物販

ネットショップで売れるものってどんな商品?選定基準を解説

ネットショップを開業する際に、「売れるもの」とは何かを考える事は重要です。どういった商品を選定するかによって、売れ行きが大きく変わってしまうからです。取り扱う商品を途中で変更する事は出来ますが、取り扱う商品のジャンル自体を変更するのは難しいので、予め売れるものは何かをしっかりと考えてスタートしましょう。

Contents

ネットショップで売れるものとはどんな商品?

安定的にネットショップで売れるものとはどういうものなのでしょうか。ネットショップをスタートすると、商品の売れ行きの動きが見えてきます。売れるもの、売れないもの、どのような違いがあるのか解説します。

そもそもネットショップで売れるものとはどのような商品?

ネットショップで売れるものと売れないものにはどのような違いがあるのでしょうか。ネットショップで売れやすいものには特徴があります。

例えば、重量が重たいものはネットショップで買う理由があるのです。近所のスーパーで買ってしまうと持ち運びが難しいですが、ネットショップで買えば自宅まで届けてもらえます。

自力で買いに行けない商品もネットショップで売れるものに含まれます。ご当地ものの商品は、現地が近い人からすればすぐに手に入れられますが、遠方に住んでいる方にとっては手に入れる事が難しいのでネットショップで買うという流れがあります。

一点物の手作りの商品もファンがいればネットショップで売れます。そのネットショップでしか買えないというのがポイントです。

スキー用品などの季節に関する商品も、時期が外れると一般のお店では取り扱っていない為、ネットショップで売れる事があります。実店舗と違い、管理コストが最小限なのが強みです。

ダイエット食品等、定期的に購入する必要があるものはネットショップで定期購入の契約をしてもらえる事があります。あなただけの仕入れルートを開拓出来れば他社と差別化出来るでしょう。

流行りものの商品に注意!在庫リスクになるかも

流行っている商品は手に入りにくく、その時期は売れやすいですが、流行りがすぎてしまうとすぐに需要がなくなってしまいます。大手のネットショップなら在庫リスクも他の売上で吸収出来ますが、個人でやる小規模のネットショップの場合は極端に大量の在庫を抱えると在庫リスクが発生するので気をつけましょう。

短期間で売りぬく事を考えるよりも、長期間継続して売れ続ける商品を取り扱う方が、ネットショップの経営としては安定します。

商品が売れない原因を分析する

商品がなかなか売れない時は落ち着いて分析してみましょう。例えば、値段設定が高すぎるという事はありませんか?他のネットショップと比べて値段が高いと売れにくくなってしまいます。

どのようなお客様がネットショップに来てくださっているのかを把握し、ニーズに合ったものを販売しましょう。ニーズと取り扱っている商品がズレている場合も売れにくくなってしまいます。

商品の説明は十分にしていますか?興味を持ってもらっても知りたい情報が足りていなければ、購入をためらってしまうのも当然の事です。売上が落ちてきた時は焦ってしまいがちですが、そういう時こそ冷静に分析しましょう。

ネットショップで長期間売れるものとは?

ネットショップで長期間売れるものを取り扱い、お客様に提供し続ける事で売上を安定させられます。具体的にどのような商品かと言うと、定期購入されるような商品や、季節物の商品です。

日本には四季があるので来年もまた同じ時期に同じ季節がやってきます。例えば、ホッカイロのような防寒対策の消耗品は毎年売れ続けています。

定期購入するような商品については上述しましたが、ダイエット食品や健康食品やサプリ等です。定期的に使う物の場合、定期購入した方が買い忘れも防げる為、お客様にとってもメリットがあります。

どうして売れてるものの分析をしないといけないの?

ネットショップの利点は売れている商品のデータが分かる事です。いつ、どの時間帯に何がいくつ売れたのかが明確に分かります。ネットショップによっては、お客様の年齢層や性別まで分かります。

流行りを追いかけるのではなく、長期的に安定して売れるものを見つける為には日々の分析が必要です。

ネットショップで単発で売れるものと継続して売れ続けるものとは?

商品には単発で売れるものと、継続的に長期に渡って売れ続けるものに分かれます。ネットショップオーナーはどうやって継続的に売り続けていくか、その答えを見つけられるかどうかで長く経営出来るかどうかが決まってしまいます。この章では、売れ続けるものについて解説します。

売れ続ける商品を選定する重要性

商品をただ並べているだけでは、お客様に商品の良さは伝わりません。まずは、どうやって売るかを考えましょう。市場をリサーチして、優位に立てる商品を仕入れる事を意識しましょう。

需要があるのに供給が追いついていない商品を狙うだけではなく、SNSでフォロワーを増やしてフォロワーにセールスをするという手法も使えます。メルマガや会員等もフォロワーといえます。売れ続ける商品は、商品の力だけではなく売れる環境あってこそだからです。

通信販売でリピートされる商品の仕組みを参考にし、長期的に利益を確実に伸ばし続けましょう。

ネットショップで売れるものの共通点とは?

ネットショップで売れるものには共通点があります。それは、製品ライフサイクルを見れば分かります。商品の啓蒙活動を行い始めた段階から市場が成熟するまでの間に売っているという点です。

当然ながら、市場が減退している時に参入しても仕方がありません。取り扱う商品がどのような時期にあるのか把握して取り扱うかを検討しましょう。

どのような商品が売れないの?

ある程度しっかりとリサーチをして分析していれば、ほとんどの商品は全く売れないという事はありません。しかし、お客様が求めている商品と提供している商品に大きなズレがあったり、そもそも提供しようとする相手自体を間違っていたなら売れるものも売れません。

値段が高すぎたり、アプローチをミスっていても売れません。十分なリサーチを行い、お客様が求めている商品を把握しましょう。

ネットショップで売れるものってどうやって判断したらいいの?

ネットショップで売れるものについて考える時に、レッドオーシャンになってしまっている市場に飛び込むのはオススメしません。当然、ブルーオーシャンの市場を狙った方が売上は上がりやすいです。

取り扱う商品が製品ライフサイクルのどの位置にあるのかを常に掴んでおきましょう。商品についてしっかりリサーチをしてデータを見る事が重要です。予算の中で効率的に商品を仕入れ売っていく為に目標を作って達成できるように、日々研究していきましょう。

実際にネットで売れるものってどのような商品?

実際にどのような商品がネットで売れているの?と疑問を持っている方もいらっしゃるかもしれません。この答えは簡単で、有名なECサイトプラットフォームでは商品ランキングを発表しています。

具体的なECサイトプラットフォームを一つ挙げると、Amazonが有名です。気をつけなければならないのは、Amazonで売れているからといって、その売れている原因が必ずしも商品の力ではない可能性があるという事です。

商品の力で集客が出来ているわけではなく、プラットフォームありきで売れている事も多いので、あなたがネットショップで取り扱う際には、その商品を売れるだけの導線があなたのネットショップにあるかどうかを判断しましょう。

一時的に劇的に売れるものの特徴とは?

ECプラットフォームの力で売れる商品があるというお話をしましたが、ECサイトの力が無くても劇的に売れる商品があります。例えば、あまり世間で知られていないダイエット器具があったとします。当然、無名で誰も知らなければ誰も買いません。

しかし、インフルエンサーがSNSでダイエット器具を取り扱う事で一気に有名になる事があります。その瞬間、需要と供給のバランスが大きく変わり売れ始めます。テレビの特集や有名なサイトが取り扱う事でも同様の事は起こりえます。

その後、一気に取り扱うお店が増えて競合が増え、売上は落ちていきます。トレンドを掴む事が出来れば一時的に劇的に売れるものを取り扱う事は出来ます。在庫リスクに気をつけましょう。

ネットショップにも必要なコミュニケーション能力と信頼関係

Amazon等で商品を購入する際に、お店の対応に不満を持つ事はあるはずです。梱包、商品の取り扱い、メッセージでのやり取り等、コミュニケーション能力や商品に対する取り扱いが垣間見える場面の一つ一つが信頼関係に繋がります。

適当に商品を扱っているお店や梱包が適当なお店、メッセージのやり取りが雑なお店と信頼関係を構築していくのは難しいです。ネット上での関わりではありますが、お店とお客様との間に信頼関係がないと商品は売りにくいです。

レビューは信頼の要素の一つにすぎませんが、Amazonでレビューを参考にする方は多いはずです。安く買いたいという方もいれば、気持ちよく買いたいという方もいます。商品の力だけではなく、スタッフとお客様の信頼関係が構築できればお店の信頼度が上がります。意識して丁寧にお客様と接していきましょう。

ネットショップで売れるものは目利きで選ぶ

どんな商品が売れるのか、売りやすいのかというのはデータやリサーチで大体わかってくるようになります。しかし、一番旨味が多いのはまだ売れていなくてこれから売れるものです。

まだ売れていない段階で、「これは絶対に売れる!」というものが分かっていれば利幅は大きくなります。それが目利きです。現在取り扱っている商品も違う切り口で見ると新鮮に映る事があります。

そうすると、売り方も変わるので同じ商品でも違った層に興味を持ってもらう事が出来ます。それも目利きと言えます。長期的に売り続ける工夫をする為にも目利きは大切です。

目利きの腕を磨くにはどうすればいい?

目利きが大切なのは分かったが、どうやって鍛えればいいのかや、目利きについての考え方をお伝えします。

需要と供給のバランスはどうなってる?

扱う商品のジャンルが似通っているネットショップを見回せば需要と供給のバランスは見えてきます。需要がある商品は様々なお店が取り扱いますし、需要があまりないニッチな商品は専門店でしか見かけないでしょう。

あなたのネットショップで取り扱っている商品はどうでしょうか。確認してみましょう。

目からウロコ!需給ギャップとは?

需要と供給のバランスが分かったら、需給ギャップにも目を向けてみましょう。供給する側と需要を持っている側の考えが必ずしも一致するとは限りません。簡単に言うと、供給側が売ろうとしているものと需要側が求めているものにズレがあるという事です。

量より質を求める人もいれば、質より量を求める人もいますし、価格が安いものをほしい人もいれば、どれだけ高い商品でもハイクォリティなら欲しいという人もいます。機能性においても求めている部分はそれぞれ違います。

上手く売れない時は、この需給ギャップという視点でも考えてみましょう。

需給ギャップを使ってライバルと違うアプローチをしよう

一般的にこうした方がいいと言われているものと、リアルタイムで求められているものにギャップがある事があります。昔良いと言われていた手法が古くなっていくように、需要の内容も常に変化し続けています。

常識的に考えすぎると、新しい事に目がいきにくくなってしまいます。現在の風潮を加味して独自の切り口で考える事が出来ればライバルと違うアプローチを打ち出す事も出来るでしょう。

現在取り扱っている商品の違う切り口を見つける努力をすると共に、新しく仕入れる商品にもこの視点を入れて検討してみましょう。

ずばりネットショップで売れるものはどんなもの?

ネットショップで実際に売れるもの、売れやすいものにはどのようなものがあるのでしょうか。売れやすい商品には傾向があります。ご紹介します。

遠方に行かないと購入出来ない商品

ネットショップを利用するメリットは、お店までの距離が関係ない事でしょう。近所で購入出来るものをわざわざネットショップで購入する人は少ないです。

遠方でしか購入出来ない限定商品やご当地商品は、実際に現地に行って購入する事を考えると時間と労力とお金のコストが圧倒的にかかります。少々割高になったとしてもネットショップで購入出来れば結果的にお客様からしてお得なのです。様々な理由で、購入が難しいであろう商品を逆算して取り扱う事をオススメします。

定期的に必要になる商品

定期的に必要になる商品もネットショップで売れやすいです。毎日飲み続けるサプリ、ダイエット器具の消耗品等、定期的に消費するものは定期便等で購入した方が買い忘れがないので買う理由になります。

対面では購入しにくい商品

コンプレックスに関する商品を店舗で店員さんと顔を合わせて購入するのはハードルが高いものです。ネットショップでは、ご近所さんやお店の人に顔を見られる事なく購入出来ます。対面で買いにくい商品も、ネットショップで売れるものと言えるでしょう。

重量がある商品

例えば、ソファや冷蔵庫は購入しても自力で持って帰るのは難しいです。量販店でも購入出来ますが、値段が高かったり、配送料を別途取られる事もあります。

量販店で取り揃えられる商品数には限界がありますが、ネットショップの場合は大きな倉庫に在庫を保管出来るので有利です。日用品では、水やお米も重量があるのでネットで買うという人は多いです。

ネットショップで販売する売れる商材を探す

ネットショップで売れる商材を見つけるには、前述した通り、Amazonで売れ筋のランキングを見る事をオススメします。同じジャンルの商材を取り扱うにしても、店舗とネットショップではラインナップが変わってきます。ネットショップの特性を活かした商材選びを心がけましょう。

消耗品が強い!定期購入される商品を選ぼう

ネット商品で取り扱う商材の中でも定番と呼ばれるのが定期購入される消耗品です。気をつけないといけないのが、ネットで他店舗と同じ商材を取り扱う場合に、価格面で不利になるとお客様が流れてしまいやすい事です。

比較検討しやすいのがネットの強みではありますが、その結果、薄利多売になってしまいがちです。商材以外のところで他店と差別化出来ないか検討しましょう。

その地域にしか売っていない商材を取り扱おう

地方にしか売っていないものや、期間限定商品をネットショップで買うという習慣を持っている方もいらっしゃいます。実際に足を運ぶよりもコスパがいいからです。

他にはない特産品や個性的な商材を取り扱えれば差別化に繋がります。有名店を見て参考にしながら独自の商材を模索しましょう。

専門性のある商材は強い!

これだけネットショップが溢れる時代では、個人でデパート型のネットショップを経営するのは無理があります。横に深いよりも、縦に深いネットショップが求められています。

つまり、専門性のあるネットショップという事です。商品のラインナップが専門的であり、商品知識もあるならこだわりを持ってもらえる可能性があります。

手作り作家さんの作品だけを取り扱ったネットショップでは、上手くやれば他にはない品揃えにする事も出来ます。また、専門性でありながら更に利便性にも考慮したネットショップもあります。

例えば、ペット用品を取り扱いながらもペットのご飯やトイレ等、重量のあるものに特化したネットショップです。このように、より絞っていくとニッチになってはいきますが特化していけばライバルも少なくなっていきますので、需給バランスや需給ギャップを見ながら取り扱う商品を検討してください。

ここだけにしかない商品を作る!オリジナル商品を作ろう

自分でデザインした商品を制作するハードルがどんどん下がってきています。ロットも小さく、価格も手頃に作れるようになってきました。オリジナルのTシャツやトートバッグなど、定番のアイテムを取り揃えるだけでもデザインによっては人気になる可能性を秘めています。

外部から仕入れる事だけを考えるのではなく、個性的なオリジナル商品を作ってみる事を検討してみるのもいいのではないでしょうか。

まとめ

今回は、ネットショップで売れるものについて解説しました。しっかりとリサーチをして何が求められているのかを把握し、他のお店とどう差別化するのかを考えましょう。

Amazonの売れ筋ランキングを見て分かる通り、何が売れているのかはすでに答えが出ています。同じように、あなたが抱える疑問の答えはネット上に転がっている事が多いので探してみましょう。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。