物販

楽天カードでnanacoへチャージできない!? 原因と対策を詳しく解説

普段から利用するお店で使える便利なカード、nanaco。実は、クレジットカードを用いて現金をチャージすることができます。ところが、実際にこの方法を試してみてもエラーなどが出てチャージ不可能、ということもあるようです。

一体、チャージができない原因には何があるのでしょうか?

この記事では、特に楽天カードを使った場合にnanacoへのチャージができなかった時の原因や対処方法を紹介しています。手順を紹介しているものは、あわせて公式Webサイトも確認されることをおすすめします。

Contents

チャージに使えないカードを使おうとしたから

nanacoへのチャージは、全てのカードでできる訳ではありません。以下にチャージ可能なブランドを挙げておきますので、ご確認ください。

・セブンカード プラス/ゴールド(一体型、紐づけ型)
・セブンカード/ゴールド
・クラブ オン/ミレニアムカードセゾン
・JCB
・セゾンカード
・UCカード
・三井住友VIZAカード
・ヤフーカード
・ゆうちょ銀行カード
・NTTグループカード
・セディナカード
・OMCカード
・ライフカード
・オリコカード
・アプラスカード
・ジャックスカード
・MUFGカード
・DCカード
・UFJカード
・NICOSカード

上記以外のクレジットカードブランドは、登録自体ができないので注意が必要です。

楽天カードがチャージに対応しているのはJCBのみ

結論から申し上げますと、楽天カードでもnanacoへチャージできます。楽天カードには現在、以下のブランドがあります。

・VIZA
・JCB
・Master Card
・American Express

しかし、この中でnanacoのチャージに利用できるのはJCBだけです。つまり、全てのカードブランドがチャージに対応している訳ではないのです。このあたり、ややこしいですよね。カードがJCBではない場合は、プレミアムやゴールドのカードを所持していてもnanacoへのチャージはできません。

楽天のカードでどうしてもnanacoにチャージしたいのなら、持っているカードを1度解約してしまうという方法があります。この時に注意することは、1度解約してしまうとカードを最初から作り直しになるということです。そのさいに、「前は作れたのに、今は収入の面でカードの審査に落ちてしまった」となる危険もあります。

入会キャンペーンなども、2回目の入会となって特典が貰えないだけではなく、年会費ももう1度払うことになります。

チャージできても、ポイントが貯まらないこともある!

せっかくカードへチャージできても、ポイントが貯まらないカードもあります。ですから、クレジットカードでチャージをしたからといって油断してはいけません!

【nanacoへのクレジットチャージでポイントが貯まるカード】
以下の2種類のみです。
・セブンカード・プラス(一体型・紐づけ方)
・セブンカード(ゴールドは募集していません)

後にも紹介していますが、2017年にクレジットチャージでのポイント付与が終了してしまいました。ポイント付与の対象外になったものはたくさんありますので、忘れずにチェックしておいてくださいね。

2017年に、楽天カードのポイント付与が終了した

2017年の10月31日付けで以下のポイント付与が終了してしまいました。nanacoへのチャージだけではなく、ICOCAやSuicaへのチャージや、年会費が対象外になってしまったということで、通勤などで電子マネーを利用していた方はポイントが貯めにくくなってしまったことと思います。

【ポイント付与対象外となったもの】

・nanacoのクレジットチャージ
・スマートICOCA
・モバイルSuica
・モバイルSuica年会費
・モバイルSuica(Apple)

ICOCAでは、電子マネーへのチャージだけではなく再発行も含まれます。Suicaについては、電子マネーへのチャージだけではなく以下も含まれます。

・モバイルSuica特急券
・定期券
・Suicaグリーン券

nanacoへ楽天カードからチャージして10%還元してもらう方法

楽天カードはとてもポイントが貯まりやすいので、好んで使用している方は多いのではないでしょうか?nanacoチャージでのポイント付与が廃止されてしまう前は、チャージしたら100円につき1%の楽天ポイントを貯めることができました。しかし、多くの方が好んで使っていたであろうこのシステムは廃止されてしまったのです。

チャージへのポイント付与が廃止されてしまったのと同時に、楽天カードを使ってnanacoポイントを二重取りすることもできなくなっています。これは、楽天カードからnanacoへチャージして楽天ポイントを貰い、チャージしたnanacoを使う事によってnanacoポイントも一緒に貰う、というものでした。もしかすると、このようなポイントの二重取りを防ぐためにシステムが廃止されてしまったのかもしれませんね。

「もう、以前のように楽天カードでポイントを貯めることは難しいのだろうか・・」と思っていた矢先、nanacoのチャージ金額に対して10%の還元をする方法を発見しました。このことを知ったとき、本当に嬉しかったです。

初めにお伝えしておくと、この方法はいつも開催しているものを使う方法ではありません。しかし、開催されていたらやってみることをおすすめします。

10%ポイント還元の利用に必要なものは?

以下の2つを準備しましょう。

(1)JCBの楽天銀行のデビットカード
(2)nanacoポイントカード

この方法では、デビットカードを使います。楽天デビッドカードを利用するには、楽天銀行の口座開設が必要です。楽天銀行の口座は、以下の手順で開設できますので参考にしてください。

1.スマートフォンやパソコンから申し込む
2.アプリから本人確認書類を申し込む(郵送で本人確認書類を送る方法もありますが、申し込みからおおよそ2週間から3週間かかります)
3.口座解説完了レターを受け取る
4.楽天銀行へログインをして、初期設定をしたら完了

クレジットカードは引き落とし日に使った金額が引き落とされるのに対して、デビットカードは、最初から楽天銀行に入っている銀行の残高からすぐに引き落とす仕組みです。また、楽天銀行の場合は、メールですぐに引き落とされたことが確認できるので、安心感もあります。

ポイント還元率を10%にする方法を紹介

ここでは、nanacoへのチャージでポイント還元率を10%にする方法を紹介します。

参考:楽天銀行

1.まずは、楽天銀行の公式Webサイトにアクセスします

2.上の方に【キャンペーン等】というタブがありますので、クリックしてください

3.表示されるメニューの中にデビットカードのキャンペーンがあれば参加・加入しましょう。加入していないと、ポイントが貰えないので気をつけてください。

デビットカードのお得なキャンペーンには、ほかにも「5,000円以上利用すれば1,000プレゼント」といったものもあります。こちらのキャンペーンも、手順を解説しますので興味のある方は合わせてご覧ください。

1.楽天銀行の公式Webサイトにアクセスし、先ほど同様【キャンペーン等】というタブをクリック

2.表示されたメニューのうち「常設のお得情報」というところをクリック

3.「楽天銀行デビットカード新規入会およびご利用で1,000円プレゼント企画」のバナーをクリック

4.エントリーする

5.期間中に、忘れずに対象のデビットカードを使う

こういうキャンペーンは、意外と「エントリーした」ことに安心してしまって、肝心の使う事自体を忘れてしまうことになりがちです。忘れずに、対象のカードを使うようにしましょう。また、キャンペーンへの加入方法は、随時公式Webサイトもご確認ください。

nanacoに5万円チャージすれば5,000円獲得できる

nanacoに5万円チャージすれば5,000円獲得できます。チャージした5万円は以下のようにして使いましょう。

【カードの使い道】
・セブンイレブン系列店で使う(例:イトーヨーカドーなど)
・各種支払いに使う

イトーヨーカドーも加盟店なので、普段の買い物にもnanacoが使えます。

なぜnanacoの使い道を紹介したかというと、キャンペーン期間6日間のうちに5万円を使う必要があるからです。「6日間で5万円も使うの!?」と思われたかもしれません。しかし、nanacoはセブンイレブンの系列店で使えるだけでなく公共料金などの支払いにも使えるので、「5万円もnanacoにチャージして、使わなかったらもったいない」ということにはならないのでご安心ください。

このキャンペーンには注意点があります!

最後に、こちらのキャンペーンの注意事項を紹介します。

1.必ずしも全員が対象ではない
2.開催が不定期

この、楽天銀行デビットカードのキャンペーンは、必ずしも全員が対象ではありません。なぜなら、対象者は選別されるシステムになっているからです。時には、キャンペーンに参加するボタン自体が画面に表示されないこともあるのです。その場合は、当然参加できません。全員がこのキャンペーンの対象になっているわけではないので注意してくださいね。

また、先ほどもお伝えした通り、このキャンペーンは不定期開催ですので、そのことも覚えておいてください。

「本人認証サービス」の進め方をよく分かっていなかった

クレジットチャージをするには、カードを持っているだけでは利用できません。本人認証サービスというものがあるので、まずそちらへの登録が必要です。

たとえば、楽天カードで本人認証サービスへ登録する場合は、楽天e-NAViのサービス開始手続きが必要になります。

セブンカードの場合は、以下の手順で行います。

【セブンカードの本人認証手順】

1.セブンカードの公式サイトにアクセス

参考:セブンカード

2.「カードをお持ちの方」のタブをクリック

3.お手持ちのブランドの「新規登録」をクリック

4.各情報を、画面の流れに沿って入力する

5.パスワードを設定し、登録完了

リクルートカードの例では、カードのブランドによって手続きが違います。

【リクルートカードの本人認証手順】

1.リクルートカードVISA/Matercardの場合
「三菱UFJニコス・MUFGカードWEBサービス」へ登録する

2.リクルートカードJCBの場合
「MyJCB」のサービスへ登録する

このように、カード会社やブランドによって設定方法が異なることがありますので、お手持ちのカード会社の本人認証サービス設定方法を随時ご確認ください。

本人認証サービス有効化の手続き、楽天カードの場合

カード会社や、ブランドによって手続き方法が違うなんて分かりにくいですよね。ここでは、楽天カードの本人認証サービスを有効化する手続きを解説します。

1.楽天e-NAVIにアクセスをする

参考:楽天e-NAVI

2画面に沿って.楽天会員のID、パスワードを入力する

3.楽天e-NAVIの画面の中に、「本人認証サービス」という項目があるのでクリック

4.本人認証用パスワードを新たに作成する

5.楽天カードの裏面に書いている「認証コード(署名欄下3桁)」を入力する。入力が終わったら「確認画面へ」をクリック

6.入力事項に問題がなければ「登録する」をクリック

以上が、本人認証サービスを有効にする手順です。

nanacoにクレジットカードを登録するには

ここでは、nanacoにクレジットカードを登録する方法をご紹介します。

1.nanacoの会員ページへアクセスし、以下の情報を入力する

参考:nanaco会員ページ

・nanacoカードを持っている場合・・「nanaco番号」と「カード記載の番号」
・nanacoモバイル会員の場合・・「nanaco番号」と「会員メニュー用パスワード」

2.ログインしたら「nanacoクレジットチャージ」をクリックする

3.ステータスにより以下を確認

初回登録の場合・・クレジットカード登録の画面が開く
登録済みの場合・・「登録クレジットカード変更・更新」をクリック

4.クレジットカード登録画面(変更後)が開く

情報を入力し終えたら「次へ」をクリックする

*クレジットカードチャージパスワードとは・・nanacoへクレジットカードでチャージする際に使うパスワード

5.変更内容の確認画面になるので、間違いなければ「変更する」をクリック

6.本人認証サービスの画面が開くので、利用するカード会社の本人認証サービスパスワードを入力

以上が、登録クレジットカード変更の手順です。

楽天カードのJCBを使ってもnanacoチャージでエラーが出る場合

「楽天カードのJCBを使ったのに、nanacoへチャージできなかった!」という事例があります。それはなぜでしょうか?

(例)クレジットカードの登録手順で、以下のようなエラーが出る

サーバーエラー:PGSE37
・クレジットカード番号および有効期限をご確認のうえ、再度ご入力ください。
・クレジットカード番号および有効期限に間違いがない場合、本人認証サービス「J/Secure、Verified by VISA、MasterCard SecureCode」未登録の可能性がございます。本人認証サービスご登録後にご利用ください。本人認証サービスへのご登録方法がご不明の場合は、ご利用のクレジットカード発行会社へお問合せください。

このエラーは、登録前に楽天e-NAViでの本人認証サービスへ登録していなかったことが原因で起こることが多いです。そのため、このエラーが出た時は、本人認証サービスへの登録を済ませてしまいましょう。

1.楽天カードの本人認証サービスへアクセス

参考:楽天カード 本人認証サービス

2.パスワード設定の入力枠へは、お好きな英数字を入力してください

3.本人認証サービスへ登録、設定が完了したのち、もう1度nanaco会員メニューからクレジットチャージメニューへアクセス

4.すると、「パスワードをご入力ください。」と書かれた画面にアクセスできるようになるので、本人認証サービスのパスワードを入力する

クレジットチャージには利用限度額があるので気をつけよう

nanacoへのクレジットチャージには、利用制限があるので確認しておきましょう。

【nanacoクレジットチャージの利用制限について】
回数:月間10回、1日1回まで
チャージの合計金額:月間20万円、1日3万円まで
1ヵ月とは:最初の1日から各月末日まで
1日とは:0:00~23:59まで

月に20万円まではnanacoへのクレジットチャージが可能ですが、稀に月10万円しかチャージできない、という例もあります。こうなってしまう人の多くは「最近クレジットカードに申し込んだばかりで使い始めてまもない人」です。クレジットカードを使えば使うほど信頼度が上がっていき、その結果限度額も増える仕組みになっているのです。

「センター預かり」とはどんなシステム?

クレジットチャージとは関係なく、nanacoには入金の上限金額というものがあります。それは、1枚につき5万円です。しかし、公共料金の支払いなどで1回に使う上限額を超える場合もあるでしょう。そんな場合は、納付書を1枚ずつ別々に会計する方法があります。

以下では、「5万円以上10万円以下の税金を支払う」方法を解説します。納付書の金額が5万円以上だった場合、「1枚のnanacoカードでは支払いができないのでは・・?」と考えてしまう方も多くいらっしゃることと思います。しかし、それが10万円以内なら大丈夫です!

なぜなら、nanacoカードには「チャージ枠」と「センター預かり枠」が存在するからです。これら2種類の枠は、どちらも最大5万円持たせることが可能なのです。ですから、この方法を使えば最大10万円までの支払いに対応できますが、この方法を利用するには少なくとも2日かかります。以下をご確認ください。

1、1日目、nanacoに5万円をチャージする

初めの手順として、まずnanacoに5万円をチャージしておきます。1回あたりのクレジットチャージ限度額が3万円なので、1回目は3万円、2回目は2万円と分けます。

2、5万円をセンター預かりにする

nanacoに5万円を入金した状態で2日目になったら、同じようにnanacoへチャージを行います。

3、5万円分の支払いをさきに済ませて、残高を確認する

この時点で、nanacoにはチャージ枠とセンター預かり枠の合計10万円がチャージされています。納付書を持参して、レジで支払うさいにまず5万円分支払います。そして、「これでは足りない」ということになりますが、このときにレジで「nanacoの残高を確認してください」と伝えましょう。こうすることにより、センター預かりへ入金していた5万円がカードへ反映されます。これで、残りの金額を支払うというわけです。

ただし、この方法はレジでの手続き時間が長くなってしまいますので、なるべくお店が空いている時間に手続きしたほうが良いでしょう。

センター預かりになる電子マネーやポイントは?

ここでは、センター預かりになる電子マネーやポイントを紹介します。

【センター預かりになる電子マネー・ポイント一覧】

・キャンペーン特典のポイント
・提携先のポイントから交換したポイント
・クレジットチャージをした電子マネー
・セブンカード プラスのクレジット支払いで加算されたポイント
・新しいnanacoへ残高を引き継いだ電子マネーやポイント
・nanacoギフトからチャージした電子マネー

記載の通り、クレジットチャージをした電子マネーはセンター預かりの対象なのです。

「サーバーエラー」がどういう意味なのか分かっていなかった

nanacoを利用していると、サーバーエラーという画面が出てくる場合があります。

たとえば、「サーバーエラー:PGSE22」というメッセージと共に、「使えないクレジットカードが指定されました。分からないことがある場合はクレジットカード会社に問い合わせてください」といった内容が書かれていることがあります。このようなエラーに遭遇してしまうと、一瞬ドキッとしてしまいますし困惑しますよね。

次の項目にてサーバーエラーの原因や対策の一覧を記載しておきますので、ご確認ください。

nanacoサーバーエラーの原因・対策8選!

1.PGSE09

【原因】
・クレジットカードチャージ未対応のカードを使おうとした
・nanacoと紐づいているクレジットカードを解除した後、時間をおかずに登録しようとした

【対策】
・クレジットカードチャージ対応のカードを使う
・すぐに作業せずに、少し時間が経ってから再度試みる

2.PGSE37

【原因】
・カードの番号や有効期限に誤りがある
・本人認証サービスへ登録していない

【対策】
・もう一度数字を確かめて入力
・本人認証サービスに登録

3.PGSE05

【原因】
・nanacoカードやnanacoモバイルに新規入会して時間をおかずにカードの事前登録をしようとした

【対策】
・nanacoカードは10日後、nanacoモバイルは4日が経過してから事前登録の作業をする

4.PGSE35

【原因】
・カードに事前登録をして、すぐにクレジットチャージを行った

【対策】
・事前登録後、24時間空けてから行う

5.PGSE15

【原因】
・利用回数の限度を超えてチャージを試みた

【対策】
・翌日にチャージを行う

6.PGSE11

【原因】
・月の利用限度金額を超えてチャージを試みた

【対策】
・20万円を超えている場合、翌月にチャージする

7.PGSE22

【原因】
・カード会社の方のチャージ可能金額を超えてクレジットチャージをした

【対策】
・翌月にチャージするまたは異なるカードを利用する

8.P30185

【原因】
・5万円以上チャージしようとした

【対策】
・残高確認を行う(セブンイレブンのATMで確認が可能)

コンビニ払いに対応していないものを支払おうとした

住んでいる地域によって、コンビニでの納付に対応していない税金がありますので注意してください。たとえば、不動産取得税を払おうとしてnanacoを持参したところ「これはコンビニでは支払えません」と言われる例があります。

なぜなら、その地域では自動車税しかコンビニ納付に対応していなかった上に、コンビニでの取り扱い金額に上限があったからです。たとえば、徳島県であれば以下のように記載されています。

参考:徳島県

このように、各種税金の対応は地域によって変わることがあります。全ての県で支払い方法を統一してくれたら支払う側としては分かりやすいのですが、そうはいかないのでしょうね。そのため、住んでいる都道府県の公式Webサイトをチェックすることをおすすめします。

2019年、確定申告でnanacoが使えない?

2019年から、QRコードの読み取りでの税金の納付が可能になりました。国税庁のWebサイトをご覧ください。

参考:国税庁

【QRコード読み取りの利用が可能なコンビニエンスストア】
・ファミリーマート(Famiポートがある店舗)
・ミニストップ(Loppiのある店舗)
・ローソンやナチュラルローソン(Loppiのある店舗)

ご覧いただけばお分かりになるかと思いますが、対象のコンビニにはセブンイレブンが入っていません。また、ページのもう少し下を確認すると

「コンビニエンスストアの窓口での納付にクレジットカード、電子マネーはご利用できません。」

と記載しています。

【事前準備について】
QRコード読み取りを行うには、QRコードの作成が必要です。「確定申告書等作成コーナー」や「コンビニ納付用QRコード作成専用画面」もしくはe-Taxでの作成が可能です。

QRコード読み取りの注意事項は、領収証書が発行されないことです。領収証書を発行して欲しい場合は、QRコード読み取りではなく、管轄税務署もしくは金融機関まで行き、窓口で支払う必要があります。

コンビニで25万円を超えた支払いをしようとした

では、「30万円分の支払いをしたいのなら、クレジットチャージしたnanacoを6枚所持すればいいのではないか?」と考える方がいらっしゃるかもしれません。ところが、カードの利用限度額だけではなく、コンビニでの利用限度額にも注意する必要があります。

コンビニで税金を支払うさいの上限・・30万円まで
nanacoの支払いで1回に使える金額・・25万円まで

しかし、レジの人がそもそもそのような支払い方法に慣れていなくて結局できなかった、ということになる可能性もあります。ですから、10万円を超える支払いでコンビニのレジを利用するのはあまりおすすめではありませんね。

確かに、私たちだって3ヵ月に1度ぐらいしかしない業務があれば、「この作業ってどうするんだっけ・・?」と戸惑うこともありますよね。レジの店員さんも、同じだと思うのです。

これには、役所に依頼して納付書を分割で貰うという解決方法があります。しかし、こちらもまた役所により「理由もなく分割はできません」と断られることもありますので、万能の解決方法ではないことは覚えておいてくださいね。

nanacoで10万円より大きい金額を支払う方法

nanacoで10万円よりも大きい金額を支払いたい場合は、nanacoカードを2枚以上使うのもアリです。複数のクレジットカードを同時に紐づけることはnanacoではできないということです。

モバイルnanacoを使う方法

あなたの持っているスマートフォンや携帯電話がおサイフケータイに対応している場合は、スマートフォンや携帯電話をnanacoカードの代わりとして使うことができます。

nanacoカードとモバイルnanacoをあわせて使うことによって、1回の支払いで20万円ならnanacoで支払えるようになります。モバイルnanacoの各種手続き方法はnanacoの公式Webサイトから確認できますので該当の項目をご覧ください。

参考:nanaco(nanacoモバイル)

とはいうものの、先ほどお伝えした通り、ややこしい確認が必要だったり、店員さんが慣れていなかったりする可能性もありますので、可能であればnanacoでの支払いは5万円以内で済ませるのがおすすめですね。「どうしてもnanacoで支払いたい」時以外は、5万円以内の支払いで済ませましょう。

焦らずに、各種対処方法を確認しよう!

特に、機械に弱い方は、エラーが出ただけでパニックになったり、思考が停止してしまったりしがちですよね。しかし、ほとんどの場合はあなたがそのエラーにはじめて遭った人という訳ではなく、先にそのエラーに遭って問題を解決した人たちがいます。

ですから、落ち着いてネット上で情報を探せば解決策はきっと出てくることでしょう。エラー以外にも、「そもそも最初に必要な手続きをしていなかった」ということもあり得ます。このように、いろいろなパターンがありますので、焦らずに各種対処方法を確認してみてくださいね。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。