プライズ品とは何か?仕入れ手順と転売時の注意点を解説

プライズ品(ゲームセンターの景品)は希少性があるため、ヤフオクなどに転売すれば高額で落札してもらえます。

しかし、扱う商品によっては古物商許可が必要になるため注意が必要です。

今回は、プライズ品転売の特徴や注意点、おすすめのプライズ品などを紹介します。

目次

プライズ品転売で稼ぐ方法

最初にプライズ品転売でも特に稼ぎやすい商品を紹介します。

フィギュア

プライズ品の中でも、最も転売で稼ぎやすい商品はフィギュアです。

アニメのキャラクターフィギュアは、国内だけでなく海外でも需要があります。

特に、以下のような特徴を持ったフィギュアは高額で取引されています。

・人気キャラクター

・可愛い

・クオリティが高い(細部までこだわっている)

フィギュアは男性購入者が圧倒的に多いため、やはり可愛い女性キャラクターフィギュアがよく売れます。

フィギュアの転売方法には、大きく分けて3つあります。

数量限定フィギュアを転売

これが最も利益単価の大きい転売方法です。

プレミアムバンダイなどの数量限定フィギュアはプレミア化しやすいため、ヤフオクなどのネットオークションに出品すれば高額落札の可能性が高まります。

数量限定フィギュアは抽選販売であることがほとんどであるため、確実に仕入れられるわけではありません。しかし、手に入れば大きく稼げます。

他にも、Amazonで予約販売されている人気フィギュアもプレミア化することがあります。こちらは早い者勝ちなので、抽選よりは仕入れが確実です。

市販のフィギュアを転売

ねんどろいどやfigmaなど、市販のフィギュアを転売する方法もあります。

フィギュアは状態が良いものでないと売れないため、新品を仕入れる必要があります。しかし、家電量販店などで仕入れると仕入れ値が定価になるため、プレミア化でもしない限り利益を出すことが難しくなります。

そこで、おすすめしたい仕入れ先がリサイクルショップです。リサイクルショップに置いてある商品はどれも使い古した中古品ばかりですが、フィギュアに関しては状態が良いものも多くあります。なぜなら、フィギュアは使用による劣化がないからです。箱に入れ、直射日光を避けて置いておけば、ほとんど新品のまま保存できます。そのため、他ジャンルの商品と比べると状態が良いものが多くあるのです。

ゲームセンターのプライズフィギュアを転売

そして、3つ目はゲームセンターのUFOキャッチャーで手に入れたフィギュアの転売です。

UFOキャッチャーで狙ったフィギュアを手に入れるにはテクニックが必要ですが、逆にこれが障壁となってライバルの参入を防いでいます。

また、UFOキャッチャーの腕が上がれば、仕入れ値をグッと抑えられます。

もちろん、初期配置やアームの強さ、店員との交渉など、他にも加味しなければいけない要素はたくさんあります。それに、UFOキャッチャーのフィギュアが全て高く売れるものでもありません。

しかし、やり方次第では最も利益率の高い転売手法になることは確かです。

プライズ品とは?

先ほどから何度か出てきている「プライズ品」の意味について、ここで詳しく解説しておきます。

プライズ=賞

そもそもプライズとは、賞・賞品という意味です。

日本では一般的にゲームセンターのUFOキャッチャー専用景品のことをプライズ品と呼んでいます。

代表的なプライズ品メーカー

以下の企業はプライズ品メーカーとして有名です。一度はその名前を聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

参考:バンプレスト

参考:セガ

参考:タイトー

参考:システムサービス

参考:フリュー

参考:エイコー

参考:エスケイジャパン

参考:フクヤ

プライズ品の例

代表的なプライズ品は以下の3種類です。

・フィギュア、ぬいぐるみ

・アニメ関連雑貨

・飲食物

一番人気はフィギュア・ぬいぐるみです。種類も投入数も最も多くなっています。人気フィギュアともなると、数日で在庫切れになってしまいます。そのため、入れ替えも頻繁に行われます。フィギュア・ぬいぐるみはUFOキャッチャーで最も入手が難しいですが、最も儲かる賞品です。

次に人気があるのは、アニメ・漫画関連の雑貨です。キャラクターが描かれたタオルやストラップはよく流通しています。フィギュアほどは売れませんが、入手難易度は下がります。

後はお菓子や飲み物です。入手は簡単ですが、転売しても薄利です。

限定プライズというものがある

限定プライズとは、自社のアミューズメント施設やオンラインクレーンゲーム限定で展開されているプライズのことです。

自社限定で展開しているため、他社では手に入らないのが大きな特徴。通常のプライズ品のカラーバリエーションやデザインを変更したものが多いです。

また、人気タイトルや話題作とコラボした限定プライズもあるので、マニアには人気があります。

特に、ナムコ・セガ・タイトー・イオンファンタジーといったメーカーは限定プライズの種類が豊富です。中にはVTuberとコラボした景品やオンクレ限定のアイテムなどもあります。

生産数が少ない上に話題性が高いプライズ品が多いので、転売した場合に高値で取引される可能性を秘めています。

その他のプライズ品

その他のプライズ品は以下のようなものがあります。

・プラモデル

・マウスパッド

・家電製品

・食器類

・バッグ

・Tシャツ

・時計

AMプライズマークとは?

AMプライズマークとは、プライズ品が「アミューズメント専用景品であること」を保証するためのマークです。

このマークの制度は、平成25年にアミューズメント業界団体のJAIA(日本アミューズメント産業協会)が、プライズ品と市販品の差別化や、海賊版やライセンス許諾なしに作られた不正商品との区別を目的に作り、運用してきました。

また、このマークの制度によって、ゲームセンター内の不正商品の配置を従来よりも防ぎ、ユーザーとオペレーター(アミューズメント施設運営事業者)の双方に安心感を与えることができるようになりました。

AMプライズマークは、プライズ品のパッケージやタグ、店頭販促用のポスターなどで確認できます。

AMプライズマーク制度の参加会員企業(五十音順)

現在、AMプライズマーク制度の参加会員になっている企業は7社です。

・エイコー

・カプコン

・システムサービス

・セガ

・タイトー

・BANDAI SPIRITS(バンプレスト)

・フリュー

AMプライズマークがついていないプライズ品は不正商品になるのか?

上記の参加会員企業以外で、AMプライズマークがついてないプライズ品は、各オペレーターが適正なプライズ品か、事前に判断した上で店頭に配置しています。

しかし、AMプライズマークがついていない以上は、100%正規品といえず、ユーザー側は不正商品と区別することも難しいため、AMプライズマークがついていないプライズ品を仕入れる際は、事前にインターネットで不正商品が出回っていないか確認するといいでしょう。

また、このマーク以外にも、「アミューズメント専用」という表記がないものは、不正商品の可能性がかなり高いため、注意が必要です。

買い手とトラブルになるのを防ぐためにも、プライズ品を仕入れる際は以上のことに注意しながら、慎重に判断しましょう。

プライズ品転売の違法性

転売は場合によっては違法になります。プライズ品転売の違法性について解説します。

厳密には転売ではない

ゲームセンターのUFOキャッチャーで手に入れたプライズ品をヤフオクやメルカリで販売する行為は、法的には転売とは言いません。

転売とは、購入した商品を別の場所で売ることを指します。

プライズ品の場合、お金を払ってUFOキャッチャーというゲームを楽しむための権利を買っているのであり、プライズ品を直接購入しているわけではありません。プライズ品はあくまで景品です。

したがって、自分で手に入れたプライズ品を販売することは転売には該当しません。販売するのに資格も許可も必要ありません。

ネットで購入するのはルール違反になるケースも

プライズ品をインターネット上で購入する場合、ルール違反となるケースもあります。そもそもプライズ品は、国内アミューズメント施設以外での一般流通が禁止されているからです。

例えば、一般に流通する前にネット上で予約販売したり、問屋を通じて一般販売したりすることは禁止されています。

プライズ品メーカーは著作権者より商品化の承諾を得て製造・販売しているのが現状です。上記のような違法な販売が続けば、商品化ができなくなってしまい、アミューズメント業界の大きな痛手となります。

購入したプライズ品は別

ただし、メルカリやヤフオクなどに出品されていた「他人が入手したプライズ品」を購入して販売する場合は、転売行為に該当します。

そして、一度消費者の手に渡った商品を転売する場合は「古物商許可」が必要になります。古物商許可がない状態で中古品転売をした場合、古物営業法違反により3年以下の懲役又は100万円以下の罰金が課せられます。

古物商許可の取り方

古物商許可は所轄の警察署に申請すれば取得できます。必要書類は役所に行けばもらえます。ただし、申請には19,000円かかります。

プライズ品を仕入れる際の注意点

プライズ品転売は、やり方を間違えると仕入れが一切できなくなります。仕入れの際の注意点を以下で紹介します。

転売=悪

転売屋にとっては耳の痛い話ですが、転売行為に対する世間のイメージは「悪」です。

イメージが悪くなった背景には、チケットの高額転売やPlayStation3の買い占め転売など、一般消費者に迷惑をかける転売屋の存在があります。

ゲームセンター側も転売屋を良く思っていません。本当に景品が欲しい人に持って帰ってもらいたいと思っています。

転売がばれると出禁?

毎日UFOキャッチャーに通いつめたり、同じ商品を何度も取ったりすると、店員に目をつけられます。

店員に嫌われると、景品の配置を変えてもらったりすることができなくなります。

最悪の場合、出禁になるケースも報告されています。

店舗によって仕入れの難易度が違う

また、ゲームセンターによってUFOキャッチャーのアームの強さや景品の配置が異なります。そのため、店舗によって仕入れの難易度が違います。もっと言えば、日によってもアームの強さや配置は変わります。

一つの店舗に通うのではなく、複数の店舗を回って最適な仕入れ先を探してください。

プライズ品の仕入れ手順

稼げるプライズ品を効率よく仕入れる方法を解説します。

需要リサーチ

まず最初に、販売先で高く売れる商品を調べておきましょう。

Amazonで販売する場合は、Falconがおすすめです。

参考:Falcon

FalconではAmazonでの商品の売れ行き・相場・出品者数などを確認できます。そのため、Falconを利用すれば売れる商品だけを効率よく仕入れられます。

使い方は簡単です。

まずはFalconのホームページにアクセスして、検索フォームにASINを入力してください。

すると、以下のように最安値・中古コンディション別価格・出品者数・ランキングの推移がわかるグラフが表示されます。

参考:Falconで商品の需要をリサーチする

仕入れ先リサーチ

売れ筋商品が分かったら、複数の店舗を回ってお目当ての商品を探しましょう。

UFOキャッチャーの挑戦

お目当ての商品を見つけたら、早速UFOキャッチャースタートです。

UFOキャッチャーのアームの強さは左右非対称に設定されていることがほとんどです。そして、アームの強さ自体も弱めに調整されているのが普通です。そのため、アームで景品を掴んで取ることはほぼ不可能と言えます。

したがって、アームで少しずつ景品を押していく戦略をおすすめします。

店員と仲良くなる

店員さんと懇意になれば、景品の位置を変えてもらったり、コツを教えてもらったりできるようになります。そうすれば、仕入れの難易度はぐっと下がるので、日頃から店員さんとは仲良くしておきましょう。

オンラインクレーンゲームを利用する

オンラインクレーンゲームでプライズ品をゲットする方法があります。オンラインクレーンゲームなら、メーカー別にカテゴリが分かれているので、プライズ品を絞り込むことが可能です。

また、プライズメーカーが運営するオンラインクレーンゲームもあるので、狙っている景品を探しやすいのもメリットと言えます。

さらに、オンラインクレーンゲームはオンライン上で実際にクレーンゲームを操作しますが、クレーンゲーム機自体は郊外の大きな倉庫に設置されていることが多いです。また、最小限の人数で運営しており、経費をできる限り抑えています。

このようにして抑えた経費はユーザーに還元しているので、ゲームセンターなどに設置されているゲーム機よりも、景品が当たりやすいと言われています。

オンクレの新景品のスタート時間は?

オンラインクレーンゲームの新景品のスタート時間は、基本的に日付が変わる「午前0時」にスタートします。

ただし、セガサプライズの新景品については、「当日午前10時以降のスタート」と決められています。

原価率から仕入れの予算を立てる

プライズ品の原価を考えることで、仕入れの予算を立てることができます。ここでは、法律と原価率から、仕入れ予算の目安を考えてみます。ぜひ仕入れ時の参考にしてみてください。

まず、ゲームセンターの景品の原価は、市価で800円程度とされています。
これは、『風俗営業等の規制および業務の適正化等に関する法律』、通称『風営法』の規制によるものです。

次に、ゲームセンターの利益率は、25~35%です。(運営会社によって異なります。)

利益率を30%とすると、800 × 100/30 ≒ 2,667 なので、2,600円~2,700円が分岐点だと言えます。

つまり、仕入れにかかる費用が、2,600円より少ない金額で獲得できればお得、2,600~2,700円なら普通、それ以上かかるようであれば損、と考えることができます。

プライズ品転売はテクニックが必要

プライズ品転売は、テクニックさえあれば安く仕入れられます。しかし、転売目的であることがバレると出禁になることもあるため注意してください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次