物販

「リサイクルショップせどり」のメリット・デメリット、具体的な始め方などについて徹底解説

リサイクルショップせどりを始めたいと希望する人はたくさん居ます。しかし、いざとなると取っ掛かりが分からず、やりたいという思いだけで先に進まない人がほとんどです。

本記事では、リサイクルショップせどりのメリット、デメリット、リサイクルショップの探し方から仕入れ商品の選び方など、具体的な方法について詳しく紹介しています。また、関連の法律法規や古物商許可の取得方法についても具体的に解説しています。こうした状況について正確に把握し、気が付かないうちに違法行為を犯していたなどということが無いようにしたいものです。

Contents

リサイクルショップせどりのメリットとは?

せどりは広義では「安く仕入れて高く売ること」です。昔は本の転売を「せどり」と呼びました。

本の背表紙に書かれたタイトルを見て仕入れを判断したことから、「背取り」という字が当てられました。現在では背取りの対象は本だけではなく。ゲームや家電など様々なジャンルに広がっています。

せどりと似たものに「転売」があります。転売とは、「入手することが難しい商品を、転売目的で購入してより高い値段で販売すること」です。

過去においてはエスマックスやたまごっちの転売が社会現象にもなるほど白熱しました。最近ではコロナ禍でマスクや消毒液の転売が問題になり、法改正がなされたほどです。

現在では転売のツールや方法も多様化し、入手が難しいか否かを問わずに「仕入れた商品に利益を載せて他の人に販売する」ことを転売というようになりました。せどりと転売は、もともと商法が異なりましたが、双方とも商法が多様化することにより、現在ではせどりと転売を同じ意味で用いる人が多いです。

発祥の由来から生じるニュアンスの違いとして、「せどり」は仕入れる者の目利きが付加価値となり、「転売」は入手困難な商品が付加価値となっています。

「リサイクルショップせどり」は、名前が示すとおり、仕入先をリサイクルショップにしたせどりです。リサイクルショップも歴史の流れの中で形態や意味合いが変化しています。

「質屋」と呼ばれた当初は、お金に困窮した人が貴重品などを一時的にあずけてお金を借り、返金ができなくなった商品が第三者に売られていました。現在ではリサイクルショップに品物を提供する理由で最も多いのは、「より便利で新しい製品を購入したいので現在使用している物を処分したい」「引っ越しを機に買い換えたい」などです。生活に困窮してという人は利用者全体の1%にも満たないでしょう。

ですから、リサイクルショップで販売されている商品は新品同様であったり、値打ちの高い物も多く含まれています。稀に市場ではすでに出回っていないレアな商品がみつかることもあり、マニアに高く売れることがあります。

「開発・技術大国」「匠の国」日本では、常により優れた製品が開発・製造・発売されています。一度使用されたもの、少しだけ前に発売されたものでも、リサイクルショップでかなり安い価格で手に入ることがあります。リサイクルショップを利用したせどりはやり方によっては大きな利益につながるビジネスです。

リサイクルショップせどりなら実物を見て仕入れられる

せどりには、リサイクルショップから転売する商品を仕入れる方法と、ヤフオク!やメルカリなどオンラインのネットオークションやフリマアプリを利用して商品を仕入れる方法があります。オンラインショップから商品を仕入れる方法のメリットは、交通費がかからず、短時間にたくさんの商品を比較しながら選べるので高効率であるという点です。しかし、オンラインショップを利用して仕入れる最大のデメリットは、商品の実際の状態が確認できないので、画像で期待した商品と実物に誤差が生じるという点です。

販売者は撮影技術を駆使して商品のメリットを最大限に引き出す「売れる商品画像」を工夫しています。ですから、画像と実物との誤差はたいてい期待値に至らないという意味での誤差になります。

リサイクルショップに足を運んで仕入れを行う最大のメリットは、オンラインショップから仕入れる最大のデメリットを回避できる点にあります。画像ではライトアップや背景の効果で高級感を演出されていた商品でも、実物を見ることで、実際の価値がそのまま伝わります。

また、商品の状態を自分の目でしっかりと確認できるので、商品の小さな欠陥も見逃しません。リサイクルショップから仕入れたせどりでは、転売後に商品の欠陥が見つかりトラブルになるリスクも低減されます。

リサイクルショップせどりなら、失敗が少ない

とくに、初心者や経験の少ない人がせどりで稼ぐ場合は、リサイクルショップから仕入れるのがオススメです。オンラインショップでは実物が確認できないで、画像と実物の商品との間に誤差が生じたり、商品の欠陥を見落としたりといったリスクがあります。

せどりの仕入れ方として、ドン・キホーテやコストコなど全国展開の量販店で安売り商品を購入する方法があります。この方法では、全国のせどらーが同じ商品を狙いにいくため、競合過多で値崩れが起こるリスクがあります。

リサイクルショップでは、全国展開していても、販売されている商品は全く異なります。地域の住民から不要となった商品を買い取って販売しているので、フランチャイズ展開をしているリサイクルショップでも商品はバラバラです。

このため、競合と低価格競争でつぶし合うリスクが抑制されます。リサイクルショップから商品を仕入れてせどりを行えば、経験の浅い人でも一定の利益を上げることが可能になります。

リサイクルショップせどりは高い利益が得られる

せどりを行う人が知っておきたい知識が、2つあります。商売は安い物(利益率の低い商品)を沢山販売するよりも、販売個数は少なくても単価の高い物(利益率の高い商品)を一定数販売したほうが儲かるという点です。商品を販売するには時間や労力がかかるので、商品をたくさん販売すると目に見えないコストがたくさんかかります。

もう一つの知っておきたい知識とは、せどりの目利きの腕を上げれば、確実に売れる商品を狙えるので、利益が上がるという点です。

中古品の目利きは、骨董品の取り扱い者とは違い、歴史や芸術・美術などに造詣が深くなければならない訳ではありません。現在市場で求められている話題の人気商品を随時、迅速に把握する情報収集力がより重要になります。誰でも時間と心構えさえあれば上達する能力です。

リサイクルショップせどりは限定品や非売品が手に入る

リサイクルショップから仕入れる場合、オンラインショップや量販店では手に入らない、レアな商品が入手できる場合があります。非売品や限定品などは、大事に保管していた人が、その人自身や家族が判断したタイミングでリサイクルショップに持ち込まれ転売されます。年代物あるいはかなりレアな商品が、リサイクルショップで手にはいる可能性があるのです。

【特集#02】起業家インタビュー

フリマ出品代行サービスを立ち上げた大迫CEO率いる株式会社モノテクノロジーズ。しかしコロナで倉庫が止まり、アルバイトの自宅で商品を保管するハメに。

窮地に立たされた大迫CEOは『倉庫のクラウド化』に着手。新サービス、マカセルへとアップデートを遂げたのでした。

マカセルならフリマで高く売れるといいます。その理由とは・・?

アクシグ編集部の独占取材記事全文を是非ご覧ください。

リサイクルショップせどりのデメリットとは?

せどりは大きく分けて、店舗せどりと電脳せどりに分けられます。店舗せどりとは、量販店や100円ショップ、リサイクルショップなどの実店舗から仕入れて転売するせどりです。電脳せどりの電脳とは中国語でコンピューターを意味し、パソコンを使ったオンラインショップから仕入れるせどりが電脳せどりです。

リサイクルショップせどりのメリットは下記の4点です。
・リサイクルショップせどりなら実物を見て仕入れられる
・リサイクルショップせどりなら、失敗が少ない
・リサイクルショップのせどりは高い利益が得られる
・リサイクルショップせどりは限定品や非売品が手に入る

メリットとデメリットは人でも物でも表裏一体の関係になっていることがほとんどです。リサイクルショップせどりには、上記のメリットをそのまま裏返したデメリットも存在します。

リサイクルショップせどりは安定した仕入れが難しい

リサイクルショップは消費者から不要になった物品を買い取って転売するビジネスです。店頭に並ぶ商品は基本的にどれも1点のみの販売です。市場に多く出回る売れ筋商品が複数販売されている店舗もありますが、サイズや品物の状態は一定ではありません。

高く売れたお値打ちものも、同じ店舗から同じ価格で仕入れられることは稀です。このように、リサイクルショップせどりは、人気商品、お値打ち商品でも一発勝負になる可能性が高く、安定した仕入れは難しいのです。

リサイクルショップせどりは検品の手間がかかる

リサイクルショップで販売されている商品の状態は差異が大きいため、一品一品丁寧に検品を行う必要があります。衣類なら傷やほころびがないか、ファスナーの状態はどうかなど一つ一つ手にとって丁寧に確認しましょう。

品物によっては実際に動かしてみる、電源を入れて正常に作動するか確認するといった作業が必要になるため、検品に時間と手間がかかります。リサイクルショップせどりでは、仕入れ時の検品がとても重要な作業になります。

リサイクルショップせどりで利益を上げる方法とは?

リサイクルショップは大きく分けて、全国展開するチェーン店のショップと、地元密着の個人経営の店舗に分かれます。全国展開のチェーン店のメリットは、商品の買取や保管など商品管理が徹底されているので、せどりが不可能なほど破損が激しい商品を掴まされるリスクは少ないといえます。また、全国展開のリサイクルショップの場合、多くは総合型で衣類、家具、電化製品など様々なジャンルの商品が販売されています。

地元密着型の個人経営の店舗では、買取や保管の方法がお店によってバラバラです。値段の付け方も店主の考え次第なので、不統一で不安定な部分はあります。それだけに、大型チェーン店では考えられないような掘り出し物やお値打ち物が安く手に入る場合もあるので、何回か通ってオーナーと仲良くなれば、高く転売できる商品の仕入れが可能になります。

リサイクルショップせどりでは店舗の特色を掴んで仕入れる

リサイクルショップは販売する商品の種類によって大きく下記の5つのタイプに別れます。

総合型リサイクルショップ。家電やおもちゃ、衣類家具など全てのジャンルの商品を扱っています。
衣類ファッション関連のリサイクルショップ。服やバッグ、靴などのアパレル・ファッション関連の商品を取扱うお店です。
ブランド品リサイクルショップ。せどり業者が頻繁に利用するショップです。ブランド商品や宝飾品など利益率の高い商品を取扱っています。
アンティーク系リサイクルショップ。骨董品や家具、古物などを取り扱います。掘り出し物や値打ち物、時代物が見つかれば大きく儲かる商品です。偽物・贋物も多いので、目利きに自信が無い人には難しい商品です。
本、DVDの中古品を専門に扱うショップ。BOOKOFFなどが代表的な店舗です。古本は漫画を中心にせどりで取り扱いが最多な商品の一つです。仕入れも転売も難易度が低いので、競合が多いというデメリットもあります。

リサイクルショップせどりでは、自分の得意分野の商品が見つかるショップ、あるいは人気・話題商品を仕入れるのに最適なショップを探すことが重要です。サイトやアプリを活用して、最適なリサイクルショップ探しから始めましょう。

リサイクルショップせどりでは未開封商品が狙い目

リサイクルショップでも、未開封、未使用の商品が店頭に並ぶことがあります。発売年月日が極端に古いものでなければ、未開封、未使用の商品は新品に近い値段んで販売することができます。リサイクルショップで仕入れるときは、まずは未開封の商品を探してみましょう。

リサイクルショップせどりでは検品が最重要課題

リサイクルショップせどりで検品をいい加減に行うのは命取りになります。商品の状態によっては売り物になりませんし、仕入れて販売しても使えなければ信用問題に発展します。

リサイクルショップせどりでは、丁寧で的確な検品が必要になります。検品も慣れてくると衣類ならここ、かばんや靴はここ、家電ならここ、といった具合に商品の種類によって異なる検品のコツが掴めてきます。

検品で商品の状態が掴めたら、ネットで同じ商品がいくらで販売されているか調べましょう。自分が仕入れた商品の状態がより良い状態であれば、競合の販売価格よりも高い値段をつけることができます。また、その逆も然りで、商品の状態が悪いのに、サイトで競合が販売する価格よりも高く設定すると、なかなか売れません。

リサイクルショップせどりでは値下げ交渉も重要

中古品は定価販売という概念が薄いビジネスです。同じ製品でも使用時間や使用状況によって商品の状態が大きく異なるからです。

リサイクルショップは商売の素人から二束三文で商品を仕入れているため、回転率を上げて短期間に商品をたくさん販売したいと考えるショップもあります。大量に購入する場合はセールスタイムを利用する、あるいは値下げ交渉をしてみるといったことも大切です。

最初から値下げ交渉をするのはハードルが高いという人であれば、ちょくちょく通ってお得意さんになってからお願いするという方法も有効です。双方にメリットがあるWIN-WINの関係を構築し、商品をできるだけ安く仕入れることで、利益率が高くなります。

リサイクルショップせどりはGoogleやアプリを活用する

リサイクルナビくるくるとは、リサイクルショップ総合検索ポータルサイトです。リサイクルショップを探したい県や市区町村からリサイクルショップを検索できます。また、商品のジャンル別の検索も可能です。

Google Mapsを利用する方法も便利です。位置情報をONにして、「リサイクルショップ」と入力して検索すると、付近のリサイクルショップのアドレスや位置、営業状況といった情報が地図上に表示されます。

リサイクルショップせどりを始める具体的な方法とは?

せどりに興味がある、リサイクルショップせどりで稼いでみたい、という人はたくさんいます。しかし、実際にせどりを始める人は少なく、せどりで利益を上げている人に至ってはほんのごく一部です。

ほとんどの人は、せどりを試してみたいけれど、取っ掛かりが分からず、重たい腰が上がらないのです。そのような人は、リサイクルショップに行って下記の手順でせどりを始めてみましょう。難しいことは一つもありません。やる気と根気が成功への近道です。

リサイクルショップせどりを始める具体的な方法 ①リサイクルショップを探す

最初にGoogle Mapsのアプリを開きます。そして、位置情報をONにして、「リサイクルショップ」と入力し検索します。すると近所のリサイクルショップのアドレスや位置、営業状況などの情報が地図上に表示されます。

営業中のリサイクルショップを何件かピックアップし、合理的なルートで周りましょう。お値打ち品がたくさん見つかった場合に備えて、大きなバッグを用意し、自動車で向かいましょう。

リサイクルショップせどりを始める具体的な方法 ②自分の得意分野の商品を仕入れる

訪れたリサイクルショップが家電、おもちゃ、家具など全ジャンル揃えた総合型リサイクルショップであった場合、端から一つずつ見ていくのは効率が悪く時間のロスが大きいです。自分でも目利きの効くジャンル、興味関心のある商品、価格や性能を把握しているジャンルなど、ターゲットを絞って重点的に売れそうな商品を探しましょう。

リサイクルショップせどりを始める具体的な方法 ③相場の確認を行う

価格が安い商品、状態がよい商品、SNSなどで話題の商品をみつけたら、その場でスマホを使ってメルカリやヤフオクのアプリで検索してオンラインショッピングで売られている相場を確認します。相場と同程度の価格の場合、商品の状態などを確認し、売れるかどうか判断します。

リサイクルショップせどりを始める具体的な方法 ④商品を仕入れて転売する

メルカリやヤフオク!で販売されている価格がリサイクルショップで売られている値段よりも高いようであれば、転売が成功する確率は高いです。価格に競争力があり、転売が見込めそうあれば、商品の状態を丁寧に慎重に点検します。作動のある商品の場合は、実際に動かしてみます。検品をして問題がなければ、仕入れて、メルカリに出品して買い手がつくのを待ちます。

目利きの効くジャンル、興味関心があり価格や性能について一定の知識を有するジャンルを徐々に増やしましょう。同じジャンルの商品をたくさん仕入れるよりも、多岐にわたる商品を取扱ったほうが、コンスタンスに売れていきます。

リサイクルショップせどりをするなら古物商許可を取得する必要がある?

日本では転売やせどりビジネスを定期的に複数回行う場合、事前に古物商許可を取得しなければならないと、古物営業法によって定められています。いったん、消費者の手に渡った物品は「古物」と呼ばれ、これを個人や組織が継続的に反復して販売する場合、古物商許可を取得しないと違法行為と見做されます。

古物商許可とは

リサイクルショップせどりをビジネスとして始めるのであれば、古物商許可を取得する必要があります。資格や試験が必要な許可ではありません。

未成年者、住所が無いなどトラブル発生時に責任を持って対応することができない方を除き、申請すればだれでも許可を取得できます。更新の必要はなく、一度取得すれば半永久的に使えます。

古物商許可は古物営業法に基づいて取得が義務付けられています。もともと古物営業法とは、盗品売買の防止のために戦後まもなく施行された法律です。

戦後まもなくは、生活困窮者が多く、中古品市場には盗品が溢れていました。こうした状況を規制するために制定された法律なのです。

古物営業法に定められている許可取得が必要なケースは、反復して継続的に古物を販売する場合です。1,2回であれば許可取得は不要です。

古物商許可は下記の欠格要件に該当する場合、取得ができません。事前に警察署の関連部署で確認をしておきましょう。
・破産申告を受けて復権できていない人
・犯罪歴のある人
・反社関係者
・古物営業法違反で許可を取り消されたことがある人
・未成年者
・非定住者(住所の無い人)
・心身に胡椒があり、関連の業務を適正に行うことができない者

古物商許可を取得するためのポイント

古物商許可は、営業所所在地の警察署になります。個人でリサイクルショップせどりを行う場合は、自宅住所がある警察署で申請します。

古物商許可に必要な書類は下記の5種類があります。また、場合によってその他の書類の提出を求められることがあります。
・古物許可申請書
・欠格要件に当てはまらないことを誓う誓約書
・5年間の関連の略歴書
・住民票
・身分証明書
・その他求められた書類

申請費用は1万9千円で、審査には約1ヶ月かかります。許可を取得せずにせどりを行うと、3年以下の懲役、または100万円以下の罰金が科されるので注意しましょう。

参考:東京都警視庁 古物商許可申請

古物商許可の取得するタイミング

会社や店舗など組織的に古物営業を行う場合は、営業を始める前に古物商許可を取得する必要があります。しかし、リサイクルショップせどりの場合は、どのタイミングでの取得が適切と言えるのでしょうか。一銭も利益を上げていない時点で古物商許可を取得する必要があるのか?と疑問に感じる人がいるかもしれません。

ある程度、せどりビジネスが軌道にのったタイミングでの取得でも問題ありません。1万9千円の費用や、必要書類を準備する手間を考えると、利益を上げていない状態での取得に積極的に対応できないと考える人がいても不思議ではありません。

しかし、せどりが軌道にのったら必ず取得しましょう。せどりビジネスを自信を持って行うことができます。

また、信用度が上がり、ビジネスのたすけになる場合もあります。許可を取得し、正式なビジネスとしてせどりを行う場合、ビジネスに必要な費用を必要経費として計算することで納税金額が減るので税金対策にもなります。

まとめ

リサイクルショップせどりには、実物を見て仕入れができる、掘り出し物や値打ちものを仕入れることができるといったメリットがあります。しかし、検品に時間がかかる、安定した仕入れは難しいなどのデメリットもあるので注意が必要です。

リサイクルショップせどりを効率よく展開し利益を上げていくには、リサイクルショップの選び方、商品の仕入れ方などにコツがあります。確実に利益の上がる方法で始めましょう。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

インターネットを活用してビジネスを始めること自体は簡単です。そのためインターネット上にはあらゆるレベルの教材やサービスが存在しています。最新の情報にアップデートされているものから、途中で放置されているものまで本当にいろいろです。

そして、どんな教材やサービスを選ぶかによって、成功の度合いも大きく異なってきます。

評判も良いものから悪いものまでさまざまです。このように評価が安定しないのは、各々の教材のサービスの質が一定していないことが原因です。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!