物販

【目的別】おすすめの有料・無料ネットショップ開業サービスを徹底比較!

近年、さまざまな機能や特徴を持ったネットショップ開業サービスが登場し、誰でも簡単にネットショップを始められるようになりました。

その反面、どのサービスを選べば良いのか迷ってしまって、なかなか開業に踏み出せない方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、ネットショップの経営目的に合わせたおすすめのネットショップ開業サービスをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

ネットショップ開業サービスの種類と特徴

ネットショップ開業サービスの種類は、大きく分けて以下の3つになります。

  • ショッピングモール型
  • ショッピングカートASP型
  • 独自導入型

この項目では、それぞれの種類の特徴について詳しくご紹介します。

ショッピングモール型

ショッピングモール型は、大規模ショッピングモールの中に自分のネットショップを出店する方法です。デパートや商店街の一角を間借りして、自分の実店舗を出すようなイメージです。

代表的なショッピングモールとして、「Amazon」や「楽天市場」、「Yahoo!ショッピング」、「ZOZOTOWN」などが挙げられます。

ショッピングモール型の最大の特徴は、何といっても「高い集客力」にあります。モール自体のブランド力や認知度が高く、毎日多くの消費者が訪れるため、自社の商品をしっかりアピールできれば短期間で売り上げをアップさせることも可能です。

その一方で、数多くのネットショップが出店しているため価格競争が激しく、利益率が低くなる恐れがあります。さらに、ショップのデザインも同じテンプレートを使用せねばならず、ショップの独自性を打ち出しにくいというデメリットもあります。

ショッピングカートASP型

ショッピングカートASP型とは、ショッピングカート(ネットショップの注文処理機能)をはじめとする、ネットショップの運営に必要な機能全般を提供するサービスのことです。

代表的なショッピングカートASP型として、「BASE(ベイス)」「STORES.jp(ストアズ.jp)」「カラーミーショップ」などが挙げられます。

ショッピングカートASP型には、「無料版」と「有料版」があります。無料版といっても全くの無料というわけにはいきませんが、有料版よりも費用がかからない上、構築に関する専門知識も必要ありません。そのため、初心者の方でも簡単にネットショップが開業できます。

一方、有料版はコストがかかるものの、販売に関する機能が多く搭載されているのが特徴です。さらにサイトデザインのテンプレートが豊富なので、オリジナリティあふれるショップの作成が可能であり、独自のブランディングを行えることも魅力です。

ただし、ショッピングカートASP型はショッピングモール型と違って集客力が弱く、広告やSEO対策といった集客活動に手間やコストがかかる傾向があります。

独自導入型

独自導入型とは、「パッケージ型」や「フルスクラッチ型」と呼ばれるような、ネットショップ構築システムの一部、またはすべてを独自に開発する方法です。実店舗で言うと、土地を買って、その上に自分で店舗を建築するようなイメージです。

代表的な独自導入型として、「EC-CUBE(EC-キューブ)」が挙げられます。

独自導入型のメリットは、自分でシステムを自由に構築できることです。また、導入コストやランニングコストも工夫次第で安く済ませることが可能です。

しかし、システムにトラブルが生じると、自分で解決しなければなりません。また、集客力も弱いため、他のネットショップとの差別化を図るために集客活動に力を入れる必要があります。

【目的別】ネットショップ開業サービスの選び方

それでは、ネットショップ開業サービスの選び方を、経営目的別にご紹介します。ご自分のネットショップの目的と照らし合わせて、ぜひ参考にしてください。

手間をかけずに型番商品を量販したい

手間をかけずに、ブランド商品やメーカー商品などの型番商品を多く販売したい場合は、「ショッピングモール型」サービスがおすすめです。

販売サイトを整備する必要がなく、出品するだけという手軽さが魅力です。また、モール自体に高い集客力が見込めるので多くの消費者の目に留まりやすく、量販タイプのショップに向いていると言えるでしょう。

ネットショップ開業に初挑戦したい

初めてネットショップの開業に挑戦する方には、「ショッピングカートASP型」がおすすめです。

ネットショップ構築に関する専門知識は必要ない上、無料版のASPを選べば、非常に安いコストで始められます。

また、販売手数料を固定しているサービスが多く、売り上げがなかなか見込めない場合でもランニングコストの負担が少ないため、初心者の方でも安心です。

実店舗の商品を販売したい

実店舗を経営している方が新規にネットショップを始める場合などは、有料版のショッピングカートASP型や、独自導入型がおすすめです。

これらのサービスはショップデザインの自由度が高いため、実店舗のブランドイメージを崩すことなくネットショップ運営を始めることができます

「ショッピングモール型」と「ショッピングカートASP型」の費用の違い

「ショッピングモール型」と「ショッピングカートASP型」でネットショップを開業した場合は、基本的にサービス会社に対して毎月の使用料や販売手数料などを支払わなければなりません。

そこで、それぞれのサービスの費用について詳しく解説します。

ショッピングモール型に出店する際の費用

ショッピングモール型に出店する場合は、初期費用をはじめ、月額費用やシステム利用料などがかかります。

たとえば、楽天市場に出店した場合の費用は以下のようになります。

楽天市場(スタンダードプランの場合)

  • 初期費用…6万円
  • 月額費用…5万円
  • システム利用料…月間売上高の2.0~4.5%

さらに、広告費や集客活動費などが別途かかります。

無料版ショッピングカートASPに出店する際の費用

無料版ショッピングカートASPは、基本的に初期費用と固定費は無料ですが、商品が売れるごとに決済手数料がかかります。

たとえば、BASEに出店した場合の費用は以下のとおりです。

  • 初期費用…無料
  • 月額費用…無料
  • 決済手数料…3.6%+40円
  • サービス利用料…3%

また、STORES.jpのように、「フリープラン(無料)」と「スタンダートプラン(有料)」の2種類の料金体系から選べるサービス会社もあります。

有料版ショッピングカートASPで出店する際の費用

有料版ショッピングカートASPは、基本的に初期費用や固定費がかかりますが、決済、集客、運営、リピート化などショップ運営に関する機能が豊富です。

有料版ASPであるMakeShopを利用した場合の諸費用を見てみましょう。

MakeShop(プレミアムプランの場合)

  • 初期費用…1万円
  • 月額費用…1万円(長期契約の場合7,000円)
  • 販売手数料…無料

目的や予算に合わせたサービスを選ぼう

「ショッピングモール型」と「ショッピングカートASP型(無料・有料)」の費用について解説しました。

無料のショッピングカートASPの場合は、機能は少なめですが、初期費用やランニングコストが安く済むというメリットがあります。

一方、ショッピングモールや有料ショッピングカートASPは毎月のコストはかかりますが、その分、ネットショップ運営に関する機能が充実しています

そのため、ご自身のネットショップの目的や予算に合わせたサービスを選ぶように心がけましょう。

おすすめの「ショッピングモール型サービス」のご紹介

この項目では、これまで解説してきた各サービスの特徴や費用を踏まえ、おすすめの「ショッピングモール型サービス」をご紹介したいと思います。ぜひ参考にしてください。

Amazon

Amazonは、毎月5億人近くのユーザーが訪問する世界最大級のオンラインショッピングモールです。非常に高い集客力と、SEOやSEM、アフィリエイト、メルマガ配信に対する万全のサポート体制により、初心者の方でも安心してネットショップ経営を始めることができます。

楽天市場

楽天市場は、1億人を超える会員ID数で圧倒的な集客力を誇るオンラインショッピングモールです。

出店の際には、販売ノウハウを熟知した専門スタッフが売上データの状況に基づいた販売戦略を提案してくれます。

さらに、「楽天SEO」や「楽天広告」などのサービス機能を活用すれば、さらなる売り上げアップが見込めるでしょう。

Yahoo!ショッピング

Yahoo!ショッピングは、国内トップクラスのユーザー数を誇るYahoo! JAPANからの利用者の流入が見込めることから、高い集客率が期待できます。

さらに、初期費用、月額システム利用料、売上ロイヤルティのすべてが無料なので、低コストかつ低リスクのネットショップ運営を目指すことができます。

おすすめのショッピングカートASP型サービス

続いて、おすすめのショッピングカートASP型サービスについて詳しくご紹介していきます。

Make Shop

株式会社GMOが運営するMake Shopは、「651機能」という業界トップクラスの機能数を誇る有料ショッピングカートASPです。173種類のデザインテンプレートをはじめ、SEO対策機能や在庫管理機能、URL自由設定機能、スマホ対応機能など、豊富な機能でスムーズなネットショップ経営を実現します。

さらに、「アイテムポスト」というサービス機能を利用すれば、ヤフーショッピングや価格.comなどの有名サイトにワンクリックで商品を掲載できます。

しかもこのアイテムポストは、商品が購入されたときだけ手数料が発生する「成果報酬型」機能なので、コストを抑えながら顧客を獲得することができます。

カラーミーショップ

カラーミーショップは、Make Shop同様、株式会社GMOが運営する有料ショッピングカートASPです。初期費用と販売手数料が0円、さらに月額費用と決済手数料も低価格設定なので、売上が上がってもランニングコストを抑えることができます。

また、100種類以上の多彩なデザインプレートにより、自由度の高いショップサイトを作ることができます。

さらに、顧客分析や定期購入など、販売に必要な機能が揃っているので、効率的なショップ運営が可能です。

BASE

BASEは、数クリックで簡単にネットショップが作成できる無料ショッピングカートASPです。初期費用と月額費用が無料なので、初心者の方でも手軽にネットショップをスタートできます。

また、テンプレートも豊富なので、個性豊かなショップをデザインできます。

さらに、600万人のユーザー数を誇るショッピングアプリ「BASE」に登録商品を自動表示することができます。そのため、高い集客効果が期待できるでしょう。

理想のネットショップを作るには、ショップの目的に合ったサービスを選択しよう

今回は、「目的別おすすめのネットショップ開業サービス」をご紹介してきました。

理想のネットショップを作るには、ショップの目的に合ったサービスを選択することが重要です。

今回ご紹介した情報を参考にして、ぜひご自身のショップにぴったりのサービスを見つけてください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。