物販

ショッピングモール型・自社型ECサイトの特徴を理解しよう!

誰もが簡単にインターネット上でお店が持てるようになりました。ネットでお店を作る方法は「ショッピングモール型ECサイト」「自社型ECサイト」の2パターンあります。簡単にお店を作れるといっても、何を基準に判断すればいいのか不安ですよね。

今回は、ショッピングモール型ECサイト、自社型ECサイトのメリット・デメリットを理解しネットショップ運営の秘訣について紹介していきます。

ショッピングモールECサイトの種類

ショッピングモール型ECサイトの種類は、マーケットプレイス型ECモール・テナント型ECモール・統合管理型ECモールに分けられます。それぞれの特徴を説明していきます。

「商品を出品するだけ」マーケットプレイス型ECモール

マーケットプレイス型ECモールは、プラットフォームに各ショップが出店ではなく、出品する形態をとっています。リアル店舗ならば、農協のような形態です。農協に農家の人が作った野菜や果物を並べているイメージです。

この形態をとっているのはAmazonです。商品のデータはモール側である、Amazonが管理し、注文が入る都度、出品者に商品データと購入者の情報が送られ、発送作業をする流れになっています。

Amazonのサイトを見て分かるように、出品者のオリジナリティはありません。運営側が提供しているルールに従って作業をするだけで、簡単にショッピングモールに出品できてしまいます。

「場所貸しをする」テナント型ECモール

テナント型ECモールは、インターネット上に作られたショッピングモールに各自が出店する形態をとっています。リアルで考えると百貨店や商店街のような形態です。百貨店に入っている店舗は、独自のカラーを前面に出した内装をし、商品を陳列させているイメージです。

この形態をとっているのは、楽天市場やヤフーショッピングになります。運営側は場所を提供しているだけで、受注管理は全て出店側が行います。

また、リアルのテナントと同様に店舗となるサイトのデザインは、オリジナリティをだすことは可能ですが、モール側のルールに従った出店をする必要があります。

「自社で管理する」統合管理型ECモール

自社で構築することを、総合管理型ECモールといいます。
総合管理型ECモールでは、自社で展開している複数のブランドを管理運営することです。リアル店舗だと、ユニクロとGUのような形態です。同じ会社がターゲットを変えて商品を展開するイメージです。

リアル店舗だけでなく、ユニクロとGUはサイト上で一緒に管理運営しています。
リアルのショップ同様に、サイトのデザインにオリジナリティを出すだけでなく、自社のマーケティング手法を取り入れることが可能です。

主要ECモール徹底比較! 特徴を理解し自社に合ったモールを見つけよう

会社のお昼休み、電車移動時間などにスマホを使ってショッピングができるようになり、市場規模は過去5年で1.5倍に拡大しています。これは、スマホが普及し、インフラの整備が整ったことで、EC市場は右肩あがり伸び続けています。この市場に初心者でも簡単に参入できる方法としてショッピングモール型ECサイトの特徴を紹介します。

楽天市場

楽天株式会社が運営する「楽天市場」は、日本で最初にネットでショッピングモールの運営をスタートさせました。そのため、ECのショッピングモール型サイトと言えば「楽天市場」が頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。

楽天市場の利用者が多く会員数は、2020年6月時点で1億1590万人と会員数は増加しています。ショッピングモールの規模が大きいため、楽天ポイント還元などを利用して集客力の強化をしています。

au PAY マーケット

auコマース&ライフ株式会社とKDDI株式会社が統合し運営している「au PAY マーケット」は、2019年にスタートしたショッピングモール型サイトです。

メインターゲットはauユーザーで、ユーザー数3,800万人が見込み客として想定されています。au WALLETと、Pontaのポイント統合に伴いau関連サービスを利用する人達の利用が伸びることが期待されています。

Qoo10

eBayの日本法人であるeBay Japan合同会社(eBay Japan G.K.)が運営している「Qoo10」は、2010年からスタートしたショッピングモール型サイトです。登録者数は1,600万人以上と言われ、若い女性を中心に会員数を増やしています。

Qoo10はカートクーポンを頻繁に発行し、顧客の獲得を積極的に行っています。集客活動として出店者側が指定した数量を上回ると購入できる「共同購入」というシステムがあり、お得な情報を求めてサイトにアクセスする人が多いのが特徴です。

Yahoo!ショッピング

Yahoo! JAPANが運営している「Yahoo!ショッピング」は、1999年にスタートし、2007年にリニューアルオープンさせたショッピングモール型サイトです。

Yahoo! JAPANのサイトはアクセス数が多く1日のアクセス数は10億PV以上です。このサイトの一等地にYahoo!ショッピングはリンクが貼られているので、圧倒的な集客力が使えまるのが特徴です。

Amazon

Amazon株式会社が運営している「Amazon」は、2000年に日本語版サイトをスタートさせてから、常にトップに君臨しているショッピングモール型サイトです。

Amazonの利用者は850万人と言われ、各自が出品した商品を取り扱うため、「保管・梱包・出荷・配送・返品」を全て行うサービスを提供しています。また、Amazonプライムに加入することで、配送サービスの特典だけでなく、映画や書籍などが楽しめるサービスを提供することで、顧客の囲い込みをしているのが特徴です。

ebay

イーベイ・ジャパン株式会社が運営している「ebay」は、フリーマーケットという位置づけではなく、新品の商品を90%取扱うショッピングモール型サイトです。

ebayは、世界190ヵ国以上でアクティブユーザ数が1.8億人と多く、日本だけでなく、海外の人達に向けた商品販売できるのが特徴です。また、Seller Hub(セラーハブ)のリサーチ機能があり、今どのような商品が売れているのかなどを簡単にリサーチできます。

ショッピングモール型サイトのメリット・デメリット

ショッピングモール型サイトは、先ほどご紹介したサイトに出店、または出品をして販売する方法です。ショッピングモール型サイトで販売活動をすることのメリット・デメリットについてご紹介します。

ショッピングモール型サイトのメリット

ショッピングモール型サイトで販売活動をすることは、次のようなメリットがあります。

・集客力がある
・即日販売が可能
・運営側よりサポートが受けられる

ショッピングモール型サイトの知名度の高さで、アクセスするユーザの数が多く集客力があります。また、運営側からのサポートで初心者でも出店したその日から出品が簡単にできるメリットがあります。

ショッピングモール型サイトのデメリット

ショッピングモール型サイトで販売活動をすることは、次のようなデメリットがあります。

・ショップ自体の差別化が難しい
・テナント料やロイヤリティ料金の支払いがある
・競合が多く値下げ競争に繋がりやすい

ショッピングモール型サイトは、運営側の名称のインパクトが強いため、自社とライバルとのブランディングが難しいです。ユーザにとって類似した商品展開をしているライバル社との比較が容易なため、値下げ競争に繋がりやすくなります。

また、売上高に連動して、手数料がアップしていくのもデメリットといえます。

自社ECサイト構築のポイント

自社ECサイト構築を考えている方は、ザックリ次のポイントを抑えて検討するとスムーズに進みますよ。

フルオーダーメイドのフルスクラッチ

フルスクラッチとは、システム構築でゼロから全て自分で制作していく方法です。この方法は、自社に合ったECサイトを構築でき、保守対応や機能の追加がしやすいことがメリットです。

一方、ゼロから作るため、開発にかかるコストと時間がかかることがデメリットになります。

カスタマイズが楽なパッケージ

パッケージソフトとは、すでに出来ているソフトをインストールした上で、設定の変更や機能を追加する方法です。この方法は、システム導入にかかるコストと時間が削減できることがメリットです。

一方、カスタマイズできる部分には制限がかけられ、フルスクラッチと比べると応用範囲が限られてしまうことがデメリットです。

専門スキルが必要なオープンソース

オープンソースとは、外部に公開されているソースコードを使用して制作していく方法です。この方法は、誰でも無料で利用できるオープンソースのプログラムをインストールできるので、コストが削減でき、カスタマイズの応用範囲が広いことがメリットです。

一方、カスタマイズにはWEB制作のスキルが必要とされ、オープンソースを利用することでセキュリティ面のトラブルが発生する可能性があることがデメリットです。

手軽に構築可能なASP

ASPとは、ネットワークを通じてアプリケーションを提供する事業者やサービス利用して制作していく方法です。この方法は、スタート時点のコスが軽減でき、申込手続き完了後、直ぐにアカウントが発行され、商品登録、販売が直ぐにできることがメリットです。

一方、導入した後に利用料金が毎月発生し、外部システムとの連携が難しいというデメリットがあります。

自社サイトで簡単にカートシステムが導入可能

自社サイトをカートシステムで構築できる、初心者向けサイトを紹介します。

Make Shop

GMOメイクショップ株式会社によって、運営されているのがMakeShopです。651の豊富な機能が搭載され、レイアウト変更が可能なデザインテンプレートが173種あり、HTMLやCSSを利用して独自のデザインを作成できます。MakeShopでは、商品の売上ごとに発生する手数料はありません。

料金プランとして、プレミアムショッププランとMakeShopエンタープライズの2つの料金プランから選べます。ユーザ登録は1分程で完了し、直ぐに無料で一定期間利用が可能です。ドメインは、MakeShop内で簡単に作成することができます。プレミアムショッププランに加入すると、無料期間中でも通販検定を保有しているプロからサポートが受けられます。そのため、MakeShopの豊富な機能だけでなく、ネットショップの運営に関する知識を短期間で理解することができるでしょう。

また、簡単にSEO対策ができるWEBページ、商品カテゴリごとに売上データの抽出や売れ筋商品を項目ごとに抽出することが可能です。売上アップをサポートする機能として毎回同じ商品を届ける「定期購入」や毎回違う商品を定期的に届ける「頒布会」の機能が利用できます。支払機能にはAmazon Payが利用でき、個人情報の入力の手間が省けお客様の離脱率を下げることが期待できます。

MakeShopは、アイテムポストという集客機能があります。アイテムポストは大手サイトと連携することで、無料で商品掲載が可能です。商品が売れた都度手数料を支払う仕組みになっているため、売上に応じたコストが発生します。

WEBで初めて出店する人や売上が500万円以下の場合には、カラーミーなど料金体系が安い他のカートシステムからスタートさせてはいかがでしょう。WEBでショップ運営していくうちに、売上がアップし500万円以上狙える段階にきたら、MakeShopで提供している「らくらく引っ越しサービス」で他のカートシステムからMakeShopにデータ移行することをオススメします。

カラーミーショップ

GMOペパボ株式会社によって、運営されているのが「カラーミーショップ」です。カラーミーショップは、利用料金が低価格、350の豊富な機能が搭載、40種類以上のテンプレートが利用でき、うち14種類は無料で利用可能です。HTMLやCSSを使ってページのデザインやレイアウトのカスタマイズを自由に変更することが可能です。

MakeShopよりテンプレートの数は少ないですが、31,000円でMODEのテンプレートを使うことで、こんなサイトが簡単に作成できます。

料金プランは、ラージ・レギュラー・エコノミーの3つから選択でき、ユーザ登録は1分程で完了し、無料で15日間利用できます。ドメインはサブドメインを利用することはもちろん、外部で取得した独自ドメインを利用することも可能です。カラーミーショップでは、メールはもちろんカスタマーサポートから電話をもらう形式で電話の対応もしています。

また、簡単にSEO対策ができるWEBページ、商品カテゴリごとに売上データを抽出できる機能を利用できますが、MakeShopのように売れ筋商品を抽出する機能はありません。オプションになりますがカラーミーリピートの機能を使って、毎回違う商品を定期的に届ける「頒布会」機能やアイテムポストという集客機能も利用が可能です。支払機能にはMakeShop同様に、AmazonPayが利用でき、個人情報の入力の手間が省けお客様の離脱率を下げることが期待できます。

MakeShopのように豊富な機能を利用できませんが、料金体系が低く抑えられサイトの作りもシンプルなので、初めて自社サイトの運営をするならば、カラーミーショップがオススメです。他のサイトからの引っ越しを検討されている人は、オプションになりますが、「開店サポートサービス」を利用してはいかがでしょう。

STORES

ヘイ株式会社によって、運営されているのが「STORES」です。STORESは、48種類のデザインテンプレートが無料で利用可能です。また、多くのデザインパーツが自由に編集ができ、お店のオリジナリティが出しやすい設定になっています。

料金プランは、フリープランとスタンダードプランの2つから選択できます。基本的に無料で利用できますが、お店のロゴの表示や決算手段をカスタマイズする場合には、有料のスタンダードプランがオススメです。

ユーザ-登録は1分程で完了し、直ぐに利用することができます。スタンダードプランに限られますが、STORESの特徴的なサービスとして、独自ドメインが1つ無料で作成できることです。もちろん独自ドメインを取得した後でも末尾がstores.jpのドメインは引き続き利用可能です。サポート体制は、メールのみで、電話の対応は基本的に行われていません。

SEO対策用の専用ページはありませんが、WEBマガジンでSEO対策のノウハウが公開されているので、それを参照しながら対応することができます。集客機能として「Instagram」「WEAR」「note」と連携できるので、SNSを利用して発信している人には広告手段として利用することができるでしょう。

手数料はユーザからの注文が入ると、売上に対してフリープラン5%、スタンダードプラン3.6%、コンビニ決済は別途220円のコストが発生します。他のサイトからSTORESへサイトを引っ越を検討されている人は、無料で相談できるサービスがあるので利用してはいかがでしょう。

BASE

BASE株式会社によって、運営されているのがBASEです。BASEは、デザインテンプレートが11種類ほど無料で提供され、有料テンプレートは5,000円~13,000円で利用が可能です。STORESよりテンプレート数は少ないですが、コーディングができる人であればHTMLで、自由自在にカスタマイズすることが可能です。

料金プランは、基本的に全て無料で利用できますが、機能拡張や追加ができるAppsを利用する場合、月額費用が発生してしまいます。ユーザー登録は1分程で完了し、嬉しいことに独自ドメインを無料で設定できます。サポートは、メールやチャットで対応しており、電話によるサポートは行っていません。

SEO対策用の専用ページはありませんが、オウンドメディアでSEO対策のノウハウが公開されているので、それを参照して自分で対応することは可能です。BASEは集客機能として「Instagram」「note」を活用し、販売している商品・投稿を簡単に発信することができます。

手数料は、初期費用や月額利用料金が無い分、ユーザからの注文が入ると商品代金+送料の3%をサービス利用料として支払う設定になっています。また、5つの決算方法を利用でき、こちらも注文ごとに3.6%+40円を支払う設定になっています。2021年3月3日よりAmazonPayがBASEでも利用可能となり決済手段が増えています。残念ながら他のサイトからの引っ越しのサポートは、現時点では行っていません。

EC-CUBE

株式会社イルグルムから分社化して設立された株式会社イーシーキューブによって、運営されているのがEC-CUBEです。EC-CUBEオープンソースを利用してECサイトを構築するソフトウエアです。

料金体系は、基本的に初期費用と月額費用の2つ設定しています。ECサイトを作成するために必要な機能はもちろん、売上を管理する機能も搭載されています。EC-CUBEの一番の特徴オープンソース型でのため必要な機能のインストールやカスタマイズも自由にできます。EC-CUBEでは公式サイトで「インテグレートパートナー」と称し、認定制作会社をランク付けしています。インテグレートパートナー以外の制作会社でもEC-CUBEでサイト構築は可能ですが、インテグレートパートナーに作成を依頼することで、機能・デザインの幅広いカスタマイズができ、BtoB向けのECサイトに特化した「EC-CUBE B2B」を無料で利用できます。

自社ドメインでショッピングサイトの作成するメリット・デメリット

共有ドメインではなく、独自ドメインを利用してショッピングサイトを作成するメリット、デメリットについてお伝えします。

自社ドメインで制作するメリット

独自ドメインで制作すると、次のようなメリットがあります。

・コストが軽減できる
・顧客の分析が可能

独自ドメインでショッピングサイトを制作した場合、売上に連動するコストが発生しません。また、顧客情報が分析できるツールを自由にカスタマイズし利用することがで、自社が欲しいデータを効率的に収集することが可能です。

自社ドメインデメリット

独自ドメインで制作すると、次のようなデメリットがあります。

・集客が難しい
・ゼロからショッピングサイトの構築が必要

独自ドメインを利用した場合、ゼロから集客をしていく必要があるため、認知されるまで時間とお金がかかります。また、集客には専門知識を必要とするため、よいパートナーを見つけることがポイントになってくるでしょう。

まとめ

今回は、ショッピングモール型・自社型ECサイトの特徴について紹介してきました。ネット上で自分のお店を持つ方法は1つではありません。取り扱う商品種類、商品数、マーケティングの知識などに合わせて選ぶ必要があります。

ショッピングモール型・自社型ECサイトの違いを理解して、自分にマッチした方法を見つけましょう。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

インターネットを活用してビジネスを始めること自体は簡単です。そのためインターネット上にはあらゆるレベルの教材やサービスが存在しています。最新の情報にアップデートされているものから、途中で放置されているものまで本当にいろいろです。

そして、どんな教材やサービスを選ぶかによって、成功の度合いも大きく異なってきます。

評判も良いものから悪いものまでさまざまです。このように評価が安定しないのは、各々の教材のサービスの質が一定していないことが原因です。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • ・まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • ・取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ・ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!

【無料レポート】けいすけ式、eBay輸出大百科

4130分以上の有料級動画コンテンツを無料プレゼントします!

この大百科を見てeBay輸出を実践していただければ、全くの初心者でも完全在宅で月収30万円を達成できる内容になっています。

その方法に興味がございましたら、ぜひ無料で394本のこの動画を受け取ってください。