターゲットから判断するベストな決済方法

ネットショップは全ての決済方法に対応している必要はありません。ショップにとってターゲットとなる客層がどういった決済方法をよく利用しているかを見極めることが重要です。

ここからは、ターゲット別におすすめの決済方法を紹介します。

中高生向けのショップ

10代前半の若い世代もネットショップを利用するようになってきています。そうした世代が利用できる決済方法と言えば、LINE Payやdカード、au WALLETなどのプリペイドカードです。プリペイドカードは残高以上の利用ができないため、親としても子供に持たせるのに安心です。

他にもコンビニ決済、キャリア決済、後払いなども導入しておけば利用してもらいやすくなるでしょう。

【中高生向けのショップにおすすめの決済方法】
・プリペイドカード決済
・コンビニ決済
・キャリア決済
・後払い

一般層向けのショップ

一般層向けの商品を扱っているのであれば、最も利用者の多いクレジットカード決済への対応はマストと言えます。ただ、コンビニ決済やキャリア決済にも一定の需要があるので、導入をおすすめします。他にもECサイト登録者が利用できるAmazon Payや楽天ペイなども利用者が増えてきています。

【一般層向けのショップにおすすめの決済方法】
・クレジットカード決済
・コンビニ決済
・キャリア決済
・後払い
・ECサイトが提供する電子決済

高齢者向けのショップ

外出の手間がかからないネットショピングは高齢者の間でも広がりを見せています。ただ、クレジットカード決済などの利用率は低いため、高齢者でも簡単に利用できる決済方法の導入が求められます。近くにコンビニがあればコンビニ決済は便利ですが、出かけなくても決済できる代金引換の需要が高いと考えられるため、こちらを導入すべきでしょう。

【高齢者向けのショップにおすすめの決済方法】
・コンビニ決済
・代金引換
・後払い

海外向けのショップ

ネットショップは国内に限らず海外の利用者に購入してもらうことも可能です。海外に住む利用者に購入してもらうなら、クレジットカード決済の対応はマストです。さらに、海外で普及しているPayPalも導入すべき決済方法と言えます。

【海外向けのショップにおすすめの決済方法】
・クレジットカード決済
・PayPal
・海外でも利用者の多いAmazon Pay

様々な業種におすすめなオンライン決済

店舗型事業者の間でもオンライン決済が広がってきています。また、ネットショップと同様に、利用者が希望する決済方法を導入しているかどうかが非常に重要です。業種別に導入すべき決済方法を見ていきましょう。

美容関係(美容院・エステ・ネイルなど)

美容関係の業種ではインターネット決済はあまり普及していません。ネットは予約のためのツールとして利用されている場合がほとんどです。美容関係では、利用者の支払い拒否が起きやすく、クレジットカード会社は手数料を高く設定しています。

そのため、クレジットカードだけでなく、キャリア決済やECサイトが提供する決済方法を導入するのが良いでしょう。

【美容関係におすすめの決済方法】
・クレジットカード決済
・キャリア決済
・楽天ペイ

塾・習い事教室

学習塾や習い事ではクレジットカード決済や口座振替が多く利用されています。継続利用が想定されるため、自動的に行ってくれる決済方法が喜ばれます。

オンラインで決済を行う場合、決済可能なホームページがなくてもPayPalを導入すれば、決済サービスを備えたEメールを顧客へ送ることが可能です。または、スマホ決済を導入すると、教室で簡単に支払いができて便利です。

学習塾や習い事の場合は直接利用者の需要を聞き出すことができるので、まずはそのニーズを探ってみるのも良いでしょう。

【塾・習い事教室におすすめの決済方法】
・クレジットカード決済
・PayPal
・スマホ決済

チケット販売店

イベントやライブなどのチケットを購入する人達には様々な年代が含まれますが、10代も少なくありません。中高生のようなクレジットカードを持っていない利用者も多くいることを考えると、キャリア決済の導入がおすすめです。

海外で催されるイベントのチケットを販売する場合は、PayPalがおすすめです。PayPalには保証制度があり、イベント中止などが起きた場合でも購入者は保護されます。そのため、ショップと利用者双方が安心して取引を行うことができます。

【チケット販売店におすすめの決済方法】
・クレジットカード決済
・キャリア決済
・PayPal

デジタルコンテンツ事業者

アニメ・ゲーム・映像・音楽などのデジタルコンテンツを販売する事業者の多くは、クレジットカード決済に対応しています。ただ、デジタルコンテンツの決済ではセキュリティをより高めることが求められます。

VISAやMastercardなど大手カードブランドでは、本人認証サービスである「3Dセキュア」を推奨しています。カードに表記されているカード番号や有効期限だけでなく、IDやパスワードを組み合わせてセキュリティレベルを上げる仕組みです。

ただ、3Dセキュアは安全性が高い反面、IDやパスワードを覚えておかなければ利用できませんし、毎回入力する必要があるなど、使い勝手が悪いと感じる方も多くいます。

クレジットカード決済で安全性が高くて使い勝手が良いのはPayPalです。デジタルコンテンツは海外へも販売しやすい商品なので、PayPalはおすすめです。

加えて、ゲームやアニメを購入する10代はキャリア決済プリペイド決済を好むため、導入すべき決済方法と言えるでしょう。

【デジタルコンテンツ事業者におすすめの決済方法】
・クレジットカード決済
・キャリア決済
・プリペイド決済
・PayPal

事業者が導入すべき決済方法

様々な決済方法と、業種別におすすめの決済方法を紹介してきました。

これから開業する方や、すでに開業しているもののどういった決済方法を導入すべきか迷っている方には、まずは「クレジットカード決済」「コンビニ決済」「代金引換」をおすすめします。

利用者の購入率やリピート率を上げるためにどういった決済方法に対応すべきなのか、常にアンテナを張っておきましょう。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。