物販

楽天ポイントをAmazonで使う方法と注意点

この記事では、楽天ポイントをAmazonで使う方法について解説していきます。住宅ローンや積立投資などで楽天銀行や楽天証券を使っている方は、自然と楽天ポイントが増えていきます。しかし、普段の買い物はAmazonで行うという方は少なくないはずです。

せっかく貯めたポイントを活用できなければ、損をすることになります。当記事を読めば、楽天ポイントをAmazonで利用することができますので、Amazonユーザーの方は是非ご覧ください。

楽天ではなくAmazonに欲しい商品がある場合の対処法

楽天やAmazonはどちらも同じ大手の通販サイトです。ネットで買い物をする場合は両者共に欠かせない存在ですが、どちらか一方を頑なに利用するという人はあまり見かけません。

たとえば、Amazonのヘビーユーザーだったとしても、目的の商品やキャンペーンによっては楽天を利用するときもあるでしょう。普段から楽天を利用している人でも、時と場合によってはAmazonを利用するときはあるはずです。

楽天で買い物をすれば、通常100円につき1円分の楽天ポイントが付与されます。キャンペーンなどによっては数倍のポイントをもらえる時もあります。しかし、楽天ポイントの有効期限は数か月しかないため、あまり利用しない人にとっては消化が難しいというのが現状です。

そこで、ここでは、楽天ポイントをAmazonで使う方法を具体的に解説します。楽天ではなくAmazonに欲しい商品がある場合の対処法ともなり得ますので、是非参考にされてください。

Amazonでは楽天Edy払いもできる

楽天ポイントをAmazonで利用する場合は、楽天ポイントを楽天Edyに交換する必要があります。楽天Edy払いをすれば、楽天ポイントはた目っていきますのでご安心ください。なお、ポイント還元率は以下の通りです。

楽天カードから楽天Edyへのチャージ:0.5%+楽天Edy払い:0.5%=1.0%

すべての商品に使えるわけではない

Amazonの商品は全て電子決済できるわけではありません。購入する前に確認することができます。

「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。」と表示されている場合は、楽天Edyを利用できます。Amazonが直接販売している商品は大抵電子決済に対応していますが、念のために確認しておいた方が良いでしょう。

予約販売やデジタル系では対応していないケースもあります。商品をカートに入れて決済画面に移動すれば、確認できます。

楽天ポイントをAmazonで使う手順

先で述べた通り、全体的な流れとしては以下の通りです。

楽天ポイント⇒楽天Edyに交換⇒Amazonで使う

Amazonで楽天Edyを使う方法は2通り

楽天EdyをAmazonで使う方法は2通りしかありません。

1つ目は、あらかじめAmazonギフト券を購入する方法です。2つ目は、都度楽天Edyで決済する方法です。

Amazonで楽天Edyを使う方法とは?

次に、Amazonで利用できる楽天Edyについて詳細を解説していきます。

楽天EdyリーダーやFeliCaポート/パソリが必要

カードタイプのEdyを使っている場合は、楽天EdyリーダーやFeliCaポート/パソリが必要です。

・楽天Edyリーダー

参考:SONY 非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi(パソリ) USB対応

ちなみに、FeliCaポート内蔵のPCがある場合、これらは必要ありません。

おサイフケータイを利用する

Androidやガラケーでおサイフケータイを利用できれば、問題なく楽天Edyを利用できます。この方法で楽天Edyを使う場合は、付与されるポイントの以下の中から自由に設定することができます。

・楽天スーパーポイント
・Pontaポイント
・Tポイント
・ANAマイル
・WALLET ポイント(au)
・Edyでコイン(GREE)
・ヨドバシゴールドポイント
・エポスポイント
・ビックポイント
・エディオンポイント
・ドットマネー
・マツモトキヨシ

なお、楽天ポイント以外に設定した場合でも、還元率は0.5%となります。

楽天Edyが使える端末は少ない

楽天Edyは使える端末が少ないです。現時点で利用できる端末としては以下の通りです。

なお、iPhoneには対応していません。

基本的にスペックの低いスマホには、「NFC(近距離無線通信)」と「おサイフケータイ機能(FeliCa)」が付属していません。

そのため、楽天Edyを使う場合は楽天Edyアプリが使えるスマホが必要です。対応端末がない場合は、Amazonでの支払いもできません。

必須条件をまとめると以下の通りです。

・Androidバージョン4.4以上のスマートフォン
・「おサイフケータイ機能(FeliCa)」が付いている
・「NFC(近距離無線通信)」が付いている

上記の1つでも該当していない場合は楽天Edyを使えません。利用する前にチェックしておきましょう。

楽天ポイントを楽天Edyに交換する方法とは?

先ほども解説した通り、楽天ポイントをAmazonで使う場合は1度楽天Edyに交換する必要があります。ここでは、楽天ポイントを楽天Edyに交換する方法を解説します。

PCより楽天ポイントを楽天Edyに交換する場合

まずは、楽天市場にログインし、左上に表示されている獲得ポイントをクリックします。楽天Edyに交換できるのは、期間限定ポイントやマイルから移行したポイント除いたものです。

期間限定ポイントや他社から交換したポイントは楽天Edyに交換できないので、注意が必要です。

例えば、総保有ポイントが10000Pだったとし、期間限定ポイントや他社から交換したポイントが2000Pだった場合、交換対象ポイントは8000Pです。

上部にポイント交換項目があるのでクリックします。

「楽天ポイント」→「楽天Edy」の項目がありますので「交換」をクリックしましょう

10ポイント以上1ポイント単位での交換ができます。次のページで対象のカードを選択しましょう。カードの裏面にある楽天Edy番号も忘れないように確認して下さい。

次に、交換したい楽天ポイントを入力します。最低10ポイント、上限は50000ポイントです。

繰り返しですが、PCより受け取ることはできません。楽天Edyアプリがあるのであれば、ファミリーマートに設置してある「ファミポ」で受け取ることが可能です。

スマートフォンより楽天ポイントを楽天Edyに交換する場合

「楽天Edyアプリ」は対応機種が少ないです。なので、ここでは、「楽天ポイントクラブ アプリ」を使った交換方法を解説します。

まず、「楽天ポイントクラブ」をインストールします。

参考:楽天ポイントクラブ – 楽天ポイント管理アプリ ※Google Play

こちらもAndroidしかアプリは提供されていませんので、iPhoneユーザーは使えません。

「楽天ポイントクラブ」のインストールを終えたら、ログインします。画面中央部分にある「Edy交換」という項目をクリックします。

次に、「ポイントチャージ申請」を開き、「チャージ申請へ」をクリックします。

ポイントチャージ申請後、チャージ分を受け取る必要があります。チャージ申請中のポイントは、楽天Edyのマイページよりキャンセルできます。

続いて、楽天会員IDとパスワードを入力しましょう。

以下のように該当の楽天Edyを選択します。

チャージ可能ポイントから、交換したい楽天ポイント数を入力しましょう。

申請が完了してから、30日以内に受け取る必要があります。

これでポイントチャージの申請が完了しましたが、まだ楽天Edyにはチャージされていません。申請したポイント分を楽天Edyで受け取る必要があります。

楽天Edyアプリから受け取る

楽天Edyの受け取り方法は大きく分けて3種類あります。

1.ファミリーマートの「Famiポート」
2.空港に設置されているANAの「国内線 自動チェックイン機」
3.楽天Edyアプリ

なお、Amazonの電子決済に使えるのは、「楽天Edyアプリ」を使った方法だけです。

また、対応端末が少ないので、事前に公式サイトで確認しておいた方が良いです。端末が対応していない場合は、以下のような文面が表示されます。

公式サイトに対応機種として表示されていなくても、1度インストールして試してみると良いでしょう。

先で述べた通り、「NFC(近距離無線通信)」「おサイフケータイ機能(FeliCa)」が付いていない端末は使えないので注意が必要です。

交換した楽天Edyの受け取り期間

交換申請が完了してから30日以内に楽天Edyを受けとらなければいけません。30日を超えるとEdyは無効になり、受取りができなくなります。受け取り期限が過ぎた場合は、交換元のポイント口座に自動で返還されます。なので、失効するわけではありませんが、申請が完了した後はすぐに受け取るようにしましょう。

交換可能なポイント数の上限と交換対象

・交換可能なポイント数の上限: 25,000ポイント/回、100,000ポイント/月
・交換対象:楽天スーパーポイントのみ

楽天EdyをAmazonで使う方法

続いて、楽天EdyをAmazonで使う方法について解説します。

「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い」を選択する

商品をカートに入れ、支払方法の「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い」を選択しましょう。

「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い可。」という項目にチェックを入れ、「次に進む」をクリックします。

ちなみに、スマホの場合は以下のようになります。

次に、注文を確定させます。

少し時間が経つと登録しているメールアドレスにAmazonより連絡が来ます。

決済画面にアクセスし、「楽天Edyアプリ」での決済を選択すれば完了です。なお、注文した金額より楽天Edyが少ない場合は決済できません。

楽天EdyをAmazonギフト券に交換する方法

次に、楽天EdyをAmazonギフト券に交換する方法を解説します。

Amazonギフト券はAmazonのトップページ上部から購入画面にアクセスできます。

Amazonギフト券の有効期限は10年なので、事前に購入しておくと良いでしょう。ちなみに楽天Edyは他の通販サイトでも利用できます。

楽天Edyを使ってAmazonギフト券を購入する

まず、楽天Edyを使ってAmazonギフト券を購入します。

今回は自分のアカウントで買い物をするため、「チャージタイプ」を選択します。

次に、右側にあるボックスに購入する金額を打ち込みます。今回は楽天Edyの金額と同額を入力します。

続いて、決済手段として「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い」を選択します。

決済が完了すると、Amazonに登録したアドレス宛てに支払い番号が記載されたメールが送信されてきます。

メールに記載されている手順に従って楽天Edyで決済すれば、Amazonギフト券の購入完了です。

※パソコンではInternet Exploreでメールのリンク先へアクセスし、Edy Viewerを起動して決済します。

都度電子決済とAmazonチャージではどちらがお得か?

お得なのは「都度電子決済」の方です。Amazonチャージの場合、楽天Edyで決済するとAmazonポイントが付与されないからです。なので、お得さを重要視するのなら、「都度電子決済」を選択すると良いでしょう。

Amazonチャージの場合はクレジットカードと併用できる

しかし、Amazonチャージにもメリットはあります。それは、他の支払い方法と併用できる点です。「都度電子決済」だと残高が足りない場合は支払いできませんが、Amazonチャージの場合はクレジットカードなどと併用できます。よって、利便性はAmazonチャージの方が高いです。

手間が省けるというメリットもある

さらに、事前にチャージするだけなので手間が省けるというメリットもあります。時間や手間を短縮したい場合は、Amazonチャージを選択すると良いでしょう。

まとめ

今回は、楽天ポイントをAmazonで使う方法について解説しました。楽天ではなくAmazonに欲しい商品がある場合は今回の内容を参考にしてみてください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。