物販

【転売の始め方】効率的に稼ぐ方法を徹底解説!

転売ビジネスを始めたいのに何から手を付けたら良いのかわからず、動き出せずにいる方はいませんか?

しかし、転売の知識やメリット・デメリットを把握し、その仕組みをしっかり理解すればおのずと始め方もわかるようになり、効率的に稼ぐことも可能になります。

そこで今回は、転売の始め方と効率的に稼ぐ方法を詳しく解説します。ぜひ参考にしてください。

転売とは何か?定義と仕組みを解説

転売の始め方について説明をする前に、まずは転売の定義とその仕組みについて解説しましょう。

転売の定義

転売とは、自分で購入した商品を第三者に販売した利益を得ることです。

日用品をはじめ、アパレル用品、家具・家電まで、幅広いアイテムを購入し、主にインターネットのフリマアプリやショッピングサイト、ネットオークションなどを通じて販売します。

転売ビジネスの仕組み

次に、転売で利益を上げる仕組みについて説明します。

転売で利益をあげるには、主に以下の2つの方法があります。

1.定価よりも安く仕入れ、仕入れ値以上の価格で販売する
たとえ販売価格が定価であっても、定価以下で仕入れることができれば利益を得ることができます。

2.定価で購入し、プレミア価格で販売する
ゲームの初回版や、人気アニメのフィギュアなど、プレミアが付きそうな商品を定価で購入し、プレミア価格で取引すればかなりの利益が期待できます。

転売のメリット・デメリットとは?

転売にはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?そして、転売に向いているのはどのようなタイプの人なのでしょうか?それぞれ詳しく見ていきましょう。

転売のメリット・デメリット

転売の最大のメリットは、その「シンプルな仕組み」にあります。

たとえば、アフィリエイトビジネスを始める場合は、「ブログを作る」「長文を書く」「アクセスを集める」「ASPと提携する」など様々な行程がありますが、転売であれば仕入れの金額以上で第三者に売るだけなので、他のビジネスに比べとてもわかりやすく、思い立ったその日から誰でも取り組むことができます。

しかし、誰でも始めやすい分、ライバルも多いというデメリットがあります。また、販売する商品を揃える必要があるため、事前にある程度の仕入資金を用意しておかなくてはならないのも辛いところです。さらに、在庫が売れ残れば、不良在庫の保管にコストがかかり、赤字化の原因ともなってしまいます。

転売に向く人・向かない人

転売はシンプルな仕組みの割には作業量が多く、商品のリサーチをはじめ、仕入れや受注・発注、梱包、発送、集客などの作業を地道にこなさなければなりません。また、地道に作業をこなしても、わずかな利益しか上げられない場合もあります。

こういった作業や状況が苦にならず、コツコツと継続できる方は転売に向いていると言えます。

一方、地道な作業が苦手な方や、多くの人と一緒に仕事をしたい方、早く収益を上げたい方などには、転売ビジネスは難しいかもしれません。

具体的な目標を設定しよう

自分でもできるかなと思った方は、さっそく準備に取り掛かりましょう。

まずは、具体的な目標を掲げる必要があります。月間の利益や取り扱い商品数、平均利益額などに関する明確な目標と数字を最初に設定することで、しっかりとした行動計画が立てられるようになります。

具体的な目標を設定するにあたっては、転売ビジネスの経験者からアドバイスをもらったり、ネット上の転売ブログやノウハウサイトなどを閲覧したりするなどして、多くの情報を集めた上で参考にしましょう。

転売を始めるための3つのポイント

ここからは、転売を始めるにあたってのポイントを詳しくご紹介します。ポイントは以下の3点です。

1.資金を調達する
2.商品のカテゴリーや品数を限定する
3.海外から商品を仕入れる

1.資金を調達する

転売は、基本的に在庫を確保してから販売することになるため、事前に商品を仕入れる必要があり、その仕入れ資金が必要です。

たとえば、利益率を1割として月に10万円の利益を出したい場合は、月に100万円の売り上げが必要になります。そうなると、毎月90万円の仕入資金を調達しなくてはなりません。

このような事情があるため、いきなり転売ビジネスに取り掛かるのではなく、まずは資金を集めることから始めましょう。その際は、人気のフリマサイトで家の中にある不用品を売って資金を確保するのもおすすめです。

また、不用品をフリマサイトで販売することは資金を調達するだけでなく、転売のノウハウを身に着ける練習にもなるので、今後のビジネスにも役立つでしょう。

2.商品のカテゴリーや品数を限定する

転売初心者の方はいきなり多くの商品を扱うのではなく、商品のカテゴリーや品数をある程度限定しましょう。少ない品目であれば在庫管理がしやすく、売れ筋商品や価格相場も判断しやすくなります

ゲームやスマホ、コスメ、アパレル関連商品などは特に人気がある商品なのでおすすめです。また、これらは比較的軽量でコンパクトな商品が多いので、送料もカットできます。

3.海外から商品を仕入れる

海外のネットショップでは、日本では手に入らないユニークな商品や限定商品などが販売されていることが多く、利益率を上げながら他のショップとの差別化を図ることができます。

特に中国のAliExpress(アリエクスプレス)タオバオなどのネットショップでは、激安価格の商品が豊富に販売されているだけでなく、個人輸入にも対応しているのでおすすめです。

なお、海外商品を購入する流れは、基本的には国内業者から購入する場合と違いはありませんが、文化や言葉の違いからトラブルが発生することもあるので、輸入代行業者に依頼するのがおすすめです。

参考:AliExpress

参考:タオバオ

転売で稼ぐ4つのコツ

ここでは、転売ビジネスで稼ぐ以下の4つのコツをご紹介します。売れ行きに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

1.「売りたい商品」ではなく「売れる商品」を扱う
2.仕入れ値を抑える
3.ビジネスを継続させる自覚を持つ
4.利益を常に意識する

1.「売りたい商品」ではなく「売れる商品」を扱う

転売ビジネスでは、自分が売りたい商品ではなく、ニーズの高い商品 =「売れる商品」を扱うのが肝心です。

売れる商品を扱うには、綿密な市場のリサーチが欠かせません。事前のリサーチによって、景気やブームの動向を察知し、どんな商品に需要があるのか、これから売れる商品は何かが見えてくるでしょう。

また、リサーチだけでなく、消費者目線で商品を観察することも重要です。コンビニやスーパーなどで「どうしてこの商品が売れてるんだろう?」という疑問を常に持ち、消費者目線で商品を把握する習慣をつけましょう

2.仕入れ値を抑える

消費者は、同じ商品であれば少しでも安いほうを買うものです。そのため、ライバルの多い転売ビジネスで販売価格を上げることはなかなか難しく、たとえ上げたとしても売れ残って不良在庫を抱えてしまうことになりかねません。

転売で少しでも多くの利益を出すには、仕入れ値を抑えることが重要です。そのためには、商品価格の相場をしっかり調べてから仕入れるようにしましょう。

まずは価格の相場を確認し、手数料や消費税なども計算した上で商品を仕入れるように心がけてください。

3.ビジネスを継続させる自覚を持つ

転売ビジネスを軌道に乗せるには、まずはビジネスを継続させなければなりません。

とは言え、ビジネスを継続させることは想像以上に難しく、問題も多く発生するため、その場しのぎの経営では対処できません。そのため、未来を見据えたしっかりとした戦略が必要になります。

具体的な販売目標を設定し、「必ずビジネスを継続し、成功させてみせる!」という自覚を持って経営にあたりましょう。

4.利益を常に意識する

転売は小遣い稼ぎではなくビジネスです。そのため、常に利益を意識することが大切です。

たとえ、1ヶ月の売上が100万円であっても、仕入れ値と諸費用で95万円もかかっていれば、利益はたったの5万円です。いくら売上が上がっても利益が残らなければ意味はありません。

転売ビジネスは、「販売価格>仕入れ値+諸費用」という利益を残す計算式を常に頭に入れて行いましょう。

海外転売と国内転売の違い

転売には、海外で仕入れる「海外転売」と、国内で仕入れる「国内転売」とがあります。それぞれの違いを知って、自分のビジネスに合った形態を選んでいきましょう。

海外転売

海外転売とは、海外のネットショップなどから仕入れる転売であり、輸入業の個人版です。

海外から輸入して国内で販売するので、どちらかと言えば転売中級者~上級者向けのビジネスです。また、国内転売に比べ利益率が高い傾向にあり、しっかり稼ぎたい方におすすめです。

おすすめの仕入れ先としては、eBayAliExpress、セカイモン、BUYMAなどのショッピングサイトが挙げられます。

また、海外スニーカーショップのSneakersnstuffは、商品1つあたりの利益率が高いのでおすすめです。

Sneakersnstuffは、ナイキ、リーボック、ニューバランスなどの海外人気モデルを数多く取り扱っています。中にはプレミア価格が付くものもあるため、高単価で稼ぎたい方や、スニーカー転売を目指したい方に適しています。

参考:eBay

参考:AliExpress

参考:セカイモン

参考:BUYMA

参考:Sneakersnstuff

国内転売

国内転売は、国内で仕入れ・販売を行うベーシックな転売方法です。すべて日本国内で行えるので取り組みやすいのが特徴です。

たとえば、Amazonでノーブランド商品を仕入れてメルカリで高値で売ったり、メルカリで相場より安い商品を仕入れてフリマアプリで売ったりする方法が良く行われています。

商品のリサーチをしっかり行えば、月に1~5万程度は稼げることが多く、初心者の方でも始めやすい方法です。

転売ジャンルの選び方

転売初心者の方は、転売する商品のジャンルをできるだけ限定する方が良いと先ほど述べましたが、どのようなジャンルがおすすめなのでしょうか?

ここでは、転売する商品ジャンルの選び方についてご紹介します。

転売するジャンルは市場規模で選ぶ

転売する商品を決めるときは、市場規模が大きいジャンルを選びましょう。

特に、コレクション性の高い商品は活発な取引が行われているので狙い目です。

たとえば、ゲームソフトフィギュア、トレーディングカードなどは、いつの時代も高い人気があり、高値で取引されています。

自分が好きなジャンルを選ぶのもOK

市場規模以外にも、自分の好きなジャンルや、得意なジャンルで転売を始めるのも良い方法です。

自分が好きなジャンルであれば、中古の相場や商品の種類もわかりやすく、リサーチにも役立ちます。また、興味のあるジャンルなので、転売ビジネスを楽しく継続することも可能です。

好みのジャンルや得意のジャンルがあれば、ぜひ始めてみましょう。

転売で利益を出すには様々なコツや努力が必要

今回は、転売の始め方と効率的に稼ぐ方法を詳しく解説してきましたが、いかがでしたか?

転売は、初心者の方でも始めやすいビジネスですが、利益を出すには様々なコツや努力が必要です。

事前にある程度の資金を用意したり、仕入れ値を抑えたりするなどの努力や、地道な作業をコツコツと続ける根気も必要です。

また、ビジネスを継続するよう心がけたり、利益を常に意識したりすることも重要なポイントです。

今回ご紹介した情報を参考にして、自分なりの転売ビジネスのスタイルを確立してみてくださいね。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!