せどりの仕入れにおすすめなお店をご紹介。せどりを成功させるためのポイントやその注意点もあわせてご紹介!

せどりは比較的気軽に始められる上に誰でも成果を出せるため、非常に人気があるビジネスです。また、インターネットを活用すれば、家から出られない人でもできるようになっています。

そこで今回は、これからせどりを始めてみたい人や、せどりがどんなビジネスなのか知りたいという人のために、せどりについてご紹介します。おすすめの仕入れ先や、せどりをする際のポイントについても解説していきますので、ぜひ目を通してみてください。

目次

せどりの種類

せどりとは、簡単に言うと、安く仕入れた商品を適正価格で売ってその差額を利益として得るビジネスです。

せどりにはいくつかの種類があり、扱う商品ジャンル仕入れ先によって呼ばれ方が異なります。

各種類ごとの大まかな特徴をご紹介していきますので、どのタイプのせどりが自分に向いているかチェックしてみてください。

店舗せどり

実際に店舗に足を運び、商品を購入して転売するのが「店舗せどり」です。最も一般的なせどりのやり方で、誰でも手軽に実践できます。

店舗せどりの場合、住んでいる地域やその交通の便、周囲にある店舗などによって難易度が大きく異なります

なお、直接お店に行くために時間や費用がかかるのが店舗せどりのデメリットです。

電脳せどり(ネットせどり)

電脳せどり(ネットせどり)は、最近流行ってきているタイプのせどりで、インターネットで仕入れを行い、同じくインターネット上のサイトで販売します。

仕入れから販売まで全てをパソコンを使って行うため、家から一歩も出る必要がありません。インターネットに繋がりさえあれば、いつでもどこでも行えるので、時間を有効活用したい主婦やサラリーマンに人気があります。

新品せどり

中古品ではなく、新品のみを取り扱うタイプのせどりです。中古品と違い動作不良や汚れなどのトラブルが発生しにくいのが特徴です。

なお、法律上は、新品の商品でも1度消費者の手に渡ってしまうとその段階で中古品となります。直接お店から仕入れるのではなく個人のセラーから仕入れた場合、新品未開封商品でも中古品として扱われるので注意してください。

中古せどり

ほとんどのせどりでは、中古品を取り扱うことになります。通販サイトやリサイクルショップなどいろいろなルートから仕入れることができるので、仕入れ先に困る心配がない点はメリットです。

なお、中古品の取り扱いには「古物商許可」が必要です。無資格でせどりを行うと、最悪の場合、捕まってしまいます。最寄りの警察署で簡単に取得できるので、必ず取得しておきましょう。

おすすめの仕入先

せどりは、仕入れ先を選ばないのが大きなメリットです。色々な場所にビジネスチャンスが転がっています。とはいえ、選択肢が多過ぎると、初心者はどこから仕入れたらいいか分からなくなってしまうでしょう。

続いては、おすすめの仕入先についてご紹介します。取り扱う商品ジャンルや住環境によって最適な仕入れ先は異なります。ぜひご自身に合った仕入先を探す際の参考にしてください。

ネットショップ、通販サイト

電脳せどりにおける主な仕入れ先が、ネットショップや通販サイトです。家に居ながら複数の仕入先を検討できる点で、時間効率が非常に良いです。

商品の種類は多いですし、あるサイトでは品切れを起こしていても別のサイトを当たれば見つけ出すことも可能なので、商品を確保できないことはほとんどありません。ただし、数多くあるネットショップから信頼できるサイトを見極める必要はあります。

リサイクルショップ(中古品店)

地元のリサイクルショップ(中古品店)には、思わぬ掘り出し物が眠っている可能性があります。ネットショップは誰でもアクセスできるぶんお得な商品はすぐに売れてしまいますが、実店舗であれば見つかっていない商品もあります。

ただ、商品の相場を知っている必要があるため、ある程度そのジャンルに詳しい必要はあります。また、お店によってはせどり目的の購入を禁止している場合もあるため、お店で価格調査をする際は注意してください。

家電量販店

家電量販店は定期的にセールを行っており、電化製品がお得に買えるタイミングがあります。新品商品を格安で仕入れられれば、高い利益を出せる可能性が高まります。

複数のお店を巡れば思わぬ掘り出し物が見つかることもあります。時間をかけてでも足を運んでみましょう。

仕入れた商品の販売先

仕入れ先が決まったら、次はその商品の販売先を決める必要があります。商品ジャンルや販売先に応じて、出せる利益は大きく異なってきます。

続いては、初心者にもおすすめな販売先をご紹介します。まずは大手の販売先でせどりに慣れ、コツが掴めてきたら他の販売先にも当たってみましょう。

Amazon

通販サイトとして最も有名なAmaoznは、たくさんの人が利用しています。一般人でもセラーとして参加できるようになっており、せどりを始めるにあたってのハードルが低いところが魅力です。

Amazonでせどりを行う最大のメリットは、FBAにあります。このサービスを利用すれば、商品の発送や保管を全て肩代わりしてもらえます。せどりに必須の梱包、発送、在庫管理といった作業を全てAmazonに任せられるため、せどりの負担が大きく軽減されます。

オークションサイト

Yahoo!オークションをはじめとするオークションサイトは、希少品を高額で販売できるところが優れています。商品1点当たりの利益を最大化できるので、オークションサイトを利用したせどりは、高額商品を取り扱う人に適しています。

ただ、商品の価値を見抜く目が必要なことから、取り扱うジャンルにある程度精通している必要はあります。そこで、オークションサイトで販売するなら、自分がよく知っているジャンルの商品を取り扱うのがおすすめです。

フリマサイト

メルカリを始めとしたフリマサイトは、せどりの入り口として優れています。いきなり商品を仕入れたり相場を調べたりするのが大変だと感じる人は、まずは家の不用品をフリマサイトで販売してみましょう。そうすれば、せどりの流れを把握できます。

スマホからでも簡単に出品できるため、他のせどりに比べ非常に出品のハードルが低いです。そのぶん長期間にわたって利益を出すのには不向きです。慣れてきたら他の販売先を見つけてください。

商品ジャンルを決める際のポイント

せどりで扱うことができる商品ジャンルはたくさんあるため、最初は何を仕入れたらいいか分からず迷ってしまうかもしれません。単純に利益最優先で仕入れを行うと、扱いきれずに失敗してしまうケースも少なくありません。

続いては、取り扱うジャンルを決める際のポイントをご紹介します。せどりを長く続けるには、取り扱いやすいジャンルを選ぶことが大切です。

自分が好き、詳しいジャンル

1番のおすすめは、自分が好きなジャンルです。理由は単純で、モチベーションが保ちやすいからです。

モチベーションの維持は、ビジネスを継続するにあたって最も重要です。全く興味のないジャンルよりも、自分が好きなジャンルの商品を仕入れたほうが楽しく続けられますし、結果として利益を出せる場合も多いです。

同じ理由で、自分が詳しいジャンルもおすすめします。商品のリサーチや相場の把握が楽になるため、ストレスなくビジネスを継続できるでしょう。

回転率の高いジャンル

せどりで利益を出す上で大切な要素は、利益率と回転率です。いくら利益率の高い商品でも、売れなければ利益になりません。

1点当たりの利益は少なくても、頻繁に売れる商品であれば、トータルで高い利益を生み出してくれます。また、回転率の高いジャンルの商品は、利益の安定化にも大きく貢献してくれます。

仕入先が多いジャンル

仕入れ先は、多ければ多いほど良いです。特定の店舗でしか仕入れられない商品よりも、どこでも仕入れられる商品の方が安定してせどりを続けられます。

仕入れ先が多いと、掘り出し物や利益率の高い商品が見つかる可能性も高いです。

なお、店舗せどりの場合は、近所にあるお店によって仕入れやすい商品が異なるため、お店ごとの得意ジャンルをよく調べておきましょう。

在庫管理が楽なジャンル

AmazonのFBAを利用する場合を除き、商品の在庫管理は自分でする必要があります。大きなものは場所を取りますし、デリケートな商品は取り扱いに気を遣わなければなりません。

利益が出るからとかさばる商品ばかり仕入れていると、スペースが足りなくなってしまうでしょう。そのため、せどり初心者のうちは、CDやDVDなど在庫管理が楽なジャンルから始めてみましょう。

販売先で出品可能なジャンル

販売サイトによっては、取り扱えない商品があります。例えばAnazonでは、動物や生もの、危険物といった物品を販売することはできません。

出品が禁止されているだけでなく、出品するのに特別に許可が必要な商品も多くあります。自分が取り扱う商品が問題なく出品できるのか、必ず事前に確認しておきましょう。

セール情報の入手方法

セール時にまとめて仕入れるのは、せどりの基本戦術です。セールを活用することで、より一層利益率を高められます。

とはいえ、セールは不定期に開催されるものが多いため、タイミングを逃してしまうこともしばしばです。そこで、効率的にセール情報を手に入れる方法をご紹介していきます。仕入れ先情報を把握するための参考にしてください。

定期的に店舗に足を運ぶ

実店舗のセール情報は、実際にお店に出向かないと分からないことも多いです。実際に仕入れる時だけでなく、近くを通った際にもお店を覗いてみることで、セール情報がないか確認できるでしょう。

セールを何度も利用しているうちに、店舗ごとのセール内容や傾向が分かるようになります。そうなれば実際に足を運ぶ頻度を減らしていけるので、経験を積むという意味でも空き時間は積極的に店舗を見て回ってください。

季節セールや入れ替えのタイミング

新春やクリスマスなど、季節ごとやイベントごとにあるセールは狙い目です。不定期なセールと違って開催のタイミングが分かりやすいからです。

また、新商品が入荷した際の在庫入れ替えも絶好の仕入れのタイミングです。新品の型落ちモデルを格安で仕入れられるでしょう。

決算セールは非常に重要

決算セール時には、普段のセールより値引き幅が大きくなるため、仕入れに活用しない手はありません。ただし、決算月は企業ごとに異なるため、事前に決算月を把握しておく必要があります。

決算月の前月になるとセールを始める企業は多いため、早めに情報を収集しておきましょう。上場企業であれば、四季報などを使えば確認できます。

電脳せどりにおける仕入れのポイント

電脳せどりでは、インターネット上のあらゆるネットショップや通販サイトが仕入れ対象になるため、仕入れ先には困りません。しかし中には仕入れに向かないショップもあり、店舗せどり以上に仕入れ先の選定は慎重に行う必要があります。

続いては、電脳せどりを行う際に留意したい仕入れのポイントについてご紹介します。仕入れに失敗した時の損失は店舗せどりより大きくなりがちなので、十分注意して仕入れを行いましょう。

転売不可のサイトからは一度にたくさん仕入れない

ネットショップの中には、せどり目的の購入を禁止しているサイトがあります。商品を同時に複数購入したり、同一人物と分かるアカウントで何度も同じ商品を購入したりすると、転売目的の購入だとみなされて今後取引ができなくなる可能性が高くなります。

このようなお店から仕入れたいのであれば、仕入れる商品の量や頻度には気を付けましょう。

仕入れ過ぎに気を付ける

電脳せどりは基本的に品切れにならないため、いくらでも商品を仕入れられます。しかし調子に乗って仕入れ過ぎると、在庫で溢れかえってしまう可能性も出てきます。

在庫が増えると管理費がかさんでしまうため、商品が売れないと赤字になってしまいます。赤字が続くとせどりを続けられなくなってしまいます。いくら利益が出る商品であっても、仕入れる量には慎重になりましょう。

不良品に最大限警戒する

電脳せどりには、直接商品を確認できないために不良品を購入してしまう危険があります。特に個人のセラーから購入する場合にそのリスクが高まります。

商品説明や写真、セラーの評価などをよく確認し、できるだけ不良品を仕入れてしまわないよう注意しましょう。万が一仕入れた商品が不良品だった場合は、すぐに相手に連絡しましょう。連絡がつかない場合は、サイトの運営者や警察に届け出るのが賢明です。

まとめ

せどりは、初心者でも始められるだけでなく、誰でもある程度稼げるビジネスとあって人気があります。ただ、仕入れ先や販売先、取り扱うジャンルなどは人によって異なるので、自分にとって最適のせどりスタイルを確立させなければなりません。

家から出られない人には、インターネット上で作業が完結する電脳せどりがおすすめです。周りにリサイクルショップや家電量販店が多くあるようであれば、店舗せどりも選択肢に入ります。

仕入れる際は、セールや商品の入れ替え時期を狙い、なるべく利益率の高い商品を仕入れるようにしましょう。

仕入れ過ぎや不良品に気を付けながら、是非せどりに挑戦してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次