物販

せどりで出品するにはどうすればいい?稼ぐための手順や注意事項を徹底解説!

「インターネットを使って何か商売ができないか?」

こう考える人におすすめするのが、「せどり」です。Amazonやヤフオク!、メルカリなど、人気のECサイトでは、多くの人たちが思い思いの商品を出品して収入を得ています。

しかし、いざせどりを行おうとしても、まったく経験の無い方にとっては、手順がわからず何から始めて良いのか戸惑うこともあるでしょう。

そこで今回は、せどりで儲けるための手順や、せどりを行ううえでの注意事項をわかりやすくお伝えします。これからせどりでお金を稼ぎたい方は、ぜひ参考にしてください。

せどりとは?

まず、せどりとは何か、についてお伝えしましょう。

せどりは、どこかから仕入れた商品を転売して収入を得るビジネスのことです。

せどりには、大きく分けて「店舗せどり」と「電脳せどり」があります。

「店舗せどり」は、実店舗で転売をする方法です。

一方、「電脳せどり」は、ネット上に専用サイトを設けたり、専用のプラットフォームに出品したりして転売を行うことを意味します。

この記事では、副業でも人気の「電脳せどり」に的を絞って解説していきます。

大きな利益が期待できる「中古せどり」

せどりには、「中古せどり」「新品せどり」という分け方もあります。「中古せどり」は中古品を仕入れて転売すること、「新品せどり」は新品の商品を仕入れて転売することを意味します。そもそもせどり自体は、前者の「中古せどり」から始まりました。

「せどり」という言葉は、もともと古本屋を営む人たちの中で使われていました。それが、90年代~2000年代にかけてインターネットが普及するにつれ、徐々にネット上に中古品市場が広がりを見せると、「せどり」という表現が多用されるようになったのです。

古着をはじめとするリサイクル品のリユースがブームとなったことも手伝って、Amazonやヤフオク!、メルカリなど様々なECサイトで、中古品を仕入れて転売する「中古せどり」を行う出品者が増えました。

中古品は、新品のように決まった値段がありません。同じ商品でも、傷や使用感などのコンディションにはかなりの開きがあるため、価格も利益も大幅に違ってきます。オークションにかけると、ものによっては、想定していた何倍もの高額で落札されることもあります。

極端ですが、安いものは1円で出品するケースもあり、送料の方がずっと高くなる場合もあります。しかし、高いものになると定価数百円の商品が数万円かそれ以上で売れることもあり、想定以上の売上が得られるという意味で、「中古せどり」はせどりを行う人たちにとって、非常に大きな魅力あるビジネス手法といえるでしょう。

初心者でも始めやすい「新品せどり」

新品を仕入れて転売する「新品せどり」は、仕入れる商品も出品価格も中古せどりとはずいぶん異なります。新品ですから、中古品のように破損や故障、また動作確認にもさほど神経を配る必要はありません。クレームや返品の心配も少ないため、初心者でも比較的手がけやすいといえるでしょう。

一方、どの出品者も同じ価格帯で販売することが多いので、値下げ競争に巻き込まれて利益率が低くなるリスクがあります。

せどりを始める手順

せどりは、どのような手順で始めれば良いのか、基本的なことから解説していきましょう。

出品する商品を決める

せどりを行ううえで、最初に行うことは、「何を出品するか」を決めることです。

せどりをしたいといっても、すでに売りたいものが決まっている方もあれば、そうでない方もあるでしょう。

売りたいものが決まっている場合でも、本当に自分が仕入れて販売することが可能かどうか、仕入れ先や予算の面などからしっかりと検討する必要があります。

まだ売りたいものが決まっていないという方は、自分が興味のある物や趣味で使っているアイテム、売ってみたいと思う気になる商品などから、実際に出品できそうなものがないか考えてみましょう。

出品する商品を決める際にヒントとなるのが、「季節商品」です。

日本は四季がはっきりした国です。そして、四季ごとに行事や食べたくなる料理があり、それらに使う品物やファッション、食材が数多くあります。それ以外にも、ハロウィーン、クリスマスなど、日本人は広く浅く様々なイベントを好む傾向が強いので、稼げる可能性のあるアイテムは相当数にのぼります。

季節を意識しながら年間の消費傾向を分析すると、出品計画が立てやすいでしょう。

出品先を決める

出品したい商品が固まってきたら、それと同時に考えなければならないのが「どこに出品するのか」です。

自前でサイトを立ち上げて販売することもできますが、これを一から行うとなると、それなりのIT技術と集客力が必要になります。

それよりも、Amazonやヤフオク!、メルカリといった、すでに知名度があり利用者も多いECサイトを活用するのがおすすめです。

ただし、各サービスによって販売できる商品が一定の条件で制限されている場合があったり、出品そのものを禁止されている物も多くあったりします。

アカウント登録の際の料金や販売時の手数料なども、サービスによってまちまちのため、最初によく調べてから決めるようにしてください

仕入れ先を探す

せどりにとって、「仕入れは命」と言っても過言ではありません。ユーザーが欲しい商品をいかに手頃な価格で仕入れて販売できるかは、出品者の腕の見せ所です。

仕入れの方法は、実店舗からとネット経由の2通りがあります。

実店舗は、リサイクルショップ、ディスカウントストア、ドラッグストア、大手家電量販店などがおすすめです。ただし、これらは近所でなければ交通費がかかったり、車がないと仕入れが難しかったりして、長く継続するには負担が大きいのが現実です。

その点ネット経由なら、例えばメルカリで安く買った商品に利益を上乗せしてAmazonで売るという形で、すべてネット上で完結します。人気商品が安く仕入れられるサイトを複数確保できれば、仕入れがとても楽になるでしょう。

値決めをする

「仕入れた商品をいくらで売るのか」という値決めも、仕入れと同じくらい重要です。

多くの購入者は、同じ商品でも複数のサイトをリサーチして、1円でも安いショップで購入しようとします。よって、大量に仕入れて薄利多売でぎりぎりまで値をさげられる大手出品者には、そう簡単に太刀打ちできません。無理して対抗すると、価格競争に巻き込まれて、まともに利益が出ず、疲弊していくリスクがあるので要注意です。

それより、出品点数が少なくて珍しいアイテムを仕入れ、しっかりと利益が確保できる価格に値決めをして販売した方が、商売として成立します。

後述しますが、何がどれくらいの価格で売れるのかを知るには、リサーチツールが有効です。機能も様々なものがあるので、ぜひ自分に合ったものを見つけて上手く活用しましょう。

梱包して出荷する

注文が入れば、商品を梱包して出荷します。

自分で作業する場合は、ダンボールをまとめて購入し、緩衝材を入れるなどして、商品が破損しないようにするのが鉄則です。

Amazonや楽天の梱包を基準にすれば間違いないでしょう。梱包や包装の質が低いと、評価が下がり、二度と注文してもらえなくなる可能性が高いので、細心の注意を払いましょう。

これも後述しますが、自宅で在庫を管理して出荷も行うとなると、初心者や副業でせどりを行う方にとっては、かなり負担が大きくなります。そこでAmazonのFBA(フルフィルメント by Amazon)がおすすめです。

FBAは、商品を事前にAmazon指定の倉庫(フルフィルメントセンター)に納品しておくと、梱包や出荷からカスタマー対応までをすべてAmazonが代行してくれるサービスです。FBAを利用すれば、在庫スペースが必要ないうえ、梱包や返品作業などに追われずに済むので、大幅な業務効率化が可能になります。

せどりを始める際の注意点1. 仕入れと値決めに注力する

先ほど、せどりでは仕入れと値決めがとても大切と述べました。では、どのようにして仕入れや値決めを行えば良いのか、そのポイントや方法をさらに掘り下げて解説しましょう。

利益商品をリサーチする

せどりでは、自分が興味のある物や趣味で使っているアイテムなどを売るのは良いのですが、ただ売りたい商品を売るだけでは成功は難しいです。その中でも、ユーザーに買ってもらえるニーズの高い商品を用意するのが大前提です。

電脳せどりでは、実店舗と違ってお客様と直接話したり売り込んだりすることが一切できません。商品名や画像、商品説明、そして価格で訴えかけるほかないのです。その意味で、ユーザーの印象に残るインパクトのある商品の仕入れは、とても大切といえます。

そこで、Amazonでせどりをするなら、おすすめするのが、リサーチツールの活用です。

例えば、「DELTAGIGA」には、Amazonの数千万点の商品情報をもとに、楽天とYahoo!ショッピングより安く売られているAmazon内の商品を表示する機能があります。

国内の大手ECサイト・ベスト3といえば、「Amazon」「楽天」「Yahoo!ショッピング」です。この中でもとりわけ利用者が多いのは、「Amazon」です。そして、Amazonでショッピングをするユーザーの中には、楽天やYahoo!ショッピングと価格比較をして、安いところから買うという人も相当数にのぼります。そういった人が欲しがる商品を出品すれば、利益をあげやすいわけです。

DELTAGIGAを使うと、楽天とYahoo!ショッピングよりも安価に出品しているAmazonの商品がわかるので、他のECサイトよりも売れやすい利益商品のリサーチには大変便利です。

参考:DELTAGIGA

ライバルの在庫や価格を確認する

楽天やYahoo!ショッピングより安く売っているAmazonの利益商品が見つかったら、次は、それらをAmazonのどんな出品者が、どれくらいの価格で出品し、かつ、どれくらい在庫を持っているかを知ることも大切です。

これを可能にするのが、「XDEALER.PRO」というGoogleChromeの拡張機能です。

「XDEALER.PRO」を使うと、ある商品について、ライバルのショップ内での価格推移や直近2週間での販売状況までチェックすることができます。これにより、単に楽天やYahoo!ショッピングより安いだけでなく、「今仕入れて本当に売れるのか」「売るならいくらにすべきか」という意思決定の重要な判断材料になります。

GoogleChromeは下記のページからダウンロードできます。

GoogleChromeが入手できたら、「アプリ」から「Chromeウェブストア」を選択して、検索窓に「XDEALER.PRO」と入力し、「XDEALER.PRO」が表示されたらクリックして「Chromeに追加」を選べば入手可能です。

GoogleChromeの拡張機能には、他にも優秀なリサーチツールが数多くあるので、Chromeを使ったことのない方は、ダウンロードしておくと便利でしょう。

参考:GoogleChromeダウンロード

正確な利益計算を行う

せどりでは、仕入れたい商品が決まったら、実際にどれくらいの利益が出るかをしっかりと事前に計算しておくことが欠かせません。つい仕入れ値と販売価格にばかり目が行きますが、それ以外にも送料やFBAの手数料などの諸経費があるので、それらを加味したうえで試算しておくことが重要です。

そこで、もしAmazonせどりを行うなら、「FBA料金シミュレーター」がおすすめです。「FBA料金シミュレーター」は、Amazonで出品した場合の純利益が計算できるだけでなく、これ以上安く売ると利益が出ない、という「損益分岐点」をシミュレートすることも可能なため、値決めの際に大変便利です。

参考:amazon services seller central/FBA料金シミュレーター

せどりを始める際の注意点2. まずは副業から始める

これからせどりを始めようと計画している方は、投入する資金や時間、出品する商品の数など、どれくらいの規模からスタートしようとお考えでしょうか?

他のビジネスのように融資を受けて手広く行う方法もあるかもしれませんが、せどりを始めるなら、まず副業でスモールスタートするのが良いでしょう。その理由や方法についてお伝えしましょう。

せどりを副業からスタートした方が良い理由

せどりは、他のビジネスと比較すると、準備期間や初期費用が比較的少なくて済みます。よって、簡単に儲けられそうと感じる方も多いかもしれません。

しかし、ネット通販の世界は、流行に左右されやすく、短期間のうちに潮目が大きく変化することが珍しくありません。最初は売れ行きが良くても、翌月にはピタっと注文がなくなることもあるのです。

もし多額の資金を投入して仕入れを行い大量に売れ残った場合、資金の回収が出来なくなり、先で苦しむ結果となるでしょう。これが本業なら大変なことになります。

せどりを行うなら、借金はせず、生活費を脅かさない範囲の貯蓄を使って副業からスタートするのがおすすめです。一定以上の安定した売り上げが数カ月間確保できるようになり、リピーターも増えて十分な資金が得られてから、本業に切り替えるかどうかを検討するようにしてください。最初から手を広げ過ぎず、慎重に慎重を重ねるくらいが良いでしょう。

初心者向けのシステムを活用しよう

初心者が安心してせどりに取り組めるように、例えばAmazonでは「小口出品」というシステムがあります。

Amazonでせどりを始める際には、必ず「大口出品」か「小口出品」のどちらかの出品形態を選択しなければなりません。

「大口出品」は、月額4,900円(税抜き)の成約料を支払う出品形態で、どれだけ販売しても、この価格は変わりません。

一方の「小口出品」は、商品が1個売れるごとに100円(税抜き)の成約料を支払います。つまり、48個までなら、多くても成約料は4,800円のため、大口出品よりも小口出品の方が得になります。もし、1つも売れなくても、成約料は0円なので、余分なコストは一切かかりません。いつでも好きなときに大口出品に変更できるため、せどりビジネスが軌道に乗れば、途中で切り替えを考えれば良いのです。

このように、せどりを始めるにあたっては、極力コストをかけない方法を選択してください。

梱包と出荷は負担が大きいことを知ろう

せどりは、注文が入ればそこで満足、というわけにはいきません。商品を梱包して出荷することも大切な業務になります。

しかし、前述のように初心者や副業としてせどりをする方にとって、これらの作業は負担が大きいです。

そこで、AmazonのFBAがおすすめです。

FBAを使えば、Amazonの質の高い技術で梱包されるので、破損の心配が少なく、安心してサービス提供ができます。また、せどりでは返品やクレーム対応は避けて通れない業務の一つですが、FBAでは、これらもAmazonが代行してくれるので、慣れない初心者にとっては、強い味方となるでしょう。

せどりを始める際の注意点3. 古物商許可証を取得する

せどりを始める際の注意点として、最後に「古物商許可証」について触れておきましょう。

中古品は要注意!

国内で中古品を仕入れて販売するには、「古物商許可証」の取得が義務付けられています。

中古買い取り専門店や古本屋、フリマサイトなどで、単に個人の所有物を売るという場合は、問題ありません。しかし、どこかから仕入れた中古品を継続的に転売するとなると、最寄りの警察署で「古物商許可証」を取得しなければなりません。

昔から中古品市場には、盗品が出回ることが多くありました。せどりも、中古品を扱う場合は犯罪の温床となりかねないため、怪しい商品についてはその出所などの詳細情報を警察に届け出て、犯罪防止や取り締まりに協力する義務が課されているのです。

また、どこの誰からいくらで仕入れ、いくらで売ったか、という情報を古物台帳に記載して3年間保管する義務もあります。

古物商許可の申請方法

「古物商許可証」は、主たる営業所の所在地を管轄する警察署に申請して取得します。

手数料・・・19,000円

上記手数料に、略歴書や本籍が記載された住民票の写し、身分証明書などを添えて申請します。詳細は以下のページをご参照ください。

参考:警視庁/古物商許可申請

まとめ

せどりは、適切な手順を踏めば、少ない時間と費用で準備を整えることができます。

あとは、売れる商品をいかに安く仕入れて高く売るか、が勝負です。ご紹介したリサーチツールを上手く活用して、素敵な商品をたくさん出品し、多くのユーザーから信頼される人気ショップを目指してください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【限定公開】成功者続出の秘密のノウハウ

日本未上陸のノウハウで先行者利益が得られる大チャンス到来!

  • 月間利益195万円を突破した本人による最新成功事例の紹介
  • 世界トップ3位の日本人が誰も知らない革命的販売手法とは
  • アカウント停止リスクの無い安全なビジネスモデル
  • 無在庫でも販売できる最新の方法
  • Amazonの5倍成長しているマル秘プラットフォームとは
  • 利益率80%超えの超マル秘仕入れ手法

など、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!