簡単なせどりの始め方!メリットや注意点・とっておきの予備知識も伝授!

Amazonや楽天、メルカリなどでショッピングをするのは当たり前でも、売る側に回ったことがないという方は多いのではないでしょうか?当然ですが、各ECサイトで数多くの商品が売られているということは、それだけ販売している人や会社が存在するということです。その多くが手掛けているのが、「せどり」です。

せどりはその気になれば誰でも簡単に始められるうえ、高収入も期待できるとあって、副業としても人気です。そこで今回は、簡単なせどりの始め方やせどりのメリット、注意点などをわかりやすく解説します。

目次

せどりとは?

まず「せどり」とは何か、メリットとともに説明しましょう。

せどりは転売のこと

「せどりとは、転売」を意味します。どこからか商品を仕入れて、それを売ることで利益を得るビジネスのことです。仕入れ値と販売価格との差額が大きくなればなるほど収益が上がるという、とても分かりやすい仕組みです。

「転売」と言われれば字の通りで意味が理解しやすいですが、「せどり」は聞き慣れない方も多いでしょう。もともとは、主に古書販売のさいに使われていた一種の業界用語ですが、時代の流れとともにあまり使われなくなっていました。

ところがネット販売が普及し、企業だけでなく多くの個人が転売を行うようになると、「せどり」という言葉が再び脚光を浴びるようになります。世界一のECサイト・Amazonも、スタートしたのは書籍の販売からでした。その意味では、せどりという表現が日本ではぴったりだったわけですが、やがてゲームや日用品、ファッションアイテム、家電など、他ジャンルの商品が売られるようになってからも、そのまま「せどり」という言葉が慣習的に使用されることになります。

一方、「転売」は盗品や高級ブランド品を高値で売りつけるダークなイメージが強く、表だって「仕事で転売をしています」とは言いにくいのが現実です。そこで、マイナスの印象がない「せどり」の方が多用され、一部ではせどりを行う人が「セドラー」と呼ばれるまでになりました。

せどりの種類

せどりには、大きく分けて「店舗せどり」「電脳せどり」の2種類があります。

店舗せどりは、実店舗を設けて転売を行うスタイルで、ブックオフやゲオ、セカンドストリートなどが有名です。

電脳せどりは、主に自宅でインターネットを通じて販売するスタイルです。

店舗せどりでは、中古品を販売するのが主流ですが、電脳せどりでは、中古品だけでなく新品を扱う例も多くあります。

なお、事業として中古品を販売する場合は、「古物商許可証」を警察からもらう必要があります。昔から質屋を含む中古品市場には盗品が出回るケースが多く、犯罪の温床となることを防ぐためにも、中古品販売は許可制となっているのです。最寄りの警察署で簡単な手続きを行えば、誰でももらうことができます。

参考:警視庁/古物商許可申請

せどりのメリット1 素人でも始めやすい

個人がせどりを行うとすると、ほぼ「電脳せどり」となります。パソコン等、最低限のツールとネット環境さえあれば、素人でも比較的容易に始められるからです。24時間・365日、いつでも好きなときに行えるため、副業にも向いています。もちろん上手くいかなければ、いつでもやめられる安心感があるのも大きなメリットでしょう。

せどりのメリット2 経費がかからない

一般的に自分でビジネスを立ち上げる場合、それなりの運転資金が必要です。オフィスの賃料、人件費、光熱費に加えて設備投資のために融資を受けることも珍しくありません。ところが、自宅でせどりを行う場合は、これらの初期費用はほとんど必要ありません。経済的にも精神的にも負担が少なく、周囲に迷惑をかけることがない点は、大きな魅力です。

せどりに必要なものは?

それでは、実際にせどりを行う際に最低限必要なものについて具体的にお伝えしましょう。

クレジットカード

せどりを継続的に行う場合、仕入れの回数が非常に多くなります。商品数はもちろん、仕入れ先も複数になると、いちいち銀行振り込みにするのは大変です。そこで手数料を抑えるためにもクレジットカードが必須アイテムとなります。

クレジットカードは、限度額(利用可能枠)が大きいに越したことはありません。仮に限度額が10万円の場合、1万円の商品を一度に10個までしか仕入れることができません。人気が出て、50個の需要があっても、限度額が少なければニーズに応じた仕入れができず、大きな機会損失となるでしょう。これは非常にもったいないです。ところが限度額が50万円なら、すべてのオーダーに応えることが可能となります。

最初から大きく手を広げるのはおすすめしませんが、将来的には限度額が高いクレジットカードを所有している方が、需要の増加にも柔軟に対応できるということを覚えておいてください。

パソコンとスマホ

出品する商品をリサーチしたり、ライバルや人気のセラーがどんな商品をどれくらいの数仕入れているかなどの参考となる情報を得たりするには、パソコンが必要です。

また、実店舗など出先で価格や商品のリサーチをする際は、専用アプリを利用するためのスマホが使えると大変便利です。

加えて、AmazonでFBA納品する場合は、プリンターも欠かせません。確定申告や決算書類印刷時にも重宝します。A4サイズが印刷できればとくに高級品でなくても結構ですが、コピー機能があるとより便利でしょう。

梱包用の備品

せどりでは、商品の発送にダンボールや緩衝材といった梱包用の備品が要ります。ダンボールについては、スーパーや個人商店などでタダでもらうことも可能です。ただし、穴が開いていたり傷んでいたりすると、商品が破損する恐れがあるうえ、見た目の印象もよくありません。適切な大きさのものを常に確保するのも大変ですし、大量に必要な場合にも不便です。よって、Amazonや楽天などでサイズの合った新品をまとめ買いする方がよいでしょう。

トレンドをキャッチする嗅覚

最後に、現物ではありませんが、せどりで成功するには、ユーザーのニーズやトレンドを的確にキャッチする感覚や勘も重要です。

初心者によくあるのが、自分の売りたい商品を売る、というスタイルです。たしかに自分が好きなグッズや趣味でよく使うものは、商品知識もあって売りやすいように感じるかもしれません。しかし、商売として考えた時にそれで成り立つかといえば、話は別です。とくに電脳せどりの場合、トレンドやユーザーの求めるアイテムは、驚くほどスピーディーに変化します。よって、自分の好みや価値観は前面に出さず、マーケットで売れるものを冷静に見極めて、最適な価格とタイミングで出品する、という割り切りの方が大事です。

せどりについての予備知識

せどりには、様々な展開の仕方やアプローチ法があります。売上アップに使えるツールも実に数多く存在します。そこで、せどりを行ううえで押さえておくべきポイントを、予備知識としてお伝えしましょう。

Amazonには2種類の販売方法がある

電脳せどりの王道といえば、Amazonです。売上金額や出品カテゴリーの幅広さ、品数、そしてアクティブユーザーの数は、世界中のECプラットフォームの中でも群を抜いています。せどりを行ううえでも非常に完成されたシステムが整備されているので、初心者でも安心して始めることができるでしょう。

そのAmazonでは、大きく分けて2種類の販売方法があります。

1つ目が、自宅やオフィスから直接商品を送る、自社発送です。注文を受けたら、その都度検品、梱包して、ユーザーの住所に送ります。配送業者の手配も支払いもすべて自分で行います。

2つ目は、FBAを使う方法です。FBAとは、「フルフィルメントby Amazon」のことで、注文を受けたら梱包や配送、返品や苦情などのカスタマー対応もすべてAmazonが代行してくれます。あらかじめAmazonが指定する倉庫に商品を納品しておけば、その先はすべてAmazonが請け負ってくれます。手数料がかかりますが、作業時間も手間も大幅に省けるので、その分を商品リサーチなど他の業務に充てることができます。

途中で変更もできますが、Amazonでせどりを行うとしたら、はじめに選択しなければならない事項のため、覚えておいてください。

せどりは仕入れが命!

せどりで成功するために絶対に欠かせない条件は、適切な仕入れを行うことです。売れる商品をいかに安く仕入れるかにかかっているといって良いでしょう。ネットだからこそ安い場合もあれば、実店舗ゆえに破格の値段で買えるものもあります。

いずれにしろ仕入れ値を安価で抑えることができれば、競争力が高まり、利幅も大きくなるので経営状態が安定します。そのためにも、一つでも多くの仕入れ先を確保して、それらのショップのターゲット商品の在庫数や価格推移を常にチェックしておく必要があります。すると、一つのショップが在庫切れでも別から手配できるうえ、常に最安値で仕入れることも可能です。

せどりにはリサーチツールが必須!

せどりで本格的に利益を追求するなら、リサーチツールの活用が必須です。

例えば、Amazonで売れ筋の商品がわかるだけでなく、各商品についての新品と中古品それぞれの最高価格と最低価格の推移が一日単位でトラッキングできる「Keepa」や、ある商品について出品者ごとの在庫数や価格推移がわかる「XDEALER.PRO」などがあります。

「FBA料金シミュレーター」を使えば、Amazonで出品した場合の純利益や利益率が簡単に確認できます。「クローバーサーチボタン」のように、他のECサイトや家電量販店で同じ商品がいくらで売られているかをワンクリックで調べることができるツールも非常におすすめです。

自分に合ったリサーチツールをいくつか併用すれば、短時間で利益商品が見つかり、在庫数や出品価格も決めやすくなります。同じ商品でも季節やイベントの時期などに大きく価格が変動することがあるので、多くのデータに基づいた客観的な情報を常に入手して活用することは、せどりを続けるうえで不可欠です。

参考:XDEALER.PRO

参考:Keepa-Amazon Price Tracker

参考:FBA料金シミュレーター

参考:クローバーサーチボタン

せどりの始め方

実際にせどりを始める手順について解説しましょう。

資金を貯める

せどりを始めるには、ある程度資金が要ります。前述のように環境を整えるための初期費用はさほど必要ありません。しかし、出品する商品をある程度まとめて仕入れたり、リサーチのために実店舗に足を運んだりする際の交通費は必要です。とはいえ、融資や借金はおすすめしません。ある程度余裕をもってスタートするためにも、まずはすべて自分でまかなえるだけのお金を貯めてください

せどりのスタイルを決める

電脳せどりの場合は、どのプラットフォームでせどりをするかを決めなければなりません。Amazonや楽天でネットショップを開設するのか、メルカリやヤフオク!などのフリマアプリやオークションを使うのか、それらを併用するのか、などです。

それぞれに特徴やルールが異なるうえ、販売した際の手数料も違うので、自分に合った環境を見つけて始めてください。

不用品を売ってみる

初心者がいきなり商品を仕入れて販売するのは、少し勇気が要ります。それよりも最初は、自宅にある不用品を売ってみるのもよいでしょう。家族や友人から使わなくなったものをタダで譲り受けて出品する方法もあります。

予想通りに売れることもあれば、その逆で売れると思ったものが売れないこともあるでしょう。たとえ売れなくても損することはありませんし、売れた場合は達成感を味わうことができます。そのようなことを何度か繰り返すことで、せどりを理屈ではなく肌感覚で理解することができるので、おすすめです。

利益商品を見つけて売ってみる

不用品を売ってみて、売れる楽しみや小さな達成感を味わうことができたら、いよいよ利益が見込める商品を見つけて本格的に出品してみましょう。先ほどご紹介したようなリサーチツールを使って旬の情報を集め、売れそうな商品を少しずつ仕入れます。

せどりは、あくまでもスモールスタートが肝心です。最初から欲を出して在庫が過剰になると、精神的にも経済的にも余裕がなくなり失敗する可能性が高まります。ある程度経験を積めば、余った在庫のさばき方も身につき、イレギュラーな事態が起きても手が打てますが、初心者には無理です。結果を急がず、手堅く慎重に少しずつ手を広げるようにしてください。

せどりを始める上での注意点

最後に、せどりを始める上で心に留めておくべき注意事項についてお伝えしましょう。

孤独な闘いが待っている

電脳せどりは、基本的に一人で始めることが多いです。リサーチ、仕入れ、納品、返品対応など、慣れない中ですべて一人で行うのは、思いの外大変です。売上高や利益率、在庫数、レビューの内容など、常に現実にも直面しながら運営していかなければなりません。

すべてが理想通りに進むことはまずあり得ないため、時には心身ともに疲れ切ってしまうこともあるでしょう。せどりは、多かれ少なかれ、このような孤独な闘いが待っているので、それを承知のうえで始めることが大切です。

マメな軌道修正が大切

上記のように、せどりは自分の思い通りにことが運ぶものではないため、上手くいかない場合はすぐに次の手を打つ必要があります。自分の考えや過去の成功体験に固執しすぎると、潮目が変わった際には、在庫ばかりが増えて一向に売上が伴わなくなることもあり得ます。素直な気持ちと研究心をもち、常に入念なリサーチと軌道修正を繰り返しながら事業を進めることを忘れないでください。

まとめ

せどりについての基礎知識や始め方、注意事項についてお伝えしました。

せどりは、運転資金があまり必要なく、準備も容易なため、副業におすすめです。軌道に乗れば、本業にしてしまうという手もあります。

ただし、最初から大きな成功を狙わず、スモールスタートで堅実に進めることがおすすめです。自分に合った方法を確実に見つけ出し、焦らず少しずつ自分らしいショップ作りをしてください。やがてリピーターが現れたり、心温まるポジティブなレビューが増えてきたりすると、やり甲斐や自信がグンと増してくるはずです。まずはその日を目指して一歩ずつ進んでいきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次