物販

ネット検索で情報を探すコツ!基本の検索方法と裏技を紹介します

何か情報を調べたいとき、多くの人はGoogleやYahooといった検索サイトを利用するのではないでしょうか。ただ、ネット上には多くの情報があふれていますが、うまくキーワードがマッチせず、思うような情報を得られないときもあります。

あまり知られていませんが、検索サイトには非常に便利な機能やテクニックが用意されてます。そのテクニックを覚えれば検索スピードは上がりますし、簡単に精度の高い検索結果を表示できるようにもなります。

この記事では、情報がうまく調べられないときに役立つ検索のコツや裏技を紹介しますので、ぜひ活用してみてください。

検索のコツ

検索することが「ググる」という言葉になるほど、Googleで情報を調べることが当たり前になっています。検索窓にキーワードを入力してエンターキーを押せば検索結果が表示される仕組みになっています。しかし、キーワードによっては膨大な量のサイトが表示されるために、目当ての情報を探すのに一苦労という場合もあります。そんなときでも検索の「コツ」を少しだけ覚えれば、効率的に情報の収集ができるようになります。

日本でよく利用されている検索エンジンといえば、GoogleとYahooです。どちらも同じ検索システムを採用していますが、操作方法や表示の仕様は多少異なります。

今回は、Googleを使った検索について説明します。

AND検索とは

AND検索とは、キーワードを複数並べて検索する検索方法のことです。

例えば、「Google 検索方法」など、単語と単語の間にスペースを入力して検索します(単語の間に入力するスペースは、全角・半角どちらでも構いません)。

すると、Googleと検索方法についてのより具体的な情報が検索結果に表示されます。

複数のキーワードの間にスペースを入れて検索するのが一般的なAND検索の方法ですが、他にも、キーワードの間に「+」や「AND」と入力して検索する方法もあります。例えば、キーワード検索で「Google AND 検索方法」と入力すると、スペースを入力して検索した場合と同様に複数のキーワードに基づいた検索ができるようになっています。

ただし、スペースを入力する方法でAND検索をした場合、キーワードが多くなると、指定したキーワードの一部が自動的に除外されてしまうことがあります。このような場合は「AND」を使ったほうが、キーワードの自動除外を防止できるので、より的確な情報を得られるでしょう(もちろん、ANDの代わりに「+」でも代用できます)。

ちなみに、単にスペースで検索したときと、AND(または+)を入力して検索したときとでは、検索結果が異なる場合もあります。そのため、スペースでの検索で思うような検索結果が表示されない場合は、「AND」を入力して検索してみましょう。

また、ブラウザの中にはサイト上の文言から直接Google検索できる機能を実装したものもあります(「Google Chrome」や「Safari」など)。やり方は簡単で、文中で調べたい単語が出てきたら、その文字をドラッグして右クリックし、「Googleで○○(ドラッグした文字)を検索」という一文をクリックするだけです。

OR検索とは

OR検索は、キーワードが複数あるときに便利な検索方法です。検索方法は、単語と単語の間に「OR」と入力するだけです。ORで区切ったすべてのキーワードを検索した結果が表示されます。

例えば、「Google」と「グーグル」どちらの検索結果も表示させたいときは、「Google OR グーグル」と入力します。ただし、Googleの検索精度は高く、大文字小文字、ひらがなカタカナ、ローマ字でも、同じ意味のキーワードであれば全て同じものとして自動的に検索されるため、このような場合にOR検索を用いる必要はほとんどありません。

ほかにも、おすすめのノートパソコンを探したいとき、「ノートパソコン(Mac OR Windows)おすすめ」と、キーワードの間にORを区切って入力します。これはAND検索とOR検索を組み合わせた検索方法で、これによってMacまたはWindowsに限定した上でおすすめのノートパソコンを検索できます。

NOT検索とは

キーワードの前に「-」記号を入れて検索する方法を、NOT検索といいます。NOT検索は、「-」以降に入力したキーワードを検索結果から除外したい場合に使います。

例えば、「Mac 価格 -デスクトップ」と入力して検索すると、「デスクトップ」という単語を含まないページが検索表示されます。

不要な単語を省くことによって、本当に必要な情報だけを絞り込むことができます。

フレーズ検索とは

フレーズで検索したい場合に使うのが、フレーズ検索です。

例えば、Search Engine For Googleで検索するとします。この文字列を入力したまま検索してしまうと、スペースがあるのでAND検索として認識されてしまいます。

この場合、「Search Engine For Googlle」というふうに「」でフレーズをくくって検索すれば、そのフレーズを含むサイトのみを表示させることができます。

フレーズ検索は、主に長い文章や歌詞、名言などを検索するときに使われます。

「とは」を使って検索

単語や言葉の意味を調べたいときは、単語の後に「とは」をつけて検索しましょう。

例えば、「Google」だけで検索すると、GoogleのサイトやGoogleのアカウント作成ページなどが検索結果の1ページ目に表示されますが、「Googleとは」で検索すれば、Googleについての説明が書かれたサイトやページを表示させることができます。

「*(アスタリスク)」を使って検索

正確なキーワードが思い出せないときは「*(アスタリスク)」を使ってみてください。キーワードの一部があいまいなときに、そのあいまいな部分を「*」に置き換えて検索すると、知りたい情報に近い検索結果が表示されます。

また、Googleには、スペルミスを自動で修正した上で検索してくれる機能も実装されています。

例えば、「Macintosh」と検索したいのに間違えて「Makintosh」と入力したとします。すると、検索ページ上部に「次の検索結果を表示しています: Mackintosh 元の検索キーワード: Makintosh」と表示され、検索結果には正しい「Macintosh」の情報が表示されます。

Googleは正しいであろう情報に基づいて検索結果を表示してくれるので、少しくらいのスペルミスは気にしなくても大丈夫です。

便利な検索機能

つづいて、Googleの便利な検索機能について紹介します。検索機能を覚えればより正確な情報を検索できるようになるので参考にしてください。

検索の期間指定

検索の「期間指定」を使うと、ページの最終更新日を指定できます。

キーワードを入力し検索結果が表示されたら、キーワード欄下部の「ツール」を選択します。

すると、1時間以内~1年以内で期間を絞り込むことができるメニューが表示されます。「期間を指定」を選択すれば、さらに過去に遡った設定もできます。

インターネットに掲載されている情報は、新しい情報と古い情報が混在しています。最新の情報を調べたいときには、期間指定を用いて調べれば新しい情報を得ることができます。

ファイル形式を指定する

検索で表示される結果のファイル形式を指定することもできます。PDFを検索したい場合は、キーワードのあとに「filetype:pdf」を入力して検索すればOKです。

ほかにも「キーワード filetype:doc」でWordファイル、「キーワード filetype:xls」でExcelファイルだけを検索対象とすることもできます。

公的な資料や過去に検索したファイルなどを再度検索したいときに有効な方法です。

検索オプションを使う

検索の「設定」から「検索オプション」を利用することもできます。

検索オプションでは「いずれかのキーワードを含む」「含まないキーワード」など、キーワードの設定を詳細に設定できるようになっています。

絞り込み機能もあり「言語」「地域」「最終更新」など、検索結果を細かく指定することができます。

検索結果の情報量が多い時に利用すれば、キーワードや情報を絞り込むことでより効率的に検索結果を得ることができるでしょう。

サイト内検索

Googleの検索を使えば、特定のサイト内の情報に限定して検索することもできます。

検索方法は、「site:http://~(検索したいサイトのURL) キーワード」というふうに、site:と入力した後にサイトのURLを入力し、スペースで区切ったあとにキーワードを入力すればOK。

例えば、「site:http://cookpad.com オムライス」と入力すると、レシピサイトの「cookpad」内のオムライスに関するページを検索してくれます。

サイト内に検索バーがないサイトでページを検索するときに使ってみてください。

Googleの検索裏技

Googleの便利な機能は検索だけではありません。キーワード検索以外にも使える機能や使い方を紹介します。

電卓として使う

Googleで「計算機」または「電卓」と検索すると、電卓機能が表示されます。

計算記号は「+(足し算)」「-(引き算)」「*(掛け算)」「/(割り算」と、エクセルと同じです。「3*4」と入力すれば、「12」と答えを表示してくれます。

また、検索窓に直接計算式を入力することでも、計算結果を表示させることができます。

これなら手元に電卓を用意する必要もありませんし、電卓アプリを起動する必要もないので便利ですよ。

為替レートの計算など

検索窓に「100ドル」または「100 usd jpy」と入力すれば、100ドルが日本円でいくらになるのか表示してくれます。また、「$ to yen」と入力すれば、1ドルのレートを表示させることもできます。ほかにも、「$115を日本円」「ドル 円」といったふうに検索することも可能です。

為替だけでなく、ほかのさまざまな単位の換算にも使えます。長さ(センチ・インチ・尺)、時間(年・月・日・秒・分)、面積(平米・坪・アール)など、数字とともに入力すれば、一発で換算可能です。

画像から類似画像を探す

Googleの画像検索機能を使えば、類似画像を探すことができます。

まずは、キーワードを入力した上で普通に検索してください。検索結果一覧が表示されたら、今度は検索窓の下にある「画像」という部分をクリックします。

これで、画像検索に切り替わるので、次に検索窓内に現れたカメラマークをクリックします。

ネット上の画像を使って検索したい場合は「画像のURLを貼り付け」を、手持ちの画像で検索したい場合は「画像のアップロード」をそれぞれ選んでください。

その上で適当な画像を入力欄に貼り付けて「画像で検索」ボタンを押せば、その画像に類似した画像を検索・表示してくれます。

ちなみに、URLは、調べたい画像にカーソルを合わせて右クリックし「画像アドレスをコピー」を選べば簡単にコピーできます。

また、スマホで検索する場合は、検索窓にURLを直接入力するだけで類似画像の検索ができます。

画像検索は、画像はあるけれど名前が思い出せないときなどに便利な機能です。

SNS検索

キーワードの前に「@」や「#」をつけて検索すれば、TwitterやInstagramでハッシュタグのついたキーワードや関連記事を表示させることができます。「(キーワード) @twitter」で検索すれば、Twitterの投稿に絞って検索することも可能です。

この方法を使えばSNSが優先的に表示されるので、SNSでの情報を調べたいときに便利ですよ。

ページ内の文字を検索する方法

ページ内で単語や文章を検索する方法もご紹介しておきます。

対象のサイトやページを開いたら、「Ctrl+F」を押します。すると、右上部あたりに検索窓が出てきます。

そこに目当ての単語を入力すれば、文章中の目当ての文字がマーカーで黄色く表示されます。

この検索方法を利用すれば、長文の中から目当ての単語や文章を探すのも簡単です。

サジェスト機能使う

サジェスト機能とは、検索サイトで調べたい単語や文章を入力した際、その文字に続く単語等の候補を表示してくれる機能です。言い換えると、「あなたが探しているのは、このキーワードではないですか?」と示唆してくれる機能と言えます。その際は、Googleの基準に基づいて関連ワードが自動的に検出されます。

サジェストワードは一般的によく検索に用いられる単語となっているので、全てのキーワードが思いつかない時などは、サジェストワードを利用することをおすすめします。

ほかの検索エンジンを使ってみる

GoogleやYahooといった検索サイトのシステムを「検索エンジン」といいます。GoogleとYahooはどちらもGoogleの検索エンジンを使っているため、どちらで検索しても表示結果に大差はありません。しかし、検索エンジンが異なれば、検索順位などに変動があります。

Googleで求める検索結果が表示されないときは、異なる検索エンジンを使ってみてください。例えば、マイクロソフトが開発した検索エンジン「bing」を使えば、Googleとは違った結果になることでしょう。

検索のコツをつかんで効率的に検索しよう

ネット検索するときは、便利なツールや裏技を使えばより効率的に情報を集めることができます。

「AND」しか使っていないというのはもったいない話です。基本の「AND」だけでなく、「OR」や「NOT」を使いこなせるようになるだけでも、リサーチ能力は格段にアップします。さらに、「AND」「OR」「NOT」を組み合わせて検索できるようになれば、よりGoogleが便利になること請け合いです。

検索の効率UPは作業全体の効率UPにつながるため、ぜひ覚えて使ってみてください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

インターネットを活用してビジネスを始めること自体は簡単です。そのためインターネット上にはあらゆるレベルの教材やサービスが存在しています。最新の情報にアップデートされているものから、途中で放置されているものまで本当にいろいろです。

そして、どんな教材やサービスを選ぶかによって、成功の度合いも大きく異なってきます。

評判も良いものから悪いものまでさまざまです。このように評価が安定しないのは、各々の教材のサービスの質が一定していないことが原因です。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • ・まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • ・取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ・ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!

【無料レポート】けいすけ式、eBay輸出大百科

4130分以上の有料級動画コンテンツを無料プレゼントします!

この大百科を見てeBay輸出を実践していただければ、全くの初心者でも完全在宅で月収30万円を達成できる内容になっています。

その方法に興味がございましたら、ぜひ無料で394本のこの動画を受け取ってください。