物販

ショッピングサイトの作成方法、詳しく解説します!

ショッピングサイトとは、ネットショップ、通販サイトなど色々な呼び方がありますが、インターネットで注文を受け付けて商品を販売するウェブサイトのことを指します。

ネット通販を行うには、楽天市場やYahoo!ショッピングなどの既存のECモールに出店する方法もありますが、この記事では、独自にサイトを構築する方法のうちASPカートと呼ばれるものを利用する方法をご紹介します。

ASPカートは手軽にショッピングサイトが作れる便利なサービスなので、これからショッピングサイトを開こうと思っている人は、是非この記事を参考にしてください。

Contents

実店舗とは違うネットショップの特徴

ネット上に存在するネットショップとは反対に実際に街中にあるお店のことを実店舗と呼びます。

ネットショップの作成方法について解説する前に、実店舗と比較した場合のネットショップの特徴について簡単に説明しておきます。

実店舗と比較したネットショップの長所

実店舗を開業するには土地や建物を借りる必要があるため、多額の費用がかかります。これに対してネット上に存在するネットショップでは、これらの費用がかかりません。店舗の内装費や、商品を陳列する棚の購入費も不要です。費用が安いということは、新規に開業する人にとって大きな長所となります。

実店舗の場合、顧客となり得るのは店舗まで実際に足を運べる人のみです。ネットショップの場合は、移動の問題がないため、全世界の人がお客様になり得ます

また、24時間365日商品の注文を受け付けられるというのも大きな長所です。お客様の側からすれば、いつでも買える便利さがあり、商機を逃がすことがありません。

このように、ネットショップには多くの長所があります。

実店舗と比較したネットショップの短所

しかし、ネットショップにも短所がないわけではありません。

まずは集客の問題があります。実店舗の場合は、立地にもよりますが、店の前をたまたま人が通るということがあります。しかし、ネットショップの場合は、検索結果に表示されたり、どこかのサイトからリンクを辿ったりしてくれなければ、お客様はお店の存在にすら気付きません。そのため、集客は実店舗よりも難しくなる可能性があります。

商品を実際に手に取ってもらえないのも短所となりえます。商品の写真と説明文だけで商品の良さを分かってもらう工夫をしなければなりません。

また、ネットショップの場合、他のショップと価格を比較することが簡単にできますから、価格競争になりやすいという短所もあります。

ネットショップを作成する前にチェックしておきたいこと

ネットショップを作成する前にチェックすべきことを3点挙げておきますので、事前に確認しておきましょう。

ネットショップを開業する目的をはっきりさせる

ネットショップを作るときは、何のために作るのかその目的をはっきりさせておきましょう

個人で開業する場合だと、目的が曖昧な人もいることでしょう。副業で始めるのか、趣味の範囲で始めるのか、初めは副業からでもいずれは本業にしたいのか、色々な目的があるはずです。

将来的にどのようなショップにしたいのかによって、ショップの作り方も変わってきます。

パソコンのスキルを確認する

この記事では主にASPカートをご紹介しますが、ASPカートを利用する場合は、パソコンのスキルはほとんど必要ありません。基本的には、インターネットが閲覧できる、ブログの記事が書けるといった程度のスキルがあればOKです。

しかし、企業が本格的なネットショップをオープンソースやECパッケージと呼ばれる方法で作成する場合は話が変わってきます。自社内でサイトの開発を一から行う場合はもちろん、開発自体は専門の業者に依頼する場合でも、自社側の担当者にそれなりのスキルがないと開発業者と話が通じにくくなります。開業及び運用の担当となる社員のパソコンのスキルが十分か、事前に確認しておきましょう。

ショップ開設のために使える費用

初期費用が無料で始められる小さなASPカートもありますが、いくらまで費用をかけることができるのかは事前に把握しておく必要があります。そうしておかないと資金がショートしてしまいます。

ショッピングサイトを作る2つの方法

ショッピングサイトを作る方法としては、ASPカートの他にもECパッケージがあります。

ECパッケージとは、ショッピングサイトの運用に必要な機能がパッケージ化されて提供されるもので、通常は自社向けにカスタマイズした上で導入します。自社用にカスタマイズできるので、既存の顧客管理や在庫管理システムとの連携が図れて便利ですが、相応の費用がかかります。

ASPカートとECパッケージ、どちらを選ぶか

ECパッケージは、基本的に規模の大きなショッピングサイトに適しています。費用はまちまちですが、数百万円あるいはそれ以上かかることもあります(ベンダーと呼ばれるソフトウェア開発会社に開発を依頼して、自社の要望と擦り合わせをしながら作っていきます)。ベンダーとしては、EC-ORANGEが有名です。

これに対して、ASPカートなら、かなり手軽にショッピングサイトが作れますし、全体的に費用も安めです。

ASPカートを利用する長所と短所

ASPカートを利用する長所は、ショッピングサイトが簡単に作れることです。プログラミングの知識は必要ありませんし、セキュリティ対策も企業側で行ってくれるので安心です。

ただ、短所としては、自社向けのカスタマイズができないことが挙げられます。ショップをデザインできなくはありませんが、その自由度には限界があります。

また、ASPがアプリケーションプロバイダの略であることが示しているように、プロバイダによるサービスなので、運用途中でサーバーを移転することもできません。

このように若干の不自由さはありますが、その分手軽なのがASPカートです。

ASPカートには、有料のものと無料のものがある

ASPカートには有料のものと無料のものとがあります。ただし、無料といっても、初期費用と月額利用料がかからないというだけで、決済手数料やサービス利用料といった料金は発生します。

有料カートと無料カートを比較した場合、全体的に有料カートの方がサービス内容は充実しています。例えば、データ容量が多かったり、ショップをデザインする際に使えるテンプレートの種類が多かったり、独自ドメインが利用できたりします。

有料カートと無料カート、どちらを選ぶ?

無料カートの場合でも、売上が発生すれば決済手数料やサービス利用料はかかります。しかし、固定費は掛かりません。このことから、無料カートは、趣味の延長でショップを運営したい人や、ショッピングサイトの運営に予算を割けない小規模な事業者に向いていると言えるでしょう。

これに対して、企業が運用するショッピングサイトで、ある程度の売上を上げることが前提になっている場合や、多少のコストはかかっても機能面が充実したサービスが望ましい場合は、有料カートの方が向いています

また、有料カートでは、月々の利用料を徴収する代わりに決済手数料やサービス利用料が低く抑えられているケースもあります。このようなサービスを使った場合、売上が上がれば上がるほど、無料カートよりもコスト面で有利になります。

無料でショッピングサイトを始められるASPカート

ここからは、具体的なASPカートのサービスをご紹介していきます。

最初は、無料でネットショップを始めることができるASPカートです。個人で始める場合や小規模な事業者の場合は、このタイプのカートがおすすめです。

ショップ開設数が100万を突破している「BASE」

BASEは、無料カートの中でも最も有名なものの一つです。初期費用・月額料金なしでショップを開けますが、商品が売れると決済手数料3.6%+40円、サービス利用料3.0%がそれぞれ発生します。

Appsをインストールすれば、機能拡張も可能です。このAppsには有料のものもあります。

料金プランが選べる「STORES」

STORESには、有料と無料の2つのプランがあります。フリープランは月額料金無料、スタンダードプランは月額料金1,980円です。スタンダードプランにすると、独自ドメインの利用、STORESのロゴ非表示、代引きによる支払などが可能になります。

また、フリープランだと5.0%である決済手数料が、スタンダードプランでは3.6%まで下がります。STORESによると売上が月20万円を越えるとスタンダードプランがおトクとのことなので、この辺りを目安に無料プランにするか有料プランにするかを判断すれば良いでしょう。

4つのプランがある「イージーマイショップ」

イージーマイショップには、4つのプランがあります。無料版なら、初期費用、月額利用料が無料です。ただし、イージーマイショップは、オーダーメイド商品の販売や単品商品のセット販売ができることが特徴ですが、無料版ではこれらが使えません。

以上の特徴を活かすには、月額利用料2,700円のスタンダードか、月額利用料5,400円のプロフェッショナルで契約する必要があります。月額利用料は年間契約した場合のもので、3ヶ月契約ではそれぞれ3,000円、6,000円になります。なお、両プランとも初期費用は3,000円です。

4つ目のプランは、既存のホームページにカードシステムだけを組み込むカートプランというもので、こちらは初期費用3,000円、月額利用料1,800円(3ヶ月契約の場合2,000円)となります。

固定費がかかるがサービスが充実した有料ASPカート

続いては、有料カートを紹介します。毎月の固定費が発生することは難点ですが、全般的に無料のカートサービスよりもサービス内容が充実しています。

扱う商品点数で細かくプランが分かれる「futureshop」

futureshopには、大きく分けて2つのプランがあります。スタンダードプランは月額22,000円から、ゴールドプランは月額81,000円です。スタンダードプランが「から」なのは、登録可能商品数の上限でプランがさらに5つに分かれているからで、22,000円というのは50商品までのプランとなります。商品数10,000までのプランでは、52,000円となり、これを超える場合はゴールドプランを検討することになります。

futureshopには、オムニチャンネル対応のfutureshop ommi-channel、海外向け販売に対応したfutureshop overseasもありますから、必要に応じてこれらも利用してみてください。

売上が増えるほど有利になる「MakeShop」

MakeShopは、初期費用と月額費用はかかりますが、手数料がかかりません。そのため、売上が多くなるほど、割安になるシステムと言えるでしょう。料金プランはプレミアムショッププランのみで、初期費用10,000円、月額費用10,000円です。月額費用は長期契約で7,000円まで下げることができます。

システムカスタマイズが可能になるMakeShopエンタープライズという上位サービスも用意されていて、初期費用50,000円、月額費用100,000円からとなっています。システムカスタマイズを依頼する場合は、開発費用は別途必要となります。

本格的な自社ECのために設計された「ショップサーブ」

ショップサーブは、大規模な自社ECサイトの導入実績も多いショッピングカートです。導入後の運用面まで考えたサービスが提供されています。4つのプランがありますが基本機能は同じで、登録商品数や登録顧客数、データ容量などによって料金が変わります。

パブリック、ベーシック、プライム、プレミアムのプランがあり、パブリックの場合で、開通料(初期費用)15,000円+税、月利用料11,400円+税です。

定期通販機能を備えたASPカート

次に、定期通販機能を備えたASPカートをご紹介します。これまでにご紹介したサービスの中にも定期通販が可能なものはありますが、以下でご紹介するのは、この機能を前面に押し出したサービスです。

サブスクリプション特化型のサービス「サブスクストア」

サブスクストアは、単品通販、定期通販だけでなく、サブスクリプション(定額制サービス)によるデジタルコンテンツの販売などにも対応しています。

料金プランは、初期費用69,800円、月額49,800円のスタンダード、初期費用99,800円、月額79,800円のプレミアムがあります。他に物流システムとの連携なども可能なエキスパートプランもありますが、こちらの料金は個別相談となっています。

初期費用ゼロで始められる「カラーミーリピート」

カラーミーリピートは、リピート通販が簡単に始められるASPカートです。最短10分でショッピングサイトを作成した上で販売を開始できます。

初期費用がかからないのも特徴で、販売開始までは無料です。月額利用料は9,800円、他に決済手数料3.4%+30円がかかります。

HTMLソースの編集も可能な「侍カート」

侍カートはHTMLソースの編集ができるので、知識がある人ならショップデザインの独自性を追及することができます。システムカスタマイズが可能なカスタマイズプラン、一からサイトを構築するフルスクラッチプランがあるのも特徴です。

システムカスタマイズはできないASPプランの場合は、初期費用100,000円、月額費用70,000円となっています。

カスタマイズプランとフルスクラッチプランに関しては、料金は場合によって変わります。カスタマイズプランは、初期費用150,000円から、月額料金120,000円からとなり、フルスクラッチプランは、初期費用1,000,000円から、月額料金300,000円からとなっています。

企業間の取引に特化したショッピングサイトが作れるASPカート

ASPカートというと、消費者へ商品を販売する場合(BtoC)を意識することが多いのですが、企業間での取引(BtoB)を目的としたASPカートもあります。この項目では、BtoBに特化したASPカートをご紹介します。

受発注業務を大幅に効率化できる「Bカート」

Bカートには、取引先に応じて販売価格を変えたり、販売する商品を変えたりといった、一般消費者を相手にしたASPカートにはない機能が搭載されています。掛け払いも可能で、商慣習に合った取引ができます。

料金プランは商品数や会員数で変わり、商品数500、会員数50のライトの場合で、月額9,800円です。初期費用はプラン共通で80,000円となっています。

開店まで専任スタッフがサポート「BeeTrade」

BeeTradeは、開店まで専任スタッフがサポートする体制を取っています。BeeTradeに問い合わせると、デモサイトが提供されたり、概算費用の見積もりが出されたりします。興味がある人は、サイト内の「お問い合わせ」か電話で連絡をしてみてください。

個別相談会や開店設定代行、Googleアナリティクスの設定やコンサルティングなどのサービスもありますが、利用するには別途料金が発生します。

自分に合った方法でショッピングサイトを作ろう!

今回の記事では、ショッピングサイトの作り方について解説してきました。サイトの作り方にはいろいろな選択肢があることがお分かりいただけたでしょうか。

大事なのは、それぞれのサービスの特徴を知った上で自分に合ったものを選択することです。記事内でも書いたように、ショッピングサイトを作る目的を再度確認し、それを達成するのに適したサービスを選んでください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。