物販

「〇〇ペイ」はどれがいい?6大キャッシュレス決済サービスを解説!

スマホで決済できる「スマホ決済サービス」が急速に普及しています。スマホで簡単に決済できる手軽さだけでなく、政府がキャッシュレス化を推進していることもあり、利用者が急増しています。

しかし、スマホ決済サービスには非常に多くの種類があり、どのサービスを使ったら良いのか迷っている人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、「PayPay(ペイペイ)」、d払い、楽天ペイ、auPay、メルペイ、「LINE Pay(ラインペイ)」という6種類のサービスを解説します。

サービス名を見てもわかるとおり「〇〇Pay」という名前がほとんどで、「ペイサービス」とも呼ばれるようになっています。難しそうに感じる人もいるかもしれませんが、とても簡単です。これを読むことで、ぜひ自分に合ったスマホ決済サービスを見つけてみて下さい。

「〇〇ペイ」スマホ決済サービスのメリットとデメリットは?

「〇〇Pay」で知られるスマホ決済サービスですが、買い物に行くにも財布やクレジットカードを持ち歩かなくて良いので、とても便利です。まずはそのメリットとデメリットから整理してみましょう。

スマホ決済サービスの4つのメリットとは?

まず1つ目は、街歩きで財布が不要になることです。スマホだけで買い物が済んでしまうというのはとても便利です。

2つ目はポイント還元があることです。利用した金額や頻度に応じてポイントがたまっていくので、現金払いよりもお得です。

3つ目は、買い物の履歴がきちんと残ることです。いつどこでいくらの買い物をしたのかが記録されるため、個人の支出管理も楽ちんです。

4つ目は友達との間で送金ができることです。銀行振り込みだと手数料の高さがネックですが、ペイサービスなら無料で個人間送金が可能なサービスもあります。

スマホ決済サービスの3つのデメリットとは?

デメリットとしては次の3点があげられます。

まず1つ目は、スマホの充電残量の問題です。スマホで決済できるということは、逆に言えばスマホの電源が入らないと決済できないということを意味します。充電残量がギリギリの時など、ハラハラしながら買い物をしたという人は少なくありません。

2つ目は、セキュリティーの問題です。それぞれの業者がセキュリティー対策を強化していますが、もし万が一不正アクセスがあった場合は、勝手に金額が使われてしまう可能性もゼロではありません。

3つ目は紙のレシートが発行されないことです。もし支出管理を紙ベースで行いたいという場合は、ネックとなるでしょう。

政府の「キャッシュレス消費者還元事業」で「〇〇ペイ」のメリット拡大!

スマホ決済サービスを利用する上で、ぜひチェックしておきたいのが日本政府による「キャッシュレス・消費者還元事業」の存在です。

これは、2019年10月1日に消費税率が引き上げられたことに合わせてスタートしたものです。2020年6月末までの9ヶ月間の限定ですが、対象店舗でキャッシュレス決済を行うと、最大で5%のポイント還元が受けられます。

参考:キャッシュレス・ポイント還元事業(キャッシュレス・消費者還元事業)(一般社団法人キャッシュレス推進協議会)

対象となる店舗とキャッシュレスの手段は?

「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象店舗は限定されています。ポイント還元対象のであることを示す専用のポスターが店頭に飾られているほか、ホームページでもチェックができます。

また、キャッシュレスの手段は、QRコード決済だけでなく、クレジットカード、デビットカード・電子マネーとさまざまです。まずは、日常で利用しているお店が対象店舗かどうかを確認してみましょう。

参考:登録されている消費者向けサービスを探す | キャッシュレス消費者還元事業

「軽減税率制度」のメリットを解説!

また消費税の増税に合わせたキャンペーンはもう一つあります。それが「軽減税率制度」です。これは税負担を軽減する制度で、一部商品については従来と同様に8%の商品税率で買い物が可能です。

つまり軽減税率制度が適用された商品を探し出し、それをキャッシュレス特典で購入すれば、ダブルで恩恵を受けることも可能です。

「軽減税率制度」の対象は、酒や外食を除く飲料食品、新聞などです。細かい取り決めがあるため、詳しいことは以下のサイトを参照してください。

参考:軽減税率制度とは(リーフレット等)|国税庁

「〇〇ペイ」はどれがいい?2種類の決済の仕組みとは?

スマホ決済の支払い方法には2つあります。1つは「NFC(非接触IC決済)」で、もう1つは「QRコード決済」です。名前が難しく聞こえるかもしれませんが、前者はスマホを端末にかざすタイプで、後者はQRコードを使ったタイプになります。

NFC(非接触IC決済)とは?

NFC(非接触IC決済)は、非接触という名前がついているとおり、スマホを専用端末にかざすことによって決済するというタイプです。今回の記事では紹介していませんが、たとえば、Suica、Edy、Apple Pay、Google Pay、おサイフケータイなどが、このタイプになります。

QRコード決済とは?

QRコード決済は、QRコードを読み取ることによって決済するというタイプです。

このタイプの場合、決済方法は2つあります。1つは「お店に置いてあるQRコードを、ユーザー自身がスマホで読み込む」という方法です。もう1つは、「店のスタッフが、ユーザーのスマホに表示されたQRコードを読み取る」という方法です。

このタイプとしては「PayPay(ペイペイ)」、d払い、楽天ペイ、auPay、メルペイ、「LINE Pay(ラインペイ)」などがあります。これら6つのサービスについては、後ほど詳しくご紹介します。

どれがいいか迷いがちな「〇〇ペイ」の2つの着目ポイント!

たくさんのスマホ決済サービスがありますが、あまりに多いのでどれを使ったらよいのか迷ってしまいます。選び方にはいくつかの軸がありますが、ここでは大事な点として2つの要注目ポイントを紹介します。

ポイント還元率は、どれくらい?

1つ目に注目すべきことは「ポイント還元率は、どれくらいか」という点です。

スマホ決済サービス各社それぞれが、ポイント還元率を定めています。単純に金額ごとにパーセンテージを決めているだけでなく、期間限定のキャンペーンがあったり、その他の別の基準でポイント還元を用意している場合もあります。

利用するなら、できるだけ多くの恩恵を受けたいものではないでしょうか。「利用することで、どれくらいの還元があるか」という点に注目してみましょう。

決済サービスが利用できる店はどこ?

2つ目に注目すべきことは「決済サービスが利用できる店はどこか」という点です。

スマホ決済サービスによって、利用できる店が異なります。Aという決済サービスでは馴染みのレストランで決済できるのに、Bという決済サービスでは決済できないというようなこともありえます。「自分がよく利用している店でも使えるかどうか」という点は、必ず事前に確認しておくことをオススメします。

「〇〇ペイ」を使ってみよう!使い方は簡単!

ここまで読んで「ぜひスマホ決済サービスを利用してみたい」という人も少なくないでしょう。使い始めるための用意が気になるところですが、難しい手続きはありません。始め方と支払い方法のタイプを説明します。

スマホ決済サービスの始め方

スマホ決済サービスは、スマホを使って決済を行います。難しそうに感じる人もいるかもしれませんが、使い始めるまでの流れは次の通りです。

①決済サービスのアプリをダウンロードする。
②ユーザー登録を行う(銀行口座やクレジットカード情報など)
③スマホを使って買い物する

登録方法は難しくありません。気軽に使い始めることが可能です。

スマホ決済サービスの3つの支払い方法

支払い方法は3タイプです。

1つ目は「前払い方式」です。プリペイド型と呼ばれるもので、事前に入金(チャージ)することで、入金した金額の分だけ利用することが可能になります。

2つ目は「即時引き落とし方式」です。「リアルタイムペイメント」とも呼ばれますが、銀行口座から即座に支払われます。いわゆるデビッドカード型の決済方法です。

3つ目は「後払い方式」です。登録したクレジットカードやスマホの通信料金と合わせて引き落とされます。

どれがいいかわかる!スマホ決済「〇〇ペイ」の6サービスを解説!

それでは具体的に各社のサービスを紹介していきましょう。比べてみることにより、ぜひ自分に合ったサービスを見つけてみて下さい。

「PayPay」(ソフトバンク)

「PayPay」はPayPay株式会社が運営するサービスで、ソフトバンクグループ株式会社、ソフトバンク株式会社、そしてヤフー株式会社の3社が共同出資で誕生したものです。派手なキャンペーンが有名で、かつては大規模な100億円ものキャッシュバックキャンペーンを展開したり、飲食店やコンビニ、スーパーを対象とする最大20%オフキャンペーンなどを行っています。キャンペーン活動に熱心なことに加え、利用可能な店舗が多いことも特徴です。

決済方法
・PayPay残高(銀行口座またはヤフーカードからチャージが可能)
・Yahoo!マネー
・クレジットカード

参考:PayPay – QRコード・バーコードで支払うスマホ決済アプリ

「d払い」(ドコモ)

「d払い」はドコモが提供するサービスですが、ドコモ以外のユーザーでも利用することができます。

ドコモが運営しているため、携帯料金と一緒に引き落としができるのが特徴です。ドコモユーザーを対象とする「dポイントスーパー還元プログラム」は、最大7%もの還元をするという太っ腹サービスです。ドコモユーザーなら、ぜひチェックしてみましょう。

決済方法
・携帯料金と一緒に引き落とし
・現金チャージ
・クレジットカード

参考:d払い – dポイントがたまる!かんたん、便利なスマホ決済

「楽天Pay」(楽天)

「楽天Pay」は、楽天市場で知られる楽天株式会社が運営するサービスです。楽天に登録したカードで決済され、利用に応じて楽天ポイントも付与される仕組みです。楽天市場をよく使うという方なら、ぜひ検討してみるとよいでしょう。

たとえば、楽天カードを使って楽天Payを使えば、楽天ポイントが二重で獲得できてしまいます。楽天市場や楽天カードのユーザーであれば、楽天Payはピッタリの決済サービスだと言えるでしょう。

決済方法
・クレジットカード
・楽天キャッシュ(電子マネー)

参考:楽天ペイ – 街もネットも簡単お支払い!期間限定ポイント使える!

「au Pay」(KDDI)

「au Pay」は、KDDI株式会社が運営するサービスです。KDDの運営なのでメリットはauユーザーの方が大きいですが、auユーザーでなくても使えます。

なお、楽天と提携していることから、楽天Pay加盟店(全国120万店舗)でも利用できるのが特徴です。またクレジットカードでチャージを行うと、au PAYの還元に加えて、クレジットカードのポイントもたまります。

また「三太郎の日」というキャンペーンを展開しており、毎月3日、13日、23日に限定して、au PAY支払いに対する特別な特典が用意されています。詳しくは以下のページを参照してください。

参考:三太郎の日 | au

決済方法
・クレジットカード
・事前のチャージ

参考:スマホでお得にお買い物|au PAY(コード支払い)

「メルペイ」(メルカリ)

日本最大のフリマアプリで知られる「メルカリ」が運営しているサービスです。フリマアプリと連携しているため、メルカリで売り上げた金額が、そのまま電子マネーとして使えるというのが特徴です。

また取り扱い店舗が多く、日本全国で135万を超えています。メルカリのアプリがそのまま使えるため、メルカリをよく使う人なら、必ずチェックしておきたいサービスです。

決済方法
・バーコード
・QRコード
・iD

参考:メルペイ – メルカリアプリでかんたんスマホ決済・QRコード決済

「LINE Pay」(ライン)

「LINE Pay」は、コミュニケーションアプリで知られる「Line」が運営するサービスです。通常の決済アプリのように使えるだけでなく、LINEでつながっている友達との個人間送金や、割り勘サービスなどがあるのが特徴です。

また「LINEポイントクラブ」というサービスがあり、過去6ヶ月間のLINEポイントの獲得量に応じて所属ランクが決まり、Line Payチャージやペイ利用の還元率が上下するようになっています。

決済方法
・銀行口座によるチャージ
・LINE Payカード
・コンビニ
・オートチャージ

参考:LINE Pay – スマホのおサイフサービスLINE Pay

「〇〇ペイ」はどれがいい?まずは試しに使ってみよう!

「ペイサービス」とも呼ばれる「スマホ決済サービス」について、メリットやデメリット、日本政府の「キャッシュレス・消費者還元事業」、決済の仕組みや選び方について解説してきました。また主要な6サービスについても紹介しました。

今や「スマホ決済」はどんどん普及をしており、そう遠くないうちに、現金を使わないキャッシュレスエコノミーが到来するとも言われています。この記事を読んで、ぜひスマホ決済を体験してみて下さい。将来の変化の一端が、肌で感じられるようになるに違いありません。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

インターネットを活用してビジネスを始めること自体は簡単です。そのためインターネット上にはあらゆるレベルの教材やサービスが存在しています。最新の情報にアップデートされているものから、途中で放置されているものまで本当にいろいろです。

そして、どんな教材やサービスを選ぶかによって、成功の度合いも大きく異なってきます。

評判も良いものから悪いものまでさまざまです。このように評価が安定しないのは、各々の教材のサービスの質が一定していないことが原因です。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • ・まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • ・取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ・ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!

【無料レポート】けいすけ式、eBay輸出大百科

4130分以上の有料級動画コンテンツを無料プレゼントします!

この大百科を見てeBay輸出を実践していただければ、全くの初心者でも完全在宅で月収30万円を達成できる内容になっています。

その方法に興味がございましたら、ぜひ無料で394本のこの動画を受け取ってください。