物販

個人でも簡単!海外輸出ビジネスの特徴と始め方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

現在は様々な個人ビジネスがあります。海外輸出もその1つです。最近はインターネットが普及したおかげで、個人でも簡単に海外輸出ができるようになりました。

輸出ビジネスは初期費用がほとんどかからず、ライバルも少ないため、個人でも稼ぎやすいと言われています。しかし、注意点もいくつかあります。

そこで今回は、個人輸出ビジネスのメリット・デメリットと、海外輸出の始め方を解説します。

現在の輸出ビジネス

輸出業と聞くと、コンテナに積み込んだ貨物を港から輸送するというイメージがあるためか、個人ではとてもできない難しいビジネスという印象があるかもしれません。

しかし、現在は海外のネットショップに出品して郵送するだけで済むため、個人でも簡単に輸出ができるようになっています。

日本製品の需要が高い

世界的に見ると日本製品は品質が高いため、どこの国でも喜ばれます。そのため、海外輸出は国内販売よりも儲かりやすいとも言われています。

輸出業のメリット

まずは、輸出ビジネスのメリットを5つ紹介します。

初期費用が安い

土地を借りたり店舗を建てたりする必要がないため、一般的なビジネスと比べて初期費用が安く済みます。パソコンとネット環境さえあれば初期費用はかかりません。仕入れにお金はかかりますが、無在庫販売なら注文が来てから仕入れればよいため、在庫を抱えて赤字になるリスクもありません。

利益が大きい

海外では日本製品に対して「クオリティが高い」というイメージがあります。そのため、「Made in Japan」というだけで相場が上がります。仕入れ値の倍以上の値段で売れることも珍しくありません。

ブルーオーシャンが多い

輸出ビジネスには外国語でのコミュニケーション国際配送の手配関税の支払いなど様々な参入障壁があります。そのため、国内物販に比べるとライバルが少なくなっています。

また、国内物販と海外物販では市場規模が桁違いに異なります。日本最大のオークションサイト「ヤフオク」の利用者は2000万人近くいますが、世界最大級のオークションサイト「eBay」の利用者は2億人以上です。市場規模は10倍以上です。

つまり、輸出ビジネスは国内物販より市場規模が桁違いに大きいにも関わらず、ライバルが非常に少ないのです。したがって、いまだに市場が飽和しておらず、ブルーオーシャンがたくさんあります。少しリサーチするだけで独占販売可能な商品を探し出すこともできます。

自宅で完結する

海外輸出と言っても、現在は仕入れから出店まで全てネット上で完結するため、パソコンとネット環境さえあれば自宅でも行うことができます。さらに、ネットバンキングや発送代行業者を利用すれば、家から一歩も出ることなく生活することもできます。

個人事業の中では社会的地位が高い

個人でもできる事業はたくさんありますが、どれも社会的には評価されていないものばかりです。

  • アフィリエイト
  • Youtuber
  • 転売、せどり

特に転売に対する世間のイメージは最悪です。正規品を買い占めて定価より高く売る人が増えたためです。しかし、同じ転売でも販売先が海外になると「輸出業」として認識されます。国内転売も海外輸出もやっていることは同じ「転売」ですが、「海外輸出」というだけで社会的地位が一気に上がります。

そのため、個人輸出ビジネスは友達や家族にも誇ることができます。

個人輸出ビジネスの2大デメリット

しかし、個人輸出ビジネスには以下のようなデメリットも存在します。

為替変動の影響がある

為替は常に変動しています。円高のときは海外で日本製品が割高になるため売れ行きは悪くなりますが、海外から商品を仕入れる場合は安く仕入れることができます。逆に、円安のときは海外で日本製品が安くなるため、売れ行きが良くなります。しかし、海外商品を購入する場合は価格が高くなります。

そこで、海外輸出をする際は海外輸入も同時に行うことをおすすめします。円安時は積極的に輸出して商品を売り、円高時は海外から安く仕入れた商品をヤフオクなどに出品すると効率よく稼ぐことができます。

配送トラブルが多い

日本の配送業者と比べると、海外の配送業者は荷物の扱いが雑です。

  • 未着
  • 商品の破損
  • 商品の紛失

などのトラブルがしばしばおきます。したがって、海外に発送する際は国内向けの梱包よりも丁寧に梱包した上で、EMSや書留など追跡番号が発行される配送方法で商品を発送しましょう。ただし、以下の国・地域では荷物の追跡ができなくなっているので注意してください。

  • アフリカ全土
  • 南米全土
  • オーストラリア
  • カナダ

個人輸出のやり方

続いて、個人輸出ビジネスの始め方と注意点を解説します。

個人輸出ビジネスに必要なもの

個人輸出ビジネスを始めるために最低限必要なものは以下の通りです。

海外取引ではPayPal決済が便利です。PayPalを利用すれば、取引相手に口座番号やクレジットカード情報を知られる心配がありません。また、配送トラブルが起きた場合も「売り手保護制度」を利用すれば補償を受けることができます。

出店するECサイトの選定

個人輸出をする上で最初にすべきことは販売形態の決定です。

個人輸出をする方法は大きく分けて4つあります。難易度が高い順に並べると以下のようになります。

  1. 海外に個人店舗を出す
  2. 海外のショッピングモールに出店する
  3. 海外向けの自社ECサイトを作る
  4. 海外向けのECモールに出店する

ゼロから個人輸出ビジネスを始める場合は、一番難易度の低い4.海外向けの越境ECモール(モール型のECサイト)に出店することをおすすめします。

日本商品の需要調査

出店先となるECサイトが決まったら、そのサイトで需要のある日本の商品を探しましょう。

商品の需要は国によってもECサイトによっても違います。各国・各ECサイトで売れ筋の商品をリサーチしましょう。

扱う商品が決まったら、仕入れ先を確保しましょう。日本国内の大手仕入れ先を以下に挙げておきます。

  • Amazon
  • ヤフオク
  • モバオク
  • メルカリ
  • ラクマ

国際配送ルートの確保

続いて、配送ルートを確保しましょう。日本から海外に発送する場合、以下の方法のいずれかを利用することになります。

◆日本郵便

  • EMS
  • SAL便
  • SAL便書留
  • eパケット
  • eパケットライト
  • 航空便(AIR)
  • 航空便書留

◆ヤマト国際宅急便

◆佐川 飛脚国際宅急便

おすすめは荷物の追跡ができるEMSや書留です。

海外のおすすめECモール

個人輸出しやすい海外のECモールを5つ紹介します。

Amazon.com(アメリカのAmazon)

参考:アメリカ版Amazon

 

アメリカのAmazonは市場規模が大きく、利用者数は1億人を超えています。また、アメリカのAmazonにおける日本製品の売上スピードは比較的速く、相場も高いため十分に利益を出すことができます。

Amazonなら海外の顧客と直接やり取りする機会はほとんどありませんし、カスタマーセンターへの問い合わせも日本語でできます。そのため、外国語が苦手な人でも比較的簡単に取引できます。

また、サイトのレイアウトやデザインが日本のAmazonと同じなので操作も簡単です。

eBay

参考:eBay

 

eBayは世界最大級のオークションサイトです。オークションサイトと謳っていますが、固定価格での出品が主流です。eBayで出品し始めて間もない間は、1ヶ月10出品・500ドルまでという出品制限がありますが、上限は徐々に上がっていきます。むしろ、この出品制限のおかげでライバルが少ないためおすすめです。

BUYMA

BUYMAは海外ブランド品に特化した通販サイトです。

参考:BUYMA

BUYMAでは無在庫転売が公式に認められており、注文発生から18日以内に商品を発送すれば良いことになっています。仕入れ先の在庫がなくなるなどの理由で発送まで18日以上かかる場合は、延長申請も可能です。

BUYMAは日本向けの通販サイトですが、英語版BUYMAへの自動出品設定をONにしておけば、日本のBUYMAに出品するだけで、アメリカのBUYMAにも自動出品されます。

参考:BUYMA(英語版)

Lazada

東南アジアへのEC出店を考えている企業には、LAZADAをおすめします。

LAZADAはベトタム・インドネシア・マレーシア・フィリピン・シンガポール・タイで圧倒的シェアを獲得している東南アジア最大のECモールです。現在は中国の巨大企業「アリババ・グループ」の傘下に入っています。

ただし、LAZADAに出品できるのは現地で法人格を取得した者に限られます。個人での出品はできません。

タオバオ

個人で中国輸出をする場合は、アリババグループが運営する「タオバオ」というサイトをおすすめします。

参考:タオバオ

タオバオは中国国内シェア70%以上を誇る、中国最大のCtoC(個人間取引)ECモールです。日本で言うとヤフオクやメルカリが近いですが、市場規模はその比ではありません。会員数は約5億人、年間流通額は日本円にして50兆円以上と言われています。

海外輸出の中でも中国輸出は難易度が高いため、タオバオには日本人のライバルセラーがほとんどいません。そのため、独占販売も可能です。

海外の市場調査

海外の需要・市場調査をする方法は大きく分けて2つあります。現地の店舗を回って調査する方法とネットを使って調査する方法です。ネット上での調査は自宅でもできるため、こちらをおすすめします。

eBayの市場調査

最も簡単に商品需要を調べられるサイトはeBayです。eBayでは以下の手順で過去の出品商品を調べることができます。

1.検索フォームの「Search(検索)」の右にある「Advanced(詳細検索)」をクリック

2.「Completed listing(出品終了商品)」にチェック

3.商品名を入力して検索

価格が緑色で表示された商品は落札済み商品で、黒色で表示された商品が未落札商品です。

落札済み商品が多ければ需要の高い商品と言えます。また、落札価格から相場も把握することができます。

もちろん、市場ごとに需要は異なりますが、eBayは市場規模が大きいため、eBayでの需要が分かれば他の市場の需要も何となく把握できます。

輸出で儲かる商品

海外でよく売れる日本製品の特徴を紹介します。

小さい軽い壊れにくい

やはり、小さくて軽く壊れにくい商品は輸出転売に適しています。

家電製品であっても、充電器などの小さいものであればよく売れます。

日本の工具・工芸品

日本の伝統工芸品は海外で高い評価を得ています。

お米好きのアメリカ人には、日本の土鍋が人気です。特によく売れているのは「ご飯土鍋 伊賀風」です。

また、日本製の大工道具も品質が高いことで有名です。特に、アメリカのAmazonでは「土牛 両口玄能」などの木工用ハンマーが人気です。

 

 

キャラクター商品

日本のアニメはアメリカでもポピュラーで、キャラクターグッズがよく売れています。

特に、ジブリ作品関連のグッズの売れ行きが伸びています。エンスカイのアートクリスタルジグソーパズルシリーズは、完成後に持ち上げても外れず、少し透けて見えるため、おしゃれなインテリアとして購入する人も多い商品です。

 

輸出は簡単

輸出は出品や発送作業が国内取引よりも面倒ですが、慣れれば簡単です。むしろ、海外の方が日本製品の需要が高く市場が大きいため、稼ぎやすいと言えます。ぜひ、海外輸出にチャレンジしてみて下さい。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る