物販

ネットショップの売上を伸ばす!商品写真の撮り方のコツ

この記事のテーマは、商品写真をキレイに撮るコツです。ネットショップで商品を販売する上で、商品写真の印象は極めて重要です。商品写真が上手く撮れているか否かで、商品の売上は大きく変わります。

この記事で商品写真の撮り方をマスターして、魅力的な写真をショップに掲載し、売上を大きくアップさせてください。

商品写真撮影の際の照明の使い方のコツ

プロが写真を撮る際には、定常光ライトやストロボなどのライティング用の専用機材を用いますが、これらを用意しなくてもキレイな写真は撮れます。一番身近な照明は、太陽(自然光)です。

自然光を使って上手に撮影するためには、多少のコツを知っておく必要がありますが、それさえ押さえておけば高価な機材を準備しなくてもキレイな商品写真が撮れるようになります。

自然光で撮影するときの光の当て方

自然光で撮影するときは、斜め後から光を当てると上手くいきます。

上記の二つの例を比較してみましょう。左の写真は、商品の正面からカメラの内蔵ストロボなどを使って光を当てたものです。影が後方にできるので、写真に影が写りません。影がないので全体がのっぺりとしており、ライティングも人工的で不自然な印象です。

一方で右の写真は後ろから光を当てることで、写真全体が明るい印象になっています。また、面によって明るさに違いが出ていることが分かります。これで、写真にメリハリが付くとともに、商品全体の形がよく分かるようになります。

このように、光の位置を変えるだけで、商品の写真はグッと魅力的になります。

光を調節するディフューザーとレフ板

ディフューザーとは、光を和らげるための機材です。ストロボに装着するストロボディフューザーというものが販売されていますが、自然光での撮影でも光を和らげることで、写真の印象を変えるテクニックがあります。

こちらの例は、左の写真がディフューザーを使用していないもの、右の写真がディフューザーを使用したものです。ディフューザーを使うと、光が柔らかくなり、影も柔らかくなります。ディフューザーは光を拡散するもの使えば代用できるので、身近なものとしてはレースのカーテンが使えますし、トレーシングペーパーなども使えます。

続いて紹介するレフ板とは、光を反射する板のことです。レフ板を使って、商品の正面に光を当てることで、写り方を調節できます。後から光を当てると、商品が暗く写ってしまうので、レフ板を使って、光を当てて撮影します。

上の写真の場合、自然光は背面から当たっていますが、レフ板の効果で正面も暗くならずに写真が撮れています。

レフ板は自作することもできる

レフ板は、市販されているものを購入することもできます。しかし、レフ板というものは、光を適度に反射する板であればいいので自作するのも難しくないので、簡単な作り方をご紹介したいと思います。

最初に白レフの作り方について解説していきます。まずは、ホームセンターなどでこのようなスチレンボードを購入してください。

次に、2枚のスチレンボードの背部分にテープを貼ります。

以上で白レフの完成です。白レフは柔らかい光を反射することができるため、写真をナチュラルな印象に仕上げることができます。

続いて銀レフの作り方について解説していきます。銀レフは白レフよりもさらに強い光を反射するため、コントラストがよりはっきりとした写真に仕上がります。

大まかな作り方は白レフと同様ですが、銀レフの場合はアルミホイルを貼りつける必要があるので、のり付きのスチレンボードを使用します。

注意点として、アルミホイルはギラギラする面ではなく、くもった方の面が表になるように貼ります。貼り付ける際に多少のシワが入ってしまっても、実用性に問題はありません。

商品に光が反射するときは

表面がツルツルしたパッケージの商品などの場合、光が反射してしまうことがあります。このような場合、ディフューザーを使って光を和らげると反射も抑えられます。それだけでは効果が薄い場合は、商品を回転させて、反射が起こりにくい位置を探します。

パッケージの丸みがある部分は反射しやすいので、その部分に光が直接当たらないようにすれば、反射を抑えやすくなります。

商品が暗く写る、または明るく写るときは

以下2つは、照明に関係はしますが、主にカメラの機能についての話になります。

デジカメを使って撮影する場合、写真の明るさは自動的に調節してくれます。この機能を自動露出といいます。

基本的には、自動露出のままでキレイな写真が撮れるのですが、場合によっては、多少修正すべき場合が出てきます。これを露出補正といいます。

例えば、カメラの自動補正に任せると、白っぽいものは暗く、逆に黒っぽいものは明るく写ることがあります。このような場合には、適度な明るさにするために、露出補正を行います。露出補正の際には、数字がプラスになるほど写真は明るく、マイナスになるほど暗くなります。

こちらの黒い商品の場合は自動補正で商品が明るく映ってしまい、商品本来の色味が分かりにくくなってしまっています。

マイナス補正をかけると写真の色合いが適度な明るさになり、実物の色味により近づきました。

白い商品の場合は逆に写真が暗くなるときがあります。

この場合、プラス補正を行います。

これで、より商品の魅力が伝わる写真になりました。

ホワイトバランスを利用して写真の色味を変える

カメラにはホワイトバランスという機能もあります。本来は、光源の種類に合わせて色味を調節する機能です。

もう少し詳しく説明すると、人間が肉眼で見る場合は、光源の種類による光の色の差異は無意識に調節されているので気になりませんが、カメラで撮った写真は、光源の違いによる色味の違いもそのまま写ります。そのため、写真が赤っぽく写ったり、青っぽく写ったりします。これを補正するのが、ホワイトバランスです。白を本来の白に近い色で写す機能なので、こう呼ばれます。

このホワイトバランスを変えると、写真の色味を変えることができます。例えば、食品の商品写真を撮っていて、何となく青っぽく写って食材が美味しそうに見えないといった場合は、ホワイトバランスを調節することで改善できる場合があります。

ホワイトバランスの調節の仕方はカメラによっても違いますが、光源に合わせた設定が選べるようになっています。例えば、同じ環境で写真を撮った場合、ホワイトバランスをオートで撮影すると以下の写真のようになります。

設定を「太陽光」に変えると、以下のようになります。少し赤っぽくなります。

「白熱電球」に設定した場合、電球の赤みがかった光色を打ち消すために、青っぽく写ります。

「白色蛍光灯」の場合も青っぽくなりますが、白熱電球の設定とはまた違った色味です。

このようにホワイトバランスを変えると色味が変化するので、商品がキレイに写る設定がないか試してみてください。

背景を工夫して商品写真をキレイに撮るコツ

背景は写真の良し悪しを左右する重要なポイントです。商品以外の部屋に置いてあるものが写り込んでいるといったものは論外です。

基本的には、背景には無地の白、または黒、グレーといったものを使います。色味がある背景をあえて使って、商品をよりよく見せる演出をすることもできないわけではありませんが、商品の色を忠実に再現した写真にならない場合があるので、初心者にはあまり積極的にお勧めはできません。

商品写真には、商品を魅力的に見せるという以外にも、商品の購入を検討している人に、正確に商品の情報を伝えるという役目もあります。まずは、白や黒、グレーの背景を使って、色の再現度の高い、キレイな商品写真を撮れるようになりましょう。

背景のバリエーション

白、黒、グレーの中でも、最も基本となるのは白の背景です。まずは無地の白い紙を用意しましょう。

ただの紙では味気ないと思うなら、同じ白の背景でも、木目調の壁紙を敷いてみたり、布を使ったり、アクリル板を使ったりする方法もあります。

商品に合わせてアレンジしてみましょう。

背景を選択する際のポイント

背景の最も基本となるのは白ですが、白い商品を白の背景で撮ると背景に溶け込んでしまい、商品の魅力が十分に伝わらない写真になる場合があります。黒い商品を黒の背景で撮る場合も同様です。

背景を選ぶときは、写す商品との相性を考えて選ぶようにしましょう。例えば、以下の例は商品を紹介する写真としては、最低限度の役割は果たしています。ただ、あまり商品が映える写真にはなっていません。

そこで、背景を黒に変えると、このようになります。商品がくっきりと浮き出るようになり、高級感もグッと増したように見えます。

このように、背景は同じものを使い続けるのではなく、商品によって最適なものを使い分けることを意識しましょう。

また、背景に関しては、反射・写りこみの問題もあります。

この例では、よく見ると無駄な背景が写り込んでいます。反射のために商品も見えにくくなっています。

この場合、無地の紙などを商品と写り込んでいるものの間に置くことで、写り込みを防ぐことができます。

なお、この際に使う紙を黒にすれば、反射を防ぐこともできます。金属製品を撮影するような場合は、白い紙を使うと光の反射によって光沢感を表現できます。

使うカメラに合わせた商品写真撮影のコツ

商品撮影に使うカメラには様々なものがあります。最近ではスマホのカメラの性能も上がっているので、特に商品撮影用にカメラを用意しなくても、かなりキレイな写真が撮影できます。

いわゆるデジカメの中にも、コンデジと呼ばれる小型のものと、デジタル一眼レフがあります。

これらの使用するカメラに合わせた、商品写真撮影のコツをお教えします。

スマホのカメラを使った撮影

スマホの場合、細かな設定はできませんから、基本的にスマホの自動機能に任せます。ただ、機種によっては露出を変えられる場合もあるので、変更可能な場合は必要に応じて露出補正を行ってください。

先述した通り、フラッシュを使うとのっぺりした写真になってしまうので、使用しない方がいいでしょう。自然光を上手く取り入れるなど、工夫してください。

格子状のグリッドを表示すると、水平・垂直が分かるので写真が撮りやすくなります。

スマホには手ぶれ補正機能が搭載されていますが、できるだけ三脚を使って撮影しましょう。

コンデジを使った撮影

コンデジとは、コンパクトデジタルカメラの略です。一眼レフタイプと比較すると、コンパクトで手軽な点に特徴がありますが、その代わり一眼レフでは可能なレンズ交換ができません。

一眼レフほどではありませんが、設定も細かくできます。撮影に慣れてきたら、自分なりの撮り方を研究してみるものいいいでしょう。ただ、一眼レフに比べるとイメージセンサーが小さいので、ISO感度は上げすぎない方がいいでしょう。

ISO感度とは、デジタルカメラが光を捉える能力のことです。感度を上げると、暗い場所でも撮影可能になったり動く被写体の撮影でもブレを抑えたりできますが、ノイズが大きくなります。機種によっても変わりますが、コンデジの場合、ISO感度は100くらいを目安にしてください。

撮影時には、三脚を使用してセルフタイマーを使うと手ブレしません。画質が落ちない程度にズームして、スローシャッターで撮影するといいでしょう。

一眼レフを使った撮影

一眼レフには、ミラーレス一眼とデジタル一眼がありますが、ここでは特に区別しません。今回紹介する中で最も高性能なカメラです。

性能的に余裕があるので、ある意味で撮影が楽になります。もちろん限界はありますが、画素数が多くズームしても画像が荒くなりませんし、ISO感度を高くしてもノイズが気になりません。

基本的にはオートでも大丈夫ですが、設定が色々と変えられるので、自分の好みの写真を追求することができます。

撮影方法は、基本的にはコンデジと同じで、三脚を使用してセルフタイマー、ズーム・スローシャッターで撮ります。

なお、どのカメラを使った場合でも、三脚は是非使いたいところです。高価なものではなくてもいいので、できるだけ用意してください。

オートフォーカス機能の使い方

デジタルカメラにはオートフォーカス機能が搭載されています。誰にでも簡単にピントが合った写真が撮れる便利な機能ですが、狙った被写体以外のところにピントが合ってしまうことがあります。


例えば、上の写真のように、ピントを合わせたい商品がフレームの中央にない場合、ピントが合わないことがあります。

このような場合、フォーカスロックという機能があります。使い方は、ピントを合わせたい商品にフォーカスフレームを合わせて、シャッターボタンを半押しにします。

半押しの状態をキープしておけば、カメラを動かしても、ピントは商品に合ったまま固定されます。

カメラを動かして、写したい構図にフレームを合わせます。

撮りたい構図になったら、シャッターボタンを最後まで押し切ります。これで商品にピントが合った写真が撮れます。

少しハイレベルなテクニック「アングル」

商品撮影に慣れてきたら、「アングル」についても気をつけるようにすると、さらに魅力的な写真が撮れるようになります。アングルとは、「角度」という意味で、よく用いられるのは撮影する上下方法のアングルです。被写体を上の方から見下ろすように撮るのがハイアングル、水平位置から撮るのが水平アングル、下から見上げるように撮るのがローアングルです。

商品撮影の場合、商品を客観的に見せる効果があるハイアングルが多く用いられます。これに対して、水平アングルやローアングルでは、商品をより身近に感じさせることができます。

特に同じ商品について何枚も写真をショップに掲載する場合は、アングルに変化を付けることで、商品の魅力を多面的に伝えることができるようになります。試してみてください。

ただし、斜め上といった特殊なアングルにすると、写真が落ち着きのない印象を与えるものになってしまいます。アングルには、あまり凝りすぎないようにしましょう。

商品撮影は、広角よりもズーム

商品写真の場合、写真を迫力あるものにするためにアップで撮影したいのですが、このときは広角で撮影をするよりもズームで撮影するようにしましょう。広角撮影の場合、カメラごと商品に近づいて、広角レンズやカメラの広角撮影機能を使って撮影します。

この場合、迫力ある写真にはなりますが、フレームの端の方は画像がゆがんでしまいます。商品の形状を正確に伝えなければならない商品写真には不向きです。

これに対して、ズーム撮影は、ズームレンズを使ったり、カメラのズーム機能を使ったりして、カメラは少し離した距離から撮影します。

ズーム撮影の場合、写真はアップで撮れて、かつ画像のゆがみもありません。

商品撮影の場合、画像がゆがむ広角撮影よりも、正しい形状を再現できるズーム撮影の方が適しているのです。

何を伝えたいかで決まる「フレーミング」

フレーミングとは、写真全体の中で被写体(商品)をどの位置に置くかといった構図のことをいいます。商品写真の場合、基本的には商品を中央においたフレーミングが多くなります。ただ、商品の一部を強調したい場合は、そこにクローズアップした写真を撮るケースもあります。

「商品のどんな特徴を伝えたいのか」という視点から、フレーミングは決まります。更に、「お客さまはどんな情報を知りたいのか」という点にも配慮してフレーミングは決めたいものです。

また、フレーミングは、凝りすぎると見にくい写真になってしまいます。芸術的な美しさを追求する必要はないので、見やすさを重視してフレーミングを決めましょう。

ネットショップの場合、商品によってフレーミングが違い過ぎると統一感がなくなります。商品のジャンルごとに、アングルやフレーミングを統一すると、見やすいページが作れます。

良い商品写真の条件

良い商品写真とはどんなものなのでしょうか。3つのポイントを挙げていきます。

まず最低限の条件として、ちゃんとピントが合っていることです。当たり前のことだと思われるかもしれませんが、ピントがしっかり合っている写真なら、商品のディテールや質感など多くの情報が、お客さまに的確に伝わります。

次に、商品の情報を正しく伝えていることです。ここまでの記事では、この点を重視して、商品写真の撮り方をお伝えしています。

最後は、商品を購入した際のメリットを伝えることです。便利だったり、楽しかったり、美味しかったりといった、「この商品を買うと、こんな良いことがある」と伝えることができる写真は、売上アップにも繋がります。この最後のポイントは、これから解説していきます。

この例は、上記の3点を満たした写真と、そうではない写真です。どちらを購入したくなるか、一目瞭然ではないでしょうか。

商品以外のものを一緒に写す

これまでの項目では、基本的には商品を単体で写すことを意識してきました。商品写真の基本となるものだからです。

ただ、その商品の大きさを伝えたり、商品の魅力をより伝えたりすることを目的とする場合には、他の品物と一緒に写真を撮った方が効果的な場合もあります。

例えば、背景の基本は白と書いてきましたが、日常の風景の中に置かれた商品を撮影すると、商品が身近に感じられます。

ちなみに、このような他の物品と同時に商品を撮影する場合、スマホなどのカメラよりも、一眼レフが便利です。一眼レフの場合、商品にピントを合わせて、それ以外をぼかして写すことが可能だからです。

商品写真撮影の経験を積んで、単純な商品写真を越えて、より魅力的な写真を撮りたいと思うようになったら、一眼レフのような高機能のカメラを導入することを考えてもいいでしょう。

商品ごとの具体的な商品撮影のコツ

この項目では、商品ごとに撮影のコツを解説します。基本の撮り方から一歩進んで、商品を魅力的に見せる写真の撮り方を紹介していますので、基本の撮り方をマスターした方は、挑戦してみてください。

美味しそうに見える「食品」の撮り方

食品はパッケージのまま撮るよりも、パッケージから出して、実際に食べるときのシーンを再現した写真を撮ると美味しさが伝わります。パッケージに入った状態の写真は、別に撮影して掲載するといいでしょう。

先述したように、照明は正面からよりも後方からあてた方が、立体感がでます。影が強く出すぎるときは、ディフューザーを使って調節しましょう。

着ている雰囲気を出す「洋服」の撮り方

洋服は着ているときの雰囲気が出るように意識して撮影します。折りジワはアイロンをかけて消して、着用しているときに出るシワを作ります。シワの影が強めに出るようにすると、着ているときに近い雰囲気がでます。

洋服をそのまま置くと平面になってしまうので、少し中に詰め物をするなど工夫して立体感を出しましょう。

魅力的に見える「アクセサリー」の撮り方

アクセサリーは高級感のある写真にしたいので、背景は紙よりも光沢のある布やアクリル板などを使うといいでしょう。レフ板を使って、光を反射させます。

指輪に関しては、立てた状態で撮った方がキレイに見えます。指輪を立てるには、写真撮影用のホワイトワックスというものを利用すると便利です。ホワイトワックスはカメラ専門店や通販で入手できます。

下準備が大切「時計」の撮り方

時計は針が重ならない時刻に合わせて撮影すると、見栄えがよくなります。ベルトが腕に付けたときと同じ状態になるように、中に芯になるものを入れます。

布を筒状にしたものを腕に見立てたり、芯を写したくない場合は、針金を使ったりします。文字盤の反射に注意して、余計なものが写り込まないように気をつけてください。

清潔感を出す「化粧品」の撮り方

化粧品は、清潔感を演出するのがポイントになります。背景には白を使うといいでしょう。

周囲のものが写りこみやすいので、周囲を白い紙で囲って撮影すると、写り込みを防げます。アクリル板を敷いて、反射した商品を写り込ませると、雰囲気のある写真になります。

その他の小物の撮り方

メガネや雑貨などの小物類は、使用しているシーンがイメージできるような演出を心がけて撮影します。この記事でも紹介した、商品以外のものを一緒に撮る手法が使えます。自分なりに色々と工夫してみてください。

まとめ

この記事では、商品写真の撮り方のコツについて解説してきました。ネットショップで売上を伸ばすためには、商品写真をキレイに撮ることは必須です。

商品写真は商品が見やすいものである必要があります。凝りすぎて、見にくい写真にならないように気をつけてください。

まずは、基本的な撮り方をマスターして、それから徐々に自分なりの魅力的な写真の撮り方を模索していきましょう。