物販

決済システムを構築したい方は必見!おすすめの開発会社を解説!

今回は自分のサイトに決済システムを導入、構築したいという方に向けてその方法とオススメの開発会社をご紹介します。すでに導入している方も今よりもっとお得で、自分にあったものがあるかもしれませんので、ぜひ参考にしてください。

Contents

ECサイトに決済システムを構築するには?

ECサイトを開設してなにかを販売する場合、決済システムの導入は必須です。また、今ではほとんどのECサイトでクレジットカードが利用できるシステムを導入しています。その為ECサイトを開設した時には、クレジットカードの決済システムは必ず導入しましょう。

決済システムをサイトと接続する方法は多数ありますが、今回は利用されている割合が高い「リンク型(画面遷移型)」「JavaScript型(トークン型)」「API型(データー伝送型)」「メールリンク型」の4つをご紹介します。それぞれの特徴やコストなどを詳しく開設していきます。

リンク型(画面遷移型)について

リンク型(画面遷移型)とは、決済会社のページに移動してから、決済の手続きを行うという接続形式です。この方式では購入者のクレジットカード情報を決済会社のサイトで入力するので、セキュリティ面で安心ができます。個人情報の取り扱いなどで起きるトラブルのリスクを最小限に抑えることが可能です。

この形式は決済システムを簡単に導入できて、コストを比較的安くできます。また、セキュリティ面で不安がある方にオススメです。

使用する際の流れとしては購入後に決済代行会社の決済ページでクレジットカード情報を入力します。そのあとに決済機関にデータが送信されて、決済代行会社のサーバー経由で事業者に通知が入ります。最後に決済結果を確信してから、商品の発送へと移ります。

JavaScript型(トークン型)について

JavaScript型(トークン型)は決済代行会社が提供しているJavaScriptプログラムを取り込んで決済を行うという方式です。クレジットカードの情報を代替えするパタメータ(トークン)を利用して決済を行うので、自社サイト内でクレジットカード情報は保有しません。その為セキュリティ面の強化が可能です。

この方式は自社のシステムに決済機能を組み込みたいという事業者や自社サイト内で決済まで全て完結したいという方におすすめです。

利用の流れとしては購入後にクレジットカードの情報を入力をする為に、SSL対応の決済処理画面にアクセスをします。その後に、決済代行会社でクレジットカード情報のトークンを生成して事業者へ返却されます。次に、事業者から決済代行会社のサーバー経由でクレジットカード会社にトークンと決済したデータが送信されて、クレジットカード会社の決済結果が決済代行会社と事業者へ通知されて商品の発送へと移ります

API型(データー伝送型)について

API型(データー伝送型)とは事業社自身がSSL対応のサーバーを構築して、クレジットカード情報を決済代行会社へ送信するという方式です。この方式は注文件数が多い事業者やページのジャンプ回数を減らしたい事業者におすすめです。

利用の流れとしては購入時に事業者のSSL対応の決済ページで、クレジットカード情報を入力します。その後決済代行会社のサーバーを経由して決済機関にデータを送信し、決済機関から決済結果の通知が事業者へ届きます。最後にその通知を確認して商品の発送へと移ります。

メールリンク型について

メールリンク型という方式は決済代行会社などが提供する手続き画面のURLを、メールで送信して決済を行う方式です。この方式は注文方法が電話やWEBなど数種類に分かれている事業者や、自社サイト内にシステムを構築できない事業者にオススメです。

利用の流れとしては、購入後に決済代行会社の管理画面で購入情報を購入者が入力し、案内メールを事業者が送信します。そのメールに記載されているURLから決済代行会社の決済ページにアクセスして、クレジットカード情報を入力します。その後に各決済機関から決済結果が事業者に通知されて、商品の発送へと移ります。

クレジットカード決済の導入方法は?

クレジットカード決済を導入する方法は、大きく分けて2つあります。1つは、カード会社と個別に契約する「直接契約」という形式です。もう1つは、決済代行会社を経由して複数のクレジットカード会社と一括契約をする「包括加盟店方式」です。

取り扱うブランドとしてはVISA、MASTER、JCB、AMEX、DINERSが国際ブランドとして有名です。他にもクレジットカードブランドは数多くありますが、取り扱いブランドは多い方が他のショップとの差別化が図れます

直接契約について

直接契約ではクレジットカードの会社の加盟店獲得業務を行なっている「アクワイアラ」と契約する事になります。手数料が安いというメリットがありますが、契約できるのは売上額が高い大手企業のみです。

加盟するブランド毎に審査があり、その基準にクリアして必要書類を提出すると契約交わすことができます。複数のブランドと契約をするには時間と労力が必要です。

また、ブランドによって形式や仕様などには違いがあるので、自社でシステムを構築する場合は1つずつ開発する必要があります。その為のコストや知識、人員が必要です。ブランド毎に決済日なども違うので、経理関係のオペレーションの構築も必須です。複雑なシステムを構築するので、専門部署が必要になります。

包括加盟店方式について

決済代行会社を経由してクレジットカード会社と契約する方法を、包括加盟店方式と呼びます。複数のクレジットカードブランドの入金の処理や契約自体を決済代行会社が、一括して管理、処理を行なってくれます

手続き処理も1回で完了するので、個別契約よりも時間と手間がかかりません。決済代行会社が契約交渉も代行してくれるので、スムーズなシステム導入が可能です。また、決済システム構築と運用も決済代行会社が行うので、人員も少なくて済みます。

経理管理に関しても1回の入金で完了するので、シンプルな管理だけでも問題ありません。少ない人員と労力で経理を管理できるというメリットがあります。

クレジットカードの決済システムの構築は難しい?

クレジットカードの決済システムを自分で開発、運用するのは専門的な知識と時間がかかります。また、決済システムを利用するためのサーバーの準備やセキュリティシステムの準備なども必要です。

クレジットカード決済導入のシステムを構築するのは非常にコストと労力がかかります。自分で決済システムなどを構築する事について解説します。

決済代行を利用しない場合について

決済代行会社を経由せずに、自らシステムを構築する会社はかなり大手の企業です。現実的に、中小企業や個人事業主が管理できる量ではありません。

決済代行を利用しない場合の労力について

購入する人が不自由なく決済ができる程度のシステムを構築するには、かなりのコストと時間がかかります。実際に決済システムを構築する場合クレジットカード以外にもコンビニ決済や電子マネー決済などの導入も必要です。

クレジットカードだけでも技術者1人で構築する場合、2ブランドでおよそ60日間必要です。この日数はPCI-DSS準拠が必要な規模を仮定しています。ちなみにコンビニ決済には5銘柄で80日、電子マネー決済には3銘柄で20人程度です。合計で200人日がかかりますが、実際には他にも様々な設定が必要なのでかなりの労力がかかります。

報酬やシステム開発コストを支払うと仮定すると、およそ3500万円のコストがかかります。更にこれらの更新費用もおよそ30%が年間に必要です。

決済システムの導入を依頼する時のおすすめ会社は?

次に、数多くある決済システムを導入代行会社の中から、オススメの会社をご紹介します。会社概要や特徴などを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

株式会社アイネットについて

決済システム以外にも、金融や流通、印刷など様々なカテゴリを取り扱っている会社です。「CARD CREW PLUS」というクレジットカード決済システムを提供していてデビットカードや電子マネー、ICカードなどの導入も可能です。今までに150社以上の導入実績もあり、システム導入だけではなく帳票の出力なども受け持ってくれます

アイティーソリューソンズ株式会社について

SEの支援から開発や保守までの全体に渡って、高品質なサービスを提供してくれます。今までにソニー株式会社や株式会社イープラスなど、大手企業のシステム構築も行なってきたそのノウハウを生かして、企業のニーズに合わせて対応してくれるというのが特徴的です。また、サイトのバックオフィス機能の構築もしてくれます

インフォック株式会社

「Create!Webフロー」というシステムを導入していて、紙媒体での申請や決済と同じ感覚で使用できるという特徴的なシステムです。申請から承認、決済を今まで使用していた紙の要領で入力、管理することが可能になります。紙面イメージの申請書フォームに加えて、デザインは自由に変更もできるのでニーズに合わせて対応も可能です。

株式会社クロトについて

クレジットカードの決済システムの構築、導入の他にもウェブサイトの制作やインフラ整備、セキュリティに関しても相談することが可能です。また、動画や漫画、イラストなどのコンテンツの制作を依頼することも可能なので、1企業であらゆる業務を依頼できるのが特徴と言えます。

株式会社アドバンテージについて

システムの開発の他にもデザイン制作や助成金サポート、スポーツ施設の運営も合わせて行なっている会社です。ウェブに対するノウハウを培っているので、クレジット決済の導入の他にサイトの収益化と拡大のノウハウを提供してくれます。また、クレジット以外にも携帯キャリア決済の導入も可能です。

株式会社シーズについて

日本語と英語に対応したカード決済システムの開発も可能で、インバウンド顧客へのアプローチをしている事業主にはオススメです。また、導入だけではなく企画から保守運用まで対応してくれるので、継続的にサポートをしてくれます。自社でも印刷通販サイトを運営していて、そのノウハウの運営パッケージも提供しています。

株式会社デザインシステムサービスについて

クレジットカードの決済と予約を同時に行えるシステムを開発していて、業務の効率化できるシステムの提供をしています。決済システムの導入以外にアプリケーションの開発設計や旅客船用の予約決済システム開発でのノウハウを生かしてサポートしてくれます。このシステムの導入で24時間365日の予約対応とカード決済と同時に実行して、利便性を高める事に成功しています。

株式会社シーシーイーについて

顧客管理システム開発も行なっている会社で、大手百貨店の管理システムの一部で決済システムの構築、導入実績があります。また、通信販売システムの開発、運用の実績もあるので、そのノウハウを生かしてクライアントの信用を獲得しています。1988年の創業以来第一線でシステム構築、導入をしている会社です。

株式会社テコテックについて

決済システムの開発、導入などを行なっている会社で、財布やスマートフォンを必要としない決済認証システムを追求し提供しています。決済システムの他にも個人投資家向けFinTechアプリ「myTrade」というアプリ開発の実績もありそのノウハウを生かして、アプリ開発の相談も可能です。

株式会社コンセントについて

ウェブサイト制作を主に行なっている会社で、その一部としてクレジットカード決済システムの企画と制作を行なっています。カード会社の審査や加盟店の加入手続き、ウェブサイトへのプログラム導入などの一連の流れを導入、管理してくれます。また、店舗向けにタブレットなどを使用する決済システムの提供も行なっています

株式会社グッドワークスについて

システム開発やインフラ構築、CRM、技術者派遣、エンジニア教育などを手がけていてシステムの開発から、運用のサポートまでトータル的なサービス提供を行なっています。これまでに1500以上の企業にサービスの提供をしているその実績をいかしていて、決済システム開発構築では1つのデバイスで数多くの決済を可能にするシステムの提供が特徴的です。セキュリティについての管理も徹底されていて、ニーズに合わせて設計から開発、運用をしてくれます。

株式会社テレコムペイメントについて

決済システムに特化している会社で、決済システム企画や開発、導入とサポートまで決済システムに関する全てのサービスを提供しています。また決済に関する物販サービス関連システムや情報管理システムに関することも、対応してくれるので決済システムをあらゆる角度からサポートしてくれます。ECサイトを運営している場合にもサイトの構築や顧客管理システムを提供してくれるので、サイトの運営についても相談が可能です。

シーエムジャパン株式会社について

決済システムに関するサービス提供の他にもサイト制作や動画のなどのコンテンツ制作、マーケティングなどの広告管理もしている会社です。決済システムに関しては商品の購入のシステム提供だけではなく、デジタルコンテツなどの決済サービスのノウハウもあります。また、クレジットカード、コンビニ決済、代金引換、口座振込など様々な決済手段にも対応しています。

決済システムを開発する時の注意点は?

決済システムを外部の会社に依頼する場合の注意点を解説します。専門的な分野ですが、依頼する側としても最低限の知識は必ず必要です。

他の業者への下請けを出さない会社を選ぶ

決済システム開発を依頼した場合、依頼先の会社が全てを担当するのではく一部の業務を下請け会社が請け負うというケースもあります。その場合低価格での導入が可能になりますが、第三者の介入で作業遅延や管理上の不備が起きやすくなります。開発を依頼する場合はできれば1つの会社で完結できる、ワントップ対応が可能な会社を選びましょう。

利用者が希望する支払い方法に対応できる会社を選ぶ

実店舗やECサイトにかかわらず、昨今は数多くの決済手段が開発されています。その為欲しい商品やサービスがあっても、決済手段が希望するものでない場合購入を見送るということも考えられます。決済サービスを依頼する際には、自分の顧客がどのような決済手段を希望しているのかをしっかりと考えてからその決済手段の導入に対応できる会社を選びましょう。

コミュニケーションが取れる会社を選ぶ

決済システムの開発から導入、運用管理は専門的な知識が必要で、理解することは簡単ではありません。その為クライアントと発注者のコミュケーションをしっかりととってくれる会社でないと、双方の意見に食い違いが発生します。

決済システム導入の目的を明確にして、その内容を双方で共有することが重要です。見積り相談や打ち合わせ時にコミュニケーションを重要視しているかどうかは、依頼する会社を選ぶ大切な要素になります。

まとめ

クレジットカード決済の導入はサイトを運営する上では、今や当たり前とも言えます。その当たり前をどのように扱うかによって、安全性や利便性に差が出るという事を今回はご紹介しました。今回の内容を参考にして決済システムの導入をしてみてください!

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。