物販

商品を仕入れて販売してみよう!ネットショップの仕入れまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

昨今、パソコン一つあれば誰でも気軽にネットショップを始めることができます。そのため、「自分もネットショップを始めたい!」と思ったことのある方もいらっしゃることでしょう。

しかし、実際に始めるとなると「商品はどうやって仕入れるの?」「私でも仕入れはできるの?」「資金はどのくらい必要?」など、分からないことも数多くあるのではないでしょうか。そこでこの記事では、初心者でも分かるように「仕入れ」について簡単に解説していきます。トラブルに関する内容もあるので、これからネットショップを始める予定の方は、ぜひ参考にしてみてください。

仕入れの3つの手順を確認しておこう

今回紹介するのは、「卸業者(サプライヤー)から商品を仕入れる」という方法です。商品はインターネットで簡単に仕入れることができますが、初心者は「何から始めればいいの?」と戸惑ってしまうことでしょう。

ここからは商品の仕入から販売までの手順を解説していきますので、初心者の方は是非参考にしてください。

あなたのショップのコンセプトを再確認してから商品を探すこと

商品を探し始める前にまずやっていただきたいのは「あなたのショップのコンセプトを再確認すること」です。それは言い換えれば、「お客様があなたのショップで商品を購入する理由」にもなります。

同様の商品を販売する他のショップがある中で、お客様にあなたのショップを選んでもらう必然性をはっきりさせなければなりません。あなたのショップにはどのような存在意義があるのか?ショップを立ち上げた背景はなにか?

こういったことをはっきりさせた上で、仕入れサイトで商品を選ぶようにしましょう。

「取引申請」=卸業者(サプライヤー)への挨拶はしっかりと

ショップのコンセプトを明確化し、無事に商品を見つけられたら、,b>卸業者であるサプライヤーさんに「取引申請」をしてみましょう。「取引申請」とは卸業者さんに「あなたの商品に興味がありますよ!」とアプローチをすることです。これにより卸価格を確認できますし、サプライヤーはバイヤーの情報が閲覧できるようになります。サプライヤーはこの情報をもとに価格の公開や取引について判断するので、自己紹介情報はしっかりとコンセプトが伝わるように入力しておくとよいでしょう。

また、サプライヤーと直接のやり取りや販売条件の交渉も可能になるので、会員登録もしておきましょう

発注前の条件確認はしつこいくらいに

商品を発注する前に、いくつか確認しておくべきことがあります。「写真は転載してOKなのか?」「返品は受け付けてくれるのか?」「1点から仕入れ可能か?」などの条件についてしっかり確認しておくことで、あとあとトラブルになるのを防ぐことができます。「こんなにたくさん質問して大丈夫かな」と不安になるかもしれませんが、トラブルを未然に防ぐにはきちんと確認をしておくことが大切なので、遠慮なく問い合わせるようにしましょう。

また、取引数が増えてくるほどトラブルが表面化してきますので、十分注意しましょう。

儲かる仕入れとは何か

ネットショップで儲けたいなら「何を仕入れるか」がとても重要です。それによって結果が決まってくるといっても過言ではないほどです。

「誰でも簡単に仕入れられるもの」は商品として弱い

誰でも簡単に仕入れられてしまう商品の価値というのは、とても低いです。

「会員になるだけで誰でも簡単に仕入れができる!」というBtoB系のサイトを見てみると分かりますが、そのような所で「定価3万円、卸値1万円!」で販売されている商品がネットショップで「9,800円」で売られていたりするのです。このことからも、誰でも簡単に仕入れられる商品の価値は低いということがよく分かります。

条件が厳しいところは「儲かる仕入れ」の環境ができている

沢山の条件を提示してくる企業と取引する人はあまりいません。ライバルが少ないので利益を取りやすい環境ができあがっており、このような企業からの仕入れは「儲かる仕入れ」と言えるでしょう。

ただし、首をかしげるような内容の条件を提示されるような場合、例えば「契約するには、◯◯を買わなければいけない」というようなものは、怪しいビジネスの場合があるため避けた方が無難です。

儲かるものを見つけたければ足を動かす

ネットの世界には、沢山の情報が溢れています。しかしそれでも、実際に足を運んで得た情報の方が質は高く、良いものが見つかる可能性が高いのです。

たとえばメーカーでも、ニーズのある商品はネットに公表することはありません。そうしなくても、勝手に売れてくれるからです。良い商品を探したければ、ネットの情報が全てだと思わず、自分の足で動くようにしましょう。

仕入れには3つの取引形態がある

仕入れには3つの取引形態があり、その形態によって業務の処理方法が異なります。

では、その3つの取引形態とはなんでしょうか。

現金取引

現金取引とは、仕入れ先に代金の支払いをする際に現金を用いる取引形態です。

その場で取引が完了し領収書も受け取ることができます。
銀行振込などの手間もかかりません。

掛け(都度)取引

掛け(都度)取引とは、商品が納品されるたびに請求がある取引形態です。

請求書に支払期限や方法が載っているので、それに従って支払いをすることになります。そして支払い後、その仕入れに関して「消込処理」をすることで全てが完了となります。

掛け(締め)取引

掛け(締め)取引とは、月末などに締め日を設定し、その期間内の納品分をまとめて銀行などの口座に振込むことで支払う取引形態です。

これは処理の頻度が少なくて済む一方、翌々月末払いのように支払期限が1カ月以上あった場合は、前月分の入金前に次月の請求がくることになります。その場合「繰越金額」として、現時点で未入金となっている金額を記載することが一般的となっています。掛け(締め)取引も支払いの実施後、その入金がどの請求に対する売上のものであるかを確認し、「消込」作業を行う必要があります。

商品の仕入れ先はどうやって探せばよいのか

商品の仕入れ先を確保することは、ネットショップを運営する上で最も重要な要素です。できるだけ安く仕入れることができ、また、常に一定数の仕入れが可能でなければなりません。

では、どのようにして商品の仕入れ先を探せばいいのでしょうか。

インターネットで卸業者を検索する

手っ取り早い方法は、インターネットで探すことです。個人相手でも取引してくれるところはありますし、そこの卸価格が高いと感じた場合は、実績を作ってから他の業者に変えればいいのです。

メーカーに直接交渉する

少々難易度は上がりますが、メーカーに直接交渉するという方法もあります。個人と取引してくれるかは業者によりますし、仕入れ数の単位や支払い条件なども異なるので、ダメ元くらいの気持ちで確認してみるといいでしょう。

街の卸業者から仕入れる

最後は、卸業者から仕入れるという方法です。個人と取引してくれるところは少ないのですが、最近は小売りを行うところも増えています。こちらも「取引してくれたらラッキー」くらいの気持ちで問い合わせてみましょう。

個人でも仕入れ可能な卸問屋

ここからは、少ないロット数でも仕入れ可能な国内の卸問屋をご紹介します。海外輸入に比べると割高にはなりますが、簡単に仕入れることができ、商品の説明文や画像がそのまま使用できるのは大きなメリットと言えるでしょう。

トップセラー

トップセラーは、在庫を持たずに転売するドロップシッピングが出来る上、配送も外注化することができます。

少々割高ですが、既に店舗があればトップセラーの商品を追加するだけで利益アップが見込めます。と言っても、実はトップセラーの商品だけをドロップシッピングして利益を出す事は難しいです。しかし、それを目玉として集客を増やし、抱き合わせ販売などで自社の利益が見込める商品を販売する、という方法はあります。また、その逆の方法もあり、工夫しだいで利益を出すことは可能です。

卸問屋.com

卸問屋.comは、雑貨を得意とする卸サイトです。

福岡の北九州に倉庫があるのですが、閉店したお店の在庫や不良在庫などを安く買い取り、低価格で販路があるセラーに卸売りするサービスなどを行っています。

ICHIOKU.NET

ICHIOKU.NETは、20代~30代女性のアパレルに特化している卸サイトです。

登録されている商品は10万点以上と豊富で、楽天のランキング上位に出るようなお洒落な洋服がたくさんあるため、アパレル系の卸を探している方には特にオススメです。

個人輸入をしてみよう

一番割安な仕入れ方法を考えた時、やはり「海外からの直接仕入れ」に軍配が上がります。卸サイトに掲載されている商品のほとんどが、実は海外で仕入れ可能なため、個人で輸入する方法を検討してみるのもいいでしょう。

個人輸入とは何か?

個人輸入とは、海外サイトの商品を購入して、自分のネットショップで販売する方法を言います。

商品は海外限定品のため、他のショップにない商品や、特徴的なテイストの商品を販売することができます。

個人輸入の支払いはどうすればいい?

海外サイトで商品を購入するので、支払いはクレジットカードになります。

オススメの輸入先

1. ebay

ebayは、アメリカのショッピングサイトです。取り扱っている商品は、ファッションアイテムからフィギュアなどのコレクションアイテム、家具家電、スポーツ用品など豊富で、サイトのデザインもシンプルで見やすいです。

2. Amazon.com

Amazon.comは、日本でも有名なAmazonのアメリカ版です。こちらも商品のラインナップは ebay同様豊富で、食品も扱っています。日本版のアマゾンにはないアイテムもたくさんあるので、仕入れ先としてオススメです。

3. アリババ

アリババは、中国のネットショッピングサイトです。幅広い商品があるのはebayやAmazon.comと同ですが、こちらは東南アジア諸国をはじめイタリアやドイツ、アメリカなど様々な国の商品がある点が特徴です。

まとめ

インターネットで商品を仕入れる場合、仕入れ先は本当にたくさんあります。また、インターネット以外にも方法は色々あります。

今回の記事を読んで基礎知識を身に付けたら、ぜひ色々と自分の目で見て、自分に合った仕入れ先や方法を見つけていってください。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法



物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。

あなたのビジネスを成功させるために、ぜひこの無料動画を活用して下さい。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法