物販

ネットビジネス初心者には転売がおすすめ!転売で稼ぐ7つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ネットビジネス初心者には転売をおすすめします。なぜなら、転売は仕組みが非常に単純で、資金0円からでも始められるからです。

今回は、転売をおすすめする理由と、転売で稼ぐ方法を解説します。

転売とは?

最初に転売の特徴について解説します。

転売の定義

買った商品を別のお店で販売する行為を転売と言います。

転売で利益を出す仕組み

転売の稼ぎ方には、大きく分けて2つあります。

一つは、安く仕入れた中古品を仕入値よりも高い値段で売ってその差額を得る方法です。中古品は仕入れが簡単なので、初心者にはこちらをおすすめします。

もう一つは、定価で購入した新品を定価以上の価格で売る方法です。人気の新商品などを予約段階で買い占めておき、市場が在庫切れになって商品がプレミア化したタイミングで売りに出します。こちらの手法は、プレミア化する商品を見極める必要があるだけでなく、人気商品の買い占め行為に対する世間の風当たりも強いので、初心者にはおすすめしません。

転売のメリット・デメリット

転売のメリット

  • 仕組みが簡単なので物販初心者でも始められる
  • AmazonやヤフオクなどのECモールに出品すれば、集客の必要がない
  • 自宅で作業のすべてが完結する

デメリット

  • ライバルが多い
  • 不良在庫のリスクがある
  • 転売先のプラットフォームの規約に従わなければいけない

転売に向いている人の特徴

転売で成功するためには、相場を調べたりライバルの動向をチェックしたりなど、多くの地味な作業をこなさなければなりません。そのため、日々の作業をコツコツと継続してできる人が向いています。

毎日違うことをやりたい、刺激がほしいという人には、転売は向きません。

ネット上にノウハウがたくさんある

転売は仕組みが単純ですが、それでも稼ぐにはコツがいります。独学でコツを身につけるには時間がかかるため、まずは転売成功者のブログを参考にしましょう。

転売の犯罪性

転売行為自体は違法ではありませんが、扱う商品によっては違法になります。

不用品・新品転売は合法

自宅の不用品(新品で購入したが使わなくなったものや、自己使用目的で購入した中古品)を売ったり、正規店で購入した新品を転売する場合は何の問題もありません。販売するための資格も許可もいりません。

中古品は古物商が必要

ただし、転売目的で中古品を仕入れて販売する場合は、古物商許可が必要です。

古物商許可がない状態で中古品転売事業をした場合、古物営業法違反により3年以下の懲役又は100万円以下の罰金が課せられます。

古物商許可は所轄の警察署に19,000円を払って申請すれば取得できます。申請に必要な書類は役所でもらえます。

違法な転売

転売目的で購入したチケットを購入価格以上の値段で転売する行為は違法です。また、メーカー規制がかけられた商品の無許可転売もアウトです。

転売をおすすめする7つの理由

世の中には「アフィリエイター」「ブロガー」「YouTuber」など、数多くのネットビジネスがあるにもかかわらず、転売をオススメするには理由があります。

単純で簡単

転売の基本は「安く買って高く売る」。非常にシンプルです。

また、現在はヤフオク・メルカリ・ラクマ・Amazonなど、簡単に転売できるプラットフォームが多くあり、選択肢が多いというメリットもあります。

成功体験が早い

ネットビジネスの多くは稼げるようになるまでそれなりの時間がかかります。

しかし、転売ならすぐに稼げます。家の不用品をメルカリやヤフオクに出品するだけでも売れます。早い段階で成功を体験できるため、「稼ぐイメージ」を持ちやすいという特徴があります。

即金性が高い

アフィリエイトの報酬は翌月払いや翌々月払いが基本です。それに比べて、転売は即金性が高くなっています。

販売した商品代金の振込時期はマーケットプレイスによって異なりますが、ヤフオクなら売上が確定した日の翌営業日にはもう代金が振り込まれます。

集客の必要がない

ネットビジネスで稼ぐにあたって最も重要な要素は集客です。アフィリエイターにしろYouTuberにしろ、集客ができなければ1円も稼げません。

その点、転売は自分で集客する必要がありません。Amazon・ヤフオク・メルカリなどの大手プラットフォームの集客力をそのまま使えます。

赤字リスクは0にできる

転売には不良在庫を抱えるリスクがあると前述しましたが、無在庫転売をすればこのリスクはなくなります。

無在庫転売とは、在庫を持たないまま商品を出品しておき、注文が確定してから実際に商品を仕入れて発送する販売手法です。売れることが確定した商品のみを仕入れるため、赤字になるリスクがありません

Amazonやヤフオクなどでは無在庫転売が禁止されていますが、BUYMAなど無在庫転売を公式に認めているマーケットプレイスもあります。

資金0からでも始められる

転売では売上金を受け取る前に仕入れを行うため、仕入れのための初期費用が必要だと言われています。

しかし、仕入れの際にクレジットカードを使えば、カードの請求日より先に売上金を受け取れるため、資金0からでも始められます。

トレンドが分かる

転売をしていると、必然的にトレンドや流行に詳しくなります。

そのため、転売に限らず様々なビジネスにおいて成功しやすくなります。会社を立ち上げるなど、何か大きな事業を考えている方は、まずは下積みとして個人転売から始めることをおすすめします。

転売で儲ける7つのコツ

最短で利益を出すコツを7つ紹介します。

売れる市場を探す

まずどこで売るか決めましょう。市場によって売れやすい商品が異なります

非売品・限定品・廃盤商品といった希少価値の高い商品は、ヤフオクに転売すれば高額落札が望めます。

アパレル関連商品・ファッション雑貨・美容家電・ベビー用品などは、20~30代の女性利用者が多いメルカリやラクマでの販売をおすすめします。

携帯電話・パソコン・生活家電などの商品は、Amazonがおすすめです。

需要リサーチ

出品する前は、販売先で高く売れる商品を予め調べておきましょう。

ヤフオクで販売する場合は、オークファンの利用をおすすめします。商品名で検索するだけで、過去の落札相場が確認できます。

 

参考:オークファン

 

メルカリでの販売を考えている場合は、メルカリの検索フォームに出品予定の商品名を入力して検索してみてください。検索結果が表示されたら、左サイドバーにある「販売状況」の「販売中」にチェックを入れて絞り込み検索しましょう。

売り切れ商品は需要が高いと言えます。そして、売り切れ商品の平均価格が大体の相場となります。

Amazonで販売する場合は、モノレートがおすすめです。

 

参考:モノレート

 

モノレートではAmazonでの商品の売れ行き・相場・出品者数などを確認できます。そのため、モノレートを利用すれば売れる商品だけを効率よく仕入れられます。

使い方は簡単です。

まずはモノレートのホームページにアクセスして、一番上の入力フォームに商品名、もしくはASIN、JANコードを入力してください。

そして、検索結果から商品を探してクリックします。

すると、以下のように最安値・出品者数・ランキングの推移がわかるグラフが表示されます。

仕入先と信頼関係を築く

最初のうちは様々な仕入先から仕入れるようにしてください。良い仕入先が見つかったら、後はそのお店から仕入れるようにしましょう。長く取引していると信頼関係ができて、緊急事態にも柔軟に対応してくれるようになります。また、他の人より安く売ってもらえたり、お得な情報を教えてもらえたりすることもあります。

利益率が高い商品を優先的に仕入れる

転売で大きく稼ぐ最も簡単な方法は、安く仕入れて高く売ることです。したがって、仕入値と売値の価格差が大きい商品を優先して仕入れていきましょう。

同じジャンルの商品を扱う

売れ筋商品を見つけたら、そのジャンルの商品を優先的に仕入れましょう。そうすればそのジャンルに詳しくなりますし、顧客からも「この人は◯◯の専門業者だ」というイメージを持たれ、信頼されやすくなります。

1つのジャンルを極めてから、関連する別のジャンルの商品を仕入れるようにしましょう。

小さくて軽い商品を扱う

小さくて軽い商品の良いところは、送料が安く済むことです。

ネットショップで仕入れる場合、送料が安ければ経費を抑えられます。そして、販売するときも送料を安くできるので、購入者にとってもメリットがあります。

逆に、大きくて重い物品は個人転売には向きません。例えば、冷蔵庫や洗濯機などの大型家電は、仕入れの段階からして大変です。実店舗で仕入れる場合は持ち帰るのが大変ですし、発送する際の送料も高くなります。また、配送途中に商品が破損するリスクもあります。

外注化する

転売に慣れてきて扱う商品数が増えてきたら、リサーチ以外の作業を外注化しましょう。

外注化には再現性の高いマニュアルが必要ですが、一度作ってしまえば後が楽です。丁寧なマニュアル作りを心がけましょう。

転売は稼ぎやすい

転売は他のネットビジネスと比べると即金性が高く、仕組みも単純です。まずは家の不用品を売ることから始めてみてください。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る