物販

ネットショップの商品撮影はどんなカメラがおすすめ?一眼レフでなくてもいい理由とは

この記事では、ネットショップ運営に必要不可欠な商品画像の用意に焦点を当て、カメラの選び方を紹介します。加えて撮影に役立つ道具の紹介や写真の撮り方のコツまで解説していきますので是非参考にしてください。

何を撮るかによって最適なカメラは違う

カメラ選びというと、高くて機能が多いものが良いのではないかと考えてしまいがちですが、実はスマホやコンデジの性能でも十分ということはあり得ます。カメラ選びのときに重要なのは、「何を撮影する目的で買うのか」です。

撮りたいものによっては、スマホやコンデジでも一眼レフと大差ないクオリティの写真が撮れて、細かいことを言えば一眼レフといっても、人物を撮るのに向いているものから風景を撮るのに向いているものなど得意分野は異なるものです。この項目では、撮るもの別におすすめのカメラを紹介します。

ある程度サイズがあるものを撮るならスマホでもOK

近年のスマホはカメラの性能が上がっているので、バッグや洋服、財布などの小物類であれば問題なく撮影できます。要するに、スマホの画角にちょうど収まり、ズームの必要がないものです。

ズームしないと小さく写ってしまう小さなアクセサリーや、高い画素数がないときれいに映らないジュエリー類・特殊素材の洋服は、スマホでは綺麗に撮影することができません。

無理に近づいて撮ると画質が落ちる原因にもなりますし、ピンぼけも起きやすいです。

《スマホで撮影するのに向いている商品》

  • カチューシャや腕時計などある程度の大きさがあるアクセサリー
  • ノートや本、ポーチなどの小物類
  • カバン
  • 特殊生地ではない服

《スマホでの撮影に向かない商品》

  • 宝石
  • 特殊生地の洋服
  • ピアスや指輪といった小さいアクセサリー

コンデジはジュエリーには向かないものの小さめのものも撮影できる

コンパクトデジタルカメラでは、ジュエリーについてはやはり輝きを映しきることができないですが、高い画素数と光学ズームが魅力です。そのため、ある程度小さいものも映せますし、大抵の商品画像は問題なく撮影できます。

ただし、スマホの性能もどんどん上がってきていて、最新モデルだと光学ズームがついているスマホもでてきているため、手持ちのスマホの性能と購入予定のコンパクトデジカメの性能を比べてみて、より良い方を選ぶといいでしょう。

《コンパクトデジタルカメラで撮影するのに向いている商品》

  • ピアスや指輪といった小さいアクセサリー
  • カチューシャや腕時計などある程度の大きさがあるアクセサリー
  • ノートや本、ポーチなどの小物類
  • カバン
  • 特殊生地ではない服

《コンパクトデジタルカメラでの撮影に向かない商品》

  • 宝石
  • 特殊生地の洋服

ミラーレス一眼・一眼レフカメラならなんでも撮れる

ミラーレス一眼・一眼レフカメラであれば、全てのものを高画質かつ適切なピントで撮ることが可能で、宝石などの光の反射が重要なもの、小さいアクセサリーのように近距離での撮影になるものも綺麗に写すことができます。

なぜなら、ミラーレス一眼・一眼レフカメラは、スマホやコンデジとは違い、レンズの交換が可能だからです。小さなものを撮るときはマクロレンズ、少し大きめのものを撮るときは標準レンズなど、撮るものによってレンズを変えればさまざまな距離感に対応できます。

カメラを選ぶときに気をつけるべき2つのポイント

どんなものにでも対応できる一眼系カメラは万能だというイメージがありますが、誰が・なんのために・何を・どのくらいのクオリティで撮影したいかによっては性能が良すぎて使いこなせないということにもつながります。この項目では、カメラを選ぶときに気をつけたい2つのポイントについて解説します。

注目すべきは重さとメンテナンス費用

重さ

撮影スペースを作り、カメラを三脚で固定して商品撮影をするのならば関係ありませんが、手持ちでの撮影になる場合、重さは重要な基準です。カメラは、重いもの順に、一眼レフ>ミラーレス一眼>コンパクトデジタルカメラ>スマホとなります。撮影者が女性、かつカメラに詳しくない場合は、一眼レフを買ってもただ重いだけの機能を使いこなせないカメラとなってしまうでしょう。

また、機能を使いこなす知識があったとしても、撮影する商品に細かい設定が必要ない場合、やはり宝の持ち腐れになってしまいます。

メンテナンス費用

一眼レフカメラは購入後、定期的なメンテナンスが必要です。また、カメラ全般に言えることですが、一生モノではなく消耗品です。一眼レフとなると購入費用もメンテナンス費用も高くつくので、その分経費を圧迫します。コンパクトデジカメはあまりメンテナンスに出すことはないですし、レンズを買い揃える必要もなく費用が安く済むのが魅力です。

本格的な撮影ができるのは一眼レフの方ですが、ある程度のクオリティを少ない経費で出せるコンパクトデジタルカメラは、コスパのいいカメラと言えます。

商品撮影のコツ

ネットショップで売上を上げるためには、商品画像のレベルを上げることが大切です。良いカメラを使うことももちろん大切ですが、この項目では撮影の仕方に工夫をして、安いカメラでも綺麗に撮影できる手段をお伝えします。

良い写真と悪い写真の違いはなにか

商品画像に使う写真では、商品の特徴や魅力を伝えられることが大切です。たとえば、食品だったら「美味しそうに見えるかどうか」「食べるシーンが浮かぶかどうか」が重要で、更に細かくいえば他の商品と差別化できる部分、色合いや形などが写真から読み取れなければいけません。消費者は「これを買ったらどんないいことがあるか」という未来を想像できなければ商品を買う気持ちにはならないので、小物使いにもこだわって撮影する必要が出てきます。

2つの画像を比べてみましょう。こちらの写真は周りに小物が置いてあり、商品の使用シーン・コンセプトは読み取れる仕上がりになっています。加えてピントと照明は商品にあたっているので、魅力を伝えるという点でもバッチリです。

対してこちらの写真は、まっさらな背景に少し遠めで商品が写っています。全体は見えますが商品の細部が見えず、照明も暗いため魅力を出し切れていません。

魅力的な写真を取るためには、余白の使い方も非常に重要です。あまりに余白が多いと商品の良さが見えないですし、サイズ感も想像しづらい傾向にあります。

ネットショップで商品を出品するときは、画像を複数枚設定できることが多いです。魅力的に見える写真を1枚目にセットし、他の画像でちょっと引き気味の全体像やワンポイントなどに寄った部分写真を使うとより商品のイメージを伝えられます

バリエーションがあるなら全てを掲載すること

同じ商品の色違いなど、バリエーションがある商品に関しては全ての色を撮影し掲載しましょう。文字だけで、「他にも、青、ピンク、グレーがあります」と書いても、イメージがしづらい上に見落としやすいというデメリットがあります。色違いがあると画面も華やかになり、商品の魅力をより伝えられるのでオススメです。

写真加工アプリは使わない

スマホでの撮影では、さまざまなアプリを使用して写り方を変えることができます。しかし、商品画像を加工してしまうともとの色味や雰囲気が伝わらなくなってしまいますし、加工に気づかれて「商品の質が悪いから加工でごまかしているのではないか」と疑われることも考えられます。加工アプリは使わずに、商品を自然体で写すように意識しましょう

切り抜きや色の補正といった編集作業は必須

写真加工アプリは使わないほうが良いと説明しましたが、撮影した写真をそのまま掲載するのはいただけません。ショップに掲載する前に気をつけることは、以下の3つです。

  • 画像のサイズは全商品で統一すること
  • 切り抜きをして余計な部分は削ること
  • 色の補正をして一番魅力的に見えるように仕上げること

サイズを揃えるのは、サイトの見やすさ向上のために必須です。加えて、写真撮影時に余計なものが写った場合、商品に対して余白が大きすぎた場合は切り抜き処理をおこないましょう。

そして、仕上げに色の補正をします。商品の色味が異なって見えない程度に、綺麗に見えるように調整していく、というイメージです。

ネットショップの商品撮影は基本コンデジで十分

ネットショップの商品画像において、基本的に一眼レフカメラは不要です。宝石などの光の屈折が重要な商品を撮影する場合や、全商品がリングやピアスといった小さなもので、特に細部にこだわっているというのならば話は別ですが、本・バッグ・洋服・人形・食品など一般的なものを写すのであればコンパクトデジタルカメラの性能で十分事足ります。

商品撮影で重要視するべきは、カメラの性能よりも照明・背景などの撮影器具です。ここでは、揃えるべき撮影道具について解説します。

いちばん重要なのは光と背景

どんなに良いカメラを使っていても、自宅の机と蛍光灯のもとで撮影していては商品を魅力的に写すことはできません。写真において「光」はとても重要です。どんな光がどの方向から当たるかによって、見え方はまるっきり異なります。背景も、自宅の机や床などで撮っていては、生活感がでてしまう・光の屈折をうまく利用できないことに繋がるので不向きです。

撮影ブースと専用の照明を用意すること

商品の大きさによって必要なスペースは異なりますが、どんなに小さいものを撮る場合でも、撮影ブースは用意しましょう。撮影ブースに専用の照明を置いておくことも大切です。

撮影ブースは、撮影ボックスもしくは白い壁の部屋を用意

取扱商品が小さなものであれば、折りたたみ式の小型撮影ボックスを購入すれば十分です。高さがある商品ならば、椅子タイプもあります。撮影ボックスに入りきらない大きな商品の場合には、壁が白い部屋を用意しましょう。ホームセンターでウレタンボードや背景紙を買って壁にもたれかからせれば、自作の撮影ブースが出来上がります。

 

照明は専用のものを用意

撮影専門のスポットライトを購入すれば、写真のレベルは確実に上がります。小物類の撮影であれば、1本のライトでも十分ですが、大きなものや人物を撮影するときには2つライトがあるとベストです。2つのうち1つは角度調整が可能なものにしましょう。

 

商品撮影にあると便利な3つの道具

商品画像が魅力的に撮れるかどうかは撮影環境が重要な役割を担っています。高価なものを揃える必要はなく、良い写真を撮るために必要な要素を理解して、適切な小道具を揃えます。大型商品でもない限り、立派な撮影専用ルームも必要なく、部屋の片隅に撮影ブースを設けるだけでOKです。

商品撮影のときにあると便利な3つの道具は、レフ板・三脚・トレーシングペーパーです。ここでは、3つの小道具の役割と使い方について解説していきます。

レフ板

レフ板は、明るさの調整をするために必要な撮影道具です。レフ板に光を当てると、商品の裏側、つまり光を当てていない方からも光が反射して商品に当たるので、均一な明るさを出すことができるのです。

撮影ボックスというもともと白い箱で作られた商品もありますが、段ボール箱に自分で買った白いウレタンボードや背景紙を貼ることで自作も可能です。自作だと好きな大きさにつくれることがメリットです。箱でなくとも、机と壁に椅子状になるように髪を貼り付ければ、簡易的な撮影ブースになります。明るさの調整をするためには、レフ板の他に専用の撮影ライトを買うことも忘れないようにしましょう。

三脚

次に必要なのが三脚です。デジカメを手で持って撮影すると手ブレが起きやすく、また商品との距離も安定しません。撮影ボックスの上もしくは横に三脚で固定し、シャッターを押すだけで良い仕組みにしておけば、1日に多数の商品を撮影するのも疲れません。

カメラを置いて、商品をセットして、カメラを持って……と繰り返すより手数も少なく済むため、作業効率の向上も見込めます。三脚は1万円程度で購入可能なので、手も出しやすいでしょう。

トレーシングペーパー

毎回の撮影に使うわけではないですが、持っておくと便利なのがトレーシングペーパーです。撮影ライトをあてたときに、商品によっては光が強すぎると感じることがあります。

そういう場合は、ライトにトレーシングペーパーを巻いて光を和らげましょう。撮影ライトの中にはもともと白い布がはってあって柔らかい光をあてられるものもありますが、直射タイプのライトとトレーシングペーパーを用意することで、安上がりかつ2パターンの光を活用できるようになるため好都合です。

ライトの大きさによってトレーシングペーパーのサイズも選びましょう。A4程度のサイズなら300~400円程度、大判のロール状タイプなら2000~3000円程度で購入できます。

まとめ

ネットショップにあげる画像は、カタログやチラシと違って後々の差し替えも容易ですし、ショップの売上に合わせて徐々に性能の良いカメラを買っていけば問題ありません。最近はスマホもコンデジも性能が高く、キレイな写真が手軽に撮れますので、初心者は安いカメラからはじめて問題ないでしょう。

反対に、はじめからこだわってほしいのは最低限の撮影機材の用意と、写真の構図です。安いもので構わないので、レフ板や照明を用意して、商品が暗く見えないよう意識して撮影に挑みましょう。

構図については、他のネットショップを参考にするのも勉強になります。タダで勉強できて効果は抜群なのでオススメです。ネットショップでは、写真写りがそのまま商品の魅力に直結します。適当に撮影するのではなく、日々腕を磨いていきましょう。