物販

オリジナルブランドを立ち上げる方法と失敗してしまう原因

自分のオリジナルブランドを立ち上げて、興味を持ってくれたお客さんに商品を販売できたら嬉しいですよね。しかし、「お店なんて立ち上げたことがないから、何をどうすれば良いか分からない」という方もいらっしゃるでしょう。

そこで、この記事では、オリジナルブランドを立ち上げる方法をご紹介しようと思います。オリジナルブランドの立ち上げ方がわからず困っていた方は、ぜひ参考になさってください。

初心者はアパレルブランドの立ち上げがおすすめ

「オリジナルブランド」として販売できる商品には洋服や雑貨など色んなジャンルがありますが、初心者にはアパレルブランドがおすすめです。まずは、その理由をご紹介します。

専門知識がなくても起業しやすい

「起業」と聞くと、IT企業や飲食業などをイメージする方が多いと思います。しかし、IT系も飲食系も専門知識が必要なので、起業するまでにガッツリ勉強しなければなりません。

一方、洋服や雑貨を取り扱うアパレルブランドなら、ファッション系が好きな方であれば、すでに持っている知識だけで立ち上げられます。もちろん、簿記や経営の知識を勉強する必要はありますが、他の専門的なジャンルよりは始めやすいのがメリットです。

ネットショップならすぐに立ち上げられる

現在では、ネットショップでオリジナルブランドを販売する人がほとんどです。ネットショップを利用すれば店舗を借りたり内装を整えたりする手間がかからないからです。

ネットショップなら、ネットショップ作成サービスを利用すれば、すぐにオリジナルブランドのお店を立ち上げられます。

気軽に取り組める

アパレルブランドは誰でも簡単に立ち上げられるので、本格的なビジネスとしてではなく、趣味の延長としてでも行うことができます。特に、ネットショップでオリジナルブランドを立ち上げた場合は、実店舗のように家賃や光熱費などの維持費がかからないので、費用面でも安心です。

オリジナルブランド商品を販売するプラットフォーム

先ほどは、ネットショップでの販売を例に挙げましたが、他にもオリジナルブランド製品を販売するプラットフォームは数多くあります。

ここからは、「オリジナルブランドの商品をどこで販売したらいいのか」という疑問にお答えします。

ネットショップで販売する

とは言え、オリジナルブランド商品のメジャーな販売方法は、やはりネットショップです。ネットショップと聞くと、Webデザインの知識がないと作ることができない、というイメージを持ちがちですが、実は簡単に作成できます。

最近は、BASEのように、ネットショップの立ち上げをサポートしてくれるサービスが増えています。これらのネットショップ作成サービスを利用すれば、無料または低価格で簡単にネットショップを立ち上げられます。

BASEならHTMLやCSSに関する知識も必要ないので、ずぶの初心者でもオシャレなネットショップが作成できますよ。

自分でWebサイトを立ち上げる

自分でサーバーをレンタルして通販サイトを立ち上げることもできます。Webサイト作成経験のある方なら、簡単にネットショップを立ち上げられるでしょう。

自分でオリジナルのネットショップが作成できれば、ネットショップの規模やデザイン面で他者には真似できないショップを完成させられます。

フリーマーケットやハンドメイドイベントを利用する

対面でオリジナルブランドの商品を販売したい場合は、フリーマーケットやハンドメイドイベントへ参加するのがおすすめです。ネットショップではお客さんと顔を合わせて販売する機会はありませんが、フリーマーケットやハンドメイドイベントならお客さんに直接商品の魅力を伝えられます。

特に大きなハンドメイドイベントにはハンドメイド商品が好きな人たちが集まるので、自分のオリジナルブランドを多くの人に知ってもらうチャンスになります。また、ハンドメイド仲間と知り合いになれるのも嬉しいところです。

実店舗で販売する

自分だけの「お店」を作ることが目的なら実店舗を構えるのも良いでしょう。実店舗なら、内装から商品ディスプレイまで自分の思い通りに行えるため、本当に自分だけのオリジナルショップがオープンできます。

実店舗は家賃や光熱費などの維持費がかかってしまうので、ビジネス初心者には敷居が高いのは事実です。しかし、それ以上に、お客さんと向き合って商売ができるのはメリットです。

オリジナルブランドを立ち上げる方法

ビジネス初心者がオリジナルブランドを立ち上げるには、何をどのように進めていけば良いのでしょうか。

ここからは、オリジナルブランドの立ち上げ方法をご紹介します。

ブランドネームを決めよう

「オリジナルブランドを立ち上げたい!」と思っているからには、取り扱いたい商品がある程度決まっていると思います。そうなると次に必要なのは、ブランドネームの決定です。

ブランドネームを決めておけば、オリジナルブランドの商品を作る際もブランドネームを印刷したり刻印したりできるようになります。まずは、自分のオリジナルブランドのコンセプトや商品ジャンルをもとに、ぴったりなブランドネームを決めましょう。

自分で決められない場合は、クラウドソーシングサイトを利用し、コンペ形式でブランドネームを募集してみるのもおすすめです。

オリジナル商品を作ろう

オリジナルブランドの商品ジャンルは決まっていても具体的にどんな商品にどのようなデザインを施すかまでは決めていない方もいらっしゃるでしょう。ということで、次に行うのは商品作りです。

ここは、オリジナルブランドの立ち上げで一番楽しい段階ですよね。商品のデザインを決めたり、必要な仕入れを行ったり、忙しいながらも充実した時間を過ごせるでしょう。

ただ、特にアパレル商品を取り扱う場合は、タグに注意する必要があります。

洋服を販売する場合は、ブランドネームタグの他にも洗濯タグや素材タグの取り付けが必要です。洗濯タグや素材タグがないと、購入したお客さんが困ってしまいますものね。少し手間のかかる作業ではありますが、アパレル商品を扱う以上は避けて通れないところなので頑張りましょう。

ネットショップを作ろう

販売する商品の手配が完了したら、商品が届くまでの期間を利用してネットショップを完成させておきましょう。ネットショップは先ほどもお話しした通り、ネットショップ作成サービスを利用したり、自分でサーバーをレンタルしたりして開設できます。

商品写真や商品の詳細説明文をアップするまでに、ネットショップのデザインを考えておきましょう。

オリジナル商品を登録しよう

商品が手元に届いたら、商品写真を撮影します。アクセサリーなどの小物類であれば、撮影ボックスを使用して写真を撮れば見た目の印象が良くなりますよ。洋服であれば、真っ白な壁紙を利用したり、大きな白い紙を壁に貼り付けたりして、洋服のカラーやデザインが引き立つ背景にした上で撮影すると良いでしょう。

また、ネットショップではお客さんが直接商品を手に取ることはできないので、詳しい商品説明文が必須です。商品の質感や細かい機能など、写真だけではわからない情報を詳しく記載しましょう。

オリジナル商品を販売しよう

ネットショップの準備ができたところで、いよいよ商品を販売していきます。ただ、実際に注文が入った後で焦らないように、お客さんが購入してくれた場合の段取りもシミュレートしておくのが重要です。

例えば、梱包です。商品によっては配送中に壊れないようにクッション材を使った梱包が必要なものもあります。そのため、壊れやすい商品を扱うのであれば、あらかじめクッション材などの梱包材を用意しておきましょう。また、商品の配送業者も事前に決めておけば、後々慌てることがありません。

オリジナルブランドを広めよう

商品の販売と同時に行っていきたいのが、販促活動です。今では、InstagramTwitterなどのSNSを利用して商品を世界中にアピールできます。写真加工アプリを使ってインスタグラム用、Twitter用の写真にそれぞれ加工して、どんどんご紹介していきましょう。

ただ、オリジナルブランドの場合、既製ブランドとは違い、お客さんに存在を知ってもらうことが非常に難しいです。そのため、SNSではハッシュタグを上手に使って検索で見つけてもらいやすくする工夫を施しましょう。

例えば、パステルカラーの優しい色味の商品を取り扱う場合は、「#パステルカラー 」と入力して、パステルカラー が大好きなユーザーの目に留まるようにしましょう。このような工夫を続けていれば、ネットショップのアクセス数が徐々に増えていくはずです。

オリジナルブランドの立ち上げに失敗してしまう原因

誰もがワクワクするような気持ちでオリジナルブランドを立ち上げますが、中にはオリジナルブランド商品の販売に失敗してしまう人もいます。

ここからは、オリジナルブランド商品の販売に失敗した原因をご紹介しますので、これからオリジナルブランドを立ち上げる際の参考になさってください。

他の人と商品デザインが似ていた

オリジナルブランドを立ち上げたいと思っているからには、何かしら自分オリジナルのデザインが頭の中にあることでしょう。カラフルで元気なデザインであったり、白やグレーを基調としたシンプルなデザインであったり、色んなデザインがあると思います。しかし、商品を販売する前は、似たような商品がすでに世の中にないかどうか必ずリサーチしておきましょう。

実は、オリジナルブランドを立ち上げたものの、他のショップやメーカーさんから「自社の商品と似ているので販売をやめてほしい」と言われるケースがあるのです。多くのオリジナル商品を作ったにもかかわらず、販売中止に追い込まれたら悲しいですし、多くの在庫を抱えてしまうことになったら目も当てられません。

商品づくりが不十分だった

取り扱う商品は決めていても、具体的な商品づくりが十分でない場合は、思ったように売れないケースがあります。

例えば、最近では普通のシンプルな白のTシャツにオリジナルデザインを印字して販売できるサービスが多くありますよね。しかし、シンプルなプリントTシャツは世の中にありふれているため、ただオリジナルのイラストを印字しただけでは売れないことが多いです。

実際、Tシャツといってもシンプルで真っ直ぐなデザインのものもあれば、シンプルだけど袖に少しアクセントのあるものなど、工夫を凝らしたデザインの商品がありますよね。ただプリントをデザインするだけでなく、形もしっかりとデザインしておくことが売れる商品づくりのポイントです。

商品の種類が少なかった

商品のバリエーションが少なすぎてネットショップに訪れてくれたお客さんが離脱してしまうケースも多く見受けられます。例えばTシャツの場合、「このデザイン可愛いなぁ」と思ってネットショップを訪れてくれても、販売しているのがMサイズのみで、自分に合ったサイズの商品がなければ、お客さんは購入するのを諦めてしまうでしょう。

そのため、ネットショップを本格的に運営していくなら、商品の種類やサイズ、カラーなどを豊富に取り揃えておく必要があります。

ブランドをアピールできなかった

オリジナルブランドの場合は、集客が非常に難しいです。せっかくネットショップを立ち上げたのに、お客さんがほとんど来てくれなかったなんてことも少なくありません。そのため、商品づくりと同様に集客にも時間と労力をかける必要があります。

友達や親戚にネットショップを宣伝していくのも良いですが、それだとお客さんが限られてしまいます。SNSなどを利用して商品情報を発信していくと同時に、ほかのアピール方法も試してみましょう。

例えば、インスタグラマーに商品を提供して宣伝してもらうのもひとつの方法です。「好きなインスタグラマーが利用している商品なら信頼できる」と考える人も多いので、どんどんお願いしてみましょう。

簡単にあきらめてしまった

オリジナルブランドを立ち上げたいという熱意だけが先走りして、スキルが追い付いていなかった人も多くいます。

もちろん、商品のブランディングや経営に関するスキル不足を実感してから必死に勉強してビジネスを成功に導いた人もたくさんいます。しかしながら、「自分じゃ無理」と簡単にあきらめてしまう人が多いのが実情です。

もしあなたがオリジナルブランドを立ち上げてみて、思ったよりも上手くいかなかった場合は、商品販売の経験とスキルを持った人に相談してみましょう。

例えば、ココナラでは、ビジネス初心者に向けて色々なアドバイスをしてくれる人が集まっています。相談したからといって100%ネットショップを成功に導ける保証はありませんが、誰かに相談することで新しいアイデアが生まれる可能性は十分にあります。

上手くいかないからといって簡単に諦めないようにしましょう。

オリジナルブランドを立ち上げよう!

今では誰でも簡単にネットショップを立ち上げられるようになりました。自分が考えたオリジナルブランドの商品をネットショップで販売してみたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。

ぜひ、今回ご紹介したオリジナルブランドの立ち上げ方や失敗の原因などを参考にして、自分らしいオリジナルブランドを立ち上げてくださいね。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。