物販

儲かると有名?お勧めのAmazon転売、そのメリットや方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

転売ビジネスは儲かると見聞きしたことがある人も多いのではないでしょうか。
安く仕入れたものを高く売ることで成立するビジネスですが、販売をする際にAmazonで販売をすることをAmazon転売と言います。
このAmazon転売は非常にメリットがあり稼ぎやすいことから、参入している人も多いのです。
今回はAmazon転売について詳しく説明していきます。

Amazon転売で儲かる理由を動画でチェックする

Amazonで転売する理由とは?Amazonの特徴について

輸入した海外商品を日本で転売するビジネスが人気ですが、中でもAmazonを販路として利用する人は多いです。
なぜ、Amazonを選ぶのか。その理由を知ってもらうためにも、まずはAmazonの特徴から説明していきます。

ネット転売をしていくうえで、販路の特徴を知ることは非常に大事なことです。特徴を理解した上で自分のビジネススタイルに合った販路を選んでいきましょう。

Amazon FBAサービス

Amazonで販売していく最大の特徴であり理由が、【Amazon FBA】サービスがあることです。

フルフィルメントと呼ばれるこのサービスですが、商品をFBA倉庫に納品した後の作業をAmazonに任せることが出来ます。
通常商品が届いたら管理から受注、梱包、発送まで全て自分で行わなければなりません。しかしFBAサービスを利用すれば納品まで自分で行えば後の管理から受注、梱包、発送まで代わりに行ってくれるのです。また、返品等が生じた際もお客様対応してくれるというメリットがあります。

FBAサービスは作業を短縮するだけでなく、売上アップの効果を利用者の80%以上が感じている為、Amazon転売で効率よく稼いで行きたい人にとってはうってつけのサービスです。

資金繰りに悩む必要なし

輸入転売の為の仕入れをする際、ネックになりやすいのが資金の問題ですよね。資金がなかったり不足していれば、思うような仕入れは出来ません。
ですがAmazonは2週に1回のペースで報酬が振り込まれるので、振込日に合わせて仕入れを行っていけば資金繰りに困る必要もなくなります。
また、クレジットカードを保有している場合、締め日と支払日にもよりますが1カ月以上支払いを伸ばすことが可能です。その間にAmazonでの売り上げを回収できていれば、支払いはAmazonの報酬で済ませることが出来ます。

ただし、確実に売れる商品を仕入れないと売上にはなりませんので、入念にリサーチを行ったうえで仕入れをしていきましょう。

仕入先が豊富

Amazon転売は、海外から輸入した物だけではなく、国内で仕入れたものを販売していることもあります。
Amazonのカテゴリを見てもわかる通り、販売されている商品は様々です。

もちろんこの中の物全てが扱えるというわけではありませんが、規約に乗っ取っているものであれば何でも販売が出来ます。
特に化粧品食品等、海外からは輸入出来ない商品や、輸入時に規制が掛かっているような商品でも国内で仕入れていれば販売することが出来る為、いろんな物を取り扱うことが出来るのです。
国内で仕入れる場合は、ディスカウントストアやドラッグストア、リサイクルショップ等普段使用するお店や、ヤフオク楽天メルカリ等仕入れ先が広がります。国内仕入れと輸入仕入れを合わせると、商品のバリエーションや仕入れ先は無限と言っても過言ではありません。

転売でお勧めのジャンルとは

利用規約に基づいていればなんでも販売できると説明しましたが、お金を稼ぐということであれば売れやすいジャンルの商品を扱った方が良いでしょう。
ではそのジャンルとは何か。一部を挙げると以下のようなものがあります。

・家電製品
・玩具
・キッチングッズ
・スポーツ、レジャー用品
・コスメ

今回は、1年を通して人気が安定しやすい家電玩具・キッチングッズについて説明していきます。

家電製品

家電製品と言っても種類は豊富ですが、特に売れ行きが良い物や利益になるものというと

・プリンターやマウス等の周辺機器
・ヘアアイロンや電動シェイバー、ボディケアグッズ等の美容家電

は季節に関係なく人気が安定していて売れやすいです。
ヤフオクや家電量販店、ディスカウントストアで安く売られているものを転売することで2000~3000円の利益になるものも少なくありません。

玩具

人気アニメのキャラクターフィギュアやグッズ等は限定ものも多く売れやすいです。
子供向けでいうと、アンパンマンやポケモン、大人も楽しめるものだとドラゴンボールやワンピース、ガンダム等長く人気があるものを選ぶと良いでしょう。
また、レゴのブロックも非常に人気が高く、廃盤商品や限定コラボ商品は高値が付きやすくなっています。

玩具を仕入れる際は、

・人気があるもの
・偽物やコピー品を扱わない様にする

ことがポイントです。

キッチングッズ

キッチングッズは年々進化を遂げていて、新しい物が次々と出ています。しかし、機能性がありすぎて金額が高くなっているのも事実です。
キッチングッズで売れやすい商品は

・ルクルーゼ、ティファール、ブルーノ等の有名ブランドの商品
・少し前に出た型落ちと言われる商品

といったものになります。
発売当初の価格だと気になるけど手が出せなかった方や、多すぎる機能は求めないという方の需要が高まる為です。

鍋や鉄板のセット、コーヒーメーカーやジューサー等の商品は特に人気ですが、無名メーカーの商品は売れにくい傾向にあるため注意してください。

Amazon転売、海外から仕入れたい場合は?

Amazonで販売されているブランド商品の中には、並行輸入品と呼ばれている物があるのをご存知でしょうか。

並行輸入品とは、日本の正規代理店を通さず海外の小売店等第三者を挟んで輸入したもののことを言います。
並行輸入品は価格に関して取り決めがなく安く販売されている為、これを仕入れ転売して利益を得ることも可能です。
販売する際には、必ず【並行輸入品】と商品タイトルに記しましょう。

Amazonで並行輸入品と検索を掛けると、検索結果が1,000,000件以上となっており、ヘルスケア用品からPC周辺機器、ブランド財布やおもちゃまであらゆる商品がヒットします。

この中でレビュー数が多いものや、販売者の評価から売れている物を探し出せば利益が得られる可能性が高いのです。

それでは、並行輸入品や海外商品をどこで仕入れるかについて説明していきます。
ネットを使って仕入れるのであれば、

・ebay(アメリカのサイト)
・タオバオやアリババ(中国のサイト)

等のサイトを利用するのがお勧めです。

ebay

ebayは世界最大のオークションサイトで、アメリカだけでなく世界中から商品が出品されています。
日本未発売の物や、日本よりも安価で販売されている物も多いです。ただし世界中で取引がなされているため、出品される量も多いですが売れるのも早いので目をつけていたものがなくなってしまうということもあります。仕入れたいものはよくチェックしておかなくてはなりません。
また、ebay公認であるセカイモンというサイトから利用すれば、日本語で検索し日本円で決済出来るので非常に探しやすいというメリットがあります。

タオバオ

タオバオは中国国内だけでなく世界でも1.2位を争う規模のサイトです。
中国輸入品転売では一番利用されているサイトでしょう。

CtoCをメインに、衣類や日用品、モバイル用品玩具等様々な物が販売されていて、それらの中国輸入品はAmazonやヤフオク、メルカリ等でたくさん販売されています。
日本ではノーブランドとして販売されていることが多く、中国サイトをのぞいてみると日本よりかなり定価で販売されていることもあります。

例えば、日本でも需要の高い「iPhone用充電ケーブル」ですが、これはよくノーブランドとして販売されています。

試しに「充電ケーブル」を中国語に変換した「充电电缆 iPhone」をタオバオで検索してみましょう。

すると似たような画像がたくさん出てきました。
日本では1000円前後で売られている物が、40元以下(日本円で約685円)で販売されているのです。

タオバオは1個から購入することが出来ますが、まずは10個ほど仕入れて品質を確認し問題がなければ多めに仕入れて販売するというのが中国輸入転売の失敗しにくい方法になります。
ただし、商品代金だけでなく関税国際送料等様々な経費が掛かりますので、仕入れる前に本当に利益が出るか計算するのも大切です。

試しに仕入れた商品に問題がなく、大量に仕入れをするなら販売個数を下げることも交渉次第で可能ですので、ぜひ覚えておきましょう。

アリババ

その他、アリババ(中国)もあります。

アリババはタオバオと同じ会社が運営する卸売りサイトです。
タオバオがCtoCをメインとするのに対し、アリババはBtoBがメインです。
ロット数が決まっているため、多くを仕入れる場合でないと利用できませんが、ロットによってはタオバオより安くなります。

そのため、タオバオと同じ商品があれば、まずタオバオで質を確認し、アリババで大量に仕入れるという方法がお勧めです。
アリババは工場やメーカーが卸していることが殆どで、評価等に注目すれば安価で質の良い物を仕入れることが出来ます。

紹介したタオバオ・アリババ以外にも、Amazon転売用の仕入れをするお勧めサイトがあります。

参考:中国輸入転売のおすすめ仕入れサイト

Amazon転売、国内の仕入れ先は?

最初の方でも書いた通り、日本国内の仕入れ先にはいろいろな場所がありますが、その中でもお勧めの仕入れ先をご紹介していきます。

家電量販店

■ヤマダ電機
決算期のセールや、開店セールだけでなく、こまめにセールが開かれています。
また、新店舗がオープンする前はCMでも流れるので、情報を得やすいです。

1.都市部の場合はLABIヤマダがお勧め
全国に展開されているヤマダ電機テックランドとは違い、都市部のみに展開されているLABIヤマダの方が価格が安い傾向にあります。
というのも、都市部には他の家電量販店も大型店舗を展開していることが多く、価格競争が起きている為値下がりしやすいのです。

2.値切り交渉しやすい
競合他社との比較もありですが、ヤマダ電機では、オンラインショップも展開しており、オンラインショップの方が安く売られていることがあります。
しかし、その価格を提示すれば近い金額か同じ金額に下げてもらえることもあるのです。
店頭での表示価格は税抜きで表示されていることが殆どですが、高いと感じる場合はオンラインショップの価格も見てみましょう。

3.ワゴンセールや店舗限定のセールをチェックしよう
ワゴンセールが開かれていることも多いのですが、ヤマダ電機は続々新店舗が出ていたり、既存店舗を大型にしている為、店舗限定のセールも多く開催されています。
ネットでもヤマダ電機のチラシ情報を見ることが出来るので、通常のセールだけでなく新規オープンやリニューアルオープンの店舗が近くにある場合はそちらにも注目すると良いでしょう。
また、来店数が多い店舗では、他店の売れ残った在庫を集めて安く販売していることもあります。掘り出し物が見つかることもあり、お勧めです。

■エディオン
統合前から地域密着型であるエディオンは、今でも地元客に寄り添った対応を心がけている店舗が多いです。
その為、店舗によって売れ筋のものや販売促進している商品が違うのですが、値札に注目してみるとその時販売に力を入れている物が分かる場合があります。
もちろん全てあてはまるわけではありませんが、値札の色が白ではないものは店側も力を入れている物で、値引きに応じてくれることがあるのです。
値札の色にも着目しながら、何店舗か回ってみることをお勧めします。

ディスカウントストアやホームセンター

■コストコ
コストコのは、海外商品から日本製の物まで何でも揃っています。
特に人気が高いのは、コストコのプライベートブランドであるカークランドの商品。

Amazon楽天だとコストコの店舗で買うより高い値段で販売されていることもあるほどです。
多少高くても購入する人がいるのは、店舗が近くにない人や、高めの会員を払って元が取れるほどは行かないという人がいる為です。
赤ちゃんのおしりふきやトイレットペーパー等の日用品も人気があるため、たかが日用品と侮ることは出来ません。

■ホームセンター
ホームセンターは割とどこにでもある為、足を運びやすいのがメリットです。
また、ホームセンターごとで得意とする商品や、セールが異なるので上手く使い分けていけば、最安値で良い物を手に入れることが出来ます。

1.在庫があれば安価で大量に仕入れられる
Amazon等では飛ぶように売れるものでも、その店舗では売れ残っていて安くなっていることも。

安くなっていて利益が見込めるものならば、大量買いがお勧めです。大量に買えばホームセンターのポイントも溜まりますし、そのポイントを別の商品購入時に充てることも出来る為とてもお得になります。

2.値段が安くなっている
意外にも、専門店より安く販売されていることがあります。

とあるホームセンターと家電量販店(ネット)でのシェーバーの値段を見てみましょう。

 

大体の家電量販店は値下げ交渉しない限りは、ネットの方が安価もしくは店頭と同じ金額の為、チラシで見比べ気になるものがあれば、ホームセンターに足を運んでみると良いでしょう。

また、Amazon転売ビジネスをしている人でも、海外サイトやディスカウントストア、日本のショッピングサイトで仕入れている人は多いですが、ホームセンターで仕入れている人はまだ少ない方です。電化製品が安く買えるということだって知らない人もいます。
ライバルと差をつける為にも、ホームセンター仕入れは穴場でお勧めの手段です。

リサイクルショップ

リサイクルショップには様々な種類があり、取り扱う商品を限定しているところもあります。例えば以下に挙げるようなものです。

・オフィス用品
・業務用機器
・家電製品
・衣類
・本やCD
・高級ブランド品
・アンティーク
・ジャンク品

この中で転売するにあたってお勧めなものは、家電製品です。
家電製品を扱っているショップでは、カメラやPC周辺機器、音楽機器等幅広く販売されていますが、足を運ぶのに一番お勧めなのは、家電製品をメインに雑貨等も取り扱っているような総合型リサイクルショップと言われるお店になります。
総合型リサイクルショップでは、未使用のブランドコスメやアクセサリー等が販売されていることも多く、買取時にしっかり査定されているので安心して仕入れることが出来るのです。その他にも掘り出し物に出会える可能性があるので、ぜひ総合型リサイクルショップに足を運んでみてください。

Amazon出品の商品登録方法について

Amazonで出品するための商品登録方法について説明していきます。

Amazonで出品する場合、既に誰かが出品している(ページがある)ものは【商品登録】、ページを新しく作って出品する場合は【新規出品】という2つの登録方法があります。
出品する前にJANコードでページがないか確認し、なければ新規ページを作成していくのですが、今回は予めページがあるという過程で説明を勧めていきます。

なお商品登録をする前に、アカウント登録を済ませておく必要があります。
もしAmazonのアカウントを持っていない場合は作成してから進めてください。

出品者登録の方法

出品形態には「小口出品」と「大口出品」があります。
小口出品の場合は、月額費が掛からず商品が1つ売れるごとに手数料が発生する仕組みです。また、利用できるサービス出品カテゴリーに制限があります。

【小口出品登録方法】
1.Amazonアカウントでログイン
2.販売する商品を検索窓に入力し検索・商品ページを開く。まだない場合は何でも良いので商品を検索し開いてください。
3.商品ページ右側のカートの下にある「マーケットプレイスに出品する」というリンクをクリック

4.商品のコンディションや在庫数、価格等9つの項目を入力したら「今すぐ出品」をクリックし登録完了です

【大口出品登録方法】

1.Amazonアカウントでログイン
2.販売する商品を検索窓に入力し検索・商品ページを開く。まだない場合は何でも良いので商品を検索し開いてください。
3.商品ページ右側のカートの下にある「マーケットプレイスに出品する」というリンクをクリック

4.出品者情報を入力し、電話認証を済ませます

5. クレジットカードの情報を入力していきます
6.商品情報登録画面で商品の情報とカテゴリを入力しましょう

7.登録完了をクリックしアカウント登録は終わりです。

大口出品は月額費5,292円(税込)が掛かることと、クレジットカードの登録が必要になりますが、本腰を入れて販売していくのであれば、大口出品の方がお勧めです。
上の比較表でもわかる通り、利用できるサービスが大きく違います。
例えば支払方法の選択肢なんかは出品者だけでなく購入者にも影響してくる部分ですので、大口出品の方が両者にとってメリットがあるのです。

商品の登録方法

出品者登録が済んだら、セラーセントラルを開きましょう。
セラーセントラルを常に利用していく為、簡単にログイン出来るようブックマークしておくと良いです。

1.上の在庫タブから商品登録を選択します。

JANコードを入力して、商品を出品していくという基本のやり方のほか、新規ページを取得する、ファイルでの一括出品と3つの方法がありますが、今回は基本のJANコードからの登録で説明していきます。

2.商品のJANコードを入力してみましょう。
手入力の場合は間違えない様に注意してください。バーコードスキャンがあると間違えることなく便利です。

JANコードがない場合は、商品名や型番を入力していきます。

3.出てきた商品が合っていれば「出品する」ボタンをクリック。

4.登録画面が開かれるので、価格・在庫数・コンディション等必要な情報を入力・選択していきます。

そしてコンディション説明というのは商品の詳細等説明文を記載します。出来るだけ詳しく入力していくと購入者にとって親切です。
商品管理番号は、自分で管理しやすい番号や文字列で構いません。管理しやすい番号があれば入力しましょう。

出品方法の選択

最後のフルフィルメントチャンネルという部分は、自分で発送するかFBAで管理・発送してもらうかを決めます。

自己発送であれば、保存して終了です。大体1時間以内にはAmazonに出品されています。
出品ページを見て、在庫数や価格の間違いがないか必ず確認し、受注がないかを自分でしっかり管理していく必要があります。

FBA発送の場合は、納品手続きに移ります。
全ての商品登録が終わるまでは、「在庫を納品/補充」という画面は消してください。

全て登録が出来たら、セラーセントラルの在庫タブから「在庫商品を納品/補充」を選び納品作業を行ってください。

AmazonFBAサービスのメリットとは

最初の方でも触れたAmazonFBAサービスですが、具体的にどんなメリットがあるのか見ていきましょう。

FBAの利用は小口出品でも大口出品でも可能です。また、FBA利用手数料が別途発生します。
配送代行手数料+在庫保管手数料を合わせた金額がFBA利用の基本料金です。

利用料を考えると安いとは言えない為、FBAの利用を断念する方も少なくないのですが、作業効率は断然良くなります。
それだけでなく、検索結果の上位に表示されたり、大口出品の場合はカートを獲得しやすくなるため、売上もアップしている人が80%以上もいるのです。

それでは詳しく見ていきましょう。

FBA利用のメリットその1.時間短縮

通常、ネット上で何かを販売する際には、
仕入れ→保管→販売→受注→梱包→発送という流れになります。

ターゲットを特定して少量販売であれば梱包発送も苦になりませんが、たくさん売れれば売れるほどその作業で相当の時間を要すようになります。
さらに大量に仕入れた場合、受注成立するまでずっと自宅や倉庫に保管しなければなりません。

そういった場所や時間を節約するために利用するのがFBAサービスです。
仕入れた商品が届いて商品登録を済ませFBA倉庫に納品すれば、後の商品管理や受注、発送業務まで代わりに行ってくれます。

FBA利用のメリットその2.お客様対応

商品が不良品だった等商品自体のクレームは、出品者の対応が要ることもありますが、配送に関するクレームはFBAに責任が生じます。
自己発送では配送関連のクレームも全て評価に反映されますが、FBA利用の場合はそのリスクがなくなるのです。
また、商品自体に問題があってクレーム・返品・交換となった場合でも、FBAが最初に迅速に対応してくれるので、購入者の不満が溜まりにくいという面もあります。

さらに配送スピードが速くすぐに購入者のもとへ届いたり、ギフト対応がある為高評価が付きやすいのです。
高評価を得られるのは、今後の売り上げにも大きく影響します。

AmazonFBAは利用料以上にメリットの高いサービスであるといえるでしょう。

小口出品者の場合

小口出品者でもAmazonFBAは利用できますが、同じ料金でもカートの獲得は出来ず、FBA利用のメリットは薄れてしまいます。
全てのサービスを利用できてこそ、決して安くはないAmazonFBA利用料を払う意味がありますが、利用出来ないサービスがあるならば考えモノです。

それでも配送の手間等は削減できるため、全く意味がないというわけでもなくこればかりは個人の考えによって変わってくるところです。

輸入転売、個人でやると違法?

輸入転売は違法!という記事を見かけたことがある方は、自分がしていることもしくはやろうとしていることが違法なのかと不安になるのではないでしょうか。
そのことについて説明していきます。

個人輸入転売、違法と言われる原因とは

■輸入時の問題
輸入する際、「個人」での輸入か「商用目的」かを聞かれます。
同じ商品を何十個も仕入れていれば、ほぼ商用目的と判断されますが微妙なのが数個輸入する場合です。
個人使用の輸入の場合は税金が安くなる為、その制度を利用しようと商用目的の物を個人使用と偽り輸入する人がいるのですが、これは脱税にあたり犯罪行為です。
違法と言われるのはこの行為を指しています。

実はよく法律を知らない人は、先述の行為とちゃんとした輸入を勘違いして個人輸入転売=違法と騒ぎ立てるのです。

ちゃんとした輸入というのは小口輸入と呼ばれるもので、個人が商用目的で輸入することを言います。小口輸入はちゃんと商用目的であることを提示しているため違法にはなりません。

また、商用目的と申告したにもかかわらず、個人輸入とみなされ関税が掛からないというケースがあります。
この場合、後で追加請求等が来るのではと不安に思うかもしれませんが、これも心配要りません。既に通関したものへの課税はされないため、こちらから問い合わせる必要もありませんし、ただ運が良かったというだけです。

仮に個人輸入とした物を、商用目的とみなされ課税された場合、不服申し立て自体は可能ですが意味がありません。税関では商品代金・個数等が掛かれたインボイスという重要書類を基に関税を決めていきます。このインボイスの情報を少なく見積もって書くことも脱税となり、最悪逮捕となるため絶対しないでください。

■免許の問題
国内で商品を仕入れ転売する場合でも、違法と言われるケースがあります。
古物営業法で定められたものを仕入れて販売するには、古物商の免許を取らなくてはいけないのです。
古物というと中古品というイメージがあると思いますが、それだけではなく未使用であっても一度使用を目的として販売されていたものも該当します。簡単に言うと、リサイクルショップ等で販売されている新品未使用の物です。

ちなみに外国で自分が仕入れたものを国内で販売する際には許可は要りません。しかし、海外の輸入品であっても自分以外の第三者が輸入したものを国内で仕入れ販売する際には古物商の許可を取る必要があります。

詳しくは警視庁ホームページをご覧ください。

輸入転売で発生する関税消費税は本当に複雑ですが、しっかり把握しておかないと利益計算も狂い正確なコストを把握することができません。
また、知らず知らずに違法行為をしている場合もあるので、理解しておく必要があるのです。

そうは言っても始めたばかりの内は何が何だか分からないことも多いと思います。そういう場合は、税関に電話をすると親切に教えてくれるのでお勧めです。
知らないままにしておくより、専門家に聞くのが一番安全でわかりやすいでしょう。

その他違法になるケース

・輸入する商品によっては、食品衛生法電気用品安全法等、審査や許可、申請が必要なものがあります。これらの審査や申請を行わずに販売することは違法です。

・Amazonで出品をする際、正規品ページに並行輸入品を出品することは、知的財産所有権の侵害です。
また、並行輸入品であることを購入者に告げず正規品として販売するのは詐欺行為にあたります。

偽物、コピー品の仕入れ、販売も知的財産権の侵害となります

・その他輸入禁止商品を取り扱うことも悪質とみなされた場合は逮捕される可能性があります

商品を仕入れ、販売する前には必ず法律について確認してからにしましょう。

まとめ

Amazon転売での基本は『安く仕入れ、高く売ること』です。
ライバルが仕入れていないような仕入れ先には思わぬ宝物が眠っていることもあります。
また、FBAサービスを利用して、作業の効率化を図ったり売り上げをアップさせることもお勧めです。

人と差をつけて利益を確実に増やしていくために、何が必要か考える機会になれば幸いです。

【期間限定公開】物販ビジネスと相性の良い最強のクレジットカードとは?



物販ビジネスではクレジットカードは必須です。あなたも何かしら使用していますよね。

ただ、あなたが使っているそのクレカ…実はものすごく損をしています。

多くの人はクレジットカードなんてどれも同じと思いがちですが、使うクレカが変われば利益率の向上、支払サイクルの長期化、最初から限度額が大きいなど、ビジネスに大きく影響を与えます。

そんな数あるクレジットカードの中でも、物販ビジネスと最も相性の良い最強のカードをあなただけに特別にお教えします。

広告やCMなどは一切やっていない極秘のクレジットカードなので、お見逃しのないようにしてくださいね!

【11月30日までの限定公開】
>>> 最強のクレジットカード情報を無料で入手する


おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


最高級のステータス持つアメックスの極秘情報を無料公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法