物販

おすすめのネットショップ作成サービス8選

新しいビジネスを始めたい、インターネット上で商品を販売したいと考えていても、実際にネットショップを立ち上げたら良いか悩まれている方少なくありません。

インターネット上ではネットショップの運営に利用されているサービスも数多くあります。

そこで、この記事では、これからネットショップの開設を考えている方に最適な、おすすめのネットショップ作成サービスをご紹介いたします。

商品販売における実店舗とネットショップの違い

商品を販売する方法には、主に実店舗とネットショップの2通りがあります。まずは、実店舗とネットショップの違いを解説します。

実店舗での商品販売

実店舗で商品を販売するには、お店となる場所を借りて内装を整える作業からスタートします。実店舗を構えていると毎月の家賃や光熱費など維持費が発生してしまうのがデメリットです。しかし、お客様と対話し、直接商品の魅力を伝えられる大きなメリットも存在します。

ネットショップでの商品販売

ネットショップは、インターネット空間にお店を構えるので、工夫して集客をしなければお客様は来ないでしょう。ただ、ネットショップにファンができてリピート購入してくれるようになると、売り上げを伸ばしやすいメリットがあります。

2種類のネットショップ

ネットショップには、ショッピングモール型と独自ECサイト型という大きく分けて2種類の販売形態が存在します。
ネットショップはどちらかのサービスもしくは双方のサービスを利用して開設できます。では、それぞれのメリット・デメリットを解説いたします。

ショッピングモール型のネットショップ

ショッピングモール型とは、私たちが普段利用している楽天市場やヤフーショッピングなどの通販サイトのことです。大きな商店街に数多くのお店が出店しているイメージなので、利用者が集まりやすいのが最大のメリットです。

ショッピングモール型のネットショップに出店すると、商品を探しているユーザーがGoogle検索した時に上位に商品が表示されやすくなります。そのため、ユーザーがお客様としてネットショップによく訪れてくれます。

しかし、ショッピングモール型のネットショップには、大手企業も数多く出店しているため、販売する商品によっては大手企業がライバルになってしまう恐れもあります。このような店舗に出店する際は、ライバル店との差別化が非常に重要になってきます。

他の店舗では販売できない商品を取り扱う、他の店舗には真似できないような独自のセット商品を販売するなど、工夫をこらしてこそ売り上げを伸ばしていけます。

参考:楽天市場

参考:ヤフーショッピング

独自ECサイト型のネットショップ

独自ECサイト型ネットショップは、CMでもお馴染みのBASEやカラーミーショップがネットショップ初心者によく利用されています。最低限の機能を利用するだけなら月額使用料がわずかで済むのが大きな魅力で、ネットショップ初心者でも簡単に始められます。

豊富なテンプレートの中から自分のネットショップにあうデザインを選べるので、自分らしいネットショップが立ち上げられるのが特徴です。

ただし、ショッピングモール型と比較すると集客の難しさがデメリットになります。ネットショップで販売する商品を充実させていくと同時に、SNSやブログを活用して積極的に集客していくことが成功の鍵となります。

参考:BASE

参考:カラーミーショップ

ショッピングカートの無料・有料の違い

独自ECサイト型ネットショップは「レンタルショッピングカート」とも言われており、ショッピングカートだけではなく決済や商品・顧客情報などを一元管理できるシステムとなります。
無料で利用できるものもありますが、定額または販売時にのみ手数料が発生する課金制サービスもあります。
詳しくみていきましょう。

利用できるデータ容量が異なる

無料のショッピングカートは利用できる「データ容量」が少ない傾向にあります。まだ取扱商品数が少ない場合や立ち上げて間もないころは、無料で利用できる範囲内で十分です。

しかし、販売活動が軌道に乗り、ネットショップの規模を大きくしたい場合は無料で使える容量では足りなくなるでしょう。

有料のショッピングカートなら、多彩なプランが用意されています。例えば、カラーミーショップなら月額834円のエコノミープランなら利用できるデータ容量は200MBですが、月額3,000円で利用できるレギュラープランを利用すれば、5GBに拡張できます。

デザイン用のテンプレートの豊富さが違う

無料で利用できるショッピングカート型のネットショップでは、利用できるサービスが限られているため、デザイン上似通った店舗レイアウトになりやすい傾向にあります。

ライバル店と差別化して自分らしいネットショップを開設したいなら、有料サービスに切り替えることでデザインテンプレートの数も拡張されるでしょう。

テキストタグを使ってカスタマイズできるサイトであれば、自作のヘッダーなどを取り込むこともできるので検討してみましょう。

他サイトへの商品販売機能がある場合も

SNSやブログとの連携機能を備えたネットショップ作成サービスは無料・有料問わず多く、連携機能を活用して積極的に商品をアピールすることでユーザーをネットショップに呼び込めます。

さらに有料サービスの中には、ネットショップ以外の媒体へも商品を自動出品できる機能を備えたところがあります。例えば『MakeShop』では「アイテムポスト」といってヤフーショッピングに自動的に商品を販売できる機能が追加の固定費用なしで利用できます。

商品が売れた場合にのみ手数料を支払うシステムなので、費用をかけず大手ショッピングサイトへ出品してお客様に商品をアピールできます。

『MakeShop』のように、SNSやブログを利用した集客方法以外にも商品をアピールできる機能がある点が有料サービスを利用するメリットです。

参考:MakeShop

有料サービスなら独自ドメインが使用できる

独自ドメインをネットショップで利用すると、Google検索した際に上位表示されやすいというメリットがあります。また、一般企業のように独自ドメインを使用していることで、お客様から見ても信頼できるネットショップだと判断されやすくなります。

メリット先行型の独自ドメインですが、ほとんどの無料のネットショップ作成サービスでは独自ドメインは使用できません。無料でショッピングカートをレンタルする場合は、そのネットショップ作成サービスのドメインを利用することがほとんどです。もし独自ドメインを使いたい場合は、有料のサービスを利用しましょう。

ただし、無料サービスであっても「〇〇〇.thebase.in」というように、「〇〇〇」の部分は自分で決めた文字列を設定できます。独自ドメインを使用しなくても個性は出せますので安心してください。

おすすめのネットショップ運営サービス

無料・有料問わず、ネットショップを開設できるサービスは数多くあります。ここからは、おすすめのネットショップ作成サービスを紹介します。自分らしいネットショップがを模索する人はぜひ参考になさってください。

初心者に人気の『BASE』

『BASE』はネットショップ初心者の方でも利用しやすいサービスです。HTMLやCSSなどの知識がなくてもネットショップを立ち上げられるので、Webデザインに関して経験を持っていない方にもおすすめです。

参考:BASE

ネットショップは、豊富なテンプレートから好きなテーマを選び、ロゴマークや背景色などをカスタマイズするだけで思い通りのデザインが完成します。BASEなら「BASEかんたん決済」というクレジットカードやPayPalにも対応した決済手段が利用できます。これなら手間がかかる決済手段の手続きも簡潔化します。

BASEでは初期費用や月額費用はかかりません。ただし、商品が購入された場合に決済手数料及びサービス利用料が必要となります。決済手数料に関しては注文された商品の金額の3.6%+40円がかかります。商品と送料を含めた合計金額に対してサービス利用料が加算されるので注意しましょう。

2種類の出品方法が選べる『Amazon』

『Amazon』はショッピングモール型で、小口出品と大口出品の2種類があります。

参考:Amazon出品サービス

小口出品は月49商品まで出品可能です。月額利用料はかかりませんが、1商品ごとに100円と別途販売手数料が加算されます。販売取扱数がわずかな場合におすすめです。

毎月50点以上出品されるなら大口出品の登録が最適です。月額手数料は4,900円と固定なので毎月の維持費が見積もりやすいのがメリットです。ただし、販売手数料は別途かかります。

小口出品・大口出品の両方とも、商品のカテゴリーごとに販売手数料は異なります。一般の商品であれば8〜15%程度。kindleアクセサリーなら45%かかります。

サポートが充実している『楽天市場』

多くのプランが用意されている『楽天市場』は、ネットショップの規模を徐々に大きくしていきたい方におすすめです。知名度の高いショッピングモールに出店することで、ネットショップ自体の信頼度が高まります。

参考:楽天市場 出店

豊富なプランの中でも、「がんばれ!プラン」はネットショップ初心者の方におすすめです。毎月19,500円の利用料はかかりますが、楽天市場のスタッフによる出店サポートが受けられるので、万全の態勢で出店できます。

一番リーズナブルな「がんばれ!プラン」でも5,000商品、月5万円の「スタンダードプラン」なら2万商品まで登録販売ができます。個人はもちろん、法人としてネットショップを立ち上げたい方にもおすすめです。

SEO設定も行える『MakeShop』

『MakeShop』は集客力の高さが魅力です。MakeShopのツール内でSEO設定(検索エンジンで上位表示させるために必要な施策)が簡単に行えるので、商品を探し求めているユーザーが検索で見つけやすいネットショップを運営できます。

参考:MakeShop

また、MakeShopに出品している商品を簡単に大手通販サイトに出品できるのも特徴の一つで、自動的にヤフーショッピングやECナビでも商品が販売されます。

さらに販売手数料がかからないのもMakeShopの魅力です。プランごとの初期費用と月額費用のみでネットショップが運営できます。個人でも利用しやすいプレミアムプランの場合は、初期費用1万円、月額費用7,000円(長期契約の場合)で利用できます。

プロから初心者が利用できる『EC-CUBE』

『EC-CUBE』には3種類のネットショップ開設方法が用意されています。

参考:EC-CUBE

1つ目が、EC-CUBEと連携しているWeb制作会社に依頼し本格的なネットショップを立ち上げる方法です。外注の制作費用が発生するため、資金に余裕のある方に最適です。

2つ目がオープンソース版を利用する方法です。もしWebサイト制作の知識があるなら、オープンソース版で自由にプラグインを使用して理想のネットショップを立ち上げるのがおすすめです。

また、個人でネットショップを開設するのに一番ぴったりなのが、3つ目のクラウド版のEC-CUBEです。ネット上で利用できるクラウド版ではソフトのインストールも必要なく、アップデートも自動的に行われます。

オープンソース版・クラウド版の場合は、初期費用無料で月額費用は販売金額によって変動します。7,800〜37,800円が月額費用としてかかると見積もっておくと良いでしょう。

デザインテンプレートが豊富な『STORES』

デザインやカスタマイズを自由に行いたいなら、『STORES』がおすすめです。無料で利用できるテンプレートが豊富に揃っており、選んだデザインから自分の好みに合わせてカスタマイズできます。

参考:STORES

テーマカラーだけでなくネットショップ内で使用されている文字のフォントも自由に変更できるので、独自性が高いネットショップが立ち上げられます。

料金プランはフリープランとスタンダードプランの2種類が用意されています。

フリープランであれば月額料金がかかりませんが手数料は販売金額の5%かかります。売り上げが伸びてきたら月額料金1,980円のスタンダードプランに変更することで手数料を3.6%に抑えられます。

アクセス解析などメンテナンスが容易な『Jimdo』

Webサイト制作の経験がある方なら『jimdo』が最適です。独自ツールを使用してネットショップをイチから作り上げていけます。アクセス解析も管理画面から行えるので日々のメンテナンスも行いやすいのがメリットです。

参考:Jimdo

また、Webデザインの知識がなくてもコーディング不要でネットショップが開設できるツールも用意されています。簡単な操作でパソコンやスマホ、タブレットに対応したネットショップが開設できます。

どの方法でも無料で作成できるので気軽に試せます。もしネットショップ内の広告表示をなくしたいなら、有料プランを選択してください。

利用者が増えている『ヤフーショッピング』

『ヤフーショッピング』は利用者の多い通販サイトです。大手にもかかわらず初期費用や月額利用料がかからないのが魅力です。ただし、キャンペーンの時にユーザーに付与するポイント分やアフィリエイト手数料が発生します。

参考:ヤフーショッピング出店

ヤフーショッピングではソフトバンクユーザー特典があることと、『PayPay』決済ができることで、利用者の数も増えています。毎月支払う手数料などの費用負担が気になる方は、ヤフーショッピングで月額費用をシミュレーションできるので利用前に試してみてください。

参考:ヤフーショッピング 月額費用シミュレーション

魅力的なネットショップを開設しよう

最近ではネットショップで買い物する人も増えてきました。これからネットショップを立ち上げようと考えている方でも、他店と差別化を図り、自分らしいネットショップを運営することでファンが増え、売り上げを伸ばしていけるでしょう。

ぜひ今回ご紹介したおすすめのネットショップ作成サービスを利用して、魅力的なネットショップを開設してください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。